カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 南紀のアカイカ良型が爆釣

南紀のアカイカ良型が爆釣

アカイカ釣り@とくは丸(和歌山・椿)
2017年8月25日(金)

天候:晴れ  風向:南西5m以下→南→東  潮:下り潮  水温:29.6度  波高:1.5→1m
気温30→27℃
日出5:27 正中12:01 日没18:34
月齢3.4 月輝面13.0% 月出8:40 正中14:47 月没20:49

中潮(大→小)2日目大→小
潮@田辺
170825_shio.jpg

(結果)アカイカ胴長12〜25センチを90パイ
170825chouka1.jpg



さて、好調な和歌山のアカイカ釣りにまた行ってきました。例年だと南紀では終盤で、中紀のほうがよく釣れてる時期ですが、今年は椿あたりでもまだよく釣れており、あのへんの船でもたまに竿頭三桁の日もまだあり。

港に5時過ぎに到着するとすでに船長が来てましたが他にお客さんなく、船長のお友達のお客さんがいるそうですが、波がありそうならやめるからと波を見に行っているそうです。ちょっと風が吹いているので変な波が少しあるかもとのことでした。無風より涼しくて良いですが、波は困ります。

結局、高台から見て波はたいしたことなさそうだったので、私の他に2人で6時頃に出船。お一人は前回もお隣だったKさんでした。以前も鯛釣りか何かで隣どうしになったことあったと思います。

170825turiza.jpg

港を出ると向かい風で、少し波があります。

170825_1808departure.jpg

ポイントは港を出てすぐの水深70m弱のところで6時20分頃だったかに釣り開始。船長によると、潮が変な感じで、上のほうだけ流れていて底のほうはあまり動いていないようです。潮は下りです。

本日のスッテ。いつも通り8本スッテで。途中でボロボロになったのは適宜交換します。

170825_1830suttes.jpg

日の入りが日に日に早くなってきて、7時前にもう薄暗くなってきました。するといきなりアタリがあり、ダブルで釣れました。タナはカウンターで50mくらいでした。おとなりのKさんは何と4連とのこと。

170825_1845ika2.jpg

↑今日釣れた中では小さめなほうです。

いきなりダブル、お隣さんは4連とはこれは、爆釣めちゃイカの日かと思いきや、これでストップ・・・完全に暗くなってからぽつぽつと来出しましたが、波が少しあり船が横揺れするので、竿の上下の動きが大きすぎてアタリがわかりにくく、かつすぐはずれます。型も小さめなのでなおさら・・・

波があるからやや長めでやわらかい竿が良いかと思っていつもと違うみよしにしたのですが大失敗・・・

それでもぽつりぽつりと釣れてくれて、8時くらいだったか、なんとか20パイちかくはなりましたが、爆釣と言う感じでもなく、またこの竿ではあまりにやりにくいので竿をいつもの落とし込みの短めの竿にかえようと思ったら、船長がちょっと潮上りしなおそうか!?と言われたのでおまかせで。

ふたたび数分ほど北上して移動。その間に竿を交換して、最初に流し始めたあたりにもどりましたが、水深はもうちょっと深めで80mくらいあったように思います。

隣に見えている船が入れ乗りだそうで、それで移動してきたようですが、移動してすぐに1パイ釣れたものの、その後は沈黙・・・

しかし、竿を変えたのは正解で、横揺れしている時はあまり長くてやわらかい竿だとイカ釣りにはかえってやりにくいことがわかりました。竿先が勝手に突き刺さってかかる魚なら別なのかもしれませんが。

しかし、移動後の30分で3ハイくらいで、これはヤバイかな!?と思っていたら、ちょっと深めですが、カウンター表示40mあたりで乗り出し、しかも型が良いうえにダブルで来ることが結構あり、入れ乗りです。

船長に「釣れ出しましたよ」と声かけたのですが、電話していたのか!?反応なしなので、そのまま釣り続けます。

釣れ出してから30分もしない間に20パイ以上も釣れて、その間、船長は電話などしていて気づかなかったらしく、私の足下に置いてあるたくさんのイカを見てびっくりして船長も釣りをはじめました。

170728_2000ika20.jpg

↑今回の写真ではありませんが、こんなイメージ。あまりに写真が少ないので・・・。
実際に今回釣れたのは、どれもこれより一回り以上大きめばかりでした。

イカもかなり大きくなってきており、胴長は15−6センチくらいのでも幅広いですし、胴長20センチくらいのになるとかなりボリュームあり、引きが強くて釣りごたえ満点です。竿がギュンギュンなります。

途中、はげしく誘うとイカパンチなのかカマスなのかわからないアタリが出て乗らないので、イカメタルの竿にカマス用のサビキを付けて投入してみましたが、その仕掛けでは何も来ず・・・

水深90m近いポイントになるとカマスはあまり来ないらしいです。でもアタリの感じはカマスっぽいとは船長も言ってましたが。前回のポイントほどカマスの数が多くないのかも。前回はサバも邪魔しに来ました。今回は仕掛けを切られたりと言うことはありませんでしたが、スッテがかなりボロボロにされました。でもこれはイカの仕業かも!?

特にボロボロにされたりスミまみれにされたのは、白地に赤ハチマキのスッテでした。↓これ。

170825hachimaki.jpg

でも実際によく釣れたと言うわけではなく、スッテの種類で釣果に差は無い感じだったのですが、ハチマキはスミ跡とキズが多く、赤緑のスッテはイカのヨダレ?透明な粘液みたいのがよく付いてました。どういうことなんでしょう!?

10時くらいからはタナが30mくらいまで浮いてきて、30〜25mの間でよく乗りました。上のほうのスッテが多かったですから、実際にイカが泳いでいるタナもそれくらいだったのでしょう。

終盤の11時に近くなるとさらに少し浮いて、カウンターで20mくらいで乗りますが、イカも少し警戒しているようで、入れ乗りとまではなりません。下からゆっくり上げてくると確実に乗る感じでした。

ヒットするタナにいきなり投入して誘いをかけて乗せることもできましたが、それよりも、一旦深めに落としてから上げてきて、当たるタナでスピードを落として波の揺れの誘いにまかせるくらいが一番確実に乗ってきました。

11時ちょっと前に80パイを突破、入れ乗りと言うほどでもないですが、来る時はダブルやトリプルで釣れたりすることもあります。

11時5分になりぼちぼち終わろうかーとのことでしたが、船上でかたづけをしている間にロスタイム?まだやってて良いよと船長が言うので、その間もうプラス10分ほど釣りが継続できて結構追加してから終了。釣りしながら数えて86−7ハイでしたが、いつも数えもらしているので、もう一度全部数えなおしたら90パイちょうどでした。

(結果)アカイカ胴長12〜25センチを90パイ

170825chouka2.jpg

前回でわかっていたことですが、アルミの入れ物は60パイくらいまでしか乗りませんので、乗り切らないぶんはビニール袋に。

イカがダメならカマスでも狙おうと思っていましたが、やはり本命のイカが釣れてくれて良かったです。前半のペースだと尻すぼみだったかと思いますが、潮上りすると言う船長の好判断のおかげで良型がよく釣れてありがたかったです。

南紀のアカイカもまだまだいるようですが、今回もすぐ近くでも釣れない船もあったりして、ちょっとした場所の差で入れ乗りになったりイマイチだったりするようです。不思議ですが。

と言うことで、今期最後のアカイカ釣行は型も数も良かったので大満足の結果となりました。
釣り | Comments(4) | Trackbacks(-)

Comment

編集
またまた沢山でおめでとうございます。
しかも大きいようで楽しかったでしょうね。

昨日すぐに発見してました(笑)。

イカのよだれに笑ってしまいました。
2017年08月26日(Sat) 22:10
編集
ゴリオさん、どうもですー

あのイカの透明なネバネバのことをヨダレと言ったのは、ゴリオさんかと思ってましたがとくは船長だったかな!?誰かが言っていたので真似したのですが、あれは何なのでしょうね!?

イカの活性がわりと高い時に付いているように思いますが、今回はイカが付いてないのにヨダレだけついて上がってくるスッテが多かったです。釣り方が悪いのかも!?
2017年08月27日(Sun) 09:46
編集
こんばんは。
良型が爆釣、何とも羨ましいです。
私は食べるにはタコよりイカの方が好きなんですが、夜の釣りは体力的にキツイのとタコシーズンと被るのでアカイカは行ったことがないんですよ。
釣りたてのアカイカ、椿の料理屋で食べたことがありますが、漁火を眺めながら飲んでめちゃウマでした。料金も高かったですが^^;
2017年08月28日(Mon) 21:33
編集
>七流釣師さん

どうもですー。朝方の方は夜釣りはやはりきついんでしょうね。私はどっちもきついですが(笑)、私にはタコ釣りが1番過酷ですね。暑さがですが。なのでこの時期は日射のない夜釣りのほうが私は楽ですが、タコの最盛期(7月)は仕事が忙しくてなかなか出撃できません(疲れがたまっても困るので)。

たぶんお宅が近所かもしれませんので、 こちらから↓
http://form1.fc2.com/form/?id=102575
携帯の連絡先をお教えいただいておいたら、釣れすぎた時に連絡させていただきますよ。
2017年08月29日(Tue) 08:21












非公開コメントにする