カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 中紀の落とし込み・2回目

中紀の落とし込み・2回目

中紀の落とし込み@仲政丸(和歌山・美浜)
2018年10月20日(土)
天候:晴れ  風向:北10m  潮:下り~動かず  水温:24度  波高:2m→0.5m
気温:16→22℃
日出6:08 正中11:45 日没17:21
潮(中潮初日・小→大)@三尾
181020_shio.jpg

(結果)
181020chouka_ore.jpg



さて、今シーズン落とし込み2回目です。またまた少し早めに出て、ゆっくり走って港へ向かいます。するとなんと、まさかのカタログ値越えでました。
181020_0421nenpi.jpg

カタログ燃費は16.0km/Lです。なるべく90キロ以上出さないように辛抱して走りました(笑)。

さて、港に着いて5時前に船長もやってきて、きんさんもいたのでご挨拶。予約2番目だったので、空いていた右舷のトモに入りました。きんさんは左舷の前から2番目だそうで、見えません。

181020turiza.jpg

5時過ぎに出船、ゆっくり走って関電の発電所前でしばらく待機、まず小アジを釣ってためておくようです。船長から小アジ用のサビキが配られました。アミエビは無し。

5時半頃に小アジ釣り開始です。しかし、最初はまったくかからず。探見丸にガンガンに反応が出ているのに・・・

181020_0530tankenmaru12m.jpg

アミエビ無しで釣れるのかな?と半信半疑でやっていると、10分後くらいに突然入れ食いになりました。ダブルトリプルフォースと毎回連で釣れてきます。

181020_0530koaji.jpg

30分ほどで50匹くらいになりました。たっぷりです。ただし、ベイトに良いのはアオアジ(マルアジの小アジ)なので、半分近くはアカアジ(マアジの小アジ)でしたから、使えるのは30匹弱と言う感じです。まあ、これだけあれば十分でしょう。

6時くらいまでやって、ダッシュで落とし込みのポイントへ向かいます。場所は日ノ岬沖のほうで、岬を越えると風が強くて急に波が出てきました。予報では風が出るのは午後からと思っていましたが・・・

6時半頃にポイントに到着。トフあたりかな!?よくわかりませんが、水深48−46mくらいのところで、すでに3隻ほど船がいて、やっていました。

181020_0627tankenmaru46m.jpg

とりあえずベイトは刺さずに落とし込みでやります。ベイトの反応はあまり濃くなくて、出たり消えたりですが、なんとかかかる感じです。

数回やってベイトがかかったので、底から5mで待機してますと、すぐに竿先が暴れ始め、刺さりました。

1匹目ですし、波がちょっとあるので慎重に上げてきます。上がってきたのはハマチでした。ハマチにしてはまあまあのサイズだったかな!?

そして次の流しだったか、なかなかベイトがかかりませんが、かかるとすぐにまた竿先が暴れてヒット。今度は大きそうです。上がってきたのはメジロでした。

その後、波がだんだん高くなってきてやりにくいですが、しばらく後にまたメジロがヒット。快調です。

しかし、ここからは他の誰かにぽつぽつ釣れるくらいで、私にはあとはアタリなし。きんさんは、回収で巻き上げてきたらかなり上でヒットしたとのことでした。

前回写せなかった、日ノ岬のシンボル?風車がへし折られた様子・・・

181020_0635hinomisaki_fuusya.jpg

確か8時半くらいまでやり、風・波強くてやりにくいこともあってか、波の無いポイントへ移動するそうで、日ノ岬より東側のほうへ移動。

181020_0845mihamaoki.jpg

15分ほど走って、美浜沖の水深30m以下のポイントや、関電沖の40mくらいのポイントなどあちこち回りますが、だんだんベイトもかからなくなり、ノマセ中心になってきます。ノマセ釣りで前アタリすら無いので睡魔が・・・

どうも潮がほとんど動いていないようで、食い気がさっぱりみたいです。船長も、このあたりのポイントを順番に何度も攻めましたので、たぶん魚はいるのでしょうが、潮が動かないとダメなようで・・・

181020_1200kandenoki.jpg

最後は関電の内側の浅いとこでもやりましたが、だれかに大なのがヒットして竿が刺さりましたが、バラしで終了したようです。

(結果)メジロ2本、ハマチ1本

181020chouka1.jpg

おまけ
181020chouka_aji_eso.jpg

朝一だけでしたが、釣れて良かったです。青物は時化のほうが良いイメージですが、落とし込みは竿が上下するとたぶんダメなのか、風・波が強いとあまり良くないことが多いです。

また波の無いポイントでは潮が動かないなど、どうにもならない状況だったようですから、この状況で朝一駆け込みで釣れて、なんとか逃げ切り?みたい感じでした。

シーズン的にはまだまだ落とし込みは行けますので、もう一山あることを期待したいと思います。



帰宅後、持ち帰った小アジを処理・・・

181020aji2syu.jpg

こうして見ると、マアジ(赤)とマルアジ(青)と半々くらいですが、青はベイトとして結構使いましたので、実際はアオアジのほうが多かったと思います。持ち帰り40匹なので、たぶん50匹以上釣れたと思います。しかも、たった30分で。これはこれで面白かったです(笑)。

一般にマアジのほうが美味しいと言われてますが、唐揚げとかフライにはマルアジのほうが私は好きです。

181020aji_karaage.jpg

メジロも小アジも美味しくいただきました(笑)。
釣り | Comments(2) | Trackbacks(-)

Comment

編集
厳しい日にあたってしまいましたね。

それでも朝の地合いにパッパッと釣られてるのはさすがですねー。

車の燃費の画像真ん中は何を示してるのですか?
2018年10月22日(Mon) 21:26
編集
ゴリオさん、どうもです
今回は釣り座があたりでした。小アジ釣りも入れ食いで楽しかったです(笑)。
燃費のまんなかは、瞬間燃費系です。円グラフで白くなっている部分が動いて瞬間燃費が表示されます。数字で表示されるタイプより見やすいです。写真の瞬間はエンジンブレーキかかってますので、燃料消費ゼロですから燃費maxの瞬間です。
2018年10月23日(Tue) 13:57












非公開コメントにする