カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP料理 ≫ 魚料理

魚料理

またまた魚料理ですが、先週は釣行しなかったので、冷凍庫の在庫放出。真空パックものが多いです。

12月13日 カンパチのホイル焼き

161213kanpachi_foilyaki.jpg

これはうまい!

12日 本ガツオの海苔チーズ巻き梅入り天ぷら

161212katsuo_noricheeze.jpg

こりゃまた、うまい!

カツオステーキ

161212katsuo_steak.jpg

これもうまい。

12月16日 カンパチのしょうが焼き

161216kanpachi_shougayaki.jpg

豚のしょうが焼きと同じ味付けで。これもいけますなあ。これから定番にしてもらおう。


12月9日 イサギの干物

161209isagi_himono.jpg

サバの干物

161209saba_himono.jpg

4、5ヶ月前のですが、真空パックのおかげか、いずれの干物も美味しくいただけました。

この週は真空パック冷凍保存の在庫放出ばかりだったものの、どれも美味しくいただけました。ありがたや。あとは冷凍庫で場所を取っているイカです。

12月10日 イカスミ・イカパスタ

161210ikasumi_pasta.jpg

モンゴウイカやアオリイカなどから取ったイカスミ袋を冷凍保存しておいて、それで作ってもらいました。うまいが、翌日以降にトイレで衝撃。ウ○コが真っ黒になります(汗)。

アオリイカのエンペラのオイスターソース

161212enpera_oistersauce.jpg

美味しいですが、アオリのエンペラはちょっと固かった。次回からは食用ではなく釣りエサ用のイカタンにしようかな。




(おまけ)田舎から送ってきたホッキ貝

またまた田舎から生きたホッキ貝を送ってもらいました。

161215hokki6.jpg

生きてますので刺身で食べられます。水管の隙間から牡蠣ナイフを突っ込んで貝柱部分を切って開けるのは牡蠣と同じですが、牡蠣ナイフだとちょっと短いので普通のナイフのほうがやりやすいかも?

泥の中に住んでいる貝ですので、中には結構な泥がありますから、立て塩ですすいでヒモと貝柱と身に分けて、身の中には内臓が入っているので身を半分にわって中を掃除、その後はちょっと泥臭さが残る場合は軽く塩もみします。

取れたてのはだいたい塩もみ不要ですが、ちょっと臭味のある貝ですし、元気に生きてはいてもやはり届くまで2日ほど経ってますから念のため軽く塩もみ(+水洗い)しました。ここまですれば、だいたい大丈夫ですが、それでも臭味が気になるなら湯通しすると完璧ですが、味は少し落ちます。

161215hokki2.jpg

ヒモの部分は身よりも臭味ありますし、こちらはむしろ湯通しして食べたほうが美味しいです(写真撮り忘れ)。うまかった。いつも湯通ししてわさび醤油で食ってますが、料理に使っても良いでしょう。

161215hokki3.jpg

身の部分の刺身はとりあえず半分だけ食べましたが、ペロリでした。
料理 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする