カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ ようやく初釣り・中紀のマアジ

ようやく初釣り・中紀のマアジ

マアジ釣り@仲政丸(和歌山・美浜)
2018年2月15日(木)
日出6:44 正中12:14 日没17:44
天候:曇り  風向:北東・微風  潮:上り~下り潮  水温:11.8度  波高:ベタ凪
気温:5→12℃
潮(大潮2日目)@三尾
180215_shio.jpg

(結果)
180215chouka_ore.jpg



昨年末からいろいろと忙しくて週末も潰れてしまい、ようやく今年の初釣りです。ちょうどマアジが釣れてきたところのようで、予定をあわせてゴリオさんと一緒です。ゴリオさんも今年の初釣りのようです。その後、しんすけさんも予約されたようで、お会いするのはひさしぶりです。

5時半過ぎに集合とのことで、港には少し前に到着。準備していると船長がやってきたので乗船開始で、私らより先に予約の方があり、次が私らで右舷トモから並びました。しんすけさんは左舷へ。

180215turiza.jpg

用意して6時くらいに出船、ゆっくり走ってポイントには6時半頃に到着です。去年もアジが釣れた潮の速いポイントでした。

180215_0630hinomisaki.jpg

仕掛けは鉄仮面+テンビン+サビキ4本針(ハリス3〜3.5号)です。アジはオキアミを刺さなくても釣れました。

釣り開始、最初は上り潮がかなり流れていて、左舷向きに流れていてイマイチやりにくいですが、開始早々からマアジの当たりがあり、良型含めてプチ入れ食いになりました。30センチちょいのマダイも釣れてラッキー。

しかし、30分くらいして7匹くらい釣れたところで止まってしまいました。モーニングサービス終了の前後くらいに、もう一席、湯浅の船もやってきて同じポイントで2隻で釣りになりました・・・

昨年、一昨年とこの時期はここでアジ釣りをさせてもらいましたが、船が2隻になるのははじめてです。

その後、徐々に潮がゆるんでくると当たりが完全に止まってしまいました。その後は船の位置をやりかえますが、潮も風もゆるいのですぐに船がフラフラしてしまって当たりが続きません。

船をやりかえた直後に左舷の人がバタバタっと何匹か釣るくらいで、私にはさっぱり当たりもなし・・・

その後、湯浅の船はあきらめて別のポイントへ移動して行きました。

180215_0700tankenmaru.jpg

船が一隻になったのでポイント修正やりやすいからこれで釣れるかと思いましたが、潮も止まっていてなかなか喰わず。船長は何度かポイント修正してくれますが喰いが悪いようで、かなりの反応に寄せても喰わないみたいでヤバイ雰囲気が・・・

10時半頃、もう一回やりかえてこれでも喰わなかったらあきらめて移動と言うそのやりかえで、ちょうど下り潮も動き出したタイミングだったからか、ここからは入れ食いになりました。

そこから終了までの2時間、ひたすら釣りマシーンとなって釣り続け、入れ食いを堪能します。

ところが、途中でメジロやブリがいるらしく、かなり浅い水深でアジを取られて邪魔されます。ちょっとやりとりしますが、針が小さいからかすっぽ抜けが多いので結局上がりませんでした。

すっぽ抜けしてくれたおかげで仕掛けは大丈夫ことが多かったですが、4回来てハリスを切られたのは1回だけでした。ハリスは3.5号でした。ブリ・メジロは、水温が低いからかあまり走り回らなかったので、少し大きめの針でハリス4号くらいでやれば釣れたかもしれませんが、アジの数釣りをしたかったので余計なことはせずにひたすらアジ釣りを頑張りました。

と言うことで、12時半までやって終了、残り5分のところで竿が折れてしまったので、1投くらい残して終了となりました。バットへの継ぎ目の部分を深くきっちり刺していなかったために継ぎ目の部分で折れてしまいました。

最後に竿のアクシデントだけ余計でしたが、途中はどうなることやらと心配したものの、最後はきっちり釣らせてもらえましたので、大変楽しい初釣りになりました。

(結果)マアジ28〜38センチを46匹、マダイ34センチ1匹

180215chouka.jpg

マダイは尻ビレがちょっとすり切れているので養殖の脱走っぽいですが、胸びれはわりとちゃんとしていたので、かなり早めの小さい頃に脱走したものでしょうか?

180215aji_madai_gashira.jpg

釣り上げた時には尻から腸が飛び出していたのですが、帰りまでイケスに入れて泳がせておいたら、腸が腹の中にもどっていたのでびっくりしました。すごい回復力でした。

アジは脂がほどよくのっていて刺身でも塩焼きでも美味しいです。

180215aji_sashimi.jpg

180216aji_shioyaki.jpg

今年の初釣りはかなり遅くなりましたが、風もなくベタ凪で暖かい良い日に良い釣果にも恵まれて、良いスタートになりました。しばらく好調が続いてくれたらと思います。
釣り | Comments(5) | Trackbacks(-)

Comment

編集
御一緒ありがとうございました。

また機会があればよろしくお願いします。
2018年02月17日(Sat) 20:55
編集
こんにちは。
船のHPで写真見てますと簡単に釣れた1日だったのかと想像してましたが、最後の入れ食いがなければヤバい感じだったのですね。
これは釣果情報をチェックしながら釣れてる時に即GO!が良さそうですが、仕事が休めません^^;
2018年02月18日(Sun) 12:29
編集
>ゴリオさん

どうもお疲れさまでしたー。また都合あいましたら、こちらこそよろしくです。


>七流釣師さん

そうですねー、出だしは良かったのですが、その後の釣れない時間が結構長かったです。この時間にマダイ仕掛けみたいのでやったらチヌとか石鯛とか釣れる可能性もあるみたいですが。やっぱり入れ食いの時間が1時間以上はないと数は伸びないでしょうね。アジがたくさんいらないなら、メジロ狙いも面白そうですが。
2018年02月18日(Sun) 20:01
編集
お疲れさまでした。空白の時間は、ああ悪い日にあたったかなあ、と観念しかけたのですが船頭さんの勘と経験のおかげで粘り勝ちでしたね。湯浅のT丸はイサギポイントにいってそこそこ釣果あったようですが、やはりあの入れ食いはなかったでしょう。
ゆっくりおしゃべりできませんでしたが、カーク船長・ゴリオさん、またよろしくお願いします。
2018年02月19日(Mon) 14:25
編集
しんすけさん、どうもですー

私も、船頭さんのカンほど頼りになりませんが、下りが動いたら釣れるのではと思っていたところが、このやりかえで釣れなかったら移動すると船長が言われたのはびっくりしました。結果、釣れて良かったです。

行きのキャビンでは爆睡してしまいお話あまりできませんでしたが、またこちらこそよろしくお願いします。
2018年02月19日(Mon) 15:11












非公開コメントにする