カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 中紀のオキアミ五目、活性急低下

中紀のオキアミ五目、活性急低下

2016年12月25日(日)仲政丸(和歌山・美浜)

日出7:02 正中12:00 日没16:57
天候:晴れ  風向:北(5〜10m)  潮:下り潮  水温:18度  波高:0.5m 気温:6→12℃

潮:中潮初日(若潮の後)@三尾
161225_shio.jpg

さて、またまた中紀のマダイ五目釣りです。前回まずまず釣れたので、今回は欲張ってもっと釣ろうと意気込んで向かいましたが、往々にしてこういう時はダメな日に当たるものだというのは忘れてました(汗)。

5時過ぎに港に到着、準備してちょうど乗船開始のタイミングでした。予約一番のSさんが左舷トモに入られたので予約二番の私は右舷トモに入ることに。お客さん6人でした。

161225turiza.jpg

トフでハマチが好調のようで、今回はトフ(前回に後半に釣りした場所)に最初から行くようです。何時に出船したか忘れましたが、6時過ぎにポイントに到着、すでに船が何隻も来てまして仲政丸が一番最後に船団の西側の端に船をかけました。(その後にもう一席が西側へ来ましたが)。

161225_0615tankenmaru_fune.jpg

たぶん6時15分くらいに釣り開始だったと思います。「まだ暗いから釣れないと思うけどぼちぼちやって」とのことで、薄明るくなるまではあまりエサもまかずにぼちぼちやってました。指示ダナは底からハリスぶん上げてとのことでしたので、それに従って底から6m上げてやることに。

薄明るくなってきたので、ちょっと手返しをはじめますが、エサも取られず。となりの方はサバフグを釣ったりハリスを切られたりしているようですが、私の仕掛けにはエサ取りも来ず。底から3mとかまで下げても何もなし。

完全に明るくなっても音沙汰無しで、6隻ほどいるどの船でも釣れていないとのこと・・・水温が急に下がって活性が低いのかも。確か、17.3℃と船長が言ってたと思います。帰宅後に千代丸の釣果を見たら水温16℃と書いてあったので、その後もっと下がったのかも。先日までは20℃くらいあったのですが・・・

でも前日も水温は同じくらいだったようですから不思議です。底のほうの海水温は、上がるのは遅いですが、下がるのは早いでしょうから(冷たい水のほうが比重が大きいので)、前日から底まで同じ水温になっていても不思議ではないですが、底の水温まで下がるのも1日くらいかかるのでしょうか。

さて7時すぎ、ぼんやり置き竿の竿先を見ていると、ガクガクと揺れ出しました。何かヒットしたようで巻き上げるとそこそこ引きます。上がってきたのは50センチほどのハマチでした。水温が低いからか、引きもそれほど強くなく感じました。

161225_0715haamchi.jpg

釣れたのは底から6m、指示ダナ通りでやってました

これで、ついに時合い到来かと手返しをしますが、その後はさっぱり・・・ふたたび沈黙が訪れます。

161225_0745sao.jpg

どの船も釣れないとのことで、ついに8時くらいに船団を離脱してポイント移動です。30分ほど走って関電沖の59mのポイントへ。

161225_0835tankenmaru59m.jpg

161225_0836pont.jpg

ここはトフよりは潮は流れていますが。私の釣り座には良い感じの下り潮です。しかしこちらも水温が低いようで、エサ取りも出ず厳しい状況で、9時過ぎにふたたび移動となり、前回にやった水深74mのたぶん沈船のあるポイントへ・・・

161225_0935tankenmaru74m.jpg

こちらへ移動して一投目、こちらは下り潮がまずまず流れています。全体でぱらぱらとチダイやこぶりのマダイなどが釣れ、私にもヒットしましたが、上がってきたのは阪神タイガースのような魚(カゴカキダイ)でした(汗)。

161225kagokakidai.jpg

その後もなかなか釣れず、まわりに遅れてようやくヒットして良い引きだと思ったら(たぶんチダイのダブル)、途中で急に軽くなり、手のひらサイズが1枚だけ上がってきました。リリースしても生きないのでキープです。

その後、どうにか30センチ以上のまずまずのチダイをようやく1枚ゲットできましたが(チダイはサイズの割りによく引きます)、その後は沈黙。Sさんがオモリをものすごく軽くして仕掛けを潮に流して良いサイズのマダイをゲットしていました。

エサをまくと魚が寄ってきますが、すぐに離れてしまうようです。活性が低いのでしょう。なので、あまりコマセをまきすぎないようにするのが良いかとは思いましたが、他の釣り人のコマセまではどうにもなりませんのでお手上げです。

そのうち、潮もだんだん止まってきまして、船上は完全に沈黙状態に・・・

11時半頃だったか、今日はもうこれで終わりなのかなとあきらめ半分の境地に達していると、船長がポイント移動してくれまして、少し西のほうへ移動して水深70mのところへ。正確な時間は忘れましたが、昼頃から最後のポイントで釣り開始です。

私は一投目は何も釣れず、まわりではチダイなどがぽろぽろ上がり出しました。

すると私にも当たりです。上がってきたのは35センチくらいのまずまずのイサギでした。イサギはひさしぶりなのでうれしかったです。

ここからエサ取りも出てきてタナを少しずつ上げるとぽつぽつとイサギが釣れますが、入れ食いと言うほどでもなく、3匹釣ったところで止まってしまいました。

そして1時過ぎだったかに、船長から「終わろうかー」の合図が出たのでコマセを出して一呼吸置いて巻き上げると、ちょうどヒット。ラスト1投でまずまずのイサギを1匹追加して終了でした。

(結果)ハマチ1匹、チダイ2匹、イサギ4匹

161225chouka.jpg

あと、写真には写ってませんが、阪神タイガースのような魚(カゴカキダイ)1枚で、試食するために持ち帰りました(笑)。聞くところによると、まあまあ美味しいらしいので。

と言う感じで予想外に厳しい日に当たってしまいましたが、延長のおかげでなんとかみやげは確保できましたし、ひさしぶりにイサギの顔も見られたのは嬉しかったです。

いちおう28日にもう一回の釣行で釣り納めの予定でしたが、ちょっと風邪気味なので予定を変更して、体調が良くなって天気も良さそうなら年末に釣行を考えることにしようかな・・・

どちらかダメならこれで釣り納めになるかもしれません。
釣り | Comments(6) | Trackbacks(-)

Comment

編集
こんにちは。
またまた行かれてたんですね。
目標の大鯛、年内に再チャレンジですか?
活性低くてもお土産確保、腕ですね。
タイガースは確かサンバソウみたいな味だったと思いますが、サイズもサンバソウ並みで食べるところが少ないんですよね^^;
2016年12月27日(Tue) 10:34
編集
>七流釣師さん

タイガースは美味しいらしいと聞いたことありますが、確かに食うところが少ないですね。

年内にもう一度行く予定でしたが(明日の予定でしたが)、この日からノドが痛くて風邪気味で、今日もまだ良くならないので、大事を取ってやめることにしました。仕事も、余裕をかましていたら遅れ気味で、明日も出勤しておかないと、年明けにしわ寄せが行きそうですので(汗)。

明日に治っているようならまた29日か30日かの釣行を考えようかなと言う感じですが体調と天気次第と言う感じですね。
2016年12月27日(Tue) 12:18
編集
そうですか、低活性ですか~。。。

29日に予約入れてます。活性はどうなるでしょうねー???


2016年12月27日(Tue) 14:19
編集
しんすけさん、どうもですー

昨日は福丸観光の釣果を見たら水温少し上がってまあまあ釣れてたので、29日は大丈夫なんじゃないでしょうか?凪みたいですし。

水温下がっても安定したら大丈夫かと思いますので、活性が良いことを期待しております!
2016年12月27日(Tue) 17:12
編集
また水温になれたら喰いだすのでしょうかね。

イサギもポイントによっては釣れるのでしょうか?
味のほうはどうでしたか?気になるところです(笑)

しんすけさん、真鯛に大型青物釣っちゃってくださいね。
2016年12月28日(Wed) 03:01
編集
ゴリオさん、どうもですー。

実は、この日がなぜ釣れなかったかは、水温さがったせいかどうかわかりませんが、私が勝手にそう思っただけですが・・・下がったのは前日で。前日はまあまあ釣れてましたので。

イサギはポイントみたいですね。船長、最後のポイントではイサギも狙ってみたと言ってましたので。1匹すごい脂ノリノリで、他はまずまずで美味しかったですよ。
2016年12月28日(Wed) 18:03












非公開コメントにする