カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     

仲政丸・中紀の落とし込み・3回目

仲政丸@和歌山・美浜 2017年11月2日(木)
天候:晴れ  風向:北(沖5m以上、関電沖5m以下)  潮:下り潮  水温:20度 
波高:0.5m(沖)、ベタ凪(関電沖)  気温 11→18℃
日出6:19 正中11:43 日没17:07
潮(大潮初日)@三尾
171102_shio.jpg

(結果)
171102orechouka.jpg



さて、落とし込み3回目です。シオ〜カンパチは減ったようですが、メジロが釣れ出したようなので楽しみです。しかし、私の行った数日後からまたカンパチが釣れだしてました。今年はシオ1匹しか釣ってませんので釣りたいですが、もういちど行けるかどうか。このところ家のことでいろいろバタバタしていて週末が忙しいので・・・

と言うことで、港には5時頃に到着、しばらくして船長がやってきて、お客さんは私を入れて3人で、左舷に3人ならんでとのこと。左舷トモに入りたかったのですが、予約最初のお客さんがトモに入られたので、予約2番目の私はミヨシに入ることにしました。

171102turiza.jpg

5時半頃だったかに出船。

171102_0530departure.jpg

近くの浅場ポイントはあまり釣れなくなったとのことで、沖のほうのポイントへ行くようですので、キャビンでゴロ寝して行きます。まあまあの速度で40分くらいでしょうか、沖のポイントへ到着。トフとアイノセの間くらいの沈船でしょうか!?日ノ岬と伊島の間のどこからへんだと思います。

171102_0620tankenmaru62m.jpg

水深62mくらいのポイントで他には共栄丸が1隻いました。釣り開始。とりあえず船頭しかけ(ハリス8号4本針)は温存して、メジロが来るかもしれないと思ってハリス10号の仕掛けで、また朝一はベイトをたくさん付けて貯金しておきたいので、空いてることもあり針数の多い6本針の市販仕掛けでやることに。

仕掛けを落として行くと、45mくらいまで落ちたら落下速度が遅くなりベイトがかかったようです。船長の指示ダナ忘れましたが、底から3mだったか5mだったかでとりあえずキープ。実際釣れたのは底から5〜7mくらいが多かったです。

一投目なので、よそみしてあれこれ準備していると、船長から「ヒットしてるー」の声が!見ると竿先が突き刺さってます。

巻き上げるとそれほど引きは強くないようで、上がってきたのはハマチでした。ハマチも少し大きくなったような気がします。

ここからは怒濤の入れ食い連発。探見丸でのベイトの反応はそれほど濃くはないのですが、ハリス10号でも簡単にベイトがかかり、おそらく何匹もかかっている感じで、貯金しようにも、毎回の流しでヒットするので、なかなかベイトがたまらず、ハマチがあがってきます。

1時間ほどやって、ベイトはすぐかかりますが、本命もかかるので、貯金は4匹にしかならず。後で増えましたが。

171102_0730aji.jpg

開始から1時間以上、流すごとにベイトがすぐかかり、かかるとハマチが入れ食いで、1度などダブルで上がってきました。そのうち、少しベイトがかかりにくくなったような気がしたので、ハリスは10号のままで、金色の針の仕掛けに変えました。前回に使った仕掛けの再利用です。

すると、ベイトのかかりがまた回復した感じで、ベイトがかかるとまたヒットです。それも、かなり強い引きのがヒット。リールが巻き上がりません。慎重に上げてきて、見えてきたのはメジロでしたが、一番上の針にヒットしていたので、糸を巻きすぎてタモ入れできなかったので、少し糸を出そうとしたら走られて針はずれで逃げました・・・

仕掛けを上げると異様に軽くてオモリがなくなっています。途中から切れてましたので、もしかしたらダブルで来て途中で切れたのかもしれません。

使い古した仕掛けだったからかのか・・・ようやくメジロが来たと思ったら、たぶんダブルでバラして残念。

しかし、その後はまたメジロがヒットして無事にゲットすることができました。

2時間ほど入れ食いを堪能して、だんだん活性が落ちてきた感じになった頃に、少しポイント移動。8時半すぎに今度は水深約65mのポイントへ。

171102_0836tankenmaru65m.jpg

こちらはベイトは底のほうですが、これまたわりと簡単にベイトがかかり、するとすぐにヒット!

これまたよく引くのでメジロのようです。ところが、40mくらいまで巻き上げて来るとバレてしまいました・・・残念。

次の流し、今度はヒットせず・・・バラしたから活性落ちたのか!?

船長、魚探で反応をさぐり、微妙に流し方などかえているのか、しばらく流しているととなりのおじさんにヒット。メジロでした。

その後、ハリス8号船頭仕掛け(今回もらったやつではなく、これまた前回の再利用)に変えると私にもメジロがヒット。このポイントでは徐々に当たりが出だして、メジロをメインに何本か釣れました。こちらはハマチがたまに釣れるくらいでメジロのほうが多かったように思います。

171102_0915sao.jpg

こちらで10時くらいまでやり、もう何匹釣れたかよくわからない状態になり、移動。美浜沖の浅場へ向かいます。20−30分かかるのでまたキャビンでゴロ寝。ヒット連発で疲れた体を休めるのにちょうど良かったです。

活性良い時はポイント移動の時間も少なく、釣りをびっしり堪能できますが、よく釣れると体力が持ちません。老化してきました(汗)。

171102_1030kandenoki.jpg

10時半頃に浅場へ到着。浅場と行っても水深48mでしたが。

171102_1030tankenmaru48m.jpg

おそらくこちらではシオなども釣れるのでしょう。一時よりは少なくなったみたいですが(数日後からまた釣れ出したみたいですが)、本来なら早上がりしても良いくらいみんな釣れてますが、船長からありがたいチャンスを頂いたと言うことで、ラストスパートを頑張ります。

しかし、ベイトはなんとかかかりますが、本命はヒットせず。となりの船ではハマチが釣れてますが、こちらは釣れず。

なので、ハリス6号に落としますとポイント移動になり、すぐ近くの水深51mのポイントだったかに少し移動。いきなりハマチが1本釣れました。しかしその後は沈黙。

ふたたび少し移動だったか48mのポイントにもどったかどっちかだったと思いますが、今度はベイトを指して投入するように支持がありましたので、今日初のノマセ釣りに。

チョクリで釣れるに越したことはありませんが、ノマセも楽しめるので2倍美味しい釣りです。ところが、アジすくいネットを忘れてしまい、アジをおいかけまわしてようやく取れたのを指しましたが、青アジじゃなかったかも。

すると、トモのおじさんにヒット。なんと、シオが釣れたようです。

船長から青アジを選んで指すようにマイクでアナウンスがあり、今度は船にあった小さめのタモで10匹くらいいるアジをぜんぶすくって、黄緑色の良さそうな青アジがあったのでそいつを指して投入。すると、すぐに前当たりがあり、しばらくして竿先が突っ込みました!これはシオか!?

しかし、上がってきたのはハマチでした・・・まあ、釣れたので良かったのですが。

その後、あと2回ほど流してくれたように思いますが、追加はならず、正確な時間は忘れましたが、終了してお昼に帰港となりました。

(結果)メジロ7本、ハマチ9本、マハタ1匹

171102chouka.jpg

メジロはなかなか良いサイズでかなり引きました。ハマチも大きくなってきているような感じでした。

171102mejiro3.jpg

とりあえずメジロ3匹を家でさばきました。胃袋にはアジが入っていたのが2匹、空が1匹。気になるアジの向きは頭からと尻尾からとそれぞれでした。

171102mejiro3_ibukuro.jpg

さばくと、どれも結構脂がのっていて美味しそうでしたが、3匹中2匹にムシがいました。下の写真の青で囲った穴の中にムシがいました。

171102mejiro_hara_mushi.jpg

しかし、ムシがいるのに脂がのっていて美味しかったのははじめてです。だいたいムシがいると身が水っぽくて痩せていることが多かったですが、今回のは腹回りがまあまあ太かったですし、引きもパワフルで楽しめました。

翌々日からカンパチがまた釣れ出したようなので、微妙なタイミングでしたが、メジロがこんなに釣れて入れ食いで十分に落とし込みを堪能することができて良かったです。

水温が20℃まで下がっているわりにはベイトはよくかかりましたので(多少仕掛けにもよる)、これ以上水温が下がらなければまだ行けるでしょうから、あと1回くらいは行っておきたいと思いますが、今月は週末に予定がいろいろと立て込んでいるので、行けるかどうか・・・

あと、去年はアオリイカがかなりアタックして来ましたが、今年はあまり来ないので、ぼちぼちアオリもシーズンかと思いますが、去年ほど釣れないなら残念ですが、どうでしょう!?今後釣れて欲しいです。落とし込みからオキアミコマセ釣りまでの間に1回はやりたいので。
釣り | Comments(5) | Trackbacks(-)

魚料理その他

今年は秋タコが好調なので、昨日は明石にタコ釣りにでも行こうかと思いましたが(夏と違って空いているだろうしと思い)、迷っているうちに予約できずやめました。ところが、行った方によると、まさかの満員だったようで(今日かも?)、誰しも考えることは同じようです。行かなくて良かった。

しかし、実は中紀の落とし込みや椿のマダイなどとも迷っていて、結局どこへも釣りに行かずでしたが(ウネリで釣れないだろうと決めつけて)、これらはどちらもよく釣れたようで、昼過ぎにHPで釣果を見てかなり後悔・・・せっかく仕事が休みだったのに、ただ家でゴロゴロしているだけと言う無駄な1日の使い方をひさびさにやってしまいました。

今日は午前中だけ仕事に行きました。そして帰宅後にこれを書いています。今週は釣行できずで、わびしい・・・

さて、またまた最近の魚料理と、その他のできごとを・・・

13日 キンメダイの煮付け
171013kinme_nitsuke.jpg

真空パック冷凍を解凍して、いつもと違うあっさり味の煮付けに・・・。美味しいが、こってり味のほうがより良かった。

キンメダイの炊き込みご飯
171013kinmegohan.jpg

鯛めしの真似をしてキンメダイでやってみた。鯛めしよりかなり上品な味でした。うまい。

14日 タコチャーハン
171014takochahan.jpg

言うまでもなく、うまい。

19日 ハマチカツ
171019hamachikatsu.jpg

ハマチでカツ。これがうまい。

20日 タコインゲン
171020takoingen.jpg

タコとインゲンの炒め物。美味しいですが、インゲンを噛む時に歯がキシキシ言うのが苦手。

21日 ハマチ漬け丼
171021hamachizukedon.jpg

こりゃ、うまい。

おかわりは、はまち茶漬けで、これまた2度美味しい。

171021hamachizukezchazuke.jpg

25日 近所の公園で木が倒れていた。

171025kigataoreteru1.jpg

夜に、台風通過の翌日の晩、晴れたのでウォーキングしていたら、近所の公園の木が2、3本倒れていた・・・風通しの良い場所のが倒れていた。

枝の部分は切って撤去されており、根っこの部分だけまだ置かれていた。切った跡から、なんとも言えない木のにおいがして、子供の頃にクワガタを捕まえに裏山の近くの製材所に忍び込んだのを思い出した。あの時と同じにおいがした。

27日 キンメダイの干物

171027kinmehimono.jpg

上品で美味しい干物でした。

散歩中にネコと遭遇

171027neko.jpg

エサをやる人がいるのか、人に慣れている様子。少なくとも、ネコをいじめる人がいない良い地域なのでしょう。私が子供の頃には、近所の野良猫は人を見ると逃げて行った。その理由は、ネコをつかまえていじめるやつがいたからです。

うちの母はやさしい性格で、いじめるどころか野良猫に餌をやってかわいがっていたが、私はやめろといつも言っていた。母はかわいそうだからエサをやるが、私は野良猫に餌をやると、増えてますますかわいそうなネコが増えるだけなので解決にならないとの意見。母からすれば私はひもじいネコを見殺しにする冷たい人間だそうです。私からしたら母は目先の感情におぼれる偽善者にしか見えなかった。

28日 殻付きホタテをゲット!

171028hotatesyori.jpg

妹が田舎から送ってくれた、生きたホタテだったので早速処理。貝殻から貝柱とヒモをはずして、塩もみして完成。キモ(中腸腺・ウロ)はもったいないが貝毒が大丈夫かどうかわからなかったので、残念ながら廃棄しました。

171028hotate2.jpg

貝柱、プリプリで食べ応えあり、最高に美味かった!

171028hotate3.jpg

29日(本日) イカたらこパスタ

171028ikatarakopasta.jpg

午前中だけ仕事して、昼で帰宅したらイカたらこパスタが出てきた。超ウマイ。水菜よりキュウリが良いがキュウリがなかったそうです。

宝くじ当選・換金!

171029takarakuji.jpg

人生二度目の宝くじ、千歳空港の売り場で10枚買っていたのを思いだし、番号を見たらいちおう当選していた(笑)。知人から高額当選者が出たので思わず真似して買ってみたが、私は少額しか当選せずにで残念・・・。

ちなみに、10年以上前にも宝くじを買ったことあり、その時も10枚だけ買って、結果1万300円の当選。2度目の今回は3,300円しか当たらず。でも2回とも少額当選ではあるものの、6千円買って1万3千6百円ゲットだから、いちおう今のところは黒字です。

でも結局、高額当選は無理だったので、たぶんもう買わないと思います。
料理 | Comments(4) | Trackbacks(-)

親切と寛容は両立せず

最近、リベラルと言う言葉をよく聞くようになったので、先日にちょっと書きましたが、またその話を。

「リベラル」には「寛容な」という意味があります。従って、「リベラル」な態度とは、相手の自由を認める、自分と違う価値観を認める、そのような態度です。しかし、日本にはそういう文化はあまりありません。「親切」な人は多いですが、「寛容」な人は少ない。「親切≠寛容」であり、むしろ「親切さ」と「不寛容さ」はセットになるのです。

日本の社会は、欧米と比較して集団主義的だと昔から言われています。これは、たぶん正しいでしょう。欧米のほうが個人主義的なのはなんとなくそうなのかなと思います。その理由は、集団で協力して作業しないと成果が得られない「稲作文化」と関連しているとか、いろいろ説明はあるでしょうが、この近代以前の影響が未だに残っていて、集団主義的なのかなと思います。

集団と言うのは、仲間同士が助け合うことでお互いの生存にとってメリットがあります。そのような目的でできあがった集団を維持するためには、守らなければならない点が2つあります。

①外敵から集団を守る
②内部の裏切り者から集団を守る

ようするに、集団とは外敵や内部の裏切り者を「排除する」ことで成り立ち維持されるものなのです。外敵や、集団のルールを守らない裏切り者はその集団の秩序を脅かす脅威なわけですから、集団に帰属して集団を守ろうとする者からすれば、その脅威に対して寛容な態度を取るなどと言うことは考えられないはずです。

従って、仲間意識と言うのは、仲間には親切でも、仲間以外には不寛容なものになります。敵や裏切り者を「排除」することで集団が維持されるわけです。

日本社会に限らないのかもしれませんが、芸能人や政治家のちょっとした失言や不倫などを異様にバッシングしたり、学校でのいじめなど、これらは集団の秩序を維持しようと言う意識と関係しているものなのでしょう。しかも、そういうバッシングやいじめが脳にとっては「快感」になっているようです。

失言バッシングについてはわかりませんが、フランスなどでは不倫でバッシングなどされることなないようで、その点ではフランス社会のほうが寛容なのでしょう(日本もそうしろと言う意味ではありません)。

あと、特に、主義主張がからむと「不寛容」なのは日本に限った話ではなくなります。右や左どちらのイデオロギーの人であっても、自分と異なる考えの相手を口汚くののしって排除しようとする人達ばかりです。特に私は、自分たちのことを「リベラル」と言っているくせに、その態度はリベラルとは真逆であるような人達には特にあきれます。

逆に、本当の意味でリベラル(寛容)な態度の人は、「あなたはあなた、私は私」と言う冷たい人である可能性もあります。普通の人なら、身近に自分と大きく価値観が違う人がいた場合には、戸惑ったり衝突したりすると思いますが、それが気にならないわけですから、冷淡でドライな人かもしれません。

ちょっと前に何かで見た記事に、以下のようなことが書いてありました。
矛盾した日本人像=礼儀正しく親切で、冷淡で不寛容?―中国メディア

印象:礼儀正しく優しい日本人
現実:冷酷で不寛容な日本人

記事では、「礼儀正しく親切」であることと「冷淡で不寛容」なことを「矛盾している」と書いていますが、そうではありません。まったく矛盾していないどころか、「親切」と「不寛容」はセットなのです。

日本人にとって、「寛容(リベラル)」であることはかなり難しいのだと言うことをまず自覚してみることからはじめてみてはどうでしょうか?

そして、「親切な人≠心が広い人」であることも知った方が良いと思います。

「集団の秩序を維持するために異様に不寛容なルール」ですぐに思いつくのは、中学・高校の校則でしょう。ああいう不寛容さはどうかと思いますが、しかし、日本社会が本当の意味で「寛容な」社会になったとしたら、それは「あなたはあなた、私は私」と言う個人主義でお互いに助け合わない仲間意識を抱かない社会になった証拠かもしれません。

と言うか、現に「自己責任」の社会になりつつあります。政府は国民が貧しくなってもお金がもったいないから助けない、それを国民も望んでいる(政府が金を使うことを税金のむだ遣いとか言っている)わけですから。

今の日本の問題は、財政規律など気にせずに、政府が国債を発行して、必用なところ(医療・介護・教育・地方自治体・その他格差解消など)にお金をじゃんじゃん流せば解決することばかりなのです。それを、借金を増やしたくないと言う財務省の都合で、困っている人をたすけず見捨てる社会になっており、それを国民も批判しない(お金がもったいない)のだから、仲間同士の助け合いの気持ちを忘れた国など滅びて当然なのかもしれません。

国の借金など、日銀がお金を刷って政府が使えば、それはすべて国民の所得になり、結果として税収も増えてすべて片付く話なのですが。

お金を使うとお金が消えると思っているせいかもしれませんが。お金は、使えば使うほど(相手の)所得が増えるのです。使ったお金は相手の所得になります。お金は消えません(自分の前からは消えますが)。お金を消せるのは日銀だけです。

金は天下の回り物、回れば回るほどみんなが豊かになるものなのです。デフレだとみんな金をつかわず金が回らずみんなが貧しくなる。金を貯め込む拝金主義が蔓延しています。

・・・と、またいつもの話になってしまった。

最近の外食

このところ雨ばかりでウォーキングにも行けず、食欲の秋だからかちょっと食べ過ぎなことも多く、1.5キロほど体重が増加してしまいました。

10月12日 北山ダイニングあべのハルカス店

171012kitayamad1.jpg

171012kitayamad2.jpg
171012kitayamad3.jpg
171012kitayamad4.jpg
171012kitayamad5.jpg
171012kitayamad6.jpg

15日 あべのキューズモールにて昼食

171015lunch1.jpg

どこの店も混んでいたので、ようやく見つけた空いている店へ・・・

171015lunch2.jpg

171015lunch3.jpg


18日 クアアイナ(KUA 'AINA)なんばパークス店

171018qua0.jpg

ハワイのハンバーガーだそうです。3回目くらいかな!?仕事帰りに「宇宙戦艦ヤマト2202・第3章」のイベント上映を見に行った時の晩飯です。

171018qua1.jpg

171018qua3.jpg

かなり腹一杯に。

21日 YUKAの実家の柿の木

171021kaki0.jpg

富有柿だと思います。小さめのがたくさんなっている。台風前なので収穫しようと思ったが、まだ少し青いのでやめ。

↓別の木に少しだけなっていた渋柿は大きくなり収穫時期っぽかったので取りました。

171021kaki1.jpg

こちらは焼酎で渋抜き中。

帰りにちゃんぽんを食べた。

171021jittetsu1.jpg

171021jittetsu2gyouza.jpg

171021jittetsu3.jpg

24日 またちゃんぽん

171024chanpon1.jpg

午前中だけ神戸で仕事をして職場に戻る前に昼食。これから毎週火曜日は午前中だけ神戸です。

171024chanpon2.jpg

牡蠣みそちゃんぽん、味が濃かった。野菜も多く入っており、腹一杯に。餃子はいらなかった(食べ過ぎ)。午前中の仕事とこの食い過ぎで、午後から眠くて仕事にならず。
外食 | Comments(0) | Trackbacks(-)