カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP人生論 ≫ 欲望は身を滅ぼす

欲望は身を滅ぼす

最近よく思うのは、年を取ったからか、明らかに欲望が減ってきたと言うことでしょうか。

考えてみれば、若い頃、自分が中学生、高校生くらいの頃、自分の欲望がコントロールしきれずに、欲望がなくなれば良いのにと何度思ったことか。主に生理的な欲望の話ですが。

最近、ある二世俳優が女性をレイプしたとかで逮捕された事件がありましたが、あれは欲望の暴走とはちょっと違うのではないかと思います。有名人になりたてなので、自分はイケる、「俺やで〜、ええやろ〜」と言う感覚だったのではないかと思います。調子に乗りすぎと言うやつでしょう。

性欲や食欲などの生理的欲求だけでなく、金銭欲、出世欲、名誉欲などいろんな欲望が人間社会に渦巻いています。そうした欲望が暴走すれば、犯罪、不徳、不正、裏切りなどから人生はうまく行かないでしょう。

しかし、だからと言って、欲望がまったくなければ良いかと言うと、そうでないところが難しい。

欲望がゼロだと意欲もゼロになるでしょう。金銭欲、出世欲、名誉欲などがゼロだとニートになるのが合理的選択です。金銭欲、出世欲、名誉欲が微弱だと、草食系人間になるでしょうし、欲望を排除したいと思えば出家するしかないのではないでしょうか。

だから、欲望がなければ良いとか言う話でもないところが難しいところです。

さらに、老化現象の結果、あきらめの境地に達して欲望がなくなると言うこともあります。私なんか、かなりそんな感じです。若い頃に欲望をコントロールしきれずに失敗した経験が悔やまれると同時に、あきらめの境地に達することに若干の危惧も覚えております。

しかし、釣りに行くとたくさん釣りたい欲望はいまだ健在です。

たくさん釣りたい欲望はどこから来るのでしょうか?狩猟本能的なものがあるのかな!?

なので、たくさん釣りたいと思う釣り人の気持ちはそれなりには理解できるのですが、それ以外の理由で釣りをする人が逆に理解できません。まあ、あまりいませんが。でも、それはそれで、何らかの欲望からそういう行動をしているのでしょう。

人間の行動をかりたてるのは、生理的欲求、本能的欲求、金銭欲、名誉欲、出世欲などでしょうか。いずれにせよ、どのタイプの欲望であろうが、露骨に見せられると辟易とするものです。

うまく欲望をオブラートに包んで、意欲、頑張りと言う形に見えるようには行動したいと思います。




欲望で思い出しましたが、マズローと言う心理学者が唱えた「欲求5段階説」と言うのがあり、ちょっと前にテレビで林修がこの説に触れていました。

自己啓発系の話が好きな方はよくご存じなのかもしれませんが、私はそういうのは全く興味が無く、書店でも自己啓発本がおいてあるようなコーナーには近寄りませんので知りませんでしたが・・・


マズローの段階欲求説

160902mazlow.jpg

第一階層の「生理的欲求」は、生きていくための基本的・本能的な欲求(食べたい、飲みたい、寝たいなど)。この欲求がある程度充たされると次の階層「安全欲求」を求めます。

第二階層の「安全欲求」には、危機を回避したい、安全・安心な暮らしがしたい(雨風をしのぐ家・健康など)という欲求が含まれます。

この「安全欲求」が充たされると、次の階層である「社会的欲求(帰属欲求)」(集団に属したり、仲間が欲しくなったり)を求めるようにます。この欲求が満たされない時、人は孤独感や社会的不安を感じやすくなります。

ここまでの欲求は、外的に充たされたいという思いから出てくる欲求といわれます。

そして、次に芽生える欲求は、第四階層である「尊厳欲求(承認欲求)」(他者から認められたい、尊敬されたい)です。ここからは外的なモノではなく、内的な心を充たしたいという欲求に変わります。

「尊厳欲求」が充されると、最後に「自己実現欲求」(自分の能力を引き出し創造的活動がしたいなど)が生まれます。

※ちなみに、マズローは晩年、5段階の欲求階層の上に、さらにもう一つの段階があると発表しました。それは「自己超越」という段階。
「目的の遂行・達成『だけ』を純粋に求める」という領域で、見返りも求めずエゴもなく、自我を忘れてただ目的のみに没頭し、何かの課題や使命、職業や大切な仕事に貢献している状態だといいます。



かならずしも、この順番で欲求の段階が上がって行くとは思えませんし、私などはいきなり五段階目を目指していたような気がしますので、それが不幸の元かなとも思いますが・・・

確かに低次の欲求が満たされればより上位の欲求へと向かうような気がしますが、最後の段階はほとんど宗教家のようですね。

マズローが言うには、自己超越の領域に達することができるのは、全人類の2%程度だそうですが、2%とはかなり多いですね。100人に2人ですから。

たまに家にやってくる、宗教勧誘の方々などはおそらくこの段階に達しているのではないかと思いますが、どう頑張っても彼らが幸福には見えませんし、あんなふうになりたいなどとは1ミリたりとも思えません(笑)。

ボランティア活動の方々とて、一切見返りを求めていないかと言うと、そうではなく、たしかに金銭的な見返り目当てではやっていないでしょうが、名誉や他者からの賞賛などが動機の場合もあるのではないでしょうか?

有名になりたい、人から賞賛を浴びたいと言うのも立派な「欲望」だろうと私は思いますし、金銭欲同様にそれらも決して美しい欲望だとは思えません。

だから結局、動機が美しいかどうかはあまり考えてもしょうがないのではないかと思います。どれだけ社会的に意義あることかどうか、それが重要になってくるのでしょう。

なんだか話がまとまらなくなってきたので、強制終了。
人生論 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする