カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP料理 ≫ 真鯛料理

真鯛料理

マダイは綺麗な魚です。そして、今の時期のはまあまあ脂もあり美味しいですし、抱卵もしています。ただ、深いところから釣り上げてくるので、上がった時には水圧の差の影響と泳ぎ疲れているせいか、弱ってしまっていて、なかなか良い状態で持ち帰るのが難しいです。身が煮えてしまってなのか?白濁している場合もあります。

なので、全部をさばいてみて状態の良さそうなやつを当日に刺身で食べて、あとは料理して食べるのですが、これがまた、料理したら美味しいこと美味しいこと!

身が白濁していたり翌日には身がやわらかくなってしまっていたりのやつでも、1度熱を加えて料理すれば身がしまってしっかりして、かなり美味しく食べられます。しかも、一週間後でもまだ美味しいです(真空チルド室で冷蔵)。

なので、マダイはやはり美味しい魚だと思います。どっちみち、刺身ではそんなにたくさん食べられませんので、これで良いと言えば良いのかな!?

釣りをするようになってから、「刺身信仰」のようなものがなくなりました。釣りのその日の刺身が一番新鮮ですが、釣りで疲れて味覚が鈍って味がわからなくなっているので、釣りから帰った日は濃い味付けのものが食いたくなりますし(笑)。

さて、美味しかったマダイ料理です。

(1)マダイのブイヤベースとリゾット

170411madai_buiyabase.jpg

これは美味かった!市販のブイヤベースの素を使ったので、簡単で楽チン!ブイヤベースをマダイでやるのは我が家で初だと思いますので新鮮さもありナンバーワンに。真子も美味しいです。マダイの他にエビやアサリなども入れましたが。

しかも、これだけではなく・・・

170411madai_rizotto.jpg

残り汁でリゾットを作成。これまた超ウマイ!


(2)鯛鍋

170412taichiri.jpg

今回は釣ってから日数が経っていたので味付けした汁の鍋でしたが、新鮮なのはちり鍋にしても美味しいと思います。これもマダイは美味しいですね。白子もクセがなくてポン酢によくあうし美味!


(3)マダイの甘酒漬け



今回、あまざけを頂きましたので。もちろん、酒粕に砂糖を入れた甘酒ではなく、米を麹で発酵させたあまざけです。原料は米と麹のみで砂糖など使っていませんが、麹による発酵で米のでんぷんから大量のグルコース(ぶどう糖)が作られていて超甘いです。

発酵食品では特に「原材料」と実際の「成分」とが大きく違う点に注意が必要ですね。材料に糖分は使っていなくても、発酵の結果として、大量の糖分が含まれています

なので、マダイの切り身をあまざけに漬けてみました。

170401madai_amazake1.jpg

麹が入ってますので、一時に流行った塩麹ならぬ、糖麹みたいな、その糖分もほとんどグルコースですから、名付けて「グルこうじ」なんて呼び方はどうでしょう(笑)。

170403madai_amazake2.jpg

マダイの身が分厚すぎてちょっと薄味でしたが、少し醤油をたらしてちょうど良かったです。


(4)マダイの味噌漬け

170414misozuke.jpg

味噌漬けも作成して、これはまた食べていないので焼いた写真はないですが、美味しいのは間違い無し。


(5)マダイのムニエルその1

170404madai_munieru.jpg

スタンダードタイプのムニエル。安定のうまさ。どの魚でも美味しい。

マダイのムニエルその2

170410madai_munieru.jpg

下にあるのはアンチョビクリームソース。ちょっと濃いが、それがまた美味しい!

マダイのムニエル3

170414munieru.jpg

皮をカリっとさせたシンプルな塩味のムニエルの上にハーブバターとか言うのをのせて食べました。超ウマイ!

170414batter.jpg

↑フランスのハーブバターだそうです。フランス帰りの人からのいただきものだそうです。

白子のムニエル

170409shirako_munieru.jpg

ムニエルは、だいたいどの魚でも、そして白子でも確実に美味しいのは間違いありません。いろんなバリエーションもありますし。


(6)マダイの煮付け

170413madai_nitsuke.jpg

さすがに大きいのでまるごとは無理ですが、カマの部分を中心にして煮付けにするとうまいです。釣った翌日には刺身など生で食うにはやわらかくなりすぎていても、熱を入れると身がしまり美味しいです。


(7)マダイの胃袋

170409madai_ibukuro.jpg

これまたコリコリしていて美味しいです。


(8)マダイの刺身

170409madai_sashimi.jpg

だいぶん順位が低くなってしまいましたが、釣ったその日で状態良く持ち帰れたのは脂もあって美味しいです。


(9)マダイのカルパッチョ

170410madai_carpaccho.jpg

カルパッチョも美味しいですが、味付けしますのでどの魚でやってもあまり大差なくなってしまいます。

(10)鯛と白菜のブレゼ・バルサミコソース仕上げ

170413madai_new.jpg

「ブレゼ」とはフランス語で「蒸し煮」の意味だそうです。マダイの新しい料理です。別に最下位と言うわけではなく、たまたま最後になっただけです。美味しかったですが、一口目にバルサミコ酢が臭かったので。二口目から慣れて大丈夫でしたが。

好みから言うとムニエルのほうが好きではありますが、新しい料理にもチャレンジしてもらえて、ありがたいことです。
料理 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする