カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 中紀のマアジまずまず

中紀のマアジまずまず

2017年3月26日(日)アジ釣り@仲政丸(和歌山・美浜)

日出5:55 正中12:05 日没18:16
潮~中潮2日目(小→大)@三尾
天候:晴れ時々曇り  風向:北東→北西5m以下  潮:上り→下り潮  水温:15度  波高:ベタ凪

170326_shio.jpg

(結果)

170326chouka.jpg



さて、木曜日にグレ釣りに行ったばかりでしたが、ほとんど配ってしまって楽でしたので、日曜日も風が弱そうだし、気になっているアジ釣りに行くことに・・・

勝手に空いているのでは?と思って人数確認しませんでしたが、港に着いたら思ったより車が多くて、お客さん10人で予約6人目でした。

今回の釣り座の読みは、前半は前向きに流れ後半は後ろ向きに流れるだろうから、釣り座は真ん中くらいが良いかなと思って、空いていた左舷の前から2番目と右舷の前から3番目で迷いましたが、右舷前から3番目にしましたが・・・思った通りにはならず!

170326turiza.jpg

出船は何時か忘れましたが、5時過ぎに出船。日ノ岬を超えて西へ向かいます。

170326_0510syussen.jpg

ポイントには6時前に到着。水深62mくらいです。

170326_0550tankenmaru.jpg

開始第一投、前向きに流れるかと思いきや、なんと、船底へ道糸が入って行きます。上り潮がわりと速めに流れており、右舷から左舷に向かっているので、完全に読みがハズレ・・・まさかの横向きに流れています。うーん、失敗。

肝心のアジのほうは、朝一はぽつぽつと30センチ強のが釣れましたが、すぐに止まり、何度か船長が船の位置をやりかえ。かなりこまめにやりかえしてくれましたが、アジのほうもぽつぽつの感じです。

割と潮が速いので、たまに左舷の方とお祭りしますが、それほど頻繁ではなく、3回くらいでした。そのうち潮がゆるんできて少しやりやすくなりましたが、入れ食いタイムはなく、タナはあまり浮きませんでしたが、コマセの出し方やタナは一定ではなく、1匹釣れても同じパターンでは続きません。

最高で3回連続で同じパターンで釣れましたが、あとは単発です。

あと、今回、船長から見えない位置に入ってしまったので、私は釣れているのにアンカーやりかえたりロープの長さ調整でリセットと言うのが3回ほどあり、ちょっと残念でしたが、まあたまたま調整する直前のタイミングで偶然に1匹釣れただけかもしれませんので何とも言えないですが。

反応は良くでていますが、ちょっと浮いてます。

170326_0800tankenmaru.jpg

でも反応の濃いタナでやっても何も釣れません。釣れるのは底から5mまで、底から8mで1回だけ釣れましたが、もっと上のタナでやっても釣れませんでしたし、底から3mとかベタ底で釣れるほうが多かったです。

でも船長に聞いたら、この上の反応もアジだろうとのことでした。たぶん小アジでしょうか。こんなに小アジの反応も浮いていると言うことは、底のほうにアオリイカやら青物やらがいるのでは!?と思って、アオリ仕掛けに換えてみようかとも思いましたが、アジのみやげを確保してからと思っているうちに、できませんでした。

9時半頃から10時半頃までは潮が動かずに厳しい時間が・・・

170326_0900tankenmaru2.jpg

11時くらいから今度は下り潮が動き出しましたが、今度は逆向きに流れるから釣りやすくなるかと思ったら、風向きが少し変わったのか!?潮の流れる向きが南北ではないのか?またまた左舷側に向かってやりにくいです(涙)。

ここから、ぽつりぽつりと釣れるようにはなりましたが、完全にまわり食いと言うか、時々連続してバタバタ釣れますが、すぐに止まってまたしばらく釣れないみたいな感じです。

潮もあまり動かず、もうちょっと流れてくれたらと思ったのですが・・・

朝から仕掛けもいろいろと変えてみましたが、これ!と言う仕掛けはありませんでした。今回は、長さはあまり長くしてはダメみたいです。

アジが回遊しているので、タナを固定しておいて、時々ぱらぱらアミエビを出す感じでやるのが効率的です。アジがいない時に撒き餌を出しても無駄ですから、いつ回ってくるかわからないので、時々少しずつコマセを出して待つ感じが良かったです。

なので、仕掛けも2m以下の短い仕掛けが良かったです。そのやり方で、一番手前の針に時々食ってくる感じでした。

12時半くらいからまたぽつぽつ釣れるようになりましたが、1時前には何故かまた潮が止まってきて、アジの食いもほぼ止まってしまったので、それで終了となりました。

今回、入れ食いタイムはまったくありませんでしたし難しかったですが、たまに40センチ近い良型も混じりましたし、1時まで延長してもらってどうにか30匹以上は釣れたので、みやげは十分でした。

(結果)マアジ25~38センチを32匹、小アジ20センチ前後を11匹
170326chouka_all.jpg

珍しくアジ以外の魚はまったく釣れませんでした。お隣の方は石鯛やイサギを釣ってました。アジは個体差はもちろんありますが、かなり脂がのっていて美味しいものが多かったです。

170327aji_abura.jpg

すべて抱卵していましたが、まだパンパンまでは行ってないのが多い印象でした。
釣り | Comments(2) | Trackbacks(-)

Comment

編集
美味しそうなアジが大漁でしたね^ ^
外道が混じらなかったのは釣り座の影響でしょうか。
画像のアジの刺身でビール飲みたい^^;
2017年03月29日(Wed) 08:21
編集
七流釣師さん、どうもですー

写真のアジは一番おおきなやつでしたが、30センチちょっとくらいのでもっと脂コテコテのもあり美味しかったです。

帰宅後に雨が降ってきて、予定していた干物作成ができなかったのが心残りですが・・・また行けばいいかな(笑)。
2017年03月29日(Wed) 08:46












非公開コメントにする