カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 明石ダコ2、タコエギ炸裂か!?

明石ダコ2、タコエギ炸裂か!?

2016年7月21日(木)俊郎丸@明石・東二見

日出5:03 正中12:07 日没19:11
水温24℃ 天気:晴れ 気温:23℃→28℃
風:北東5m前後→5m以下 波高:0.5m以下
潮@江井(中潮)
160721shio.jpg

(結果)マダコ120g〜590gを45杯




イカ釣りの疲れもいえぬ間に、今年2回目のタコ釣りです。今回はゴリオさんとご一緒ですが、私は釣りの後に仕事なので、職場近くで合流・解散でお願いしました。面倒おかけしました。助かりました、ありがとうございました。

前回と同じく3時半頃に駐車場に到着。今回は駐車場はかなり空いていたので、ゆったり釣れるかと思ったら、なんと満員でした・・・。前日は空いていたらしいですが。

160721_0410crowded.jpg

釣り座は、またまた船長に指示されて入りましたが、前回と同じ場所でした。ゴリオさんに後ろ寄りに入るようにすすめましたが、いつも同様、なぜか今回も辞退されたので私が後ろ寄りに入りまして、前回とまったく同じ場所で釣りです。

160721turiza.jpg

今回は、前回よりもうちょっとタコエギを信じて使ってみるのがテーマです。タコエギでのタコ釣りはゲーム性が高く面白いと言われているそうですが、そもそもゲーム性とは何でしょう!?きちんと定義されずに使われているいい加減な言葉のように思います。

「ギャンブル性」が高い釣りは好きではありませんが、「ゲーム性」の高い釣りはどうでしょう!?ゲーム性の意味がわかりませんので、なんとも言えません。いろいろ書いたのですが、長くなったのでこれはまた別の機会に。

と言うことで、前回に加えて4つのエギを追加で購入。合計8個のエギを揃えました。しかし、前回使った後に帰宅したら、針や針のところについているヒラヒラが錆びていたので、使った直後に真水で洗ってかわかして持ち帰らなければなりません。

なんか話がそれました。

4時22分に出船。おむかいの岩澤乗合船も満員のようです。

160721_0422iwasawamaru.jpg

この時は知りませんでしたが、なんと、ご近所のSさんが乗船されていたそうでびっくりでした。

釣り開始は、また港を出てちょっと行ったあたりです。

160721_0430point.jpg

今回用意したエサは、船宿から鶏肉、イワシ5匹で、自分で用意したのはいずれも前回の残りで、手羽先・サンマ・小アジ・豚脂です。

そして、今回使ってみようと思って買っておいたサーモンは、家に忘れてきました(涙)。去年も同じことして結局使えず冷凍庫に入れっぱなしでその後捨ててしまいましたが、また同じことをやってしまいました。

エサ用テンヤは2つ用意して、タコベイトチューンしたテンヤに手羽先、シンプルなテンヤにイワシか小アジかサンマのどれかでやり、豚脂は使いませんでした。

とりあえず最初の暗いうちは前回と同じくグロー系のタコエギ2個づけでスタート。前回同様、見える範囲ではタコエギを使っている人はいませんでした。

160712_0430egi.jpg

前回は暗いうちに私だけ3連続で釣れたのですが、今回はなかなか釣れず。開始後しばらくして1パイようやく釣れた程度だと思います。まわりもそれほど釣れてませんが、ぽつぽつです。

前回と違って晴れなので、すぐに明るくなってきてエギを変えてみましたがかわらず、忘れた頃に釣れる感じで、まわりも同じようなペースです。

エギは前回は4個、今回はさらに追加して4個買って8個を持ってきましたが、なんかもったいなくて、4個しか使いませんでした。今回使用したものです。

160721egi_suttes.jpg

パルパルスッテ?これはイイダコ用のスッテみたいですが、これではまったく釣れず。と言うか、いまいちこれで釣れる気がしないので、ちょっとしか使いませんでしたので何とも言えません。しかし、これを使ってわかったのは、海底にはかなりの海草が生えていると言うことです。ちょっとしか使ってないのに、ワカメがよくひっかかりました。

さて、ここでだったか忘れましたが、序盤に、根掛かり?と思ったが、ジワジワ上がってきますので、超大物かと思い、思わずタモをお願いしますと言ったものの、どうも変な感じ。

重すぎて竿先が下がった時にタコならば浮力が感じられるはずが、まったくそういうのが無かったので、これはロープか何かかと思ったら、なんと、上がってきたのは、アンカーのチェーン部分でした。

長さは50センチくらいでしょうか。重さは4−5キロはあったと思います。写真撮れば良かったと後悔。

これだけの重さのものをひっぱり上げてもタコエギは何事もなかったかのように無事でしたので、これはさすがに敬服いたしました。ちゃんと作られてますねえ。

しかし、蛸壺を引き上げてでっかいタコをゲットしていた人もいたのに(良いのかどうかは不明)、こちらは巨大ゴミで残念。

開始1時間くらいして、ポイントも少し沖合に移動。

160721_0520point.jpg

ここまでは前回よりも少しマシでぼつぼつ釣れる程度(前回はまったく釣れず)ですが、いまいち盛り上がりません。

その後もいまいち盛り上がらない感じで、エギからテンヤへ変更。いつもの主戦力である手羽先です。

160721_0600scene.jpg

6時くらいにまたポイント移動。江井ヶ島沖のほうへ。

160721_0600point.jpg

ここらあたりに来てから、少し乗りが良くなってきて、退屈しない程度に釣れるようになりました。

160721_0730scene.jpg

しかし、これも長く続かず、またちょっとアタリの遠い感じに。

160721_0730kadonomaru.jpg

7時半過ぎ、さらに明石大橋側へ移動。このあたりから、まわりでは釣れているのに、自分はイマイチ釣れない感じになってきました。

160721_0751point.jpg

まわりの人はほとんど鶏肉で釣っています。トモのほうでは、俊郎丸のテンヤで鶏肉の人がよく釣っています。私は手羽先なので大差は無いかと思いますが、手羽先のほうが色が白っぽいですが。

ここで、思い切ってタコエギにチェンジしてみました。

160721_0830bakunori_egi.jpg

するとどうでしょう。ものすごい入れ乗りです。

落とすとすぐタコが乗ってくる。

ゴリオさんやまわりの他の人が2,3ハイ釣る間くらいに、私は10パイくらい釣れるペースです。

この猛烈な入れ乗りは30分くらい?この場所だけでしたが、いままで半信半疑だったタコエギへの見方が一瞬で変わりました。

他にタコエギを使い始めた方もおられたのですが、そちらはあまり釣れていなかったので、それも不思議です。タコエギの種類も関係あると言うことでしょうか。

船はほとんど横向きに流れていたので、釣り座はあまり関係無いと思います。同じ左舷でしたので。

この日は左舷向きに流れる時間帯が多かったですが、時々反対向きに流れてました。まっすぐ後ろに向かって流れる時間はほとんど無く、非常に釣りがしやすかったです。

160721_0830scene.jpg

さて、9時くらいになりタコエギの爆乗りも落ち着いて来ましたが、その後もぽつぽつ釣れてました。

この日は朝から風があり、とても涼しかったです。日焼け防止のために長袖を着ていたのですが、ちょうど良かったです。半袖のゴリオさんは寒いと言ってました。

160721_0930scene.jpg

10時くらいからは二見沖のほうへ移動。

160721_1000point.jpg

このちょっと前くらいから、あまり釣れない退屈な感じになってきたので、チューニングしていないシンプルな(普通の)テンヤにイワシをつけたら乗りはじめましたが、不思議と前回と同じく小型ばかりでした。

あまりにも小さいのは2匹ほどリリース。

その後、イワシの代わりにサンマやアジも使いましたが、アジで400gくらいのが1匹釣れただけで伸びず。

不思議と終盤は手羽先が不発でした。こういう時は何が良いのでしょう!?

そして最後の30分くらいはかなり退屈な時間になり、タコエギでずっとやってましたが釣れずで万能ではないようで、と言うか新しいエギを出すのももったいなかったのでずっと同じのでやっていたからかもしれませんが、その後に追加はできず、11時10分に終了・・・

(結果)マダコ120g〜590gを45杯+リリース2杯

160721chouka.jpg

半分くらいがタコエギで釣れたぶん、15杯くらいが手羽先。イワシで5杯、アジ・サンマで各1杯くらいだと思います。使用時間はエギと手羽先が同じくらいだと思います。

前回のような誰もが釣れる入れ乗り時間がなかったので、こんなに釣れているとは思わなかったのですが、帰宅後に数えてみたら45ハイもあり、びっくりです。

俊郎丸の釣果欄には、30パイ前後と書いてあったので、あまり良くない日だったようです。でも、トモのほうではもうちょっと釣れていたような気がしましたが・・・まあ、数えていたわけではないのでわかりませんが、なかなか上達しない私にしてはかなり健闘したほうかと思い、満足です。

最小のは120g。リリースしたのはもっと小さかったです。

160721_small121g.jpg

最大のは590gで、今回も特大サイズ(1キロ以上)は釣れず残念。

160721_large590.jpg

前回、タコエギを使うにあたって道具がよろしくないと思ったので、改善しました。まあ、たいしたことではなく、PEラインを5号だったのから3号へ落としました。

なかなかPE2号まで落とす勇気がなかったので3号です。これで、重たいチェーンを釣り上げても大丈夫だったので、今度は2号も試して見ようかな!?

しかし、あいかわらず竿先でアタリを取ることがほとんどできず、だいたいは道糸の動きか、小突いた時の違和感でしかわかりません。勝手に引っ張って行くまで気づかないのは少し減ったかな!?

あと、タコを真似たビラビラですが、これは付けるのをやめましたが、前回途中ではずしたり付けたりしてみて、やはり付けたほうが良いような気がする状況がありました。

私はあのビラビラはあまり意味は無いだろうと思っていたのですが、海底に海草がたくさん生えているようなポイントではやはりあったほうタコにアピールになるような気がするので、付けたほうが良いような気もします。今回は抵抗の少なそうな別のものを付けましたが、自分なりにまだ結論が出ていないので、次回はもうちょっとその点を検討してみたいと思います。

今回は暑くなく、思ったより釣れていて(帰宅して数えるまでこんなに釣れているとは思わなかった)楽しかったです。なんとかチャンスあればもう一回・・・と思ってますが、行けるかどうか。
釣り | Comments(4) | Trackbacks(-)

Comment

編集
ご一緒ありがとうございました。

30杯ぐらいと言ってましたが、45杯でしたかー
私は50杯あると思ってました。

たこエギで釣りまくってる以外でも私が1杯釣ると2~3杯釣ってるような感じでしたので。
私は22杯でした。

艫の真ん中の方もカーク船長よく釣ってたのを意識されてたのか、クーラー開けてた時、あわてて覗きに来てましたよ。

私の車で行って帰り職場に送って、帰宅後釣り具届けたほうがよかったかもですね。
帰り車のほうが良いと思われてたのなら別ですが。

また、機会あればよろしくお願いします。
2016年07月22日(Fri) 23:20
編集
>ゴリオさん

帰りは、あちこち回って急がせてすみませんでした。家まで送り迎えでお願いしてみようかと思っていたのですが、あつかましいかと思って遠慮したのですが、あまり変わりなかったかもしれませんね・・・どうもでした。

袋に入っている量は前回とだいたい同じくらいだったように思ったので、30数匹かと思ってましたが、やはり前回のほうが平均して型が良かったからでしょうね。

こちらこそまた機会あればよろしくです。来月4日は田舎へ行きますので、その次でも、都合あえばよろしくです!
2016年07月23日(Sat) 07:36
編集
いいですなぁ。。。タコにイカに、、(笑)

釣りに行きたいけども行けない日々が続いておりましたが…
来週の月曜日はようやく久々に釣りに行けます~~^^
紀州さんで真夏修行してきます^^;
2016年07月23日(Sat) 10:44
編集
>だいさん、こんにちは!

ようやく釣りに行けるようになられましたかー、良かったですね!
しかも海上釣り堀とは、本領発揮してご活躍を期待しておりますー。

でも、暑いでしょうねー(汗)

私はまだしばらくタコ・イカ釣りに精出す予定です!
2016年07月23日(Sat) 21:01












非公開コメントにする