カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 串本のグレ今期最後

串本のグレ今期最後

グレ釣り@昇雄丸(和歌山・串本)
2017年4月22日(土)

日出5:18 正中11:55 日没18:33
天候:曇り  風向:北東5m以下(潮岬沖)、ほぼ無風(和深沖)
潮:下り潮   水温:18.8℃  波高:1~1.5m(潮岬沖)、超ベタ凪(和深沖)
気温:15→17℃
潮(若潮)@串本
170422shio.jpg

(結果)
170422chouka2.jpg



土曜日は釣行できそうだと言うことで、マダイ釣りやマアジ釣りも気になるところですが、どちらもたぶん満員でしょうし、のんびり釣りがしたかったので最近あまり釣果が出てませんでしたが、そのぶん空いている?かと思って串本へ行くことに。

出船が5時くらいとのことで、頑張って早起きして4時半には串本に到着。着いてみるとお客さん私を入れて3人でした。予約入れた時には誰もいなかったので、その後に増えたのでしょう。船長から、右舷の前か後ろかどちらが良いかと聞かれましたので、どちらでも良かったのですが、後ろに入らしてもらいました。

170422turiza.jpg

準備ができたので5時くらいに出船。前日は和深沖でぼちぼち釣れたそうですし、北東の風だと潮岬の灯台前は波が高いかもしれないし最近は潮が激流だとのことで、どうするか相談されましたが、わからないのでおまかせで。

とりあえず潮岬に行ってみることになりました。しばらくするとベタ凪ですので、大丈夫そうです。

170422_0522misaki.jpg

5時半過ぎ、ポイント近くに着くと瀬の上は少し波が高いですが、それほどの波でもないようで大丈夫そうです。そして釣り開始、指示ダナは20mだったと思います。仕掛けを投入。すぐにアタリがありヒット、上がってきたのはまずまずのイサギでした。

ここからしばらく、流すたびにアタリがあり釣れますが、すべてイサギです。そして、イサギがおちつくと、ようやく口太グレが釣れましたが、ややこぶり。そしてそこで止まってしまい、そのうちサバが来たので少しだけポイント移動。

今度は指示ダナ30mだったか33mだったか忘れましたが、そんな感じでやります。しかし、あまりアタリなくて釣れず。ようやく何かヒットしまして、上がってきたのは41センチの尾長グレでした。しかし、その後は続かず。開始から1時間ほどでアタリがなくなりました。

しばらく釣れないまま、7時くらいになり、イマイチだから和深沖へ行ってみようと言うことになり移動。ここまでの釣果はこんな感じで、イサギ6匹、グレ2匹、サバ2匹です。

170422_0710ikesu.jpg

30分ほどでポイントに到着しますと、こちらは風もほとんどなくて超ベタ凪です。

170422_0740wabukaoki.jpg

水深は40〜30mくらいで、指示ダナは20mだったと思います。7時40分くらいから、こちらで釣り開始。しかし、潮がまったく動いていないようです。

170422_0741tankenmaru.jpg

それでも少しするとアタリがあり、よく引きます。43センチの尾長グレが釣れました。左舷の方は45センチの尾長でした。

ここから、尾長がぽつぽつと釣れるようになり、型は良くて小さいのは少ないです。しかし、これも1時間ほどで食いが止まりました。尾長が6匹か7匹くらい釣れたかな!?

170422_0840ikesu.jpg

釣れなくなったので、また少しだけ移動。こちらも指示ダナ20mくらいだったと思います。

170422_0850tankenmaru.jpg

しかし、潮がほぼ完全に止まっているようで、なかなか食いません。ようやくピンポイントで反応あったのか、イサギがトリプルで釣れ、しばらくイサギがぽつぽつ釣れましたが、これまたすぐに止まってしまいました。

こちらも1時間弱ほどやり、次は少し沖へ出てウメイロのポイントへ。水深70mくらいで、指示ダナは60mだったと思います。しかし、前日もウメイロの食いは超しぶかったようですし、それに加えてこの日は潮がほとんど動いていないので厳しい様子。

170422_0946tankenmaru.jpg

最初の2流しくらいは何も釣れず、3回目の流しでSさんにヒットしたようですが、イサギだったようです。

10時になり、あまりにも潮が流れないので、また潮岬にもどってみようと言うことになり、ふたたび移動です。

170422_1030shinomisaki.jpg

そして、10時半過ぎに到着。

170422_1035tankenmaru.jpg

10時40分くらいに釣り開始、指示ダナ確か20mだったと思います。こちらは潮がわりと速いです。1流しのあいだにかなり船が流れますので。すると、ここから口太がぽつぽつ釣れるようになりました。

それから1時間ほどは、ほぼ1流しに1匹ずつ釣れるようになり、順調にグレの数が伸びて行きます。型は若干こぶりでしたが。で、12時になりぼちぼち終わりかと思ったら、まだしばらくやってくれるようで、しかし、そこから私はあまり釣れなくなり、私の後ろの方も釣れず、Sさんだけほぼ確実に1流しに1匹ずつ釣れているようです。私はどうして釣れなくなったのかわからず・・・

12時半になり、あいかわらずあまり釣れずで何がいけないのかわからないまま、12時40分に最後の一流しコールがあり、最後には何故か1匹釣れて終了となりました。

(結果)グレ30〜43センチを23匹(尾長と口太が半々くらい)、イサギ30〜36センチを12匹、ゴマサバ2匹だけキープ
170422chouka.jpg

口太の白子はかなり小さくなってきて、型もこぶりが多かったです。腹の中には海草?みたいのが入っていてちょっと臭かったので、抱卵グレはもう終盤でしょう。良型の尾長は腹に脂がけっこうあり、美味しそう(まだ食べてません)。イサギは大きめのはまあまあ脂あり、美味しかったです。

ウメイロが釣れなかったのが残念です。ウメイロが釣れるようならまた行きたいと思いますが、これからしばらくは中紀でアジ、イサギになると思うので、行けるかどうかわかりませんが。

そして、今回は女将さんのスペシャル手作りおみやげがあり、YUKAは魚より大喜び。

170422omiyage.jpg

手作りかしわもち、店で買うより美味しいくらいでした(大げさに言っているのではなく)。寿司も美味しくて、YUKAが女将さんに料理を教えて欲しいといつも言っております。

今回は思っていたよりは釣れましたし、おみやげまであり、ラッキーな日でした。

最後の30分ほどはアタリが出せずに伸び悩んだのだけちょっともやもやしてますが、Sさんはずっと釣れていたようなので、何が違うのか!?まだまだわからないことだらけです。
釣り | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする