カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
いつもふたりは絶好釣  カーク船長の釣り日記     
TOP外食 ≫ 今日は・・・

今日は・・・

今日は釣りの予定がやめになり・・・

ラーメンを食いに出かけたついでに税務署に行って時間外ポストみたいのに確定申告の書類を投函。これは非常に楽ちん!郵便代もかからないし。

190309zeimusyo.jpg

まあ、近所のポストに投函するほうが楽ですが、用事があって出るついでだったので。それにしても、税務署にしてはでかい建物です。さすが政令指定都市になれただけある大都市だなあ。

その後、ラーメン。潰れたラーメン屋の後に最近オープンしたばかりの店。チラシでトッピング無料券が入っていたので行ってみました。

190309ibuki_mise.jpg

190309ibukisyoten2.jpg

メニューの中央が光って見えませんが、「伊吹醤油そば」はいりこだしの利いた魚介系、「純正醤油そば」は動物系だそうです。

私が注文したのは↓伊吹醤油そば+トッピングに煮卵

190309ibukisyouyusoba.jpg

YUKAは↓純正醤油そば+チャーシュー

190309ibuki_jyunseisyouyusoba.jpg

セルフで自由に乗せられる「具」↓

190309ibuki_self.jpg

190309ibuki_topping.jpg

まず、麺がかなり美味しかったです。やや太めのストレート麺で、ちょっとだけもっちり感もあり歯ごたえがちょうど良い。味も、ちょっと甘みがある気がする美味しい麺でした。食感が良いだけでなく、麺の味が「美味しい」とまで感じるのは珍しいです。

なので、あまり食べたことが無いタイプの麺ですが、特に変わった麺と言うわけでもなく自然な感じなので不思議です。まあ、そんなにラーメン詳しく無いので、もしかしたら最近では珍しくないのかもしれませんが。

あとは、伊吹醤油そばのスープもなかなか美味しかったです。いりこダシ利きまくり。ただ、醤油が濃い?ちょっと塩分多い感じ。あと、いりことか煮干しのラーメンはとても大好きなのですが、途中から鼻が慣れてしまうのか、最初ほど香りがわからなくなってしまう点が残念です。どうしたら良いのか!?

あと、ナルトはいらないなあ。まあでも、チェーン店?にしては美味しかったと言うか、好みの味だし麺も美味いしで、また行きたいと思います。




最近の出来事を・・・

3月7日(木)、仕事帰りになんばパークスシネマへ・・・

190307yamato_p.jpg

宇宙戦艦ヤマト2202第七章「新星篇」

190307yamato_seki.jpg

ガラガラでした。もうテレビ放送していて、少し待てば最終回までテレビで見られるからかもしれませんが。いつも平日の夕方6時半からの上映会に来てましたが、今までで一番空いてました。

見て感じたのは、制作者への殺意(笑)。監督は羽原信義、ストーリー構成と脚本は福井晴敏ですが、まあひどい。滅茶苦茶。福井晴敏など、自分で小説が書けなくなったからか、ガンダムに手を出したりして。

ガンダムUCは面白かったですが、あちらはオリジナルの話。ヤマト2202はリメイクです。そこが違うのでしょうか。

新キャラクター、新設定がたくさんぶちこまれていますが、ほとんどが邪魔なだけ。カレーに牛肉、タマネギ、ジャガイモ、ニンジンだけで作られたのが旧作だとしたら、本作にはセロリ、パセリ、キュウリ、ピーマンなど色んな具が入ってます。

しかし、カレールーが入っておらず、変なスパイスの調合で作られ、さらに砂糖・塩・醤油・味噌・納豆までをぶちこみ、とどめにパクチーまで入っていて、とても食えたもんじゃない!これをカレーとは呼べない!

もはやヤマトではない、まったく別の物語としてやるべき内容です。ヤマトの設定とキャラクターを使って、まるで別の作品を作ってしまっている。

これを見て、中学の頃だったかに見た、「うる星やつら2 ビューティフルドリーマー」を思い出しました。あれもそうでした。うる星やつらの基本設定とキャラクターを使った映画ではあるものの、内容はまるで違う、「うる星やつら」ではない、押井守のオリジナル作品と言って良いものになってしまっていた。

違いがあるとすれば、ビューティフルドリーマーのほうは名作と言って良いものですが、この2202は超駄作、オリジナルへのリスペクトも何もない、福井晴敏の自己主張と幼稚なアイディアによる珍設定が過剰にぶちこまれて話をぐちゃぐちゃにしています。

2199からちょっと怪しい雰囲気はありました。もちろん、2202とは主要スタッフはまったく別で福井晴敏もノータッチでしたが、あちらもどうにも我慢ならない変更も多々ありました。でも基本の設定と話の流れを大きく変えてはいなかったので、まあ2199のほうはギリギリ我慢して見ましたし、面白いなと思える部分も少なからずありました。

ところが、この2202は本当にひどい。見ている途中から頭に浮かぶのは、にっくき福井晴敏の顔ばかり。あの間抜け面。

190309fukuiharutoshi.jpg

私と同じ年のはずですが、ヤマトに対する愛着もリスペクトも、おそらくみじんも無い奴なのでしょう。でなければ、こんなことは出来ないはず。

福井節!?か知りませんが、登場人物がやたら説教臭い自己主張的セリフを吐きまくるのがウザい。そう言えばガンダムUCもそうだった。でもあれは悪くなかったが・・・。

ヤマトは群像劇でもないし会話劇でもないと言うことでしょう。音楽の使い方も間の取り方も映像の見せ方もすべてが拙いのにも参りました。

まあ、きりがないのでこのへんでやめましょう。まったくこれこそ私にとっての「さらば」宇宙戦艦ヤマトです。




3月3日、YUKAの誕生会を2人で・・・

誕生日は3月3日ではなく2月27日ですが、その日は私が釣りに行ったので(汗)、ひな祭りの日にお祝いをしました。

190303yuka_birthday.jpg

190303yakiniku0mise.jpg

190303yakiniku4.jpg

190303yakiniku3.jpg

190303yakiniku2.jpg

まあまあでした。
外食 | Comments(4) | Trackbacks(-)

Comment

YUKAさん誕生日おめでとうございます!
編集
うちも以前は自宅でですが誕生日を祝っていましたが最近はせいぜい鯛を焼くだけかな?

でも、覚えているのですがなかなか実施するのは難しくて

ところでヤマト世代としまして2202は気になるところですが2199でずいぶん設定もですが感じが違ってたので一度も2202は見たことがありません。

書かれているのを見るとしばらく後でもいいような

まー全部出てからヤフオクとかで落札しようかな?
2019年03月11日(Mon) 09:30
編集
ロードさん、どうもですー。
うちは子供がいませんし家族が減る一方ですから、誕生会も減り年々さみしくなってます・・・

ヤマトですが、どうでしょうねー。まるで違う作品と言う感じですが、ゴールデンウィーク頭頃にファミリー劇場で一挙放送やるみたいですから、ケーブルテレビかスカパーかに加入していればタダで見られると思いますよ。
https://news.mynavi.jp/article/20190306-784214/

私は地上波で放送しているのを録画していますから、そのうちそれを見てもう一度冷静に判断してみようとは思ってますが・・・
2019年03月11日(Mon) 10:20
ヤマト
編集
情報ありがとうございます。

「2199」全26話が4月28日午前8時半~午後9時、「2202」全26話が同29日午前8時半~午後9時にそれぞれ放送される。

という日程ですのでビデオを付けてないですがある程度は見れると思います。

2019年03月11日(Mon) 10:48
編集
ロードさん、どうもです。
さすがに録画しないでリアルタイムで見るのはしんどそうですが・・・
2202のほうは、途中から「ヤマト2」とも「さらば」ともまるで違う話になっているので、途中から見たらよくわからないかもしれません(笑)。
2019年03月11日(Mon) 18:10












非公開コメントにする