カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ ひさびさの釣りは中紀のイサギ

ひさびさの釣りは中紀のイサギ

2018年6月9日(土)イサギ釣り@仲政丸
天候:晴れ  風向:北  潮:下り潮  水温:19.4度  波高:特定出来ず
日出4:48 正中11:59 日没19:10
潮(若潮p)@三尾
180609_shio.jpg



引っ越し後にずっとばたばたしてまして釣行もなかなかできませんでしたが、ひさしぶりに釣行できて釣行記も更新です。

引っ越しもどうにか落ち着いて(まだ完全ではないですが)、なんとか釣行できるようになってきましたので、よく釣れ出した中紀のイサギへ・・・

前の週に一匹狼さんからいただいて、脂ノリノリで超美味しかったので。今年は水温低いからか、まだ脂ノリノリみたいで楽しみです。

しかし、午前便の集合は午前3時半とのことで、めちゃくちゃ早いです。引っ越し後、家の整理や新居での緊張?や仕事の忙しさなどから慢性的な寝不足状態だったので、あまり寝不足が続いたり疲れがたまるとまた不整脈が出ますので、できたら午後便が良かったのですが、残念ながら午後便は出ないようで、頑張って1時に起きて睡眠3時間半で港へ。

前の家より少し近くなったようで、思っていたより早く3時過ぎには港に到着。たぶん満員のようです。火曜日に予約しましたが、ほとんど最後のほうで(最後から2番目か3番目)、食いが良ければミヨシでも釣れるだろうと思ってオマツリを避けるために空いていた左舷の前に入りました・・・

180609turiza.jpg

でも前日の午後便はちょっと厳しかったようで、この時はまだわからなかったのですが、この日くらいからイサギの活性が悪くなってきたようで(水温が低下したらしい)、なるべく後ろ寄りに入ったほうが良かったかも?または右舷(これは行ってみないとわかりませんが)。

さて、準備して4時前に出船。

180609_0420fune.jpg

ポイントはジャリで4時半ころに到着して釣り開始です。

180609_0430tankenmaru.jpg

釣り開始して、潮は右舷のトモに向かって流れており最悪の場所に・・・

船長がアミエビを取りに近くにやってきて、その時に「水温19℃台にさがっているから、今日はヤバイかも・・・」のお言葉が・・・

180609_0430sao.jpg

これはヘタしたら一桁釣果かも!?と不安がよぎりますが、朝一は釣り座が悪くても関係無くぽつぽつと釣れてきます。

開始後2時間くらいは順調に、まあ入れ食いとまでは行きませんが、エサをぱらぱら出して上にゆっくり誘う感じでやるとアタリがあり、底から6−8m前後でよく釣れました。

7時くらいにはなんとか30匹くらい釣れまして、それなりにみやげになり、この調子なら結構行けるかな?と思いましたが、だんだんアタリが遠くなり、8時半か9時前くらいからさらにかなりアタリが出にくくなり、ごくたまーに釣れるくらいに。

かなり棚を下げるとたまに釣れますが、釣れてもリリースサイズです。

食いが悪い時は釣れてもサイズもよくないそうで、入れ食いになると良型が多いようです。前半はまあまあでしたが、中盤以降は型もダウン・・・

前日は下り潮が止まってきてから入れ食いになったとのことなので、潮止まりを期待しますが、10時をすぎてかなり潮も止まってきましたが、アタリはもっと完全に止まってしまいました。この頃になると、釣り座に関係無くどこも釣れていなかったのではないかと思います。

ここまで、たまーにソウダガツオ(マルソウダ)の細めのやつが邪魔しに来ましたが、水温さがったからか、それほど邪魔でもなかったです。もっとたまにですが、太くて大きいゴマサバが釣れました。40センチ以上あります。

180606saba.jpg

イサギが釣れなくなった時に40〜35mくらいでやったら2匹釣れました。これは良いみやげです。でも後半になるとイサギだけでなく何も釣れなくなりました。

すぐ目の前には千代丸二号もずっといましたが、こちらの船も後半には誰の竿もまがっていませんので、イサギの活性が完全に止まってしまったのでしょう。

180609_0740chiyo2.jpg

探見丸にはイサギらしき?反応は出て映ってはいますが、何も食いません。暇だったので千代丸二号の探見丸をのぞいてみると、そもそも何も映ってませんでした・・・。探見丸の感度か設定が違うだけかもしれませんが・・・

午後便がないので10時半をすぎてもまだやってくれましたが、まったくアタリ無し・・・船中は沈黙が続きます。

と言うことで、そのまま11時になり終了です。

(結果)イサギ25〜35センチを36匹キープ、ほか数匹リリース。40センチオーバーのゴマサバ3本

180609chouka.jpg

もう安定して釣れているかと思ったので、予定の半分くらいでしたが、前半にまだそこそこ釣れてみやげ確保できて良かったです。

イサギは脂がよくのってました、↓皮を引くのに失敗して脂が取れてしまいましたが、それでもこんだけ皮下脂肪があります。

180609isagi_abura.jpg

ゴマサバも太くて脂のっていて、超美味かったです。

まだ配れていないところが何カ所もあるので、もう一回行きたいですが、翌日から釣れなくなったみたいなので(台風で出船していないのかも?)、どうしようか悩むところです。
釣り | Comments(3) | Trackbacks(-)

Comment

編集
お疲れ様です。その場所でさすがですねー

釣れないのは水温下がったようですが、また網で取られたりしてないか心配です。
2018年06月14日(Thu) 21:10
編集
釣行記まだかまだかと待っておりましたv-10

渋かった中、たくさん分けていただきありがとうございましたm(_ _)m
大変美味しかったです。

私も皮を剥ぐときに、数匹お腹の部分を削いでしまいました。
久々に魚を捌いたからかなと思ってましたが、脂がのっていたからですね(と言うことにしておきます)
2018年06月15日(Fri) 06:23
編集
>ゴリオさん

どうもですー。今回は魚影もあったみたいですし、他のポイントもどこもイマイチだったみたいですから取られたんではないと思いますよ。水温分布みたら紀伊水道の中央を急激に潮が下ったみたいでした。

釣れてる時間帯は釣り座にあまり関係無く釣れていて、釣れなくなるとどこもだめみたいな感じでした。


>このじんゆうさん

まだ忙しくて、帰宅後も家でやることいろいろあり、仕事もまあまあ忙しいので遅くなりました。

今回はイケスが使えなかったので、しかも、釣れた後に潮氷につけっぱなしでクーラー入れ替えたりもしませんでしたので、かなり身がやわくなってしまいましたので、さばきにくいのはそのせいかも!?やはりイサギは身がやわらかくなるのが早いのでイケス使いたいですね。

しかしイケス確保と思ってもこの時期は混んでて使うと迷惑になることありますし、速い予約できるほど先の予定がわからないので・・・

また今後もし過剰に釣れることがあったら(笑)、引取をお願いします。
2018年06月15日(Fri) 08:24












非公開コメントにする