カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP読書・勉強 ≫ 経済学者と銀河帝国

経済学者と銀河帝国

読みたい本がたくさんありますが、なかなか読む時間がありません。なので、以前から以下の本をひさしぶりに読んでみたいと思っていつつも、なかなか買うことができずに迷っています。

アイザック・アシモフ「ファウンデーション」シリーズです。

     

 

アシモフと言えば「ロボット三原則」の考案者でロボットものが有名ですが、もう一つの代表作には、「銀河帝国興亡史」の別名でも有名なこの「ファウンデーション」シリーズがあります。

さて、以下のうちでアシモフはどれでしょう(笑)。

170408ishimovs.jpg

どうしてこれがまた読みたくなったかと言えば、きっかけは、経済学者のポール・クルーグマンです。

170408kuruguman.jpg
↑ちなみにこれは2009年5月の話です。

クルーグマンはSFマニアであり、スタートレックにも詳しいことで有名です。結構口もわるくて論敵をボコボコに批判する人ですが、その批判相手を、スタートレックに出てくる最大・最強の敵である「ボーグ」に例えたりしています。

170408borg.jpg
↑異星人・異文明を次々に「同化(assimilate)」することで強力・強大なパワーを持つボーグのドローンたち。

それはさておき、アシモフの銀河帝国興亡史の続編を最近になって現代のSF作家たちが書いたそうで、そのイントロ(解説)をクルーグマンが書いたと聞きましたので。内容はこちらで和訳されています。

面白いことに、クルーグマンが子供の頃になりたかった職業が、このファウンデーションシリーズの主人公ハリ・セルダンの「心理歴史学者」だそうです。そのことが解説で述べられていますので、抜粋します。


「僕は心理歴史学者ハリ・セルダンになりたいと思いながら大人になっていったんだ。人間行動についての数学を理解して文明を救いたいと思いながら。」

「このアイデアが物語全体の基礎となっている。ファウンデーションの中では小さな数学者の集団が、上で述べた社会についての厳格な科学である「心理歴史学」を生み出す。彼らが住む強大な銀河帝国にその科学を適用してみて、彼らは実は帝国が最終的な衰退の過程にあることを見出す。

そしてその崩壊のあとには、3万年にわたる野蛮の時代が続くことになる。しかし、彼らはまた慎重にデザインした誘導により、この道筋を変えることができるのを発見する。帝国を救うことはできないが、しかしやってくる暗黒時代をたった千年にまで短くすることはできる、ということ。」



Wikipediaより


心理歴史学(Psychohistory)は、アイザック・アシモフのSF小説ファウンデーションシリーズ(銀河帝国興亡史)に登場する架空の学問である科学分野。

膨大な数の人間集団の行動を予測する為の数学的手法。社会的、経済的な刺激への人間の感情や反応に一定の規則を見いだすことで、未来の人類の行動をも予測しうる。

ファウンデーションシリーズの根幹をなす小道具である。アシモフはこのシリーズで、エドワード・ギボンの『ローマ帝国衰亡史』を参考にした宇宙未来史を描く事を構想したが、同時にSF的要素として、人類の未来を数学的に予測する手段を作品に導入する事を思い立ち、気体分子運動論において、個々の分子の運動は予測できないが、集団の気体ということなら平均の運動は計算できるという事のアナロジーとして、分子を人間に、気体を人間の集団に置き換える事で「心理歴史学」を考案した。

心理歴史学による未来予測が可能かどうかは、以下の3点が重要であるとされている(これらは気体分子運動論の基本原則に直接対応している)。

①個人ではなく、膨大な人数から構成される集団を扱うこと(気体分子単独で無く、膨大な数の分子を含む気体を扱うのと同じ)
②人々が心理歴史学による予測の内容について知らされず、その影響を受けずに自発的に行動していること(気体分子のようにランダムに行動すること)
③扱う集団が人類のみで構成されていること(気体分子以外の要因が存在しないこと)

過去の歴史の評価よりも、未来予測に主眼を置いている点で、むしろ「心理社会学(Psycosociology)」という名称の方がふさわしいのではないかとの意見があり、後年アシモフ自身もそれを認めながら「当時は『銀河系宇宙の歴史を描く』という考えに取り憑かれていたために『心理歴史学』という言葉しか考えつかなかった」と述べている。

また同時に「人間集団の行動と気体分子運動論の間にはやはりアナロジーは成立しないのでないか」と述べ、むしろ近年登場したカオス理論に言及している(『ゴールド -黄金』)。

これを反映してか、アシモフの死後に3人のSF作家により書かれた『新・銀河帝国興亡史』3部作では、人類社会の秩序を破壊しようとする「混沌(カオス)」と、心理歴史学により秩序を護ろうとするセルダン達との対決の構図が描かれている。



で、あたりまえですが、「心理歴史学」という学問は存在しませんので、クルーグマンは、それに一番近そうな経済学(マクロ経済学)を学ぶことにしたそうです。


世界三大SF作家であるアシモフ、クラーク、ハインラインの3人のうちで、若い頃の私は、クラークが一番好きでした。

クラークの作品は、ファーストコンタクトものが多く、そのコンタクトの相手となるエイリアンも、未知で神秘的で超越的な知性を持つおだやかで謎の存在であることが多かったです。そこらへんが好きでした。

一方、アシモフとハインラインはあくまで人間が主役です。ハインラインの場合は右翼っぽいと言うかファシスト的・好戦的な感じで当時の私には好きになれませんでした。アシモフは未知なるエイリアンがあまり出てこないのでもの足りなく感じました。しかし、今ならば逆にアシモフのほうが楽しめそうです。

銀河帝国興亡史は、あくまで人類の歴史、未来史です。今と同じ人類が宇宙に出て、帝国を築いて壮大な物語を展開すると言う内容です。SFに科学だけでなく人間の行う政治・経済・外交などの問題が取り入れられているわけです。

なので、思い切ってまた買おうか、はたまた、最近はマンガ化もされたようなので、とりあえずマンガ版を買ってみようか・・・悩んで迷っているうちに、買わずにいます。ゴールデンウィークにでも読もうかな!?

    



なかなか長い本を読む時間が無いので、たくさん本を買っても連休くらいにしか読めないでしょう。以前は、電車の中でスマホアプリ(kindleやhonto)で電子書籍を読んで喜んでましたが、目が崩壊しました・・・

仕事中も論文を読んだり資料を整理・作ったりでパソコン画面を見ている時間が長いために、電車の中では目を休めるようにしないと大変です。帰宅後も、あまり目を酷使すると翌日が大変です。

私は老後の趣味として、釣りにはあまり行かず、読書と映画・音楽鑑賞をメインにするつもりでいるので、目や耳がこれ以上に衰えると先が恐ろしいことになります。

釣りは肉体的ストレスが大きいので、いつまでやれるかわかりませんし、もともとアウトドア派ではありませんので。体力維持の努力は続けるつもりですが、老化速度を遅らせても止めることはできません。

体力だけでなく脳だって老化するだろうと言われるかもしれませんし、アルツハイマーなどなれば終わりですが、そうでうなければ実は年を取ってからでも思索にふける脳領域は拡大することが脳科学で証明されているそうです。本当かどうか確かめてませんが、そう信じたいからとりあえず信じてます。それが本当なら若いころよりもむしろ色々考えるのには老後のほうが良いのではないかと思えますので。

最近また政治や経済に関心が出てきて、暇つぶしにそちら方面の読書をしているのは、きっかけはいくつかありましたが、老後の趣味の足場を作るためと言う目的も最近加わりました。

もともと、高校生の頃に「将来大人になったら何をしたいか?」の答えとして、「真・善・美」の追求である、と当時の日記に書いてありました(恥)。実際には「偽・悪・醜」まみれの大人になってしまいましたが(爆)。若い頃は恥ずかしいことを平気で言うものです。

真善美にかかわる職業と言えば、学者か芸術家です。芸術家は無理だとしても、勉強すれば学者になれるかと思ってめざしましたが、実際にはまともな学者にもなれませんでした。

なので、職業としてはもう無理ですから、老後の趣味でどれかを実現しようと言うわけです。結果は自己満足で良いのです。

「真」に関しては、対象が自然・宇宙ならば理論物理や宇宙論、量子力学など?、人間が相手ならば哲学あたりを学ばねばならないでしょう。

「善」に関しては哲学、倫理学、宗教学などでしょうか。

「美」に関しては音楽・美術などかな?

まあ、この中で、年を取ってからでも思索可能な分野と言うと、哲学あたりでしょう。

価値観にかかわる学問としては哲学の中に政治哲学と言うのもあり、宗教の教えもそうかもしれませんが、そういうものを勉強することで、何が善なのかと言うことを考えると言うのは老後も可能なのではないかと思います。

逆に、自然科学は思索によって真理にたどり着くことができる学問ではありません。仮説を立てる部分は思索が重要ですが、真実かどうかの判定は実験と観察に委ねられるわけですので、老後に一人では難しいでしょう。

価値観については何が正しいかなどいつまでたっても決まりませんので、逆に言うと、永遠に考えるネタが尽きないで結論に達しないから、死ぬまでやることがなくならなくて、かえって良いかもしれません。

なんか、またまとまりのないことをグダグダと書いてしまった・・・
読書・勉強 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする