カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     

「党派意識」と言う病

「党派意識」とは、ちゃんとした定義のある言葉ではないようです。最初、「党派性」と言う言葉を使おうと思ったら違う意味だったので、この言葉にしてみました。

ここで私が使う「党派意識」と言う言葉をいちおう定義しておきますと、「同じ党派の者の言動なら賛同・擁護するが、敵対する党派の者の同じ言動は批判すること」です。

身内の言動は擁護する。これは一見あたりまえですが、その一方で、嫌いな奴や利害関係者が同じような言動をした場合には非難して足を引っ張る、これが「党派意識」です。誰でも多かれ少なかれあるとは思いますが・・・

政治の世界ではよく見られますね。敵対する政党の議員の不倫は叩くが、支持する議員の不倫は擁護または静観する。ダブルスタンダードと言うやつです。ちなみに私の個人的な意見としては、不倫は個人の人間関係の問題なので、関係者に対して責任を取れば良いだけで、そのことで議員の進退などに影響するのはおかしいので、取り上げる価値はほぼゼロと考えています。

もちろん不倫が良いと言う意味ではありません。国会議員は有権者の代表なので、進退は有権者が決めるものであり、ダメなら次の選挙で落とすのが基本です。例外は、違法行為を働いた場合ですがその場合も国会議員には不逮捕特権と言うのがあます。

そういう点で、森友や加計の問題もいまのところ違法行為が出ていないので、あれで倒閣とかは無理な話ですし、これ以上やっても時間の無駄でしょう。ワイドショーや週刊誌がどれだけ騒いだかで倒閣できたら、今後とも同じことがくりかえされて政治が不安定になります。安倍嫌いの人は安倍政権を倒せば満足なのかもしれませんが、仮にその次に自分たちが満足する政権ができたとして、また同じようなことを反対陣営にされて引きずり下ろされるかもしれないとは考えないのでしょうか!?

民進党がまったく信用されないのは、彼らのこうした言動がすべてブーメランとなって自分たちに返ってきているからでしょう。不倫を叩けば自分たちも不倫をする。違法行為の説明責任を果たさない。政治資金の収支報告書がいいかげんである。ぜんぶブーメランです。今期待されている都民ファースは、まだ何もしていない集団で、ただ期待感だけです。同じレベルのスキャンダルなら、さがせば出てくるでしょう。

いずれにしろ、違法行為の証拠が乏しいスキャンダルで足の引っ張り合いは政治不信だけ強めるだけでかえって有害ですからやめるべきだと思います。

でも、所詮は誰しも党派意識によって行動しているので、敵だから叩く、味方だから守る、その中身はダブルスタンダードでかまわない、そのことにすら気づかない、と言うことになるのでしょう。

こういうのは、どの党派でもあることです。私は右と左の両方の新聞や有名人の言動をチェックしていますので(笑)、まあどちら側も同じ、自分と同じ側の人間を擁護するが、敵対する側が同じことをした場合には全力で批判しています。

私はこれが嫌いなんですよねー。○○党が言っているからダメだとか。そんな単純な話ではないのですが、個別の政策の是非について考える能力が乏しいからなのか、人間がそもそも共同体を作って生きる生き物だからなのか、そういう発想をする人のほうがむしろ普通のようで、私はまた疎外感を感じるわけです。

たとえば、新自由主義者に多いのですが、共産党が言っているからダメだとか、共産党と組むのはダメだとかよく言います。新自由主義も共産主義もどちらも両極端のイデオロギーで私はどちらもダメだと思いますし、どちらも「古い政治」への批判ではよく似た主張なので、ライバル関係だから余計に叩き合うのかと思います。ちなみに私は「改革」などするのは間違いで、古い自民党政治が(当時は間違っていても)今は正しい時代に逆戻りしていると思っているので、どちらの党派も支持していません。

そもそも、共産党はわかりやすい政党で、与党の反対ばかりしている政党です。典型的な党派意識の塊のような政党と言っても良いでしょう。そういう人達の言っていることを、「あいつらが言っているからダメ」と言ってしまうと与党や主流派の意見が常に正しいと言うことになってしまいます。そんな訳ありません。

最近だと、グローバリズムと新自由主義(構造改革)を批判すると「お前は共産党か」と言われます。いやいや、世界的にグローバリズムと新自由主義のセットが各国の国民を苦しめていると言う指摘は左右に関係無いです(アメリカなら共和党のトランプと民主党のサンダース、フランスなら極右のルペンと極左のメランション)。この問題で私が1番信用しているフランス人のエマニュエル・トッド氏はどちらかと言うとややリベラルなほうの学者ですが(でもフランス大好きドイツ大嫌いなナショナリスト?)。

与党や主流派が間違っている時には野党はたまたま正しいことを言ってしまうのです。もちろん、その逆もしかりです。与党のやることのすべてが間違いだったり、すべてが正しかったりするはずがありません。

だから、個別の政策の是非について党派意識を取り除いて考えなければならないのですし、与党が間違った政策を進めようとしているとき、その間違った政策の実行を阻止するためならば「共産党」だろうが「日本のこころ」だろうがどんなマニア向け政党とだって組んで良いと私は思います。でも、どうもそれができない人が多いのは何故か?敵・味方でしか考えられないからでしょう。

人間は共同体を作って集団で生活する生き物だからでしょうか?仲間を守り敵を排除する。まあ、家族を守ろうとするとかならわかります。しかし、一般の国民が特定の政党をまるごと支持したり批判したりと言うのはおかしくないでしょうか?

この党のここは正しいがこの政策はおかしいと言うふうにどうして考えられないのか、不思議でしょうがない。と言うか、ちょっと前に書いたことと関係があるのでしょう。共感や反感は論理をゆがめると言うことです。

あの人は仲間だから、あいつは敵だからと言う共感や反感が強すぎると、適当な理屈を作って仲間を擁護し、同じことを敵がした場合はまた別の理屈をこねくりまわして批判する訳です。その論理矛盾に気づかないのはバカだからではありません。感情(共感や反感)が強すぎて自分を騙してしまうのだと思います。

何事も自分で考えて自分で判断するのは難しいですから、私だって誰それが言っているからと言うことで納得したり否定したりすることが多いですが、なるべく「誰かが言っているから」と言うことだけで判断はしないように心がけています。

どれだけできているか、わかりませんが・・・。そう、自分の欠点に自分で気づくのは難しいのです。

今期初の落とし込み

落とし込み@仲政丸(和歌山・美浜)
2017年9月14日(木)
天候:晴れ時々曇り  風向:北5m前後  潮:下り潮  水温:26度  波高(ウネリ):1.5m
気温:22~28℃
日出5:42 正中11:55 日没18:08
潮(小潮)@三尾
170914shio.jpg

(結果)
170914chouka_2.jpg



さて、釣行後にバタバタしてまして釣行記が遅くなってしまいましたが、今期初の落とし込みに行ってきました。

面白い釣りなんですが一発勝負でボウズもありの釣りですから、私は一発勝負の釣りが苦手なので、小物でもある程度数が釣れているタイミングで出撃したいと思っていたら、なかなか都合つかず・・・・。

で、ようやく出撃できるようになって、最近は全員安打の日も多く、近場でシオ~カンパチが各人に数匹ずつくらい釣れているので、空いている平日に行けばまあまあ釣れるだろうし爆釣の可能性もあるとか妄想?皮算用して数日前に電話して予約の入っていない日に予約しましたが、行ってみると8人とまあまあのお客さんでした。前日は結構釣れてましたし、やはり人気の釣りのようです。

170914turiza.jpg

4時半頃に港に到着、私が予約1番なので、左舷トモに乗って準備していると、やたらと船が動きます。どうしてかなと思って船長に聞いたら、ウネリが入ってきているとのことで、これは嫌な予感が・・・

まさか台風はまだかなり遠いのに、その位置関係からウネリがかなり来ているようです。ウネリは良いことがありません、最悪の場合はベイトも散らばってしまっていることもあります。そんな感じで少し不安もあり、5時頃だったかに出船。

170914_0510depart.jpg

ゆっくり走って美浜沖の魚礁と思われるポイントへ。港を出てまだ暗いので景色がわかりませんが、波はなさそうで凪のように感じました。途中、探見丸を見ると何故か海底がギザギザになっています。

170914_0530uneri.jpg

こんな機械的な海底の地形なのかと思ってふと正面を見ると、陸地が見えたり見えなくなったりしています。すごいウネリで1.5mくらい船がゆっくり上下しているようで、その上下の動きのせいで水深が変わって探見丸には海底がギザギザに映っているようです。

これは、なかなか厳しそうだなあと思いつつ、5時半くらいにポイント到着、ベイトはまずまず映っているので一安心で釣り開始です。

170914_0535d48m.jpg

ところがベイトがなかなか付きません。たまに付いてもムツだったり、25センチくらいの大きめのマアジだったり(おかずとして持ち帰り)。

170914_0540scene.jpg

徐々にベイトはかかるようになってきましたが、しかし私はあまりベイトもかからずベイト貯金もさっぱり貯まらず苦戦で、2時間半ほどやったでしょうか?どの船でもヒットしないうちに、少し沖へ移動となりました。

8時過ぎに今度は水深60m弱のポイントへ。

170914_0811d59m.jpg

ベイトの反応まあまあ出てますが、私はベイトがかからず、船長のあげて下さいの合図で上げると、左舷の胴の方がヒットしたようです。かなり引いているのでロクマルカンパチでしょうか。しかし、しばらく格闘するものの、根に入られたようで上がらず残念・・・

と言うことで、ここではこの1投だけですぐ移動になりました。そして船はさらに沖へと移動、次は水深約70mのポイントへ。

170914_0840d70m.jpg

ここでは、はじめベイトがなかなかかからずベイト貯金で飲ませをやりましたら、すぐに私に当たりがあり、しかしすぐにすっぽ抜け・・・

しかし、チャンスタイムのようで、すぐに次の流し第2投!と思ったらリールがバックラッシュ。投入することができず、まわりではハマチやメジロが上がりました。うーむ、残念。

ひどいバックラッシュだったので、竿とリールを別のセットにして次に投入。3mのやわらかい竿だったので、前アタリが尋常でないくらいガクガクなっていて面白いです。そしてかなり待ってようやく竿が突き刺さったのであわせるとヒット!

しかし、竿がやわらかすぎて引きの強さがよくわからず、そこらじゅうとオマツリして上がってきたのはツバスに近いハマチでした・・・ああ恥ずかしい。まわりの方々、からましてすみませんでした。

とりあえずボウズは脱したので一安心。バックラッシュしたリールもほどけたので、竿とリールを元にもどしました。しかし、これが失敗だったかも!?こんだけウネリで船が上下するのだから、やわらかくて長い竿でやっていたほうが良かったかもしれません。帰り道の1人反省会で後から思いましたが・・・

170914_0550sao.jpg

そして、同じポイントで、ベイトもかかるようなので、飲ませではなく普通に落とし込みでやることに。わりとすんなりベイトがかかりますし、小アジだけでなくイワシ(ウルメ)もかかります。

ベイトがかかったので底から5mだったか、忘れましたが、船長の指示ダナで待っていると、前アタリの後に竿が突き刺さり、ヒット!

これはハマチではなくかなりの強い引きです。ガンガン引いて重量感もあるので、メジロかと思ってやりとりしますが、かなり上に上がってきてもまだ引きます。メジロならもうおとなしくなるはずなのに、水深10mを切ってもまだ引くのでメジロじゃないなあと思って、そう言えば段のある引きだと思ったら、上がってきたのは大きなマダイでした。

170914oodaiget.jpg

後でサイズを測ってもらったら75センチありました。かなり引いたので釣りごたえ抜群でした。本命のカンパチではありませんが、大物1匹も釣れたので一安心です。

しかし、このやりとりから不整脈の発作が出てしまいましたが(笑)。まあ、釣りの最中で不整脈が出るのは今までもしょっちゅうありましたから、さほど気にしてませんが。でも、痩せてからはかなり減ったので、約1ヶ月ぶりです。

ちなみに、このポイントの底のほうで今まで見たことのない変なベイトがかかりました。何でしょうか!?これは。長さ15センチくらいでした。

170914_0940fushigibait.jpg

その後、同じようにしてハマチを追加。これは、だんだん良い感じかと思っていると、どうもだんだんと二枚潮がひどくなってきたようで、上のほうは船尾に向かって流れて、海底のほうは船首側に向かって流れているようです。

船長が操船でうまいことやってくれていますが、どうしても糸ばかり出てしまって底もとりにくくなってダメでした。

そしてさらに移動・・・

170914_1020d74m.jpg

このポイントのことはあまり覚えてませんが、ここへ来てから二枚潮がひどくなったのだったかな!?ちょっと忘れました。
と言うことで、11時くらいに転進、また朝のポイントへ向かってシオ〜カンパチを狙います・・・

11時20分くらいに朝のポイントに到着。

170914_1120d49m.jpg

もう他に船はいなくなっていました。ここでやっていた船もこの日はかなり不調で、各船でカンパチ0〜数本程度しか上がらなかったようです。

170914_1120uchigawa2.jpg

期待を込めて1投目。ベイトは普通にかなりましたが、ヒットせず。何回目だったかに、竿先が尋常でないくらいに上下したので、これは行けるか!?と思ったが乗らず、動かなくなったので竿を上げると、20mくらいまで巻き上げたあたりで急にガンガン弾き始め、巻き上げをゆるめようと思ったら、すっぽりはずれました・・・何だったのだろう!?

その後も、ベイトがぼちぼちかかるものの、本命のヒットがなく、お昼過ぎに最後の移動、さらに少し水深の浅いポイントへ。

170914_1210d37m.jpg

ここではベイトの反応がないので飲ませでやりますが、誰にもヒットなく終了となりました。

(結果)マダイ75センチ、ハマチ2匹

170914chouka.jpg

170914chouka_koaji.jpg

ベイトも持ち帰り、食べます(笑)。

前日はまあまあ釣れていたので、シオ〜カンパチをあわよくば数本釣ろうと意気込んできましたが、まさかのウネリで苦戦、二枚潮が追い打ちをかけて残念な日になってしまいました。その状況では健闘したほうでしょう・・・

マダイとハマチはどちらもイワシもあるポイントで釣れたので、イワシを食っているからか、どちらも美味しかったです。

170914hamachitraisashimi.jpg

170914ajisashimi.jpg

次回は何とか運の良い日?活性の良い日に当たりたいですが、なかなか自然はこっちが思い描いたようになってくれないから難しいですねー。
釣り | Comments(5) | Trackbacks(-)

意志決定は誘導される

脳科学とか言われているものには、心理学のようなものや、科学とはいいがたい怪しいものなども含まれており、怪しげな「脳科学者」もかなり多いように思います。もともとまともだった人でも、M木K一郎氏のように脳科学者としてテレビに出て有名になると、脳科学以外の分野ではそこらへんのオッサンと同レベルな知識・見識しか無いことを忘れてしまうのか、ツイッターで愚にも付かないことばかりつぶやいて炎上をくりかえすようになる人もいます。

そんな中、怪しくない脳科学者と言うかまともな脳研究者のコラムを読んでなるほどと思いました。タイトルは以下です。

なぜ能力の低い人ほど自分を「過大評価」するのか

このタイトルを見れば誰しも、自分のまわりに実際にいる「能力が低いのに自分を過大評価している誰か」を思い浮かべると思いますが(笑)、実際はそういう話ではありません。

このコラムで書かれている内容は、要するに、「自分で自分の無能な部分に気づくことはできない(難しい)」と言う意味のことです。そう、ある意味このコラムは、自分自身のことを言っているのかもしれないのです。実際、私もそうでした(汗)。

「自分のダメなところには自分ではなかなか気づけない」と言う、まあ言ってみればあたりまえの話です。これも脳科学と言うより心理学みたい話ですが。

それはさておき、このコラムの後半に書いてある、「どうすれば収入を増やせるか」のところの「おとり効果」の話のほうが私は面白かったです。

カレー屋のメニューが

普通カレー ¥1000

特製カレー ¥1500

の二つだと、¥1000のカレーを注文する人が多かったとしても、選択肢を1つ増やして

普通カレー ¥1000

特製カレー ¥1500

極上カレー ¥3000

とすると、この「3000円のカレー」を注文する人はほとんどいなくても、1500円のカレーを注文する人が激増するらしいです。

もっとすごいのがこちらの例。米マサチューセッツ工科大学のアリエリー博士ら実験です。

経営学専攻の学生に英経済誌『エコノミスト』を定期購読してもらいました。

ウェブのみ購読  $59

冊子&ウェブ購読 $125

という選択肢では、冊子とウェブの同時購入を選んだ学生は32%だったのですが、選択肢を増やし、

ウェブのみ購読  $59

冊子のみ購読   $125

冊子&ウェブ購読 $125

としたら84%の学生が冊子とウェブの同時購入を選びました。冊子の値段を「冊子&ウェブ」と同一に設定することで、見かけ上のお得感を狙っているわけです。

実際、この効果は絶大で、おとり選択肢を一つ増やしただけで、40%以上の収入増となりました。


そう、「人は意志決定を自分で行っていない」と言うか、自分で決めているように思っていても、かなり誘導されていると言うことです。


さらに、以前に聞いた話ですが、これはScienceと言う有名な学術雑誌に載った研究ですが・・・
死後の臓器提供の意志を示した人の割合を欧州11か国で調査した結果、比率が以下の通り両極端になっている理由を調べたものです。

死後の臓器提供の意思を示した人の割合
 オーストリア 99.8%
 ベルギー 98%
 フランス 99.91%
 ハンガリー 99.97%
 ポーランド 99.5%
 ポルトガル 99.64%
 スウェーデン 85.9%
――――――――――――――――
 オランダ 27.5%
 英国 17.17%
 ドイツ 12%
 デンマーク 4.25%

これを見ると、極端に高い国(スウェーデンより上)と低い国(オランダより下)とにはっきり分かれています。これは何故でしょうか!?

文化や国民性の違い?ではドイツ12%とオーストリア99.8%で真逆になるはずがありません。オランダでは元々もっと低かったのが、国中やマスコミが全勢力を上げて運動を展開して提供に同意する人を増やすべく頑張ったにもかかわらず、27.5%止まりでしたが、スウェーデンより上に書いた国ではそれほど努力はしていないのに高い%です。

では一体何の違いでこんなに差が出たのか!?答は意外に簡単なことと言うか単純な、たった1つのことでした。

臓器提供意志表示カードの様式の違いです。

極端に高い国(スウェーデンより上)の臓器提供意志表示カードの形式は「臓器提供の意志がない場合には✓」の形式に、極端に低い国(オランダより下)は「臓器提供の意志がある場合は✓」の形式になっているのです。

つまり、スウェーデンより上の国では、提供したくない人は✓をつけて、未記入の人は提供する意志があるとみなされるから高くなり、オランダより下の国は、✓をつけない限り提供の意志はないとみなされるので低くなるわけです。

こういうのを「オプトイン/オプトアウト」と言うようです。

オプトイン(opt in)とは、参加すると言う意味、明確に同意することです。一方、オプトアウト(opt out)とは、参加をやめること、脱退することです。

これはまあ良いのですが、怖いのは、「オプトアウトをしないかぎり同意をしたものとみなす」のも、オプトアウトに含められてしまっている点です。

臓器提供を拒否しない限り、提供に同意したものとみなす・・・と言うのはかなり乱暴なような気がしますが、スウェーデンより上ではそうしているのです。でも当人はチェックしないと提供の意思表示をしたことのなるのが分かっているわけですから、質問の形式が意思決定を誘導したことになるでしょう。

ちなみに、日本の運転免許証の裏面にも臓器提供の意志表示を記入する欄がありますが、これは面白いことに、

1.心停止と脳死で臓器提供
2.心停止の場合のみ臓器提供
3.臓器提供しない

の3つが書いてあり、希望するものに○をつける形式になっています。記入しない場合は判断保留と言うことになるようですが、実際には日本はオプトイン型なので、提供する意志を示していなければ、提供しないことになります。これは意思表示を誘導しない良心的な形式だと思います。

少し話がそれてきた気がしますが、自分でものごとを判断していると思っても、実際にはかなり誘導されていると言うのは興味深いですね。
読書・勉強 | Comments(0) | Trackbacks(-)

まだガンダム

6日 なんばパークスシネマにて「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦」のイベント上映を、仕事帰りに寄り道して見て来ました。

その前に夕食・・・夕方の6時ちょうどくらいだったので、店はまだ空いてます。

170906dinner.jpg

170906dinner_pan.jpg

パン食べ放題だが、冷えたパンなのでそれほど食えず・・・

170906dinner_fire.jpg

ハンバーグまあまあ美味しかったですが、店が空いていたので何より快適でした。しかし、食べた直後にお腹がいたくなり10分くらいトイレにこもってました。前日からお腹の調子が悪かったので・・・

幸い、その後は大丈夫だったので映画鑑賞に支障はなかったから良かったですが。

さてさて、劇場内に入り着席、となりのオッサンが足を組んでいてその靴底が私のヒザの近くに来てイライラ。触りはしなかったが、近い・・・顔も無神経そうな感じでした。

肘掛けも、2人分あるのですが、隣のオッサンはギリギリまでこっち側に肘を出して来ている。少しでも触れたくないので私は体をひねって見る格好になるので疲れます・・・

電車でも隣の人と肩とかが触るのがものすごいストレスになるので最近は座らなくなりました。股を広げているやつに至っては殺意すら感じます。肩幅以上に足を広げるのはダメでしょう。

いずれにしろ、他人が自分のそばにいるのがストレスです。公衆トイレで横に人が来るとオシッコ出ないし(笑)。このデリケートさは一生治らないんですねー。治るならもう治ってるでしょうから、もうこの年ですので。

170906poster.jpg

その隣のオッサン3人組、ぐちゃぐちゃしゃべってウザいです。良い年してゾロゾロ連れだって行動する人間が理解できない。幸い、本編中は静かにしていたので一安心。

客の大半がオッサンばかりです。ほぼ老眼が発症している年齢のオッサンばかりが見に行く映画のパンフレットなのに・・・文字が小さすぎ!

170906panf.jpg

文字が小さくないところもありましたが、小さい文字の部分があるのが困ります・・・

見た感想を列挙。あくまでガンダムのことなどろくに理解していない私の個人的な感想なので、本作の熱烈なファンの方、気を悪くされませんように(読まないほうがいいかも)。

・セイラの声が変
→旧作のセイラの人(すでに逝去)の声と違いすぎる。旧作の声が好きだったので、あまりに違いすぎて残念・・・まるで別の人としか思えない(実際、別の人ですが)。今作でセイラを演じているのが旧作ララアの声をやっていた超有名な声優の潘恵子の娘らしいが、母親と比べると平凡すぎる。

・カイの人格が変わっている
→まるで別人の性格。ガキ大将のようにふるまってリーダーシップを発揮している。こんな性格だったっけ!?私のイメージとは違う。しかし、声優さんは70歳を超えたと思えないくらいいまだに素晴らしい!シャアの声の人も70歳近いのに、どちらも青年の声としてさほど違和感はない(ゼロではないが)。

・ハモンの歌はいらない
→臭すぎるシーンに思えた。歌も歌い方も好みじゃないので(個人の感想です)。少なくともフルコーラス歌わして時間を費やす必要もないように思うが。歌っているハモンの表情の描写もイマイチだったし。

・ストーリーが断片的すぎ
→前々作くらいまではシャアを軸に主役がわりとはっきりしたストーリー展開だったが、戦争へ向かう大きな話の流れ中で小さなエピソードが個々に展開するのを寄せ集めた群集劇(群像劇?)のようにならざるを得ないからしょうがないとは思うが、1話の映画として見た時に、ストーリー進行の起伏がおかしい。

・話がすすまなさすぎ
→ルウム会戦がはじまって、シャアが出撃したところでブッツリを終わるのはどうなのか・・・あまりに切りの悪いところで終わっているので、見終わった後に不完全燃焼のようなモヤモヤが残る。

・戦艦や艦隊戦、モビルスーツの動きなどは良かった
→子供の頃に見た印象として、ガンダムに出てくる戦艦は、ヤマトに出てくる戦艦(とくにヤマト2)と比べてあまりにダサいと思っていましたが(特にムサイなど、スタートレックのエンタープライズ号をさかさまにしたような形)、今作ではかなり改良?されたのか、ムサイも昔よりマシに見えますし、マゼラン級などはなかなか格好良く見えました。艦隊戦のビーム砲の射撃もなかなか良かったです。

なんか、完全に雑記になってしまった・・・




5月末にイサギを釣ってから、その後は忌中で釣りを控えており、7月に入って以降はタコかイカ釣りのみだったので、もう3ヶ月以上も「魚」を釣っておりません・・・

だから、と言うわけでもないですが、この時期の大阪湾のイワシは脂がのって美味しいらしいので、買ってきてもらいました。

170905kintoki.jpg

確か、「金太郎イワシ」とか呼ばれていたと思うのですが、「金時イワシ」になってました・・・

170905kintokisashimi.jpg

なんにしろ、脂がのっていて美味しかったです。写真でわかりにくいですが、皮を引くと真っ白でした。ちょっと小ぶりなので処理は面倒ですが、手間をかける値打ちがありました。
映画・TV | Comments(6) | Trackbacks(-)