カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 完全フカセの本ガツオ狙い

完全フカセの本ガツオ狙い

2018年8月6日(月)完全フカセのカツオ狙い@昇雄丸(和歌山・串本)
天候:晴れ(暑い) 気温:27→31℃  風向:ほとんど無風?  潮:下り?あまり動かず  水温:28度  波高:ベタ凪
日出5:12 正中12:03 日没18:53
潮(長潮)@串本
180806_shio.jpg

(結果)
180806kekka.jpg

ちょっと前くらいから串本でカツオがよく釣れており、潮岬ではなく古座沖の上瀬と言うところがポイントのようで、ここではグレやイサギも混じったりしていましたので興味を持って釣果を眺めていました。

完全フカセはフロロを巻いたリールを用意しなければならないので敬遠しており、潮岬のカツオやキハダ釣りは、大物狙いで一発勝負のイメージが強くてあまり興味がわかなかったのですが、今シーズンのようにいろいろ混じって数もそこそこ釣れるならやってみたいなと思っていました。

なので、当初は台風明けの木曜日を考えていたものの、台風後の最初の出船ではカツオがいなくなっていたようだったので、タコ釣りに変更したわけですが、その後また上向いたので行くことに・・・

昇雄丸に電話すると、日曜はさすがに満員と言うことで、月曜日に夏休みを取って行くことに。宿泊もできるとのことで、前日の晩から泊まりで行きました。素泊まり3,000円です。快適でした。

180805syukuhaku.jpg

他に3人の団体さんもおられましたが、さわがしいこともなく9時には夢の中に・・・しかし、1時半にトイレに目覚めてからはウトウトしかできませんでしたが、それでもまずまず眠れて3時に起床、3時半に集合?で、船は店の裏ではなく、串本港のほうに停泊してあるらしいので、船長の軽トラに後をついて4時前くらいに出発。

串本港に着いてから乗船開始で、団体さん3名が後ろで、私は前に入り全部で5人でした。前日は6人で満員だったようです。

180806turiza.jpg

そして準備して4時20分頃だったかに出船です。いつもと景色が違うのでテンションが上がります。

180806_0510sao.jpg

そして5時くらいにポイント到着。上瀬と言うだけあって、まわりの水深よりかなり浅い瀬があるようです。それも何カ所か?そして5時20分くらいにスタート。

180806_0510tankenmaru.jpg

まだ船は4,5隻くらいで、それほどいませんでしたが、最終的にはかなりの数の船が来てました。

180806_0520hinode.jpg

前日は爆釣で朝の一投目からカツオが食ってきたらしいですが、この日はイマイチ。

当初は新しい電動リールをフロロ用に買って、それにフロロ8号を300mほど巻こうかと思っていましたが、上島釣具に電話したらF氏が出て、フロロ巻きっぱなしだと癖が付いて大変なことになるし、持っているリールにその都度巻き替えるほうが良いとのことだったので、買うのはやめ(笑)。

あまり出番の無いシーボーグ500MTに、家にあったフロロ10号を200m巻いて使うことに。船頭さんに聞いたら、その先に8号を2ヒロくらいつなげてやれば良いとのことだったので、そうしました。

結び方は、当初は8の字のわっかを通してかと思ったら、普通に電車結びで良いとのことで。確かに、8の字でわっかを通して2ヒロにするとガイドを通りにくいのでややこしいから、そのほうが良さそうです。

しかし、私の結び方が悪かったようで、2回切られましたので途中から10号そのままでやりました・・・

さて、話をもどして釣り開始。前日は1投目からカツオが入れ食いだったらしいですが、この日はアタリ無し。

糸を出す量は、潮が流れているときは長め(15〜20m)で、動いていないときは短め(10mくらい)だったかな!?あまりよく覚えていませんが、最大に糸を出しても25mまでにしときました。

糸を少しずつ出しながら時々オキアミをぱらぱらとまきます。手づかみでオキアミをまいた手で電動リールをさわると、電動リールがオキアミのカスだらけになるので、次回からはトングか何かを持ってくるようにしたいと思います。

糸を出すのも、クラッチを切ってではなく、ドラグをゆるゆるにして、竿先のほうから糸を引っ張って出すほうが良いらしいです。そしてその都度ドラグをしめないと、ドラグゆるゆるでヒットしたらバックラッシュするので、注意が必要です。

さて、20mくらいまで糸を出してしばらくしてもアタリがなかったので、とりあえず1回あげてみたら、エサを取られていましたので、やりなおし。

しばらくすると後ろのほうでヒット。本命のようです。その少し後に私の竿も曲がりましたが、オマツリのようで糸を出して後ろのカツオが上がるのを待ちます。

上がった後もまだ私のも引いているので、喜びますが、それほど引きませんので本ガツオでは無さそうです。上がってきたのは50センチちかいかなり大きなヒラソウダでした。これはウマイのでとりあえず大喜び(笑)。糸はたしか12−13mくらい出していたと思います。

180806_0530hirasouda.jpg

その後、しばらくして今度は本命の本ガツオがヒット。よく引きます。しかし、途中で針はずれ・・・

気を取り直してやりなおしますと、またまたヒット。ひさしぶりのカツオの強い引きにとまどいながらも、どうにか3キロ級の本ガツオを取り込めて一安心。まだ6時過ぎだったので、期待が高まります。

180806_0613katsuo1.jpg

そしてまだ時合いだったようで、6時半過ぎにもう一本上がり、さらに期待がふくらみます。

180806_0638katsuo2.jpg

ところが、ここから潮が止まってきたようで、なかなかアタリ無し。

180806_0600tankenmaru.jpg

タナを下げて20mくらいにすると、魚礁の近くではイサギが釣れますが、そう入れ食いでもありません。

ハリス8号でプロヒラマサ10号でもイサギが食ってくるとは、水温高いから高活性なのでしょうか。グレが釣れないかと期待しましたが、潮が動いていないとグレは釣れないのか、この日は顔を見ませんでした。

1時間以上も本命のアタリがなかったので、外道狙い?でハリスを7号に落として針も少し小さめにしてやってみましたが、特にイサギやグレが釣れることはなく時間がすぎてゆきます。

そうこうしているうちに、カツオの群が寄ってきたのか、次々にヒットしだして、私も急だったので仕掛けをもどすまもなく、ドラグはゆるめにはしていましたが、本命がヒットしたらすぐに切られてしまいました(涙)。電車結びのところで切れてました。

あわてて8号をむすびなおしやりますが、あわてたからか、むすびかたが悪かったようで、また電車結びの結び目で切られてしまいました(涙x2)。

この時はカツオが船の下に寄ってきており、10mもないくらいの距離でオキアミを食うのが見えていましたので、余計に興奮しますが、焦ると余計にだめです。

水深が深いのに透明度が高いから、浅いところに小さめのカツオがいるように見えたのですが、ヒットしてやりとりするとものすごい引きます。

先ほどから結び目で切れたのが連発したので、ここからはハリス10号に針をくくってやっていますが、今度はドラグ調節が悪く、なかなか寄せられずにもたついているうちに針はずれ・・・

お隣の方も針を曲げられたりと、この見えているカツオはかなり大きいようです。そして、この時合いの最後のほうでようやく釣り上げることが出来たのは、4キロまではないかもしれませんが、3.5キロ以上はありそうな良型でした。

180806_1000katsuo3.jpg

その後またしばらく釣れない時間と言うか、たまにサバが来たり小さいヒラソウダが釣れたりしました。

終了時間が、近づいてきた10時40分くらいにまた群が船に寄ってきて、後ろのほうで1本上がり、私はアタリがなかったので、もう一度上げてやりなおそうと思いましたが、糸をさらに出して20mで待ちますと、竿がひっぱりこまれてヒット。これは何とか無事に上げて1本追加で4本目。

11時のラスト1投でまたヒットしましたが、すぐに飛び跳ねてこれはシイラでガッカリ、ちょうどそれで終了となりました。

(結果)本ガツオ3〜3.5キロ(推定)4本、ヒラソウダ大中小各1匹、

180806chouka_kastuo.jpg

その他おまけ

180806chouka_sonota.jpg

カツオは意外に眼がよくて、ズボ釣りだと前アタリとかもありますが、この釣りだと少し糸がたるんでいるからか、いきなり竿がひっぱりこまれることが多かったです。

途中、見釣りみたいになっている時にオキアミを食ったのが見えましたが、それから竿を引っ張り込むまで数秒かかりました。

また、ズボ釣りだとコマセを出してちょっとしたくらいに当たるかなと予測できますが、この釣りはいきなりアタリが来るのでびっくりします。

途中のハリス切れのバラシ2発は完全に無駄で、防げるものでしたので、それはちょっと残念で船長にも申し訳ないですが、結果としては十分に良い釣果でしたので、満足して帰りました。

本ガツオは抱卵してまして、個体により脂の乗りにばらつきがありますが、一番大きいやつはなかなかよく脂がのってました。

本ガツオ
180807katuo_mi.jpg

ヒラソウダ大
180807hirasouda_mi.jpg

このヒラソウダと比べると本ガツオの脂の量ではさすがにちょっと負けますが、食べ比べても遜色ないくらいどちらも美味しかったです。赤身部分で比べると本ガツオのほうがヒラソウダよりクセがなくあっさりしているのがよくわかりました。

180807sashimi.jpg

あとは、心臓だけ集めて塩焼きにしてみましたが、これがウマイ!

180806hatsu.jpg

ハラモには米粒状の寄生虫がいて、活きが良い状態だと動いてますから配らずに我が家ですべてキープ。これも塩焼きが最高にウマイ!

180806haramo.jpg

また行きたいですが、お盆は遠出したくないのと、いつまで釣れているかわからないので、どうなるでしょうか!?
釣り | Comments(2) | Trackbacks(-)

Comment

編集
楽しくて、美味しくて、いいですね~
私が最後に本カツオ釣りに行ったのは6年前です。それに去年あたりから体力(気力?)が衰えたのか中紀以南へはとんと足が遠のきました。。
8月後半は落とし込みで御坊まで行こうと思ってますので、また釣果報告で情報をよろしくお願いいたします。
2018年08月11日(Sat) 08:47
編集
しんすけさん、どうもですー

串本はやっぱりちょっと遠いですよねー。中紀も御坊まで高速が二車線になればもっと楽になるかもしれませんが。
波浪ブイが復活すればカツオももうちょっと近くなりますが、いつになるやら!?
8月後半、落とし込み上向くようなら私も考えていますので、こちらこそよろしくです。
2018年08月11日(Sat) 12:32












非公開コメントにする