カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
いつもふたりは絶好釣  カーク船長の釣り日記     
TOP園芸 ≫ 趣味の園芸、7月の収穫と庭への来訪者

趣味の園芸、7月の収穫と庭への来訪者

気がつけば遅かった梅雨が明け、もう7月もあと少しです。6月下旬から忙しかった一連の仕事は先週でほぼ終わり、少し落ち着いて来ています。しかし、小指をケガしてしまい不自由な日々をすごしております。

と言うことで、新たな趣味である園芸の成果!?7月の収穫をひたすら並べて見たいと思います。

7月4日
190704syukaku.jpg
7月6日
190706syukaku.jpg
7月8日
190708syukaku.jpg
7月9日
190709syukaku.jpg
7月10日
190710syukaku.jpg
7月11日
190711syukaku.jpg
7月13日
190713syukaku.jpg
7月14日
190714syukaku.jpg
7月15日
190715syukaku.jpg
7月16日
190716syukaku.jpg
7月17日
190717syukaku.jpg
7月18日
190718syukaku.jpg
7月20日
190720syukaku.jpg
7月21日
190721syukaku.jpg
7月22日
190722syukaku.jpg
7月23日
190723syukaku.jpg
7月24日
190724syukaku.jpg

7月4〜24日までの間の収穫は

トマト38個、ミニトマト約350個、

キュウリ37本、オクラ(角+丸)38本、

スティックセニョール・フェンネル・イチゴをそれぞれ少々


たまに写真を撮り忘れていることがあるので、もうちょっと多いかもしれません。キュウリは思っていたより少なかったです。6月の収穫とあわせてキュウリ2株で100本以上は余裕で収穫したかと思ってましたが、100本行ったかどうかくらいだと思います。

トマトとプチトマトはほぼ終わりそうです。イチゴももうダメでしょう。キュウリはまだしばらくは取れそうですが、だいぶへたってきました。オクラはこれから本格化するかと思います。




7月は収穫のために夕方に庭に出ると、セミの抜け殻が多かったです。

190710semi.jpg

キュウリの葉の裏に、これは抜け殻ではなく、中身入りの幼虫?サナギ?セミは不完全変態なので、幼虫で良いのかな!?

翌朝、脱皮してキュウリに止まっていました。クマゼミのようです。

190711semi.jpg

庭のあちこちには、セミが這い出てきた穴がたくさんあいています。

190711semi_ana.jpg

またまた中身入りのセミの抜け殻?ではなく幼虫。動いているのははじめてみました。

190715semi_youtyuu.jpg

夜の9時頃に見てみると・・・

190715semi_dappi.jpg

見事に脱皮していましたねー。翌朝には抜け殻だけになっていました。子供の頃にセミマニアで、木に止まっている幼虫をつかまえて脱皮をしばしば観察していたYUKAによると、脱皮したては全身がもっと完全にエメラルドグリーンで綺麗だそうです。

そんな感じで、そこらじゅうにぬけがらがあります。すべてクマゼミです。たぶん。

190716semi_nukrgara.jpg

セミの抜け殻を生薬として漢方薬で使われているものがあると聞いたことありますが・・・

そして、昨日はプラムの木の枯れた部分に鳥が穴を開けて巣を作って住み着いているのを発見。

190724torinosu.jpg

木の下にはおがくずだらけだったので、まだできたてで住み立てホヤホヤのようです。顔しか見えないし、何の鳥かはわかりません・・・と思って調べたら、ギーギー鳴いているし、どうやらコゲラのようです。キツツキの仲間で日本最小の種だそうです。
園芸 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする