カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 良型カンパチ何とかゲット

良型カンパチ何とかゲット

2016年9月16日
落とし込み@仲政丸(和歌山・美浜)

天候:曇り後晴れ  風向:北  潮:上り~動かず(下り)  水温:27度  波高:ベタ凪

潮@三尾(大潮3日目)
160916_shio.jpg

(結果)カンパチ63センチ1本

160916ore.jpg



さて、中紀の落とし込み(チョクリ)釣り今シーズン2回目です。前回はシオがまずまず釣れましたが、その後は大型カンパチ狙いにかわったようで、そうなると船中で何匹も釣れませんので、ボウズと背中合わせの1発勝負的な釣りになります。私は勝負事には気持ち的に弱いタチなので、釣りをする前から負けている感じですので、過剰な期待を抱かずに行くことに。

でも実際、釣りする前は釣れすぎたらどうしようとか考えてましたが(笑)。

今回、船長から支給された仕掛けは前回のハリス8号のとは違って、去年と同じハリス10号のやつでした。大物狙いだからとのことです。

140906_1shikake.jpg

話が前後しますが、港には4時半頃に到着。前半は前向きに、後半は後ろ向きに流れるだろうと予想して、前半にカンパチの時合いが来るだろうと勝手に想像しましたが、結論から言うと当てが外れました。まあ、そううまく行きません。

160916turiza.jpg

5時過ぎに出船、前日の情報をゴリオさんから聞いてましたが、たぶん前日とは違って朝一は南下しました。5時40分ころポイント到着、楠井沖くらいでしょうか?わかりませんが、水深74mの沈船でしょうか?それもわかりませんが(笑)、船長がポイント周辺をたぶん魚探やらソナーやらで念入りに探ってから5時40分くらいに釣り開始。船は左舷のやや後方に向かって流れています。予想はずれ(笑)。まあ思った場所と違ったのでこれはしょうがない。

160916_0540tankenmaru74m.jpg

最初はベイトは底にべったり沈んでいてあまりかかりませんが、二流し目にベイトがかかったと思ったら隣の方のほうが一歩早くて本命もヒット。他の人は仕掛けを上げます。私には8センチくらいの小さくやせ細ったアオアジがかかってました。

前回も今回もアオアジはかなり小さくて細いのが多かったです(すべてではないですが)。

水深深いのでなかなか浮いてきません。かなり引いているので良型カンパチかと思ったら、太ったブリでした。

その後、ベイトの反応は少し良くなり、タナも少し上まで反応が出てかかりやすくなりますが、私の竿は刺さることなし。

160916_0600sao.jpg

しばらくしてまたお隣の方にヒット。またまたブリでした。

ここでは30分ほどやったかな!?そして、全速で紀伊水道方面へ移動となりました。

160916_0640hinomisakioki.jpg

6時半くらいに日ノ岬沖の水深60mくらいのポイントへ到着。福丸観光などがやってまして、こちらはベイトはイワシとのことです。

160916_0645tankenmaru60m.jpg

こちらのポイントでは船は前向きに流れていて、予想通りですが、ベイトのイワシが青物に追われているのか、ものすごく動き回って、船をベイトの上に乗せてもすぐに移動してしまいます。

こういう時はベイトをかけるのも難しいし、ベイトが青物に終われて動き回っているなら、潮先の釣り座が特別有利と言うこともないので、あとは自分で努力するしかありませんが、ベイトの動きが速くなかなか釣りができません。

しかし、一瞬のタイミングでベイトをかけて、船長横の特等席の方だったと思いますが、良型カンパチが1本上がりました。

ここではいかに早く仕掛けを落としてベイトをかけるかが重要だったようです。残念ながら私の電動リールは特等席の方にも私のお隣の方にもどちらにも負けてました。このお二人がこの日によく釣られたのですが、たぶん二人とも電動リールはフォースマスター800だったかな?たぶん。私のリールより仕掛けの落下が早かったです。PEが細いのかもしれませんが(私はシーボーグ300MJ旧モデルにPE4号)。

そんなこんなで、しばらくやりましたが、私には何の当たりもなくベイトもあまりかけられずで時間だけが経過。そして日ノ岬のほうへ移動。だんだん浅くなる方へポイントを何カ所かさぐりながらやって行きますが、潮が止まってきたのか、あまり良いところはなかったです。

そして、さらに浅いところへ移動して9時前くらいに水深40mのポイントへ。ここはベイトがほとんどアオアジでしたが、イワシの場合もありました。

160916_1040tankenmaru41m.jpg

この頃になると下り潮に変わっており、船は後ろ向きに流れるようになってました。

しかし、ベイトはわりとよくかかり、そのまま流していると青物がヒットすると言う落とし込みらしい感じになってきました。

このあたりから、船長の横の特等席の方がシオを連発でヒット。その隣、私の隣の方もぽつぽつ釣ってます。しかし、私には当たりすら出ず。となりの方がヒットした直後に、私はエサを抜かれる当たり?があっただけでした(隣の方はハタをゲット)。

そして、特等席の方とお隣の方があいついでシオや大型カンパチをヒットさせますが、私には音沙汰無し・・・

以前にもちょっと思って、今回が2回目なので確証は無いのですが、大型カンパチはトモやミヨシよりも真ん中の釣り座によくヒットするような気が・・・気のせいかな!?

一番良さそうな左舷トモの方が全然釣ってなさそうに見えましたが、私は釣れないのを釣り座のせいにして半分腐りかけた(腐った?)その瞬間に、私の竿先も大きく暴れ出し、そして突き刺さりました。

一呼吸おいて電動リールのスイッチオン。割とよく引く感じでシオではなさそうですが、大型カンパチかどうかも微妙な感じですが、もう何でもいいから釣れてくれと言う気持ちでした(笑)。

ただ、ハリス8号に落としていたのでヒヤヒヤでしたが、そんなに強烈な引きでもなかったので70センチオーバーのカンパチではないかなと思って良型のシオかと思っていたら、船長が海面下で見えたようで(私は見えませんでしたが)、シオではなくカンパチと言ってくれたので急に緊張しましたが、そこからすぐにタモにおさまって一安心。

70センチはありませんで一回り小さいですが、家で計ったら63センチの立派なカンパチでした。これで一気に気が楽に。

160916_0930kanpachi.jpg

時間は9時半ですから、ここからまだまだチャンスタイムです。これで調子に乗って一気に挽回と行きたいところです。しかし、その後は特等席の方や後ろのほうでぽつぽつ釣れるくらいで、ベイトもかかりにくくなり、また移動。

先ほどイワシのわいていた沖のポイント水深60mでふたたびやることに。こちらでは、今度はベイトが落ち着いたようで、あまり動き回らず水深10mから底までびっしりいて簡単にかかることが多かったですが、青物のやる気がゼロ?のようで何もなし。

160916_1100tankenmaru60m.jpg

退屈なので、いろんなタナを試しましたが、上のほうで20センチくらいのマルソウダがかかったくらい。良型ヒラソウダを釣っている人もいましたが、私には何もなし。

160916_0840sao.jpg

右舷胴の方がサワラを釣ったくらいだったかと思います。後ろのほうは見えませんので、わかりませんが。

昼過ぎまでここでやって、帰りにまた先ほどカンパチが釣れた日ノ岬のそばのポイントへ行きましたが、私は何も追加できずに12半ちょっとすぎくらいに終了。

(結果)良型カンパチ63センチ

160916chouka_kanpachi63cm.jpg

当たり1回で1本と思ってましたが、よく思い出して見ると、当たり2回で1回はエサだけ抜かれ、もう1回でカンパチをゲットでした。

良型カンパチは時合いもそう長くは無いので集中が大事です。あきらめずに必ず来ると信じられるメンタルの強さが必用かなと思いました。同じ人が連続でヒットさせると「俺はダメだー、きっと釣り座が悪いからだ」とか決めつけてしまって気持ちが負けてしまいます。

少なくとも速くベイトをかけるのが重要と言うのはわかりましたが、ベイトをかけた後はどうしたら良いのか、何もしないのが良いのか、状況によるのか、イマイチわかりません。

でも考えてみたら、今回の本命である良型カンパチは7人乗っていて3本しか釣れなかった訳で、そう考えると、(ナナマルサイズではなかったとは言え)良型カンパチが釣れた訳ですから、健闘したと言えるでしょう。

しかも、ハリス8号に落としてしまっていたので、ナナマルカンパチだったら切られていたかもしれないので(実際、特等席の方は1本切られていた)、一回り小さいロクマルサイズがヒットしたのも、切られずバラさず上げられたからむしろラッキーだったのかもしれません。

と言うことで、この釣りは確実に釣り人の運も大きく釣果に作用するでしょうから、通っていれば釣果は平均化されて行くのではないかと思います。

しかし、良型カンパチは胴の間の釣り座でヒットしやすいと言う仮説を検証するためにも、次回は特等席にでも座って試して見ようかな・・・入れそうなら。
釣り | Comments(6) | Trackbacks(-)

Comment

お見事です
編集
カンパチいい感じですね。
チョクリ釣りは何度も痛い目に合っていますがベイトが付いてからのハラハラドキドキ感がたまりませんね。
チョクリ釣りはミヨシが一番の席だと思っていましたが船長の横ですか。
台風が心配ですが24日(土)に仲政丸予約しました。
カーク船長の釣行参考にさせていただきます
2016年09月18日(Sun) 03:18
編集
ゆきやすさん、どうもです。
流し釣りでは、船の流れている方向の釣り座が一番良い釣り座と仮定するならば(この仮定も常に正しいかどうか?)、それはその時の潮と風向きで違いますので、1日のうちでも潮か風がかわれば良い釣り座も変わると思います。なので、どこが良いかは一概には言えないかと思います。前か後ろか、右か左か、なので、船長の横が良いかどうかも、その日のタイミングにもよるかと思いますので・・・でも、やっぱり端の釣り座が空いていたらそこへ入りますね(笑)。だいたいどっちへ流れるかある程度予測できるようにはなりましたが、釣果にむすびつかないところが、この釣りの面白さなのか難しさなのか・・・土曜は頑張って下さい!
2016年09月18日(Sun) 11:57
編集
カンパチゲットおめでとうございます。

一日違いで違うもんですねー
私の時は浅場に移動するまでは、ほぼ一発でベイト掛かりました。

ベイトがイワシならすぐ弱ってしまうので、私もどうしたらいいのかと思ってます。

私は特等席でしたが、着底してなかったので問題外でした(笑)。
2016年09月18日(Sun) 16:53
編集
ゴリオさん、どうもですー

ベイトかかった後に、付けなおすかどうかもありますが、タナを底から2〜3mでじっとしているのが良いのかどうかも悩みますね。じっとしていられない性格なので(笑)。ハマチとかだと上げて落としたら来たりしますし。付けなおすのも、やったほうが良い時とやらないほうが良い時と両方ありそうに思いますが、いまいち判断が難しい気がします。
2016年09月18日(Sun) 19:48
漁師並みの出撃ですね
編集
またまたカンパチゲット❗️
おめでとうございます
アイブリという初めて知りました、珍しい魚もゲットされてますね。
羨ましいです。
2016年09月19日(Mon) 17:40
編集
ゆきやすさん、どうもですー

いやー、お恥ずかしい・・・。台風明けの22日とも思ったのですが、チャレンジャー募集の文句に釣られて行ってきましたが、なんとか釣れました。上手な方ばかりだったので、自分にまわってくるか心配でしたが、ちょうど良いタイミングで船が私に都合の良い流れ方をしてくれて運が良かったです。

アイブリ、たぶん釣るのは2回目かな?たまに釣れますね。調べたら美味しい魚らしいですし、良く引きましたが・・・シオのほうが欲しかった・・・です(笑)
2016年09月19日(Mon) 22:11












非公開コメントにする