カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP喜び・楽しみ ≫ 最近のあれこれ

最近のあれこれ

連休中は引っ越し作業でドタバタして、初日に串本へ釣行してからあとはひたすら荷造り等をやってました。

リビングも散らかってます・・・

180507hikkosi1.jpg

私の部屋

荷造り前・before
180506hikkoshi2before.jpg

荷造り後・after
180506hikkoshi2.jpg

180506hikkoshi1.jpg



「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 誕生・赤い彗星」を見に難波まで・・・

180509gundam.jpg

180510gundamu2.jpg

私は面白かったですが、宇宙世紀シリーズと言うかオリジナルシリーズ(ファーストガンダム)のファンじゃないと見てもつまらないのではなかろうか!?ストーリーが説明的で断片的だし。一作の作品として見るには厳しい感じだが。しかし、そういうのまでもが作品として成立してしまうとは、ガンダムもよっぽどファンが多いようですな。

このシリーズもこれで終わりです。さみしいですねー。

宇宙世紀シリーズの新作が出るみたいだが(ナラティブ)、また福井晴敏がやるそうで、彼のUCは面白かったが、ヤマト2202でウンザリなのでナラティブガンダムは見ないでしょう。ファーストかZガンダムの主要キャラクターでも出るなら別だが。



さて、ようやくiPhone8が届きました・・・

180510iphone8.jpg

2年ほどiPhone6を使ってましたが、防水防塵ではなく釣りの時に防水ケースなどに入れてかなり使いにくくて大変でした。ようやく防水のiPhone8に変わります。

防水仕様のデジカメを持っているのですが、カメラとしての性能がイマイチと言うか、撮影シーンに応じてその都度いちいち感度を調整したり撮影モードを変更しないと綺麗に撮れない(ピンぼけや露出オーバーになりやすい)ので、暗いときから明るい時まで通して使う釣りの際の撮影には不向きなカメラでした(そういう用途で使うから防水・防塵のはずなのに)。

↓こいつ。これはダメです。ピンぼけになりやすくて使いにくい。
150301dejicame.jpg

iPhoneはいろいろと勝手に調整してくれて、そこそこの写真が常に何もせずに簡単に撮れるから釣り向きでしょうか。と言うか撮影モードの調整とか一切無いので、そもそも何もできないですが。

180511iphone8b.jpg

iPhone6(左)とiPhone8(右)を並べて見ても、見た目はあまり変わりません。背面がアルミではなくガラスになったそうで、かなり強度の高いガラスとは言っても割れる可能性があるから、それならばiPhone7にしておけば良かったと後悔していますが、CPUは8のほうがちょっと良いみたいなので、まあケースも付けるから良いかな!?

あとの違いは「AR対応」「ポートレートライティング」「ワイヤレス充電」だそうで、ワイヤレス充電は使わないし(高額の充電器が別売り)、ARは使わないだろうし、ポートレートライティングもいらないが・・・。

180511iphone8f.jpg

せっかく防水防塵になったが、いつから釣りに行けるかわからないので(今月はたぶん無理)、まだ新しいスマホの実感が無いが。まあ、動きが少し速くなって良い感じ!?

それにしてもそもそも当初は単なる機種変更ではなく他社への乗り換えをしての機種変更の予定でしたが・・・

携帯ショップに行き見積もりしてもらった結果、現在のauからdocomoに乗り換えたほうが安いとわかったのでそうすることにしてMNP手続きのためにauに電話して、他社に乗り換えることを伝えたら、「もっと安くするから」と言って電話で引き留められ、確かにdocomoに乗り換えるより安くしてもらえてびっくり。

具体的にはiPhoneの値引きと新しい料金プランへの変更の提案でしたが、auショップでは料金プランの変更は提示されたが、iPhoneの値引きはしてくれなかったのでびっくり仰天。そもそも、何も言わなかったら安い料金プランへ変更できることも知らされず、高い料金プランのまま使わされていたから大損だった。

ここへ来て消費増税の影響が出てきてまたデフレに逆戻りしているから(消費増税は3〜5年後に景気を大きく減退させる)、今後はどこも値引き競争が激しくなるでしょう。私も給料の手取額がも何年も増えていないしたぶん今後も増えないので、あらゆるものを値切って値切って値切りまくって暮らして行くしかない。

国の借金の総額が過去最高を更新したとかまたニュースでやってますが、政府の累積債務が過去最高を更新し続けるなどと言うのは、どこの国のどこの時代でもあたりまえのことなのですが、それすら理解していない。

政府債務が増え続けても、名目GDPが増え続けるから問題がないと言うか、名目GDPの増加率の範囲で債務を増やし続けるのがむしろ正解なのですが、それをわかっていない。

政府の負債を減らすには、民間(家計・企業)の資産を減らすか負債を増やすしかないわけで、そんなことしたらダメに決まっているでしょう。唯一可能なのは外国に負債をおしつけることですが、資源国でないと不可能です。

国民(家計・企業)の資産を減らしたり負債を増やしたりしなくても名目GDPが増えれば良いことずくめなのに、それが理解できない。金を節約するからすべて悪循環なのです。社会保障費など増えるがままに政府が財政出動して他の必用な支出もどんどん使えば解決するのですが、まあなかなか理解されないでしょうね、残念ですが。

と言うことで、みんなで金をケチり続ければ経済が縮小して、デフレが継続するどころか、国が滅びるでしょう。

途上国のようにモノやサービスが供給できないから貧しいのではなく、たんにお金のまわりがわるいだけでありあまっているモノやサービスが買えないから国民が貧しくなって行くと言う新しいパターンの国の滅び方ですね。

お金など日銀が刷れば簡単に作れるもので、それを誰かが借りてつかわないと実体経済に出回らないのです。だからお金が足りない。借金しないことが国を滅ぼすことになると言うことが、どうしても常識と逆なので、なかなか理解されないのが辛いところです。
喜び・楽しみ | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする