カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 中紀の落とし込み・苦戦!?

中紀の落とし込み・苦戦!?

2016年10月1日(土)落とし込み@仲政丸(和歌山・美浜)

日出5:54 正中11:49 日没17:44
天候:曇り後晴れ  風向:北  潮:上り~下り潮(後半は二枚潮)  水温:26度  波高:1m(ウネリ)
潮(三尾)大潮三日目

161001_0430shio.jpg

(結果)持ち方がヘタですが、わざとです。

161001_0440chouka_ore.jpg



さて、中紀の落とし込み、その4ですが、このところの釣果は日によって大型カンパチが爆釣したり、かと思うと翌日は渋かったりなど、そもそも釣果が不安定なこの釣りの不安定要因がかなり増大していますが、まあ運試しくらいの気持ちで出撃。

ともかく、この日は朝一勝負でした。後半は二枚潮でかなり厳しかったので。そして、朝一はベイトをいかにかけるかが勝負でしたが、その勝負で負けたので、良型カンパチはダメでした。でも後半にもチャンスがあったのですが・・・ヘタでダメでした(涙)。なかなか上達しません。

前日は10時前には床について、ウトウト程度でよく眠れず夜中の12時過ぎくらいには目覚めてしまってそこから眠れなかったので、いつもよりだいぶん早く出発。4時くらいに港についてから車中で少しウトウトしてましたが、頭がぼやけてました。

船長がやってきたので車から出て準備をしてますと、またまたテンパパさんやSさんがおられ、ご挨拶して楽しく雑談。予約二番目で、釣り座はこのようになりました。

161001_0500turiza.jpg

出船したのは5時頃だったか?テンパパさんらと話していたので何時かわかりませんが、いつのまにか出船。少し波がありますが、酔うほどではなさそうで一安心です。

朝一に大型カンパチ狙いなので、ハリスは10号以上で、オモリは60号を使用。5時半頃だったかにポイントに到着。前回に良型カンパチを釣った水深71mのポイントらしいです。

161001_0546tankenmaru.jpg

ベイトの反応はあまり濃くないですが、釣り開始。この時に自作のハリス12号を使用することにしましたが、探見丸の反応がちょっと薄めだったので、別のに変えようか迷いましたが、そのままやることに。

一投目はどうにかベイトがかかりましたがヒットせず。右舷だったかだれかがヒットさせたようで、しかけを回収。ナナマルカンパチが上がったようです。

で、すぐ次の流しだったと思いますが、ベイトのかかりが急激に悪くなり、一応探見丸には映っていますが、なかなかかかりません。これは、かけたらすぐヒットする時のパターンかと思って、仕掛けの選択を失敗したか後悔していると、同じ左舷の胴に入った方がヒット。

この時は、ベイトをいかに早くかけるかの勝負でしたが、読みが悪く勝負に負けてしまいました・・・

船中2本目の良型カンパチが上がりました。

その後は、ベイトのかかりが急に回復してきて、逆に言うと、カンパチの活性が落ち着いて来たのかと思います。思った通り、その後はノーヒット。

161001_0621tankenmaru.jpg

ベイト貯金はそこそこできましたが・・・

161001_0700aji.jpg

7時過ぎにポイント移動。さらに深場へと移動しました。アイノセのほうでしょうか!?よくわかりませんが。何カ所かポイントを移動。

161001_0703tankenmaru.jpg

161001_0730tankenmaru.jpg

161001_0735coastguard.jpg

161001_0815tankenmaru.jpg

何カ所かさぐったポイントで、わりとベイトの反応が良いところがありまして、そこではマダイなどが釣れました。私にも何かヒットしましたが、すぐに幹糸から切られましたので、サワラかな!?サワラはなかなか釣れませんねー。釣りたいのに・・・

そして、別のポイントに移動して戻ってからだったか、どっちか忘れましたが、ここで再び私にも何かがヒット。そしてやりとり開始。サワラではなさそうで一安心!?

161001ore.jpg
(テンパパさん、写真ありがとうございます)

ものすごく引くわけではありませんが、そこそこ引きます。時々ゴンゴンと叩く感じなので、マダイかな?ちょっと青物っぽくない引きだなと思って上がってきたのは・・・

メジロはメジロですが、訳ありメジロでした(汗)。どんなメジロかは最後に公開(笑)。

161001_0820mejiro1.jpg

何故か胃袋が飛び出していてイケスに入れてもひっくりかえって泳がないのでシメてクーラーへ。

天気がイマイチと言うか、雨は降りませんがもやっているのか、景色があまり見えずにどこらへんかわかりにくかったです。

161001_0830ishima.jpg

その後、朝のカンパチポイントにもどったり、あちこち転々としますが、移動直後に誰かが釣れるかどうかと言うくらいで散発的な感じ。

10時頃にトフでしょうか?他にも船がたくさんいて、ベイトもわりとかかりやすくて、かなり上層で簡単にかかるのですが、青物の活性はもう一つな感じでなかなか誰にもヒットせず。

161001_1000tankenmaru.jpg

しかし、何度か流していると、落とし込んでいる途中から尋常でない穂先の揺れが・・・

着底するかしないかくらいに竿が引っ張り込まれて竿先が突き刺さりました。そしてドラグがすべって糸が出ます・・・

ハリス8号の仕掛けなので無理はできませんが、幸いにしてみなさん仕掛けを上げてくれています。でも、糸が70mくらいまで出てしまいました。おまけに、魚が右舷のほうへ走ってしまったようで、船底のほうへ糸が向かっていて、非常にやりにくいです。

それでも耐えていると、ジワジワ巻き上げて45mくらいまで巻き上がってきたので、この調子ならなんとかなるかなと思っていたところが、急にフッと軽くなり、バラシ・・・

上げてくると右舷のどなたかとオマツリしていたようで、そのせいでバレたのか何なのか!?オマツリがほどけて仕掛けを回収すると、針は4本とも付いていますが、オモリがありません。

頭の中は!?です。

よく見ると、一番下の針が曲げられていたので、ここにかかった大物がバレたのかと思います。下のオモリは別のタイミングでサワラが切っていったのでしょう。

161001_1050hari_mage.jpg

それにしても、今シーズンは針を曲げられてバラすパターンがこれで2回目か3回目か忘れましたが、多すぎです。ベイトがかかりやすくても強度の弱い針はダメなのか、やりとりをもっと慎重にしないといけないのか・・・

そんなに強引にやったつもりは無いのですが、どうしたら良いのでしょう!?

その後はアタリがなくなり、ふたたびあちこちを移動してさぐってくれましたが、だんだんと二枚潮がひどくなったようで、ベイトもかかりにくく、やりにくい感じになってきました。しかも、晴れてきてカンカン照りになると季節外れの暑さに参りました。ポイント探っての移動が多いので、寝不足も加わってボーッとしてきました(汗)。

あまりに二枚潮がひどいからか、昼前くらいからはキープしていたベイトを指して投入するノマセ釣りに。

次々とポイントを探って行きます。そして、水深50mくらいのところだったか、どこか忘れましたが、昼ちょうどくらいにやっていたポイントで、ひさびさに竿先に前アタリが。

小さいアオアジですが、びっくりするくらい暴れますね。こうなると目が覚めます。

そしてすぐに竿先が刺さり、何かがヒット。時々強く引きますが、ドラグから糸が出されることはなく上がってきたのは40センチちょっとのシオでした。やっと二匹目ですが、まともな魚は一匹目です。

161001_1205shio1.jpg

その後、二枚潮はどんどんひどくなったようで、最後のポイントでもアタリなく、12時半くらいだったかに終了。

(結果)シオ1、オバケメジロ1(笑)

161001chouka1.jpg

モンスターメジロではなく、オバケメジロです。メジロのモンスターならブリだし。

なぜ船宿の釣果写真で不自然な持ち方をしたか、
どうしてオバケか、
なぜモザイク処理かと言いますと・・・

161001yuurei.jpg

161001chouka2.jpg

背骨がひんまがって幽霊みたいなメジロでした(涙)。しかし、さばいてみたら腹のまわりはそこそこ脂あり、美味しそうでしたが。見た目以上に背骨が曲がっており、さばきにくかったです。

161001chouka_ajis.jpg

今回のベイト貯金にマアジはなくアオアジのみでしたが、すべて持ち帰り。一匹はムロアジ。

幽霊じゃない普通のメジロだったら良かったのですが・・・。あと、やっぱりまた針を曲げられてバラしたのが強く悔やまれますので、なんとも微妙な結果でした。

2匹ゲット、1匹針曲げられバラし、1匹ヒット直後に切られてバラシ、エサだけ抜かれるアタリ2回なので、合計6回ほどアタリありましたが・・・打率が低く残念です。もっと上達したいですが、どんくさいのかダメですね。

不安定要素が増しているところでの運試し釣行でしたが、10名の釣り人中、ボウズの方が5人も出るなど厳しい日でした。私の結果は・・・ボウズじゃなかった・・・が、本命良型カンパチ釣れず・・・でもシオが釣れ、2本釣れたが1本はオバケ・・・おまけに針曲げバラシで、総合するとプラスなんだかマイナスなんだかわからない結果となりました。

マイナスじゃなかったのでかろうじて良かったですが、明らかにプラスになるよう、またリベンジ頑張ります。
釣り | Comments(3) | Trackbacks(-)

Comment

編集
折角釣ったのに微妙な感じですね。

釣り堀でそこまで曲がってはなかったが、交換してくれたことがあります(笑)。
天然では無理ですね(爆)。

それでもダメな方が半分いたのに2本はお見事です。

確かに今年は良い日と悪い日が極端で安定しないですね。
2016年10月03日(Mon) 21:21
編集
こんばんは。
私も日曜日に、仲政丸に行ってきました。
初めての落とし込みで、本命のカンパチは釣れませんでしたが、メジロ、ブリ、オオモンハタが釣れ写真も撮って貰えました(^ ^)

嫁に誕生日祝いで、念願の探見丸を買って貰ったので、お土産が出来て良かったです。
やはり、棚がズレてるからカンパチが釣れなかったのでしょうか。底から3メートルから5メートルの辺りを少しずつ探ってみたのですか、、、

朝のうちは、ベイトはすぐに掛かるけど、だんだんと難しくなってきて、キープのを掛けると、すぐに弱ってしまって勿体無かったです。針に掛ける時に素手で追いかけ回したのが悪かったのかな?ブクブクは気が付いて用意したけど、すくい網を用意しとけばと後悔です。

初めてで釣れたので、ハマリそうです(笑
2016年10月03日(Mon) 21:33
編集
>ゴリオさん

魚の養殖してると曲がった魚とか見つけるたびにイカダの外に捨てているらしいので、それが成長したやつかなと思いますが、釣り堀で釣れるまで気づかないこともあるんですね。こいつは、いっちょ前にブリ糸状虫まで飼ってましたが(笑)。

今年は今のところボウズなしになんとか行けてますが、運から考えるとそろそろ危なそうですねー(笑)。なので、何かクーラーいっぱいになる釣りにも行っておきたいなと思ってますが・・・


>のぶさん

立派なブリを釣られてましたねー。良い釣果おめでとうございます。タナは底から2−3mのことが多いみたいですが、どうでしょうね!?活性にもよると思いますので何とも言えませんが、水温下がってくるとカンパチからメジロ系に移行してくると思いますので、変わり目なのかもしれませんね。

アジをすくうネットは必須ですね。忘れた時はバケツですくって海水捨てて取ってましたが、手でおいかけまわすと弱りますね。

ボウズの可能性もある釣りなので悔しい思いをすることもありますが、なかなか面白い釣りですね。チャンス少ない時は私みたいに本番や勝負どころに弱いタイプ(現役時代の巨人の原みたいな感じ)の人間にはかなり難しい釣りですが・・・
2016年10月04日(Tue) 08:24












非公開コメントにする