カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP喜び・楽しみ ≫ すっかり秋に

すっかり秋に

すっかり秋になりましたね。朝は少し寒いです。10月になってから、ほぼ毎晩のペースで近所の公園を散歩していましたが、13日(土)は珍しく朝に散歩。そうすると、いつもと違って明るいから、まわりの景色がよく見えます。

181013oizumi2.jpg

するとあちこちの木が倒れて悲惨になっているのがよく見えてびっくり。

181013oizumu1.jpg

いつも夜なので暗くてイマイチわからなかったが、思ったよりたくさん倒れまくっていたのでびっくり。今住んでいるところは、引っ越し前に住んでいたところ(大阪市内)と比べるとどこも街灯が暗いです。でも慣れましたが。

夜はこんな感じで公園を満喫!?



こうして見るとゆっくりですが、乗ってる時はものすごいスピードに感じました。

10月27日(土)なんばジュンク堂へ・・・

181027junkdou.jpg

181027junkudou2.jpg

この日は、明石のノマセをキャンセルして暇になったので、1人でなんばのジュンク堂へ。たまには大きな書店へ行きたくなったので。ここは売り場面積が日本一だそうです。

その後、下のフロアーにあるホームセンターのペットコーナーを散策・・・

181027petshop_door.jpg

181027petshop.jpg

生きてたのでびっくり!

181027fukurou.jpg

でかいカメも・・・

181027kame.jpg

その後、昼飯は1人だったのでなんばウォークのカレースタンドですませ・・・

181027curry.jpg

その後、午後2時頃に帰宅したら、家の鍵をどこかで落としたらしく、家に入れなくなりパニック!YUKAもでかけており、夕方まで帰らないので、どうしよう!?

ジュンク堂に電話しても鍵は落ちていなかったとのこと。カレー屋に電話したら、私が座ったイスの上に落ちていたそうです。そこからまたなんばへ・・・

無事に鍵が戻って一安心、でもへとへとに。疲れた1日でした。




少ないですが、釣魚料理を・・・

10月19日 メジロステーキ

181019mejiro_steak.jpg

メジロをステーキにして、バター醤油ソースでいただきました。これはウマイ!

20日 メジロの串カツ

181020mejiro_kushi.jpg

白ネギとナスとメジロの切り身を串カツにして食べました。これまたウマイ!

171107mejirokushi_katsu.jpg

ちなみに、今回はやらなかったですが、カツではなく天ぷらにしても美味しいです。

21日 メジロの照り焼き

181020mejiro_teriyaki.jpg

これまた、ウマイ!

あとは、小アジとエソを持ち帰ったので・・・

181020aji_eso.jpg

小アジ唐揚げ
181022aji_karaage.jpg

小アジ南蛮漬け
181022aji_nanbanzuke.jpg

定番のうまさ。

小アジの香味ソース。
181022aji_negi.jpg

ネギのせ中華風?美味しかったです。

エソと豆腐をまぜたものを衣もつけずにそのまま油で揚げたもの(料理名は不明)。
181024hamo_tofu_tenpura.jpg

これはびっくり。美味しすぎ!フワフワです。




芸術の秋?と言うことで、CDを少し補充しました。

181010cds.jpg

1枚だけDVDで(左下)、ヴァント88歳での最後の来日、2000年東京公演、あの伝説的ライブの2日目の映像です。曲目はシューベルトの未完成とブルックナーの9番と言う2つの未完成交響曲。

映像を良く見るとバストロンボーン奏者が現在ベルリンフィルのシュテファン・シュルツ氏のようだか、当時はまだベルリンフィル入団前ではあるものの、彼の履歴を見ると、1993-02年はベルリン国立歌劇場管弦楽団の団員だったそうなので、どうしてここにいるのか!?このツアーだけ代理で参加したのかな!?

この上のCDは同じくヴァント・北ドイツ放送響でブルックナーの交響曲第3番。この曲もわりと好きです。金管ブリブリ吹いてこのオケらしい演奏。

他、チェリビダッケのブルックナー7番と8番は1990年に来日した時の東京でのライブ。実際に聞きに行きたかった。関西に来ていたら頑張ってチケット取って行っただろう。

あとは、ブラームスの交響曲の中で、一般的な評価とは違って個人的に気に入っている交響曲第2番のCDがあまりないので補充(右側上下2枚)。ジュリーニのほう(上)はウィーンフィルではなく敢えてロスフィルでの演奏版を購入。この曲はブラームスにしては珍しく金管が活躍するので、バリバリ吹く感じのアメリカオケの演奏が珍しくて面白い。狙い通り。

下のバーンスタイン版は爆演を期待して買ったが、ウィーンフィルだからかバーンスタインにしては割とおとなしめと言うかスタンダードな演奏で、ちょっと期待外れ。
喜び・楽しみ | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする