カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 明石の秋ダコ・極寒でも好釣果

明石の秋ダコ・極寒でも好釣果

マダコ釣り@俊郎丸(明石・東二見)
2011年11月17日
日出6:36 正中11:45 日没16:55
水温19℃ 天気:晴れ 気温3.4→11℃ 北北東3m→微風
潮@二見(大潮初日)
171117_shio.jpg

(結果)マダコ12キロ
171117chouka2.jpg



さて、週末は釣行できないので平日釣行と思ってましたが、1日休める日がないので午前中だけと言うことで、タイミングがあえば今年まずまず釣れている明石の秋ダコと思っていました。しかし、半日でも休める日がなかなかなく、金曜日ならなんとか行ける感じだし凪そうだから行こうかなと思っていたら、当初は木曜に出船と書いてあった俊郎丸が金曜に変更して出船するようなので、ラッキー。早速予約。集合は5時半だそうです。

神戸のフィッシングマックスに寄ってデビルクラッカーなどを仕入れて行くつもりが、気づいたら明石西インターでした(汗)。別に居眠りしていたわけでもないのですが。それで港には4時半頃に到着。すでに車は数台とまってましたが、平日だから空いているのか、夏とは違って静かな雰囲気でした。

受付の時に船長から、釣り座は左舷の真ん中あたりか前かどちらかと言われたので前にしておきました。この時点で何人かわからなかったので、一番前に入りましたが、方舷3人ずつで超空いてましたからどこでも良かったです。

171117turiza.jpg

さて、道具などがほとんど準備ができていなかったので、乗船してからあれこれ整理と準備です(笑)。早めに着いて良かったです。

171117egi.jpg

171117tennya.jpg

今回は、しばらく前に南紀の釣り具店で見かけた1mの竿(2,980円)を使ってみるのが目的でもあります。軽くて良さそうです。バットがちょっと長すぎるかな。

171117sao.jpg

竿が短いほうが手釣り感覚に近くて良いのではないかと前から思っていたのですが、いまいち迷っていたところ、私がずいぶん前からタコ釣り名人として目を付けてブログをチェックしていた方(塾長さん・現在ブログは限定公開)が短い竿を推奨されていたので、思い切って私も真似してみることにしまして、今回はかなり短い竿にしてみました。

あと、私はタコ釣りに限らず、竿を手持ちでやることが多いので、最近は加齢による筋力低下のためか、50肩なのか、左腕が痛いのと、肩もあがらなくなってきました。

対策としてタコ釣りには左巻リールを導入して、これは使えるようになったのですが、右肩もいずれ同じようになっては困りますので、竿を短くすれば腕や肩にかかる負担も軽減できるだろうとの見込みです。

竿が短いほど竿の重さぶん軽くなるだけでなく、中学理科で習った「てこの原理」または高校物理で習った「力のモーメント」によれば、例えば「棒の長さが半分になれば、支点にかかる力は半分になる」ことから考えて、竿が短いほど腕にかかる力は小さくなりますので、腕への負担も減るし、微妙なアタリも感じやすくなるのではと思ってのことです。

実際、タコが釣れた時に、いままでよりかなり軽く感じました(笑)。それより驚いたのが、あわせて空振り(テンヤだけ)した時と100グラム以下のタコが乗っている時の違いがはっきりわかったことです。これは大きな収穫でした。いままでは、仕掛け上げたら小さいタコがついてたーみたい感じでしたので。

171117suiteta.jpg

さて、いつものごとく?前置きが長くなりましたが5時25分頃に出船。まだ真っ暗ですが、5分ほど走って港の前で「やってよ」の合図。

171117_0530dark.jpg

風はそよ風程度ですが、恐ろしく寒いです。真冬の防寒着は着てきませんでしたので、ずっと震えてました。帰宅後に調べたら明石方面は朝の最低気温が3℃くらいしかなかったようです。これは真冬です。3m以下の弱い風でも突き刺すように寒かったです。

まだ暗いし釣れないだろうと思って適当にやってますと、イケス用の水が流れ出しました。だれか釣れたのでしょう。

そこで、私も気合いを入れてやりはじめますと、確か私の主力である手羽先でやっていたと思いますが、まだ真っ暗なうちに1パイ釣れました。サイズも500gくらいありそうなまずまずのやつ。

これは!と期待が高まりますが、その後は沈黙・・・

明るくなってからもう1パイ釣れたと思います。ここで1時間ちょっとやり、その後に大きく移動。

171117_0800idou.jpg

7時くらいに次のポイント。夏の時に来たあたり、東二見人工島の南西、新島の沖あたりです。

ここでは新子サイズがぽろぽろ釣れます。エサでも釣れましたが、サイズが小さいのでタコやんスッテとか言うやつにしたら、釣れる場所では連発です。

と言うのも、流して誰かが釣れると他の人も釣れる、誰も釣れない時は釣れないと言う感じで、タコが固まって偏った場所にしかいないのでしょうか?

ただ、ここで釣れるサイズはかなり小さいのばかりでした。しかし、右舷前のおじさんがキロ級を釣り上げたので、でかいのもたまにいるようです。

ここで1時間ほどやり、今度はもう少し西の沖のほうのポイントへ。こちらはあまり釣れず、でしたが、ここで1キロオーバーが1パイ釣れました。スッテからエギに変えたところでした。

潮は思ったほど速くないですが、混んでいたらやりにくかったでしょう。この前とこの場所ではあわせて10パイ以上釣れたと思いますが、私はでかいの1パイの他は小さいのばかりで、100g以下から300gくらいまででしたので、私なりの判断で100g以下と思われるやつ3バイをリリースしました。

9時前になり、少し東?へ移動。海苔棚と思われる構築物のある近くのポイントへ。おそらくここの周辺が今の時期の本命ポイントでしょうか。こちらで釣り開始ですが、誰も釣れないとすぐに移動と言う感じでこまかく移動をくりかえします。

171117_0900noridana.jpg

そのうち、良い場所に入るとまずまずのサイズが連発です。特大はありませんが、500g以上と思われるやつも結構混じりました。エギで釣れていました。エギの組み合わせは関係なさそう?よくわかりませんが。お客さんが少ないからタコもあまり選り好みできないのかもしれませんが・・・

ここでは退屈しない程度にぽつぽつ釣れて、たまに連発もありでひさびさにタコ釣りを堪能しました。

10時過ぎになると大きく移動。この間にタコの数を数えると25ハイでした。10半くらいに夏にもやった人工島の近くのポイントへ。この頃になるとようやく体もあったまってきました。朝に少しだけあった風もほぼ無風になりベタ凪です。

ここのポイントでは、流し始めてすぐに乗りがあり1パイゲット。この時ちょうど船長がやってきて、何バイくらい釣れたかと聞かれたので、26パイと答えました。

その後、連続して2ハイ釣れましたが、あとは音沙汰無し。

11時すぎになり再び大きく移動。港を出たすぐの場所(朝一と同じ場所?)でしばらくやりますが、誰も釣れず、私が根掛かりして仕掛けを切った直後に船長から「しまって帰ろうか〜」の合図で終了。燃料給油して12時ちょっと前くらいの帰港となりました。

(結果)マダコ120〜1350gを28ハイ(12キロ)、他に極小リリース3ハイ。

171117chouka.jpg

最終釣果は聞かれませんでしたが、はじめて俊郎丸の釣果欄に釣果を出してもらえました。同じ名前の方は良く出てますが・・・

もう一人28ハイ釣った方がおられたようです。見える範囲の方よりは私のほうが釣れていたので、たぶん一番後ろにいた方でしょうか。

持ち帰り最少は117g、最大は1346gでした。

171117smallbig.jpg

100g以下はリリースの規則があるので余裕みてリリースしたつもりが、117g持ち帰りと結構ギリギリでした(汗)。

レギュラーサイズはこれくらいで良い感じ。

171117regular.jpg

序盤は寒いし釣れないしで大変でしたが、中盤は思った以上に釣れてかなり楽しめました。土日は満員の日もあるらしいのでそういう時に来ていたらこんなに釣れてなかったでしょうが、目論み通りに行ったので良かったです。

とうぶん土日は忙しいので、また同じパターンでもう一回行きたいですが、毎回そううまく行くかどうか・・・。
釣り | Comments(3) | Trackbacks(-)

Comment

編集
こんにちは。
平日とはいえ6名で釣れるとはラッキーでしたね。
リリース込みで31は素晴らしい結果です。
ノリ棚の間は根掛かり多発エリアですが良型が残ってますので上手く釣ればお土産確保できますね。フグはもう消えてましたか?私は次の土曜に予約しました。
2017年11月18日(Sat) 16:40
編集
またまた爆釣で、おめでとうございます。

タコ釣れてるのですねー知らなかった。
2017年11月18日(Sat) 21:01
編集
>七流釣師さん

空いてたからこんなに釣れたとは思いますが、楽しかったです。釣り座が広々なので、やりたい放題でしたし。お客さん多い日なら半分以下の釣果だったと思います。
そうそう、フグはまったく気配がなかったですね。エギ系とテンヤとやっている時間は7:3くらいだったと思いますが(釣果は8:2くらい)。
次の土曜日頑張って下さい!


>ゴリオさん
どうもありがとうござます。
今年は秋ダコ好調で、先月にはもっと釣れてましたのでもうちょっと早く行きたかったですが、出船する日が限られていますので、なかなかタイミングあいませんでした。
2017年11月18日(Sat) 23:09












非公開コメントにする