カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 落とし込み・ノマセ釣り@仲政丸

落とし込み・ノマセ釣り@仲政丸

落とし込み・ノマセ釣り@仲政丸(和歌山・美浜)
2017年11月25日(土)
日出6:41 正中11:47 日没16:52
天候:晴れ  風向:北・5m前後  潮:上り→下り潮  水温:19度  波高:0.5m
気温:8→11℃
潮(小潮2日目)@三尾
171125shio.jpg

(結果)
171125chouka2.jpg



さて、このところ週末は私用がいろいろあり、なかなか釣りの予定がたたず、木曜の夕方にやっと土曜日が空くことがわかったので、落とし込み最終戦に臨むべく電話したところ、予約5人目とのこと。電話するのが遅かった・・・これは四隅のどこかの釣り座に入るのは厳しいかも!?

集合は5時半とのことなので、午前3時起床でも余裕で港には5時過ぎに到着。5時半ちょっと前頃に船長がやってきて乗船開始。後ろのほうから釣り座が埋まって行き、左右のミヨシが空いていたので、左舷のミヨシに入ることに。

171125turiza.jpg

船長によると、ポイントは美浜沖の浅場らしいのと、思ったより下り潮の時間が長かったので右舷に入っておけば良かったかも!?右舷ミヨシに入った方が入れ食いでした。

準備していると船長から仕掛けが支給され、一つは小アジ用のサビキで、一つは通常の落とし込み仕掛けです。最初に小アジをためておいてノマセにする作戦もありのようで、実際今回は私の場合ほぼノマセでやりました。

171125shikake.jpg

6時前に出船、ゆっくり走って関電沖あたりのポイントへ向かいます。風がそこそこある予報でしたが、こちらのポイントは北風にはわりと強いほうで、波はほとんど気にならないくらいでした。寒さも、普通の防寒着を着ていたら全然気にならず波しぶきも無いので、キャビンに入らず船の甲板の上でゴロ寝してポイントへ向かいます。

171125_0620tankenmaru35.jpg

6時20分くらいにポイント到着、水深35mでまだ薄暗いですが、とりあえず普通の落とし込み仕掛けでやりますと、ぽつぽつと小アジがかかるので、ためて行きます。

171125_0640funes2.jpg

171125_0641ajis.jpg

20分ほどやって15匹くらい貯まりましたが、船長からできたら30匹くらいためるようにアナウンスがあったので、あわてて小アジ用のサビキに変えたらゾロゾロ釣れて、7時前には十分な数の小アジがたまりました。最初から小アジサビキでやっていれば良かった・・・後でちょっと足りなくなりましたので。

171125_0700ajis.jpg

7時過ぎ、少しポイント移動してここからは本命狙いです。

171125_0720tanknenmaru30m.jpg

落とし込みでやっても良いし、アジを刺しても良いと言うことで、小アジを刺して投入することに。すると右舷ミヨシの方は入れ食いです。

しかし、だんだんと潮が止まってきたようで、前アタリがあって竿先がガクンガクンと暴れても、なかなか竿が突き刺さりません。

かなり待って待って、ようやくヒット!ハマチを無事にゲット。その後も右舷の方はわりと入れ食いみたいですが、私のほうはかなり渋いです。理由がわからず苦戦・・・

ここで1時間ほどやったでしょうか。ぽつぽつとヒットはしまして、ハマチを3-4本ほど釣ったように思います。

そして9時頃に移動。今度は水深40mほどのポイントへ。

171125_0905tanken40m.jpg

こちらも右舷ミヨシの方は入れ食いみたいでしたが、私のほうはぽつりぽつりです。

潮がだんだん動いてきたのか、船上はラッシュに突入・・・。私も良いペースで釣れ出しました。そして、40分ほどラッシュの後、徐々に活性が落ちてきて間隔が空いてきたくらいに、ハマチよりは小さめの前アタリの後にヒットしたのはメジロでした。

ハリス6号にしていたので少し慎重にやりとりして、おとなりの方とオマツリしてしまいましたが、なんとかタモに入り、オマツリもそれほどややこしいことなくはずれて一安心。

その後、10時くらいまでこちらでやった頃、みなさんの小アジが枯渇してきたので朝一のポイントへ行って、各自の判断で落とし込みまたは小アジを貯めてノマセになりました。

171125_1000idou.jpg

171125_1005tanken35m.jpg

私は小アジが残り3匹だったので、落とし込みで頑張ることに。なかなかベイトがかかりませんが、頑張ってやっているとたまーにかかる感じです。しかし本命はヒットせず。

船を流し変え、今度は小アジを刺して投入することに。するとまたハマチより前アタリが小さい感じでヒット。これは先ほどのメジロよりさらによく引いて、一回り大きなメジロが釣れました。

その後、ハリスの号数を落としたり仕掛けをいろいろ変えてみたらベイトのかかりが少しマシな仕掛け(ハリス4号ヒラヒラサビキ付き)に当たったので、それでやるとハマチを1匹ゲット。この日に落とし込みで釣れた唯一のハマチです。

その後も落とし込みでまた小アジがかかったのでヒットを待っていると、11時過ぎになり終了の合図。仕掛けを上げると小アジが3匹ついていました・・・。もっと早くこの仕掛けでやっていたら良かったかも!?

港にもどって魚をならべてみると思っていたよりたくさん釣れていました。

(結果)メジロ2匹、ハマチ14匹、(ヒラソウダ1)

171125chouka.jpg

171125hirasouda.jpg

30センチくらいのヒラソウダがおまけで釣れました。脂ノリノリでものすごい美味しかった!

さて、今回はノマセ主体でよく釣れて、ノマセ釣りがあまり好きで無かった私からするとノマセ釣りのイメージが変わりました。これまで、「ノマセ釣りは仕掛けを投入して待っているだけの退屈な釣り」と言うイメージで、私の性格にあっていない釣りでしたが、今回は一時は入れ食いでしたので。

私が一番苦手な釣りは、「釣れない釣り」「非合理的な釣り」ですから、ベイトがかからない状況で落とし込みに固執するほうが正直苦手です。

逆にノマセより落とし込みのほうが釣れる時もありますし、ノマセより釣り味は遙かに高いので、そこらへんは状況による使い分けの一つとして、選択肢が増えて釣りがより楽しくなると思いました。まあ、人により考え方、重視するポイントは違うでしょうから、当然好みの釣りは違ってくるでしょうし、落とし込み一筋でやるのももちろん個人の好みで良いと思います。

と言うことで、今シーズンの落とし込み+ノマセの青物は十分満足しましたので、そろそろ別のターゲットでオキアミをまく釣りがしたい気持ちになってきたので、次回は何かそのような釣りにしようと思いますが、週末の予定が不透明なのでどうなるか・・・。
釣り | Comments(4) | Trackbacks(-)

Comment

編集
爆釣おめでとうございます。

私は今期、ハマチばっかりです(笑)。

リール、FM800使われたんですかね?
巻き上げダイヤル廻して少し間があってから巻き上げませんか?

前回、船長の横でやってて何度かバラシてしまい指摘されました。
そのリール変な間があるから初め電動で巻き上げず手で巻いた方がいいと言われそうしてからバレなかったのですが。
2017年11月29日(Wed) 17:32
編集
ゴリオさん、どうもですー

確かにこのリール、巻き上げするまでワンテンポ遅れますねー。
私はイサギ釣りなども当たりあってから毎回最初少し手巻きしてから電動のスイッチを入れるクセがあり、今回どうしていたか覚えていませんが、たまたまそうしていたか、または竿をゆっくり起こしつつスイッチを入れる感じでやっていることも多いです(最近はチョクリも手持ちですので)から、ワンテンポ遅れて巻き上げられるのがカバーされていたのかも!?

でも今回みたいに遅アワセのほうが良い時はむしろワンテンポ遅れてゆっくり加速するほうが良いかとも思ったのですがどうでしょうね!?前々回だったかは、そういえば最初このリールと竿とでバラしが多かったので、途中からみよし+シーボーグに変えたらバラしが激減しました。
2017年11月29日(Wed) 22:20
編集
こんにちは。
これまた沢山つれましたねー!
これで入れ食いで無ければお隣さんはエグイことになってますね^ ^
飲ませは飲ませで楽しいですよね。
2017年11月30日(Thu) 12:32
編集
七流釣師さん、どうもですー

まあ、入れ食いは一時でしたが、水深も深くないし
落とし込みの時よりも流し変え流し直しが少なかったように思いますので
釣り時間の全体に対して、仕掛けを入れている時間は長かったからかもしれませんね。

アタリ少ない時のノマセはやることがなさすぎて退屈で苦手ですが、こんなに釣れるならノマセも良いなと思いました(笑)。
2017年12月01日(Fri) 08:38












非公開コメントにする