カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 串本の抱卵グレ好釣!

串本の抱卵グレ好釣!

2017年3月23日(木)昇雄丸@和歌山・串本

天候:曇り  風向:ほとんど無風  潮:下り潮  水温:18度  波高:ベタ凪
気温8→13℃
日出5:57 正中12:03 日没18:11
潮(長潮)@串本

170323_shio.jpg

(結果)
170323chouka2.jpg



さて、またまたグレ釣りに行ってきました。今回は平日に有休を取って1人で。

前回と同じくらいの時間に出ましたが、最近はあまりスピード出さないのと、今回は夜中なのに車が多いと言うか、なぜか遅い車に前をふさがれる時間が長くて、無理な追い越しもしなくなりましたので、到着したのは5時15分くらいだったかな!?私の他にお客さんもう一人いて、すでに乗船してセッティング終わっている感じだったので、あわててトイレに行ってから乗船開始です。

170323turiza.jpg

もう一人のお客さんは左舷のトモに入っており、私は船長の指示で右舷のトモに入りました。準備ができて何時かわすれましたが出船。ポイント近くには6時くらいに到着です。

170323_0600point.jpg

前回はかなり潮の流れが速かったですが、今回はほどよい感じだそうで期待が高まります。今回、最初はハリス5号全長3ヒロ4本針の欲張り仕掛けでやりました(笑)。風がないのでもつれないだろうとの思いでした。

170323_0602tankenmaru.jpg

朝一のポイントは指示ダナが確か25mだったかと思います。1投目、指示ダナ通り25mでやりますとまずまずのイサギが釣れました。

2投目、イサギなら良型はどんどん浮いてくるかと思って、30mからエサを出しながら22mくらいまで上げて待ちますと、またまたイサギが釣れました。その次の流しも同じことをしたら、今度はグレが釣れたと思います。

その後、私は釣れず、もう一人の方が釣るようになり、そうこうしているうちに、次のポイントへ。こちらは指示ダナ30mだったと思います。

しかし、魚探の反応も薄く、どうもイマイチの気配・・・ハリス4号に落としてみますが(4号4ヒロ3本針)、上向かず。もう一人の方がぽつぽつ釣るくらいで私は釣れずに焦ります。

そうこうしていると、よく引く魚がヒット。かなり引くので期待してますと、上がってきたのは45センチの尾長グレでした。サンノジではなかったので一安心?サンノジとは引き方が違いました。

170323gure45ore.jpg

その後も厳しい感じで、今度はまた少し移動して指示ダナ20mのポイントへ・・・。

170323_0900_202tankenmaru.jpg

こちらへ来ると、一投目、いきなりダブルで釣れました。左舷の方もダブル。次の流しもすぐにアタリがあり、ここからしばらく入れ食いに。

ちょっと渋くなったと思ったら、船長が25mくらいでやっても良いとのことなので、間をとって23mくらいでやると、これまた入れ食いになりました。

こんだけ入れ食いならダブルもあるかと思って、ヒットしてからしばらく待っていると・・・はずれました(涙)。そして、たまたまとは思いますが、そこから私は釣れなくなりました・・・左舷の方も釣れなくなり、移動。

9時過ぎ、だいたい半分強の時間が経過したくらいですが、まあまあイケスも賑やかになってきました。

170323_0923ikesu.jpg

この他にエアー抜きに失敗したグレが5匹と、ウメイロ2匹がクーラーに入ってます。エアー抜き、あまり魚体を押しつけないほうが良いらしいです。ほぼ直角に1センチくらい刺してチュッと一瞬で抜けるそうですが、どうもうまく行きません。またぶりかえしです。たぶん、腸にウンコがつまっていて抜けにくいのではないかと思いますが・・・!?

さて、指示ダナ20−25mのポイントでかなり数をかせぎましたが、エサだけ取られて釣れなくなってきました。たまにハリスも切られましたので、エサ取りはグレではないやつが出てきたのかもしれません。コマセとハリスを同調させないようにするとエサは取られなくなりますが、何も釣れなくなるだけでした。これでグレが釣れるようになる時もあるのですが。

そこで少し移動。今度は指示ダナ33mのポイントへ。先ほどの30mのところと同じだと思いますが、正確にはわかりません。クエジの瀬とか言うところだそうです。

ここでは、また左舷の方が釣れるものの私は釣れない流しが増えてきました。その方、かなり速い段階でオキアミのおかわりをされていたので、たくさんエサを出しているようです。いつもだと、このペースで出している人は全然釣れないのですが、この日はグレの食いが良いのか?ガンガン出したほうが良いのかと思って私もガンガン出してみましたが、あまり改善せず。

その方の釣り方を見ると、下のほうでコマセを出してそれから指示ダナに上げている感じだったので、私もそのパターンでやってみることに。上へ上への感じです。

すると、ここから私にもよくアタリが出るようになり、またまた入れ食い(と言っても一流しに1回ですが)で釣れるようになりました。

170326sao.jpg

↑11時半くらいの様子ですが、たぶんオキアミ2枚でスタートして、いつもこれくらい余ります。

ここでのグレ釣りは、だいたいエサをガンガン出すと釣れなくなることが多いのと、このところ、指示ダナ固定でチョロチョロコマセを出すパターンが良かったので、そのやりかたに固執しすぎていたのかもしれません。

この日は、コマセの帯を縦に作って仕掛けを同調させるイメージのほうが良かったです。実際に同調しているかどうかはわかりませんが。釣れた動作が正解だろうということで判断していますので、イメージが正しいかどうかは別問題です(確かめようがないですし)。

流し釣りは海中でハリスがどうなっているのか想像しにくいのでいつも難しいと思っていて、その様子がイメージしにくいのでいつも悩みます。かかり釣りなら潮の速さによってハリスがだいたいどれくらいなびいているか想像しやすいですが・・・流し釣りはわかりません。

いずれにしろ、コマセの出し方(コマセの層を横長の帯にするか縦長にするかと、ドボドボ出すかチョロチョロ出すか、コマセの帯を仕掛けと同調させるかずらすか)については、流し釣りでは毎回試して見ないとダメだなあと思いました。

さて、中盤くらいにアタリもないのにハリスを切られて針が取られることが何度かありました。終盤になってその正体がわかりました。でっかいシマフグが釣れましたので。50センチくらいありそうでした。イケスで元気に泳いでいます。

170323_1114ikesu.jpg

11時過ぎになりイケスもかなりうまってきて良い感じです。

超ベタ凪で曇り空と釣りには最高の条件でした。

170323_1123scene.jpg

終盤になると私が釣れて左舷の方が釣れない流しが多くなり、この時は、コマセの層はかなり縦長にして、量はチョロチョロ出しのほうが良かったのかと思います。

朝一は食いがかなり渋かったですが、途中からかなり食いが良くなってきて良い感じでした。潮はかなり澄んでいたように見えましたが(釣り上げてくる魚がかなり深いところから見える)、天気が曇りだったのも良かったのかもしれません。

(結果)グレ34匹(尾長3、口太31)、イサギ5匹、ウメイロ5匹、シマフグ1匹の合計45匹と大漁!

170323chouka.jpg

口太はあまり引かないイメージでしたが、今回はサイズが良いのも結構釣れましたので、良く引きました。途中でハリス4号を切る大物を逃がしたのだけ残念でした。

船長はメダイかも?と言ってまして、まあメダイなら逃がしても良いのですが、シマアジとか?もしくは超巨大サンノジ?そう言えば今回はサンノジが二人とも一匹も釣れませんでした。それだけグレの食いが良かったのかも!?

今回は翌日が仕事と言うことで魚の処理が自分ではできませんし前回のグレがまだ残っていたので、釣果のほとんどを配ってしまったので、近々また行きたいところですが、アジもマダイも釣りたいしで悩ましいところです(笑)。

今回の数少ないキープ魚は、尾長45センチ、ウメイロ5匹(日持ちするので全キープ)、イサギ2匹、シマフグ1匹

170323gure45cm.jpg

170323shimafugu.jpg

瀬の上では少し海面が盛り上がって揺れましたが、ベタ凪で楽チンでしたし、たくさん釣れたしで言うことなしでした。帰り道も空いてました。
釣り | Comments(2) | Trackbacks(-)

Comment

編集
魚ありがとうございました。

色々ためされてますねー

いつもエサだけ取られる時があるのですが、指示された棚でやってればよいのか上げればいいのかばかり考えてるだけでした。
今度はエサの出し方も変えてやってみます。
参考になりました。
2017年03月25日(Sat) 21:15
編集
>ゴリオさん

どうもですー。海中の中ではどうなっているのか見えませんので、正しいのかどうかわかりませんが、色々試して釣れたらうれしいですね。

前回は、たまに深いところに反応が出た時には指示ダナよりかなり下げたところでウメイロが釣れたりもしましたので、本命が指示ダナで釣れないときはいろいろ試してみたら良いかと思います。私も流し釣りはどうしたらよいのか、仕掛けのイメージもできにくいので、毎回いろいろ試してみないとダメだなと思いました。
2017年03月25日(Sat) 21:26












非公開コメントにする