カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 中紀のアジ釣り後、ノマセ/落とし込み

中紀のアジ釣り後、ノマセ/落とし込み

2018年11月18日(日)アジ釣り後、ノマセ/落とし込み
日出6:34 正中11:45 日没16:55
潮(若潮)@三尾
181118shio.jpg

天候:晴れ  風向:北、5m以下  潮:下り〜上り  水温:19.8℃  波高:ベタ凪
気温:10→18℃

(結果)
181118kekka.jpg



さて、アジがまだよく釣れてますし、メジロの嫁ぎ先も決まったので、またまたいつもの仲政丸へ出撃。

アジ釣りの時間を長めに取ってくれるためでしょうか、集合(出船?)が4時半になっていました。港には船長と同時くらいの4時ちょっと過ぎに到着。予約1番なので右舷トモに入りました。きんさんも来ていてご挨拶。

181118turiza.jpg

用意できたら出船。ポイントはすぐでアジ釣りからスタートです。開始後しばらくしてぼつぼつ釣れますが、先日ほどの入れ食いではありません・・・

今回は手釣りでやってみましたが、手釣りのお約束?またに仕掛けをもつらしたり(涙)。手前にカゴがついているので、その重みで下にさがるとからみますので注意。

途中から慣れて竿より途中はずれやバラしも少ない感じがしました。ただ、前回より30センチオーバーは減った感じでした。

181118_0600yoake.jpg

1時間半ちょっとほどアジ釣りをやり、その後に夜が明けてから30分ちょっとくらい小アジ釣りをやってベイトを確保。こちらは岸壁目の前でした。マアジの小アジも少し混じりましたが、とりあえず30匹くらい確保。アオアジだけだと20匹ちょっとくらいです。

181118_0630koaji.jpg

そして落とし込み/ノマセ釣りのポイントに移動。今回はノマセの仕掛けを持ってきてそれでやりました。でも状況によっては落とし込みもやれるタイミングもあるので、落とし込みの仕掛けをつけっぱなしにしてその都度釣り方を切り替えてやるのも良いかもしれません。

181118_0650tankenmaru.jpg

最初のポイントでは、一流し目だったか、竿先がかなり長時間暴れていますが、なかなか食い込まず。食い込んだかと思っては止まるのを繰り返してましたので、そのうちしびれを切らして巻き上げたらヒットしていました。

それほど引かずに上がってきたのはハマチでした。ハマチはメジロより美味しいのでラッキーです。

その後、しばらくしてポイント移動。正確には忘れましたが、同じくらいの水深だったように思います。

こちらもノマセでやります。仕掛けを着底させて、底から3mにしてキーパーにセットして、手を離した瞬間に竿先が一気に突っ込み、その衝撃でロッドキーパーごと海中に突っ込みかけましたが、どうにか手が届いてセーフ(笑)。

上がってきたメジロはノドの奥深くまで針を飲み込んでいました。

そして次の流しも活性が高く、船中ではダブルヒットなど。私ももう1匹追加。ここのポイントは活性が高く、流すたびに誰かの竿が曲がります。

イケスにはアジが入っているので、ストレスをかけたくないのでメジロは締めてクーラーへ(笑)。

と、そんな感じでメジロが釣れたらすぐ締めてクーラーに入れていましたが、きんさんも良く釣れて小さいクーラー(20Lくらい!?)しか持ってきていなかったので、私のイケスに釣れたメジロを入れてましたが・・・(笑)。

私も2匹釣れて、少し余裕も出てきたので落とし込みでやることにして、するとまたまたヒットです。

船はベイトの反応の無いところから流しはじめるので、時間をロスしたくなかったら最初からベイトを刺して、反応が出たら落とし込みに切り替えても良いかもしれませんが、仕掛けによってはベイトがかかりませんし、後半はベイトがかからなくなりました。

そんな感じで、あっと言う間にハマチ1、メジロ3でもう十分かなと思っていると、またまたメジロヒット!メジロ4匹目と思っていると、タモ入れしてもらったタモに穴が空いていて穴からメジロが海面にすっぽり落下した拍子にハリスも切れてさようなら・・・

ノマセの仕掛けは最初ハリス10号でやってましたが、飲み込まれてからハリス8号のしか無かったのでそれでやったのが失敗だったか!?

まあ、カンパチやハタでなかったのでまだ良かったですが、残念なことにこれ以後はノーヒットでした・・・

1回だけ、船長の「上げて下さい」でみんなが一斉に仕掛けを上げると、回収中にヒットする「回収ヒット」が1回だけありましたが、すぐにすっぽ抜けてかからず・・・別の人には別のタイミングで回収ヒットがあったみたいですが。

その後、潮が止まったのか、アタリも無くなりポイント移動。

181118_950scene.jpg

181118_0950tankenmaru60m.jpg

今度は前向きに流れていたのかどうかわかりませんが、前のほうでヒット、それもハタ!うらやましい・・・

ハタが釣りたかったのですが・・・今年は釣ってないので。

しかし、その後は変なアタリが1回あっただけ。竿先が沈んだままになり、巻き上げたら重たいだけで引かず、途中ですっぽ抜けてアジ付きで上がってきました。イカかなとも思いましたが、かじった跡も付いていなかったので何なのか不思議です。

となりのおじさんはエソをよく釣っていて、大きなエソなのですが捨てていてもったいない。下さいと言えば良かった。エソをすり身にしてそのまま揚げるとフワフワのフリッターみたいで超うまいのですが・・・

おとなりの方もでっかいエソを捨てていました。「下さい」の一言が言えなかったのが残念です(笑)。今度、エソがいらない方は私に下さい。お願いします(笑)。あんまり小さいのはいりませんが。

と、その後はアタリもなく、終了。

(結果)メジロ3匹、ハマチ1匹、マアジ25〜30センチ+小アジ15センチ合計60匹以上

181118chouka.jpg

そんなこんなで、私自身は尻すぼみな感じでしたが、釣果・みやげは十分でしたし、全体にまんべんなく釣れたようですから船長にも良かったのではないでしょうか。

たまに落とし込みも試しましたが、後半にはハリスを細いのにしてもベイトがかからなくなってきたので、そろそろ難しくなってきているのではないでしょうか。なので、後半はノマセ・オンリーでやりました。

今年の落とし込みは、カンパチがまったく釣れませんでしたし(と言うか、カンパチがよく釣れているタイミングは出撃できないし予約も取れない)、ハタも釣れずで残念でしたが、ボウズはなく釣りとしては楽しめましたので良かったです。

今回もタコやタチウオも考えましたが(よく釣れているので)、しかしスシヅメで船に乗せられても苦痛ですし、トラブルとかで釣れないと地獄ですので、いつもの船にしておいて良かったです。

次はオキアミ五目かマダイ狙いでお邪魔したいと思います。

アジは美味しくいただいております。

刺身
181118ajisashimi.jpg

アジのタタキ山盛り丼
181119ajitatakidon.jpg

どんぶり飯の上にたっぷりのタタキ(あまり叩かない)を薬味たっぷりで。これはウマイ!

アジフライ
181115ajifurai.jpg

不思議とクセになるほど超うまい!

アジの干物
181115ajihimono.jpg

一手間加えて保存食(真空パックで冷凍)

あとは、ちょっと食い飽きたメジロでも、少々ムシがいたとしても美味しく食べらる方法を4つほどご紹介。

(1)メジロの串カツ
181116mejirokushikatu.jpg

白ネギとナスとはさんで串カツにするのが良いです。

(2)メジロ照り焼き
181115mejiro_teriyaki.jpg

(3)メジロのめんつゆ漬け
171031mejiro_mentuyu.jpg

めんつゆにおろしショウガとおろしニンニクを混ぜ、そこにメジロの刺身状に切ったものを入れて30分ほど漬けてから、ホットプレートで焼き肉のように焼きながら食べる。家族で盛り上がるはずです。

(4)メジロのステーキ・バター醤油ソース
171008mejiro_steaki.jpg

メジロの柵を大きめ(4か5等分くらい)に切ったのをステーキにして、焼いたフライパンでさらに醤油とバターと酒を煮詰めてソースにしてかけて食べます。この時、ナスとトマトも切って焼いたものを添えて一緒に食べると最高です。カツオやカンパチでも美味しい(少しもったいないが、たくさん釣れた時に!)。
釣り | Comments(2) | Trackbacks(-)

Comment

編集
お疲れ様です。

アジへって来てるのでしょうかね?

オオモンハタ前が良かったのかも(笑)。
2018年11月20日(Tue) 21:09
編集
>ゴリオさん、どうもです

アジどうでしょうね?水温下がったとか、わかりませんが・・・
ハタ釣れず残念でした。
2018年11月21日(Wed) 15:41












非公開コメントにする