カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ チョクリとアオリの二本立て(チョクリ編)

チョクリとアオリの二本立て(チョクリ編)

2016年10月22日(土)落とし込み@せいゆう丸(和歌山・印南)

潮@田辺(小潮初日)
天候:曇りのち小雨  風向:北・5m以下  潮:上り潮  水温:25℃ 波高:凪
気温18→21℃
日出6:09 正中11:43

161022_shio1.jpg

(結果)
161022chouka0.jpg




この週末はふたたび須磨からの船でアオリイカ釣りして、あとはハゼ釣りでもしてイカとハゼの天ぷらでも食おうかと思っていましたが(笑)、いつもの須磨の船は午後便が仕立てのタチウオとのことで、ではどうしようかと悩んでいると、印南の「せいゆう丸」の息子船頭さんのほうがティップランで半夜アオリイカ釣りで出船しているとのこと。

ただ、私はアオリイカを釣るのにスピニングリールにPE0.6号と細いリーダーでドラグを効かせてやりとりする世界は遠慮したいので、できればハリス4号でガンガンやりとりできる明石方式の釣り方でやれたらなと思っていまして、それでやらしてもらえるのか聞くだけ聞いてみようかなと悩んでおりました。

木曜の時点で土曜日に和歌山まで行けるかどうかまだわからなかったのですが、とりあえず電話で話だけ聞いてみると、土曜は空いているし釣り方はティップランじゃなくても良いし、万が一ティップランでしか釣れないようなら道具も貸してくれるとのことで、すかさずお願いすることに。とくに「空いている」と言うほうに飛びつきましたが(笑)。

なんせ、私はアオリイカ釣りの超初心者でヘタなので、空いているのは魅力です(笑)。その後、土曜は丸1日空いたので、朝からも釣行できますから、ついで?と言ってはなんですが、朝にチョクリでも出船しているようなので(聞いたらこちらも空いていると・・・)、朝からチョクリして仮眠所で寝かせてもらって、半夜のアオリイカのダブルヘッダーで1日びっちり遊ぶことに・・・

と言うわけで、集合は5時とのことで、ひさびさに印南港に4時半頃に着きますと、結構人が多かったですが、父親船頭さんのほうはオキアミ五目で、そちらに数人が乗られて、息子船頭さんのチョクリは大きなほうの船で私を入れて6人でした。空いてると言うほどでもありませんでしたが、これくらいなら広々です。

船には予約順に乗船?のようですが、でも釣り座は船長の指示で入ってました。私はこの日はできれば左舷の前が良かったですが、早々に左舷の前と胴が埋まり、私が最後に呼ばれて、左舷のトモを指示されて、どうにか左舷側に入れまして良かったです。

まあ、印南沖は潮がどっちに流れるかは紀伊水道以上に予想が難しいですが、前日と同じくこの日も上り潮で、だいたい左舷向きに流れる時間帯が多かったのでラッキーでした。

161022_chokuri_turiza.jpg

5時半すぎだったかに出船、6時前に最初のポイントに到着。

161022_0555scene.jpg

見えているのは白浜方面。

161022_0556tankenmaru46m.jpg

港からそう遠くないところのようで、水深46m。まだ暗いからかベイトの反応もあまり固まっていないようで、30分ほどやり2,3回投入しましたがベイトもかからず、反応をぐるぐる探し回っている時間のほうが多く、結局良い反応が出なかったようですぐに移動。

次のポイントは6時半頃、水深58mで、他に船が三隻ほどいて、先にやってました。

161022_0625tankenmaru58m.jpg

161022_0625scene.jpg

ベイトの反応も多く、水深20mくらいより下に良く出てました。

最初は私のおとなり、左舷の胴の方に何かヒット。上がってきたのはミノカサゴでした。なぜか捨ててましたが(毒があるとか!?)。

私には、たぶんイカのアタリ?おとなりの方も仕掛けを上げると頭をかじられた小アジが上がってきて、イカが多くてかかりません。

161022_0632sao.jpg

しばらくして、右舷のトモの方だったかな、シオをゲット。

潮がゆるいのか、結構な時間流すので、時々仕掛けを上げてチェックしますと、底のほうでかけたベイトは小アジではなくネンブツダイでしたので(あまり暴れません)、なるべく中層でベイトをかけるようにすると、よく暴れるのがかかります(たぶん小アジ)。

そのまま底へ落とすと、いきなり竿がギューンと入りましたので巻き上げ開始。しかしあまり引きません。オオモンハタでした。

その後は、同じようになるべく中層のベイトをかけるようにしてやっていると、底へ落とした拍子に竿先が激しく暴れ回り、すぐに突き刺さりました。なかなか強い引きで上がってきたのは50センチオーバーの太めのシオでした。よく引きました。

イケスがないのですぐにシメて神経締め。でも、イケスで元気回復させてないからか、神経締めしてもあまりビクビクなりませんね。

161022_0720hata_shio.jpg

次の流し、今回は不思議なことに、探見丸にベイトが映っていないのに、中層でよくベイトがかかることが結構ありました。逆によく反応が出ているのにかからないことも。

なので、ベイトがかからない時は、かなり上、20mくらいまで巻き上げて、ふたたび落下させると30mくらいでベイトがかかりました。そのまま底のほうへ落として行き、底から3m上げるとすぐに竿先が刺さってヒット。

先ほどのシオよりかなり引くし、ドラグが結構出ます。慎重にやりとりして上がってきたのは、先ほどと同じサイズのシオでしたが、目玉の近くにスレがかりだったので、よく引いたようです。

161022_0740shio2.jpg

まあ、大物ではなかったですが、シオ2本目が上がり順調です。船がまだ流れているので、すぐに仕掛けを投入。潮が緩いので、仕掛けを落下中に魚の処理(神経締めなど)をします。

で、魚をクーラーに入れて竿を見ると、水深50mくらいまで落下していて、すでにベイトがかかっています。そのまま底から3mまでサミングしてゆっくりめに落とすと・・・ものすごい暴れてなかなか竿が刺さりませんが、そのうち動かなくなったので、竿先を少し上げて聞いてみると、居食いしていたようで急に引っ張りまして、巻き上げ開始。

でもこれはあまり引かず。上がってきたのは35センチくらいの、タルミとか言う魚でした。標準和名はヨコスジフエダイらしいです。

161022_0743tarumi.jpg

連続して釣れたので時合いに突入?とばかりに、まだまだ船が流れてますので、すぐに仕掛けを投入。これまたベイトが中層ですんなりとかかり、そのまま底のほうへ落とすと、ベイトが抵抗してか、なかなか落ちて行かず、底に近づくと激しく暴れ回り、ロッドキーパーにかけるまでもなく竿が突き刺さったので、やりとり開始。

これはよく引きますのでシオかも?。上がってきたのは、思った通り、またまたよく太った50センチほどのシオでした。

161022_0745shio3.jpg

この後、写真撮り忘れてますが、たしかここで2匹目のオオモンハタが上がったのかと思います。

その後、しばらくして、今度はハマチタイム。8時過ぎから9時前くらいまで、ぽつぽつとハマチが3本釣れました。シオと比べると引きはずっと弱いですが、なかなか美味しいらしいです。実際、腹回りにそこそこ脂ありました。

161022_0803hamachi.jpg

161022_0815hamachi2.jpg

161022_0840hamachi3.jpg

さて、9時過ぎにポイント移動。少し深くなって水深67mくらいのポイントです。深くなったら大物が来るかと思って、念のためハリス10号に変えました。ここまでハリス8号でやりました(N丸船頭仕掛けが良かったです)。

161022_0913tankenmaru66m.jpg

ベイトはかなり中層に浮いてます。イワシとアオアジと両方のようです。ここでは、流し始めに中層のベイトがかからないとダメで、その後に底のほうに出ている反応は金魚みたいな魚(サクラダイ)でした。

探見丸にはあまり反応は出てませんでしたが、仕掛けを落として行くと、40mくらいで簡単にベイトがかかり、なかなか沈んで行かないのでたくさん付いているみたいです。

そのまま底へ落として3mほど上げて待ちますと、すぐに尋常でない竿先の暴れ方で、そのまま突き刺さってやりとり開始。

なかなか重量感のある引きでなかなか浮いてきませんでしたが、30mくらいまで上がってくると急に引きが弱くなり、時々ガンガンと引く感じに変わりました。何だろうか!?と思って上がってきたのは、65センチくらいの良型マダイでした。チョクリでマダイを釣ったのは、たぶんはじめてかな?綺麗なマダイでした。

161022_0922madai.jpg

次の流し、またまた中層30〜40mくらいでベイトがかかりまして、そのまま底のほうへ沈めて3m上げて待ちます。今度はすぐには竿が刺さりませんでしたので、しばらくして、底を取り直すために着底させると急に激しく暴れだしたので、そのままちょっとだけ待ちますと、すぐに突き刺さってヒット。

先ほどのマダイほどは引きませんが、ハマチよりはよく引くので何だろうと思って期待していますと、上がってきたのはこれ。

161022_0936kurohoshifuedai.jpg

タルミ?かと思いましたが、横線が無くて黒点一つだけですので、なんだかわからん魚でちょっとガッカリ。帰宅後に調べたら、クロホシフエダイと言うタルミの仲間(フエダイの一種)のようです。テンパパさんによると高級魚だそうで、後から喜びました(笑)。

その後、白浜沖方面へ大きく移動、10時前に次のポイント到着で、こちらも水深が68mくらいでした。

161022_0956tankenmaru68m.jpg

ここだったか、前のポイントだったか、右舷の胴のお客さんが巨大魚(オオニベ)を釣り上げて、でも写真撮影されていなかったので、外道扱いなのでしょうか?その後にブリを釣ってブリの写真が出てました。ブリもこのポイントだったかな!?

大物がいそうな感じなので期待ですが、私には何故かハマチ(笑)。でも美味しいらしいので良かったです。

161022_1007hamachi4.jpg

その後ちょっとだけ移動。水深70mくらいです。

161022_1011tankenmaru70m.jpg

ここはベイトの反応イマイチで、ベイトが底よりちょい上くらいでかかりますが、上げてみるとウリボウでした。なので、次の流しは小アジを指して投入。着底して3m底を切ってロッドキーパーにかけて竿先をぼんやり眺めていますと、いきなり大げさなくらいにギュイーンと竿先が突き刺さりました。

やりとりすると、ハマチよりは引きますが、竿先がものすごい突っ込んだ割りにはそれほどでもなさそうなので、何かと思ったら、海面に見えたのはシオ?と思って一瞬喜びましたが・・・

161022_1040_aiburi.jpg

アイブリ君でした(笑)。まあ、前回に釣れたのはかなり美味しかったので。

その後また少しだけ移動、11時過ぎに水深87mくらいのポイント。

161022_1045tankenmaru87m.jpg

そして少し沖へ出る感じで水深93mのポイントと移動しますが、私にはヒットせず、船内で誰かが1本何かを釣るくらいの感じでした。

161022_1116tankenmaru93m.jpg

昼前に、ぼちぼち終わりかなと思っていると、最後に大きく移動、水深100mの沈船に行ってちょっとやってみて、ダメなら終わりとのことで、北西方向へ移動です。

161022_1205tankenmaru100m.jpg

お昼過ぎにポイントに到着、水深100mですが、流していると沈船がでてきますので、さらに5m以上上げて待ちます。ベイトはどうにかかかる感じです。

しかし、潮が動いておらずダメな感じ・・・。

次の流し、私は根掛かりしてしまい(かなり上げたのですが)、船長にはずしてもらいますが、どうやらロープにひっかかっているらしくなかなか切れません。

ようやく切れて上がってきたら、PEから切れていてクッションゴム以下すべてロスト。これで終了です。

(結果)シオ52〜55センチを3本、ハマチ4匹、オオモンハタ2匹、マダイ65センチ、クロホシフエダイ、ヨコスジフエダイ(タルミ)、アイブリ

161022chokuri_chouka.jpg

アタリ多く、いろんな魚が釣れて良かったです。ナナマルやブリは釣れませんでしたが、シオが成長したのか、太くてよく引きました。

当初は予定していなかった落とし込み釣り、アオリイカ釣りのついでのつもりで急遽やることにしましたが、予想外にたくさん釣れてラッキーでした。前日に爆釣していた翌日に期待して臨んだ時とかより、こんなふうに何も考えてない時に釣れたりしますねー。

ちなみに、私はジンクスとか信じませんが、「連チャン釣行で最初によく釣れると後の釣りは撃沈する」と言うジンクスができつつあります(笑)。さて、次のアオリイカ釣りはどうなったでしょう!?
釣り | Comments(4) | Trackbacks(-)

Comment

編集
アオリイカありがとうございました。
美味しかったです。

爆釣おめでとうございます。

これだけ釣れればカツオよりよかったのでは(笑)。

しかしダントツの竿頭でお見事です。
2016年10月25日(Tue) 14:29
編集
ゴリオさん、どうもですー

カツオはカツオで行きたいですが、アオリも釣れましたし結果的に良かったです。

チョクリに慣れてないお客さん多かったのか、魚がかかっても竿受けに竿をおきっぱなしでやりとりしてたりとかでした。
2016年10月25日(Tue) 16:39
編集
お疲れ様です~
良い釣果ですね^^
こんだけ釣れたら楽しそう…魚種も多いので色々な味が楽しめますしね♪

ひっさびさに何も考えないぼぉ~~っとした釣りがしたい^^;
2016年10月26日(Wed) 10:33
編集
だいさん、どうもですー

ひさびさに色々釣れましたので、握りにしたりして堪能いたしました。

ボーっとできる釣りですかー、私なんか釣りするとバタバタして大変と言うか忙しくしたいほうですので、どういう釣りが良いか思い浮かびませんが、
釣れない釣りならボーっとできるかも(°O゜) \(^^;) バキ!
2016年10月26日(Wed) 14:43












非公開コメントにする