カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 今年はきびしい明石のマダコ釣り

今年はきびしい明石のマダコ釣り

明石のマダコ釣り@俊郎丸(明石・東二見)
2018年8月2日(木)
日出5:10 正中12:07 日没19:03
晴れ 気温26→30℃ 風速2-3m 北東→南東 波高0.5m以下 水温26℃ 
潮(中潮・大→小の4日目)@二見
180802_shio.jpg


さて、ひさびさにゴリオさんとご一緒させていただきました。釣り物は、当初は串本のカツオのつもりでしたが、台風明けの釣果を見ると、カツオが行方不明と出ていたので(笑)、明石のタコに変更。

今年はタコが少ないのかあまり数が釣れていないので微妙ですが、ほんの少し?上向きみたいなのでとりあえずタコにすることに。

集合は4時でしたが、3時過ぎに到着。3時半から受け付けと乗船開始で、座席は船長による指定です。受付して、後ろ寄りのほうか前かと言われたので後ろ寄りのほうにして、こんな感じで入りました。

180802turiza.jpg

ほとんど横向きに流したので、一番前に入ったら良かったかも!?まあ、わりと空いてましたので、あまり関係無いかな。

180802depart.jpg

ちなみに、今回のために、前日に疑似餌を買い込み・・・またまた釣具屋の目論み通りに金を投入(笑)、新たにタコエギを3つ、タコスッテ3組、タコ—レ・シェイクとか言うのを4つ購入、そしてさらに、去年は買えなかったデビルクラッカー2個と換え用のワーム2種類まで購入して臨みました。

180802newgijie2.jpg

疑似餌系が増えたので、テンヤでのエサで豚脂とイワシをリストラ。小アジかサンマは欲しかったが無かったので変わりに塩サバを投入。あとは例年通りお気に入りの手羽先の他、ササミとサーモンを使用しました。

エサでの釣果は、鯖の切り身4、手羽先4,ササミ1,サーモン0です。使用時間は鯖>手羽先>ササミ>サーモン・・・くらいの感じなので、結局は使った時間と釣果が相関しているだけのようで、どれが良かったかまでは何とも言えませんが、まあでも釣れるとよく使いますから、多少は関係あるかな。

4時半出船ですが、揃ったので4時15分に出船、4時半ちょっと前頃だったかに港を出て少しのところで釣り開始。

出船が早いのでまだ暗いですから、先日に話題になった、深場で暗いところのタコは蛍光よりむしろ見えない色(黒や赤)が良いかと思って、黒系のエギ+緑系エギ(グローじゃないやつ?)の組み合わせでスタート。

すると何と、見える範囲でファーストヒットです。ただ、その後は続かず、テンヤの手羽先に変えて1パイ追加。いちおうこれも蛍光ではないですが、どうなんでしょうか?不自然に光より自然なほうが良いのかなとも思いますが、俊郎丸は暗い内から釣り開始になることが多いので、今後も検証を続けたいと思います(深場とはちょっと趣旨が違うかもしれませんが)。

その後しばらくそこらでやり、明るくなってからちょっとだけ西の沖に移動して、よく覚えていませんが、入れ乗りタイムはまったくなし。ちょっと退屈するかなーと言うくらいの頻度で忘れかけた頃に釣れる感じです。

180802_0522.jpg

去年はどこのポイントだったか(播磨人工島の西側だったかな?)、スッテが群を抜いて良く釣れたので使いましたが、今回はやたらとワカメをひっかけるのでエギやテンヤも併用。連続で釣れることはありませんので、何が良いかわかりません。

中盤にさしかかった頃、デビルクラッカーをまだ使っていない事に気づいたので(まわりで誰も使っている人がいなかったので)、デビルクラッカーのザリガニみたいなワームの赤と白?の組み合わせで投入。

しゃくっていると、すぐに軽くなり、不思議に思ってあげてみると、サルカンを止め忘れていました(涙)。

その後、もうひとつ買ってあったデビルクラッカーの黄色+黄緑の組み合わせのほうを投入。すると、入れ乗りで連続3杯釣れました。

これは!と思ってしばらくしたら、すぐ止まり、さらにしばらく使っていると、根掛かりでロスト!

この日はその他、タコエギ4つとテンヤ1つも根掛かりでロスト!おそろしい根掛かり率で、たぶん一度のロストとしては過去最悪だと思います。いつも根掛かりは多くても2回、たいていは0回だったので。まあ、デビルクラッカーのうち1つのロストは自分の間抜けさのせいですが・・・

この日1日でたぶん総額5千円くらいを海に奉納したのではないかと思います。

疑似餌系の成績ですが、なんとなくの記憶では、タコエギ(組み合わせは色々)が一番よくて、スッテで2,3ハイ、タコーレ・シェイクが0ハイでしたが、ほぼ使用時間に比例だったような気がするので何が良かったかの判断は微妙です。お隣の方は、テンヤに刺すワームで蛸の恋人じゃない、カエルの足みたいなやつのピンク+エサでわりとよく釣られていました。蛸の恋人は見える範囲では使っている人はおらず。

それにしても、スッテやデビルクラッカーはワカメがひっかかると、一瞬タコが来たかのような感じがするので、アタリが遠くて退屈してダレてきた時に自分を騙してやる気を出すために良いなと思いました(笑)。タコかワカメかはその後にすぐわかりますので、一瞬の錯覚にすぎませんが・・・

釣れてくる型はあまり良くなくて、わりと小さめが多いですが、トモの方は不思議と良型をたくさん釣ってました。たぶん釣果に名前の出ていた方かな!?

私の最大は、最後のほうで釣れた1キロ弱くらいのやつで、あとは200−300gくらいのが多かったように思います。去年のこの時期はもう一回り大きかったようなので、今年は少ないだけでなく遅れているのでしょうか!?

二見沖の水温を調べると、確かに去年より低めの日が多かったようですが、それでも平年よりは高そうですが・・・

180802suionhenka.jpg

と言う感じで特に盛り上がることなく11時で終了。それでも空いていたこともあってか、思っていたより数は釣れました。

(結果)マダコ150ー900gくらいを23ハイ、重量合計4.1キロ

180802chouka23hiki4_1kg.jpg

数は去年の半分くらいで、重さは3分の1くらいです。もうちょっと釣りたかったですが・・・まあ今年の状況を考えれば十分すぎる釣果で満足はしております(エギ等をたくさん海に奉納したことは忘れて)。良く釣った人で27ハイだったらしいので。

あと、暑さも思っていたよりはマシで、空調服のおかげなのか、たまたま日当たりがマシだったせいかわかりませんが。なので、まあそれほど不満はなかったのですが・・・

しかし、帰宅後に串本の釣果を見るとカツオが爆釣・・・ちょうど帰りの車の中で「これで串本が爆釣していたらショックだなと」ちょうどそんな話をしていたところでしたので(涙)。

まあ、カツオは追いかけても逃げて行くことが多いですからしょうがないです。タコ釣り、遅れているだけならもう一回行きたいですが、去年の秋ダコの冷凍ストックがまだありますし、むしろケンサキイカのほうをストックしなければならないので、たぶん今年はもうタコ釣りには行けないかな!?

そして引っ越してから4回目の釣行でしたが、またしても不完全燃焼な結果で、まあ撃沈ではありませんし十分満足な釣果ですが、いまだに爆釣に出会えていないので、次は引っ越し後の5回目の釣行ですから、いいかげんそろそろ爆釣の日に当たりたいものです・・・
釣り | Comments(2) | Trackbacks(-)

Comment

編集
ご一緒ありがとうございました。

情けない釣果でしたが、季節物なので年に一回行けたので良かった事にしておきます(笑)。

カツオ昨日は釣れてたので残念でした。
運がなかった(笑)。
しかも今日はダメだったようで。釣れてた船もあったみたいですが。
2018年08月03日(Fri) 21:06
編集
ゴリオさん、お疲れさまでした

カツオはなかなか難しいですねー。爆釣してから予約しても行く頃にはダメになっていたりとか、前は1日違いで急降下でしたが、この日もそうですね。

日曜日にカツオ行こうかと思いましたが満員でしたので、来週にしようとも思ったものの、また台風が来ているみたいで困ります・・・
2018年08月04日(Sat) 11:00












非公開コメントにする