カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 伊島沖のデカアジ爆釣!

伊島沖のデカアジ爆釣!

伊島沖のデカアジ2回目@仲政丸
2018年4月19日(木)
日出5:26 正中12:01 日没18:36
潮(大→小の中潮2日目)@橘(徳島)
天候:晴れ  風向:北  潮:特定できず  水温:14度  波高:凪
気温:11→19℃ 風速3m以下
180419_shio.jpg

(結果)
180419_chouka_cooler.jpg



さて、中紀発、徳島・伊島沖ポイントでのデカアジ釣り2回目に行ってきました。船はいつもの仲政丸です。このところ平日でもだいたい満員らしく、今回も約1週間前に予約して順番は5,6番目でした。どうも3人とか4人とか団体さんが多いように思いますので、それもあって満員になるのも速いのかも。船長、毎日20人くらい断っていると言ってました。

満員の釣りは1人で行くのが心細いので、今回はゴリオさんと一緒で少し気が楽です。顔見知りの人はほとんどいませんでした。

2時過ぎにゴリオさんに迎えに来てもらって、港には4時すぎに到着。着くと結構な数の車が停まっていて、かなりにぎわっています。しばらくして船長がやってきて、4時半くらいに乗船開始だったかな?正確にはおぼえていませんが。

予約1番の人が左舷トモ、次は3人組が右舷に並んだので、悩みましたが左舷の後ろ寄りに入ることに。当初は右舷に入りたかったですが、風がなさそうなので後ろに流れるかとも思い、なるべく後ろ寄りに入りました。ゴリオさんいつものように私に後ろに入るように言ってくれて甘えっぱなしの私もどうなのかと思いますが、お言葉に甘えまして入りました(汗)。

180419turiza.jpg

出船時間は忘れましたが、5時前後?かなり疲れていてだるかったので、キャビンが空いてましたから奥で横になってゴロ寝できてウトウトしたら楽になりました。6時すぎにポイント到着。

しばらくして釣り開始。潮は左舷から右舷にむかって斜め後ろに流れています。やはり右舷のほうが良かったですが、まあ、後ろ寄りに流れているのでそう悪くもないでしょう。

釣り開始、水深約70mほど、船長の指示ダナは底から6mくらいとのことでやりますが、序盤はぽつりぽつりの感じであまり釣れず。

180419_0605tankenmaru70.jpg

アンカーをやりかえますが、上向かずで、探見丸には50〜40mくらいに反応がびっしり出ていて底には何も出ていません。なので、50〜45mでやるとアタリが・・・

乗りませんでしたが、その次にまた同じように上のタナでやると何かがヒット。上がってきたのは40センチ弱のマアジでした。なんと、かなり浮いているようです。底の水温が低いのだろうとのこと。

そこから、浅めのタナでやるとたまーに釣れますが、なかなか厳しい様子。船長も、こんなに浮いていると釣りにくいとのことで、ふたたびアンカーやりかえます。

やりかえた後は、とりあえず普通のタナ(底から6mくらい)でやってみてとのことで、しばらくやってますと、40センチ以上のアジが順調に釣れ出しました。

中間の潮が速いようで、よく右舷とオマツリしますので、かなり早巻きするようにとの指示でしたので、電動の最速ではないですが、最速に近い20〜22くらいで巻き上げました。するとほとんどオマツリはなかったです。いちおう、鉄仮面の中にオモリも足しました。

ハイスピードで巻いてもほとんどばれない最大の理由は、今回はじめてもらった船頭仕掛けのおかげと思います。何針かわかりませんが、ネムリ針のかなり大きな針のサビキ3本針でした。

この針だとはずれにくいです。その証拠に、タモの網にひっかかってもなかなかはずれません(笑)。持っていったタモが失敗でした。編み目の細かいタモですが、これはダメです。

180419tamobatsus.jpg

やたら針がひっかかり、1度ひっかかるとどう頑張ってもはずれないので、ハサミで切って穴だらけになりました。線維のような網で編み目の細かいタモでしたが、このタモはダメです。針がひっかかったらはずれにくいし、水の抵抗が大きいのですくうのに一苦労です。

180419tamobatsu.jpg

次回からは編み目のもっと粗いものにしようと思います。ゴリオさんはこのタイプのやつで、ほとんどトラブルが無くて手返し良かったとのことでした。ただ、私の持っているこのタイプのタモは径が大きすぎるので、もう一回り小さいのが良いですが・・・。

朝一は35センチくらいのが混じりましたが、尻上がりに食いが上向いてくると、40センチを切るようなサイズのはまったく釣れずに、ほとんどが45センチ前後の良型ばかりでびっくりです。

船縁に落ちると、バタバタ・・・ではなく、ボテボテボテと重量感のあるバタツキ音を響かせています。

活性が上がってからは、底から3mからエサを出しながら指示ダナまで上げてくる途中でもうヒットしています。なので、私はちょっと深めのタナでやってましたが、帰りにゴリオさんに聞いたら底から8mくらいでよく釣れたとのこと。ゴリオさんのほうが特大サイズ(49センチ)を釣ってましたので、私は狙うタナを間違えたかも!?私にはそこまで大きいのは釣れませんでした。

途中、8mまで上げないと釣れない時間帯もありましたが、私は入れ食いタイムの時は底から5m前後でしたので。

さて、その後も順調に釣れてきて、9時すぎには、クーラーにこれくらいに。

180419_0915cooler.jpg

その後、少し潮の流れがおちついて、風も変わったからか食いが悪くなり、そうなるとアンカーやりかえ、今度は右舷向き真横に流れてまたやりにくいですが、足していたオモリは無しでどうにかできるくらいになり、やりやすくなりました。

やりかえるとまた入れ食いで釣れ出して、着実に釣れます。しかし、船長によると、食いポイントが狭いとのことでした。たぶん、アンカーかける位置がピンポイントなので、そこらへんが船長の技なのでしょう。

行きのキャビンの中で他のお客さんが「ここの船頭はアンカーかけるの上手や」と話してましたが、その意味は、単に操船技術と言うだけではないでしょう。

最初も、タナがうわずっていた時にアンカーをやりかえると底で食い出しましたし、やりかえるタイミングもあるでしょうから、どういう状況・タイミングでどういう位置に船をかけると一番良いかの見極めが私らには計り知れない船頭さんのウでなんでしょうね。おかげで、またたくさん釣らせてもらいました。

それにしても、底のほうは水温が低いからか、本当にアタリが小さく、居食いのような感じもあり、それに気づかないと釣れません。私の場合、クッションゴムを天秤の上にも付けていたり、前半は120号の鉄仮面の中に40gのオモリを入れていたから余計にわかりにくかったのかもしれませんが。

竿先が微妙にもそもそした時に聞き合わせする感じでやらないとかかりませんので、そこだけ気を付けました。海面近くの水温はそこそこあるのか、近くに来ると結構走り回ってタモ入れが難しかったです(タモも悪かった)。

ダブルの時に上のアジだけすくって、下のアジは抜き上げようとしたらバレてしまい、あわててタモですくおうとしたら、タモの中に入っていたアジまで針がはずれて逃げてしまったりとか、なさけない失態もありました・・・

しかし、アタリが途切れることなく最後まで釣れ続けて12時で終了。一生懸命釣って、心地よい疲労感を感じつつ、帰りもキャビンが空いていたのででゴロ寝して帰れました。

(結果)マアジ35〜47センチを61匹

180419chouka.jpg

40Lクーラーに入りきらず。発泡スチロールを持っていっていて良かったです。最後に釣れた2匹は船長のおかず用にイケスに残してきましたので、正確には写真に写っているのは59匹です。

180419chouka_cooler.jpg

40センチ以下のは朝のうちに2匹混じった程度で、あとは40センチ以上ばかり。45センチ近いのが多かったです。

ゴリオさんは最大49センチでした。私も適当に配ったので、その中に大きいのもいましたので、本当の最大サイズはわかりませんが、持ち帰った10匹のうち最大は47センチでした。

デカアジも日によって(ポイントによって?)もう少し小さい場合もあるようですので、ラッキーでした。釣れ出すのがあと30分遅かったら移動していたかも、とのことだったので。

180419carpaccho.jpg

早速晩ご飯にカルパッチョと刺身でいただきました。2匹さばいただけなので個体差かもしれませんが、前回よりは少し脂が減ったように思いますが、まだまだ十分美味しかったです。

180419sashimi.jpg

今回イケスは使えなかったですし、普通に〆ただけで神経締めはしてませんが、当日の刺身はプリプリで固いくらいでした。

こんなでかいアジがたくさん釣れるなどそうそうありませんので、またすぐにでも行きたいですが、先の予定がなかなか立ちませんし、直前の予約ではまず満員で乗れないので難しいところです。連休前にチャンスがあれば、もう一回狙ってますが(笑)。

あまりに大きなアジなので、配った先から、「これは本当にアジなの?」などと驚かれました。

釣り | Comments(8) | Trackbacks(-)

Comment

編集
迷惑おかけしてすいませんでした。
懲りずにまたご一緒よろしくお願いします。

アジ後半になると小さくなるのかと思ってたらこの日はよかったのか?ほとんどが大きくびっくりでした。

大きすぎて確かに配る先でアジなのとか?驚かれますねー

あまりに言われるので今日は天ぷらにしてみることに、同じか?(笑)。
2018年04月21日(Sat) 18:12
編集
>ゴリオさん

いえいえ全然大丈夫ですよ、大事にならずに良かったですね。

アジ、むしろサイズアップして行きましたよね。序盤に少しだけ40センチ以下が混じってましたので。

今日は天プラとアジフライ両方やり、私はアジフライのほうが美味しいと思いましたよ。YUKAは天プラと言ってました。肉厚だから天プラも身がふんわりして美味しかったです。
2018年04月22日(Sun) 00:09
編集
私もその日断られたうちの一人です。笑

1週間前の予約状況でそうですかー
今年も私はアジ祭りは参加できないでしょう。。
5月にはいって、青物も狙えるころにします。
2018年04月22日(Sun) 09:16
編集
しんすけさん、どうもですー

確かに、しんすけさんも断ってしまったと船長いってました。他に釣れてる釣り物も少ない中、こんだけ良いアジがたくさん釣れたら殺到するでしょうね。マダイ祭りは今年は休みみたいですし・・・

5月になると私はそろそろイサギが気になりますが、今年は引っ越しなどあり5月中の釣行は無理かも!?
2018年04月22日(Sun) 09:30
編集
こんばんは。
また良い時に行かれてますね、強運と凄腕が合わさるとクーラー満タン当たり前^ ^
アジの仕掛け、かわったのですね。
私の時はハリス3号に丸セイゴ10号の4本針でしたが。たまに針が折られましたね。
スキンサビキは作るの簡単ですよ。コン●ーム使えば材料費も安いです。
2018年04月23日(Mon) 19:52
編集
>七流釣師さん

そうですねー、でも今回も朝はサッパリだったのでやばい日に来たと思ったほどでしたが、やはり船長が何とかしてくれたと言うところかなと思ってます。前回もそうでしたが。

なるほどコ○ドームですかー、面白いですね。今回はそう言えばハリス切れはありませんでした、前回は自作の3.5号で1回切られましたが。天秤と道糸の間にもクッションを入れたからかな?でもアタリは余計にわかりにくくなりました。
2018年04月24日(Tue) 08:48
編集
美味しそうなデカアジ、、、
ゴリオさんが釣られたような49センチとか想像がつきません^^;

美味しい魚が食べたい。。。
2018年04月26日(Thu) 17:51
編集
だいさん、こんにちは!

でかいアジ、釣るのも面白いですね、アタリは極小ですが・・・
49センチになるとツバスよりでかいですからねー、でも形はアジですから不思議な感じです(笑)。

今年はイサギどうでしょうねー、たくさん釣れたらまたもらってもらおうと思っているのですが、5月は釣りに行けるかどうか・・・6月には釣れたらいいですが、今年は黒潮が蛇行してイサギには悪そうですので。
2018年04月27日(Fri) 09:49












非公開コメントにする