カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ アジとメジロも釣れました

アジとメジロも釣れました

2017年3月4日(土)マアジ釣り@仲政丸(和歌山・美浜)


日出6:25 正中12:11 日没17:59
天候:晴れ  風向:北(3m以下)  潮:下り~上り潮  水温:15度  波高:ベタ凪
気温4→15℃
潮:中潮(大→小)最終日@三尾

170304shio.jpg

(結果)
170304chouka1.jpg




さて、先週のアジがあまりに美味しかったので、またまた連続で釣行です。一匹狼さんもまたまたご一緒です。

5時過ぎに集合とのことで、5時くらいに港に到着。しばらくして船長もやってきて乗船開始です。予約最初の二人の方が両方のトモに入られましたので、予約3番目と4番目の私らはどうするか。私は左舷の後ろから2番目に入り、一匹狼さんは右舷の後ろから2番目ではなく左舷の一番前に入られて私と並びました。

170304turiza.jpg

何時に出船したか忘れましたが、いつも通り日ノ岬のほうへ走り、6時過ぎにポイント近くに到着、6時半より少し前くらいに釣り開始です。

17004_0620hinomisaki.jpg

わずかに下り潮がゆるく流れていて、しばらくしたら止まりそうな感じです。

釣り開始後の様子を忘れてしまいましたが、反応は良く出ているわりには食いがしぶく、なかなか連続しては釣れません。

170304_0622tankenmaru.jpg

しばらくして、ぽつぽつ釣れるようになりましたが、活性はイマイチなようで、仕掛けをいろいろ変えてみますが、これと言うのに当たらず、たぶん活性そのものがイマイチだったのかと思います。イサギも釣れません。難しい感じです。

潮が完全に止まると、それまでのぽつぽつの食いもなくなり、まったく食わなくなりました。8時すぎだったか、今度は少し上り潮が動いてきたのか、船のポイントをやりかえ。

170304_0825hinomisaki.jpg

これまでに、なんとか15匹ほど釣れました。最低限のみやげはこれで確保です。

170304_0802aji15.jpg

その後、何度かやりかえして、なかなかすごい反応ですが、すぐには食わず。

170304_0822tankenmaru.jpg

しかし、潮が動きはじめると徐々に食いがうわむいてきました。風がほとんどなく、上り潮でも後ろにむかって潮が流れています。探見丸の反応はかなり上まで出ていますが、あまり上げても食わず、釣れたのは底から3−5mの間くらいでした。

9時過ぎから、時々良いサイズのも釣れるようになり、数が伸びます。1時間でこれくらい釣れました。

170304_1100ajis.jpg

潮がだんだん速くなりましたが、水深41mのところ、45mくらい糸がでる感じで、それ以上は速くならず、しかし、最初は上潮だけ速かったのですが、底潮も速くなると私は入れ食いと言うほどではなくなってきました。

今回は予約順から考えてイケスが使えないと思って、マイイケスを持ち込み・・・

170304_0915ikesu.jpg

途中、一匹狼さんがほとんど釣れていませんでしたが、終盤に近くなって怒濤の追い上げで最終的には40匹以上は釣っていました。

170304_1000tanker.jpg

お昼くらいになり、潮が少しゆるんでくると、私もまた入れ食いになってきましたが、まわりでは青物にアジを取られて仕掛けを切られるのが続出・・・

だれか青物退治しないかと言う船長の声が耳に入ったので、アジ仕掛けをはずして、ヒラメ用に作ったノマセ仕掛けにチェンジして、一番小さい(と言っても25センチくらいある)アジを付けて底から5mで置き竿にしておきます。

その間に持ち込みマイイケスのアジをしめていますと、「来た来た」の声が・・・

竿を見るとグングンと刺さっています。しかし、まだ深く刺さっていないのでしばらく我慢。完全に突き刺さったのを確認してから、神経締めの途中のアジをほったらかして(笑)、竿を持って格闘開始です。

ハリス10号なのでグングン巻きます。ドラグは出ませんでしたが、まずまずの引きで上がってきたのは、ブリにはちょっと足りない75センチくらいのメジロでした。

マイイケスを見ると、小さめのアジがまだ1匹いたので、そいつをつけてまた投入。そしてアジを神経締めなどしていますと、またすぐに「来た、来た・・・」の声が!

またまた竿が完全に突き刺さるのを待ってからファイト開始!

これまた同じような引きで、同じようなサイズのメジロが上がってきました。

その後、青物のアタリは遠のいたので、ヒラメ狙いでタナをもう少し底にして少しやってましたが、アジの処理もおわって、ノマセのアタリも無さそうなので、時合い終了かと思ってアジ釣りに戻りました。

船長、1時までやって終わろうとのことで、残り30分ほどでしたが、不思議と私だけアジが入れ食いではなく、3匹ほどしか釣れませんでしたので、ノマセをそのままやっていても良かったかも!?

もうすぐ1時と言う頃、ふと見るとトモのSさんが大物と格闘しています。かなり大きそうで、上がってきたのは90センチ近いまるまると太ったブリでした。さすが、お見事です。

そしてちょうど1時になったので、終了。

(結果)マアジ26〜39センチを50匹(+ノマセにマアジ2匹、マルアジ1匹使用)。イサギ1匹、カワハギ1匹、メジロ75センチ2匹

170304chouka.jpg

メジロ、80センチはないのでブリではありませんが、メジロにしてはかなり大きいサイズでした。不思議なことに、私が指したアジよりもずっと大きい30センチくらいのアジが胃袋に入ってました。

170304aji_in_mejiro.jpg

30センチのアジで腹がふくれているのに、その上さらに私のアジまで食いついたと言うことなのでしょう。すごい食欲です。

木曜日はイサギがよく釣れたみたいですが、不思議とこの日はイサギがあまり釣れませんでしたが、アジもたくさん釣れて最後に良型メジロ2本も釣れたので、大満足の1日でした。

釣り | Comments(4) | Trackbacks(-)

Comment

編集
アジにメジロおめでとうございます。

イサギはどうしたんでしょうね。

六人なのにかったまってしてるんですねー
この前は船長左舷に移動したときもっと離れてましたが(?)
2017年03月06日(Mon) 21:03
編集
ゴリオさん、どうもです

この時期のイサギは気むずかしいんでしょうね。昨日はたくさん釣れてましたので・・・

釣り座、するどいですねー。今回は前回と違って食いがしぶく、と言うか、食うポイントが狭いみたいで、一匹狼さん、最初は重たい鉄仮面で真下方向へ落としていたら釣れなくて、軽めの鉄仮面にして少し前に寄せたら釣れるようになりました。みよし空いてましたが今回は船長は竿を出しませんでしたので、全員がたくさん釣れはしましたが、食いは渋かったのかもしれません。または、青物がうろついていてましたから、アジが固まっていて群から離れなかったのかも!?
2017年03月07日(Tue) 07:56
編集
おはようございます。
落とし込みでもなかなか釣れないサイズの青物ですね。こりゃクーラーは大き目を用意する必要ありそうです。そんな時に限ってスッカラカンで帰りますが(笑)
魚種豊富だと夕食が賑やかになって良いですね^ ^
2017年03月08日(Wed) 07:51
編集
七流釣師さん、こんにちは!

飲ませ仕掛けを持っていってはいましたが、やるつもりはまったくなかったので、しかも、こんなに簡単に釣れるとも思っていませんでしたから、釣りと言うのは、時合いというかタイミングですねー・・・でかいクーラー持って行くと釣れないジンクス私もありますし(笑)。

夕食はかなりにぎやかになり良かったです!
2017年03月08日(Wed) 08:01












非公開コメントにする