カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 船アオリ釣りデビュー戦・連続2回ぶん

船アオリ釣りデビュー戦・連続2回ぶん

2016年9月25日 船アオリイカ釣り@盛和丸(神戸・須磨)
潮(須磨)長潮

160925shio.jpg

日の出5:50、日の入17:52、 月の出0:05、月の入14:16
天気:曇り時々晴れ

いろんな乗合船の釣果を見るのが趣味なので、今年は明石方面の船からのアオリイカが好調なのは知っていたのですが・・・これ以上新しい釣りに手を出すのもどうかと思っていたのですが、しんすけさんから助言もいただいたし、イカメタルで使ったPE1号を巻いた手巻きリールもあることだし、思い切ってやってみることに・・・

釣り方も、ティップランとかなら私には無理ですが、明石方面は中オモリ式の独特?なやりかたで、30号くらいの中オモリでハリスにエギを付けるだけなので、すでに持っている道具でできそうな釣りですから。

ただ、出船時間や帰港時間の関係でなかなか都合の良さそうな船が見つからず(逆にいうと、いろんな時間の船がある)、明石だと微妙に遠いし渋滞も多いから面倒だなと思っていてふと見ると、タチウオで時々乗っていた須磨の盛和丸が時間的にも良さそうだし、船長も感じが良いし、たぶん私の顔を覚えてもらっている?感じなので、思い切って行ってみることに・・・

電話していろいろ質問した後に、「ちなみに今日の午後って乗れますか」と聞くと、あと1人ならなんとか乗れる感じとのことで、出撃が決定。

こちらの船は、須磨海岸のゲート前に午後2時集合の港に帰ってくるのが7時半くらいとのことで時間的にちょうど良いです。

ゲートを通過してから須磨ビーチを通り越して港の船の前に到着。当日は、2-3人の組で来ている人が多かったからか、釣り座は船長の指示でみなさん乗船。私は船長の近くになりました。

160925turiza.jpg

タチウオの竿でできると言うことで、私が持っているタチウオの竿では比較的やわらかめのやつでやることに。メタリアだとさすがに固すぎかなと思ったので。

でも、今回使ったアルファタックルのタチウオに使っている竿でもちょっと固かったような気がしますが、どうでしょう!?何度か、アタリあってもはじいて乗らなかったので、もうちょっとだけやわらかいほうが良いかなと思いました。

さて、みなさんの乗船がすむとすぐに出船、ポイントは垂水沖だったか平磯海釣り公園の沖だったか、そのあたりで、水深は深いところで20数m、浅いところは10mくらいでした。この日はオモリ30号をずっと使用でした。

160925_1425point2.jpg

最初のポイントは平磯海釣り公園の少し東側で、須磨浦公園がよく見えました。

160925_1430sumaurakouen.jpg

この釣りのためにエギも10個くらい買いましたが、イマイチ使い分けがわかってませんので、はじめはピンクの派手な奴で。こんなので釣れるのか不思議ですが。

160925_1440pink_egi.jpg

中オモリがスタンダードらしいですしハリス長は船長の推奨は2mとのことでした。

私は、からみが少ないとのことで「和田式船アオリ仕掛け」と言うのを使って六角オモリ30号に、和田式の説明に従ってハリス1ヒロで釣り開始。太さは3.5号にしときました。

あとは船長の指示通り、底からハリス長ぶん上げて、時々しゃくってアタリを待ち、それを何度か繰り返したら底を取り直して同じことを繰り返してみますが、しばらく何も無し。

開始後30分くらいしてからでしょうか?竿先が少し引っ張られたのであわせると重みが・・・

巻き上げるとハリイカ(標準和名コウイカ)でした。コロッケサイズです。

回転させたりエギがついたままいきなりイケスに突っ込んだりするとスミを大量にはき出すらしいので、そうっと抱いてからイケスに入れると大丈夫でした。いったんはき出すと無尽蔵と思われるくらいにスミを吐くそうです。関東方面ではスミイカとも呼ばれるだけありますね。

本命ではありませんが、エギと言うものでイカと言うものが釣れることは人生ではじめて確認できました(笑)。あとは本命のアオリイカです。

ハリイカが釣れると言うことはタナが低すぎると言うことなので、もう少し上を狙うことに。

だいたいのやりかたは、仕掛けを着底させてからハリスぶん巻き上げてしゃくっていたのを、ハリスぶんプラス1m巻き上げてそこで時々しゃくることに。

船長がマイクで、磯が近くにあるから気を付けて、と言った瞬間に根掛かり。ひっぱったら簡単に抜けましたが、リーダーとPEの結び目で切れました(涙)。

根こそぎ行かれたのは、PE1号とリーダーのフロロを電車結びなどしてしまったためで、失敗でしたが、8の字グルグル結び(ノーネームノット)のやりかたをうろ覚えだったので、また電車部結びしました。根掛かりしたらまた丸ごと行くでしょうが面倒なので・・・

ただ、幸いにこの日はこれ1回でしたが、エギはロスト。ロストしたエギは、唯一ダートマックスではないやつでしたが、上島釣具で買ったやつで、スレたイカに良いとか言うラトル音の鳴る紫色の柄が派手なのでしたが・・・。

160925_1530akashiohashi.jpg

釣りのほうですが、よくわからないのでまわりを見よう見まねですが、右舷前から二番目の方が時々釣ってましたが、30秒に1回しゃくるくらいで他の人と変わりませんでした。

私自身も、どれくらいのペースでしゃくったら良いのかわからないので、30秒に1回くらいしゃくってましたが、潮が動いていない時は多めにしゃくり、潮が速い時はあまりしゃくらなくて良いそうです。この日の潮は全体的に遅いほうだったようで、もうちょっとしゃくっても良かったかな?特に後半は。

3回ほどしゃくったら着底させて底を取り直しですが、少しずつ浅くなって行くパターンの流し方が多かったので、たまに釣れるのは底が近づいたタイミングでハリイカばかりでした。

で、釣り開始後1時間たったくらいだったと思いますが、記念すべき第1号のアオリイカが釣れました。

160925_1446ika1.jpg

胴長12センチちょっと?コロッケサイズで小さいですが、同サイズのハリイカより引きました。どのエギで釣れたかは忘れました。たぶん普通のピンクかオレンジの派手なやつだったと思いますが。

あと、アオリイカが小さいので、エギの2.5号を試してみたらケンサキが釣れましたがアオリイカは釣れず。

マイカやアカイカ釣りではスッテは小さいほうが良く乗る気がしていたのですが、後で聞いたらアオリイカは大きめのほうが良いようです。私から見たら3号のエギなどかなりでかいので、こんなでかい人工物にイカが抱きついてくるとはなかなか信じられませんでしたが。

そして4時半くらいにふたたび良い引きのアオリイカが釣れました。ハリイカは重たいだけですが、アオリイカはグングンと引くので釣り味が違います。

2ハイ目のアオリイカはコロッケより大きくトンカツより小さいくらいでした。緑色のエギに乗ってきました。

160925_1626ikesu.jpg

釣ったアオリイカがイケスで泳いでいるのを写したつもりが、よくわかりません。ハリイカとケンサキしかわからないですが。

さて、そろそろ時合いかと思われましたが、その後は続かず、船の流しなおしのたびにランダムにエギを交換して行きますが、これと言うのに当たりません。

同じ須磨の船、J丸でしんすけさんらしき人を発見!あとで拡大して見るように写真撮影しときました。

160925_1645shinsukesan.jpg

午後6時を過ぎて暗くなってきて、そろそろゴールデンタイムかと思いきや、逆に当たりが止まってしまいました・・・。

160925_1830akashiohashi_illumination.jpg

退屈なので、ハリイカでも来ないかと底のほうをやっても来ず。

同じ右舷の前から二番目の方が時々釣っているので私も頑張ることに。でも、勉強不足で、暗い時はどういうエギが良いとかわからないので、なんとなく紫色のエギで釣れていたので、自分もムラサキのにしてみると、3ハイ目のアオリイカが釣れました。小さかったですが。

その後もあいかわらずアタリが少なく、ケンサキイカをもう一杯釣ったところで雨が降ってきて、ちょうど終了時間の7時だったので、そのまま終了となりました。

(結果)アオリイカ3パイ、ハリイカ4ハイ、ケンサキイカ2ハイ

160925chouka.jpg

その後、次の予約の電話した時に船長から、私の釣り座のところにアオリイカが1パイ落ちていたそうで、確かに3バイ釣ったはずなのに最後にイケスを見たら2ハイしかおらず、おかしいなと思ったところでしたが、船長の胃袋に入ったようでした。ハリイカもあと1パイくらいは釣ったような気がしたのですが・・・

船全体でもかなり渋く、アオリイカは1~6パイで、ハリイカが多かったようです。同じような場所を流していた須磨の他の船では竿頭はもっと釣っていたので、たぶん私みたいな初心者の同船者が多かったのではないかと思います。

意外に面白かったので、再チャレンジすることにして、しかし、それでも撃沈なら行かなかったことにするつもりでした。

で、次の釣行記も連続で・・・

リベンジにはなりませんでしたが、自分の記録のためにもやはり行かなかったことにして釣行記を書かないと言うのが性分としてできませんので(笑)。




船アオリイカ釣り第2弾@盛和丸(神戸・須磨)
日出5:52 正中11:50 日没17:48
月齢26.7 月輝面8.0% 月出3:01 正中9:44 月没16:21
天気:曇り時々雨
潮(垂水):中潮
160928shio.jpg

早朝出勤して午前中にやることだけやって仕事を抜け出して出撃。2時前にゲート到着で船長に挨拶すると、空いているから適当に乗って下さいとのこと。

160928turiza.jpg

空いていた左舷トモに入り、お客さん4人で出撃。これは前回の3分の1以下の人数だから、3倍は釣れるだろうと単純計算(笑)。まあ、ハリイカは3倍以上釣れましたが(汗)。

前回はタチウオの竿でやり、アタリがあってもはじいて乗らないことが何度かあったので、もうちょっとやわらかめと言うことで、ほとんど使ったことのないヒラメ用の竿(7・3調子)でやることに。落とし込みで1回使っただけで、落とし込みには固くて食い込みが悪くて失敗した竿ですが、この釣りにはちょっとやわらかすぎだったかも。

なので、前回使ったタチウオの竿と今回使ったヒラメの竿の中間の固さのがあればちょうど良いかと思いましたが・・・

さて、釣り開始。最初は深場をやるとのことでオモリ40号で準備。淡路島の近くまで行きまして、水深30mちょいのところと、40mくらいのところとをやりました。

160928_1425awajishima.jpg

しかし、流れは良いが誰にもヒットせずにすぐに移動。平磯の沖へもどることに。

160928_1551ferry.jpg

平磯のほうは水深が浅いのでオモリ25号か30号とのことで、空いているし25号でやりました。

前回の釣行からアオリイカ名人と思われる方のブログなどでいろいろ調べたところによると、
そんなに浮いてないけどベタ底でもないようなので、水深0.5〜1.5mの間にエギが行くように釣ることを心がけましたが・・・

船が流れて行くとだんだん浅くなるパターンが多いからか、30分弱ほどでハリイカが2ハイ釣れてしまいました。わりとマメに底取りしているつもりなのですが・・・

160928_1525hariika2.jpg

4時前に大きく移動。どこへ行くかと思ったら、明石大橋をくぐって西舞子のすぐ沖へ。

160928_1553akashiohashi.jpg

こちらで釣り開始して、しばらくは潮が動いてませんでしたが、動き出すとアタリが頻発!しかし、すべてハリイカです(汗)。

160928_1621hariika_irenori.jpg

ハリイカを入れ乗り4連発した後に少し冷静になり、潮の動きはじめだからアオリイカも時合いだろうからと言うことで、タナをあと1m上げぎみにしますと、いままでとは違う強い引き!

ときどきグングンと引っ張る感じでハリイカとは違う引き方で上がってきたのは、待望のアオリイカ、それもトンカツサイズで結構大きいです。

160928_1624aori1.jpg

エギはダートマックスではなくヤマリアのラトル音とか言うのが出るタイプでした。

右舷トモの方はオレンジ色のスタンダードなやつでよく釣ってました。

さて、時合いだとばかりに気合いを入れますが、私にはこの1パイのみで、ふたたびハリイカばかりが釣れ出しました。

タナを下げるとハリイカが簡単に釣れるので、ついついハリイカばかり釣ってしまいましたが、さぞかし海底でスミを吐き散らかしてアオリイカを散らしてしまったのかもしれません。

でも、右舷トモの方はぽつぽつアオリを釣っていたので、釣り方でしょうかね!?

帰りに聞いたら、船アオリイカ釣りがはじめてだったらしいです(汗)。ハリス2mで底から4m上げてやっていたそうです。

私はハリス1ヒロで底から2mでしたから、やっぱり下をやりすぎていたのか!?

この日も潮があまり速くはなかったようなので、海底では思ったよりエギが沈んでいたのかもしれません。

船縁でオモリからエギがどれくらい沈むか試してみたのですが、そんなに沈んでいなかったので、せいぜいオモリの位置より1mくらいしか沈まないと計算してやったのですが・・・間違っていたようです。

帰りに船長に聞いたら、イカはエギがフォールしている時に抱きにくることが多いので、誘いが足りなかったのではとのことでしたが。

しかし、あちこち調べた感じでは、特にダートマックスはあまり誘わなくても釣れると書いている人が多かったので、さほど誘わなかったのは事実ですが、私が思っていた以上に潮がゆるかったのかもしれません。

160928_1645hariika10.jpg

こちらのポイントに来て1時間ほどでハリイカ9ハイとアオリイカ1パイの釣果です。これでハリイカは平磯沖で釣ったのとあわせてツ抜け(笑)、前回のハリイカすごく美味しかったのですべてキープです。しかもサイズもまあまあのが混じりましたからみやげはもう十分です。なので、あとはなるべくハリイカを釣らずに本命のアオリイカを狙いましたが・・・

ラトル音のするエギを小さく強くしゃくるとハリイカが寄ってくるようなので、エギをチェンジ。右舷トモの方はオレンジ色のエギでアオリを時々釣っていたので真似して私もオレンジのやつでやります。

そうするとアタリなし(汗)。いつのまにか雨が結構降ってます。予報通りです。テントのあるトモ側に入れて良かったです。

しかし、アタリが遠いので、またまた底のほうでハリイカを狙いたくなりましたが、ぐっと辛抱してやってますと、30分以上の沈黙の後、5時40分くらいについに良い引きのものがヒット。

上げてみるとやはりアオリイカでした。トンカツとハンバーグの間くらいのサイズでしたが、同サイズのハリイカよりよく引きます。

160928_1740aori2.jpg

天気が悪いこともあり、かなり薄暗くなってきたのでチャンスタイムかと思って頑張りますが、後が続かず・・・暗くなり6時過ぎにまた移動。

160928_1820akashiohashi.jpg

ふたたび明石大橋を横切り、アジュール舞子やマリンピア神戸の前を通過して東へ。

160928_1815marinepiakobe.jpg

そして平磯の沖へもどりましてこちらは水深が10m前後と浅いです。平磯海釣り公園の前くらいでした。こちらは小さな波があって船が横揺れしてやりにくかったですが、揺れてタナがぼやけるのか、またハリイカが入れ乗り(汗)。

だんだん浅くなって行く流し方だったのと、先にも書いていた通り、自分が思っているよりエギが沈んでいたようで、どうしてもタナが低めになっていたのか、ハリイカばかり釣れます。1パイだけケンサキも釣れましたが胴長15センチくらいでアオリほどは引きません。

時計を見ると7時前なので、ぼちぼち終わりかと思っていると、ひさぎさに強い引きのものがヒット。ようやく3杯目のアオリイカでした。これもトンカツサイズでよく引きました。

160928_1856aori3.jpg

その後、7時過ぎまでやってくれましたが、私は追加できずにそのまま終了となりました。

(結果)アオリイカ3バイ、ハリイカ(コウイカ)18パイ、ケンサキイカ1パイ

160928chouka.jpg

竿頭は船アオリ初挑戦の右舷トモの方でアオリイカ12ハイ、コウイカ5ハイ、ケンサキ1パイだそうです。

帰りに船長に聞いたら、右舷ミヨシの方はエギ4号で大きすぎたようですが、どうやら今のアオリは3.5号のほうが良いらしく・・・

私はアカイカやマイカの経験から、小さいエギのほうが良いのかと思って、3号と2.5号しか買ってません(汗)。また今から3.5号のエギをいろんな色で揃えるとなると大変な出費に・・・

まあ、アカイカ・マイカのスッテは1回使うとボロボロになりますが、エギはそこまでボロボロにはならないようですから、高くてもマシかもわかりませんが、でもかなり高いので困ったものです。

釣行2回目で、あれこれ試行錯誤して一番面白い時期ですので、なんとしてもアオリイカでツ抜けしたいので、今シーズンは数も多いみたいですし、あと2回くらいは無理してでも行って頑張りたいと思います・・・が台風が(涙)。

釣り | Comments(6) | Trackbacks(-)

Comment

編集
アオリデビューでまずまずの釣果ですよね!

エギは何個も必要で、ロストもあってけっこうな費用と感じますが

私は、あの引きはなかなか心地よいものと思って行ってしまいます。

須磨の船は須磨垂水から橋をくぐって舞子までがエリアで、
明石の船は舞子から西と淡路島の神戸製鋼保養所前とかがエリアのようですね。

夕方は午後7時までの潮と、8時前からの潮で釣れると常連さんから聞いたことあります。
なので午後7時で終了なんでしょうかね?

昨日は体調イマイチで休釣日にしました。
2週連続日曜午後アオリに行きましたが、
次の日曜は魚を釣りに行こうと思ってます。
2016年09月30日(Fri) 17:19
編集
アオリ以外にもたくさん釣れてうらやましいです。

私の場合 釣果≒アタリの数 ですので、1日しゃくって4~5ハイってパターンが多いです。

残念ながら兵庫までは行けませんが、一度やってみたい釣りです(^o^)


2016年10月01日(Sat) 08:04
編集
短時間でそれだけ釣れればいいですね~

カーク船長だからでしょうけど。

美味しくいただきましたありがとうございます。

台風嫌ですねー次の木曜も休みだったのに無理そうです。
2016年10月01日(Sat) 18:10
編集
>しんすけさん

いろいろとどうもありがとうございました。エギはたくさん買わないといけなさそうですねー。来年以降もやると思うので、思い切って投資します(笑)最初にしたら良いほうでしょうかね!?アオリイカ今年は好調とのことでもっと釣るつもりでしたが(笑)ハリイカ釣りに熱中してしまいました。たしかにアオリイカは良い引きをしますね。しばらくは都合さえあえば同じ船で頑張ってみたいと思います。


>160さん
こっちも去年はたしかそんな感じだったと思いますが、今年は好調みたいですね。ハリイカも美味しいのでおみやげになりますが、引きはやっぱり圧倒的にアオリイカですね。ティップランよりはやりやすいと思いますので、私でもどうにかやれました。

>ゴリオさん
いえいえ、アイノセの真鯛釣りで一生懸命イサギ釣りに夢中になっていた自分を思い出しました(笑)。底でハリイカばっかり釣ってるうちに、となりの方はアオリをたくさん釣ってましたので。ハリイカばかりですみません。こちらこそ、キハダありがとうございました。小さいのもその日に食べたら刺身は新鮮で結構美味しかったです。残りはフライにしてこれまた美味しかったです。
2016年10月01日(Sat) 22:28
編集
いろいろとチャレンジされて、すごいですね。

さらに、仕事を早く切り上げて、その足で釣に行くとは・・・
YUKAさんに愛想つかれないように、気を付けてください。

コウイカのことを、ハリイカと言うのは初めて知りました。
2016年10月02日(Sun) 20:31
編集
>このじんゆうさん

いやー、早朝出勤?したので少し疲れましたが、やり忘れたことがあり結局帰りにまた職場に寄りましたので(汗)。体力のほうが心配ですね。職場と船宿と家の位置関係が良いのでなんとかなりました。和歌山だと距離的にも無理ですので・・・

ハリイカは関西の言い方みたいですね。関東のほうはスミイカみたいですが。コウイカと言ってもらったほうがわたしもわかりやすかったです。
2016年10月02日(Sun) 22:08












非公開コメントにする