カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 今年最初の明石ダコ

今年最初の明石ダコ

2016年7月12日(火)明石のマダコ@俊郎丸(明石・東二見)

日出4:56 正中12:06 日没19:16
天気:曇り時々雨  気温:25〜27℃
風:南西5m以下→9時くらいからほぼ無風
水温24.0℃
潮@二見(小潮)
160712_0_shio.jpg

(結果)
160712_choukamadako.jpg
そのままの写真だと結構グロいので、色調を変えてあります。




さて、去年は結構良い思いをした明石のタコ釣りに、今年も意を決して出撃してきました。どうしても、人がものすごい多いのでウンザリしますので今年はやめておこうかと思いましたが、そこそこ釣れたら面白い釣りなので・・・

あと、タコのぬめり取り用の洗濯機もせっかく去年に買ったことですし・・・



しかし、土日はずいぶん前から満員なのでそもそも乗船するのが無理ですし、平日でも潮が良い日は普通に満員の釣りです。

この前の週末に上島釣具でタコエギを買ったり、スーパーでエサを買ったりと、出撃の用意は一応してましたが、混むだろうかとか小潮の割りには潮が案外動くし釣れるだろうかとか迷ったままでした。

そして、前日の晩に電話して予約が取れたら出撃しようと言うことで、思い切って電話したら乗れるとのことで急遽スクランブル釣行してきました。

と言うことで、4時半には出船するからそれまでに来ておいてとのことで、出船時間が早いですが、そのぶん早く帰れるので午後から仕事に行けます。

釣り座が先着順でないから急ぐことありませんが、あまり遅いと駐車スペースが心配なので家を2時半に出たら少し早めの3時半に到着しましたが、すでに車の置くところがないくらいに人でいっぱいです。

どうにか車を停めて、おばあちゃんに受付してもらって、乗船しますが、すでにたくさん乗っていて、トモとミヨシから釣り座が埋まっていて、私は船長の指示で左舷の後ろから3番目でした。

160712_0_turiza.jpg

今年から俊郎船長の仕立て船はやめてしまったようで、俊郎船長は駐車場の誘導などしてましたが、そこらへんをぶらぶらして暇そうにしてました。

港は少し風があり涼しいです。出船前に少し雨がぱらついてきたのであわててカッパを取りに行きましたが、正解でした。途中で結構な雨が降りましたので。

さて、4時半に出船。

160712_0445scene.jpg

港を出てすぐのところで釣り開始。水深は10mもないくらいです。天気も悪いしまだ真っ暗です。

160712_0439point.jpg

どこかで誰かが会話しているのが聞こえてきて、暗い内はエギが良かったとか言っていたので、早速タコエギを試して見ることに。

160712_0430egi.jpg

暗いしグロー系をふたつ付けてやってみました。近くには誰もタコエギを使っている人はいません。

するといきなりヒット!見えている範囲では私が一番乗りでした。300gくらいのまあまあのをゲットです。

その後もまわりがまったく釣れていない中、私だけ3杯をゲット。

それを見て、トモ側のおじいさんもタコエギに交換。するとここからまったく釣れなくなりました(笑)。まあ、たまたまでしょう。

160712_0508sene.jpg

5時過ぎ、ポイントを少し移動しましたが、ここからしばらくアタリなし。まわりでもほとんど釣れていません。

160712_0511point.jpg

6時くらいになり、たまーに誰かが釣るくらいです。

一応、釣れてる人はみんなエサ付けテンヤのようなので、私もエサ付けテンヤに交換しました。

160712_0500_tenyanado.jpg

エサには、船宿から鶏肉、イワシが支給されますが、その他に手羽先、小アジ、サンマ、豚脂を持って行きましたが、サンマは使わずでした。

私のお気に入りは、手返しのよい手羽先です。

160712_0600tebasaki.jpg

乗りの良さと、乗ってからタコが離しにくいのはイワシのような気がしますが、すぐボロボロになり手返しが悪くなります。

乗りの良い時には手羽先が手返し的にも良いですし、エギよりは離しにくいと思います。

エギはアタリを逃すとすぐ離してしまうイメージです。少なくとも私の今回のタックルではエギには不向きのようで、今後はもうちょっと考えたいと思います。

その後、7時頃だったか、ポイントを移動。

160712_0802point.jpg

ここでは、はじめぽつりぽつりでしたが、ようやくまずまず乗りはじめ、7時半には入れ乗りになり、まわりでも一斉に釣れ出します。

こうなると、エギだろうがテンヤだろうが、テンヤのエサが何だろうが関係無く乗ってきます。

タコの型もわりと良くて、リリースするか迷うような小さいのはほとんど乗ってきません。

5時から7時までほとんど釣れなかったので、これはヤバイと思ってましたが、ここへ来てものすごい勢いで乗り出したので、必死で釣りまくり。やっぱり入れ乗りは楽しいですねー。

船も横向きに流れていてやりやすいですし。

ものすごい勢いで次々に乗ってくるので、これは爆釣か!と思いましたが、8時を過ぎるとぽつぽつの乗りに・・・

そして8時過ぎに少しポイント移動しますと、あとはぽつりぽつりの感じでした。

1度、ものすごい重いものをひっかけて、途中ではずれましたが、タコっぽくない感じでしたのでたぶん蛸壺のロープかと思ったら、その後に別の人がひっかけて、切れないのでひっぱり上げたら蛸壺でした。中にタコが入ってました(笑)。

エギを蛸壺に引っかけたら大変なことになりそうなので、エギを使っている時でなくて良かったです。

タコスッテも用意してきましたが、やたらとワカメばかりひっかかるのと、小型のタコに有効との話だったので、今回は一切使いませんでした。

9時前にふたたび移動。

160712_0856point.jpg

雨も降り出して周囲が暗くなってきたので、ふたたび朝一に使ったエギでやりましたら、いきなり2匹連続で釣れたので、これは!と思いましたが、その後は釣れず。

160712_0914fune.jpg

9時過ぎにまた移動。

160712_0914point.jpg

ここでもぽつぽつです。

潮は止まってきた感じで釣りやすいですが、あまり潮が動かなすぎるのもイマイチなのでしょうか!?アタリは減りました。

160712_0945scene.jpg

ここから終了の11時すぎまで、2,3回ポイント移動したと思いますが、どこも潮の流れ方はトロトロで釣りしやすかったものの、乗りはイマイチであまり増えずでした。

朝一と後半に退屈な時間が結構多かったです。

天気は曇り時々雨で、一時はげしく降りましたが、いちおう屋根もありますし、カッパを着ても暑くないくらいで快適で、ペットボトルのお茶などがずいぶん余りました。

(結果)マダコ130〜571gを持ち帰り31パイ、リリース3ハイ。

160712_choukamadako.jpg

釣果報告によると、私と同じ名前の方が52ハイと書かれていたので(この船も竿頭の数を書くとは限らず、たぶんですが、船長が名前を知っている人のうちで一番よく釣った人)、もうちょっとそれに迫りたかったですが、全体の平均くらいは釣れたようなので満足です。

たぶん100g以下のはリリースしたほうが良いかなと思い(聞くところによると100g以下を持ち帰ると条例違反とか!?)、小さいのはリリースしましたが、思ったより小さいのは少なく、全体に型が揃ってわりと良かったです。

でも、果たして自分はどれくらいのサイズをリリースしているのかわからなかったので、1匹だけリリースしたサイズを持ち帰り(全体集合写真の右端一番上)、重さを量ってみました。

160712_chouka_small_tako.jpg

このサイズで130gで、これより小さいのは釣れませんでしたから、今回はリリースせずすべて持ち帰っても良かったかも。次に小さいやつの重さは160gだったので、小さいのは少なかったです。

と言うか、たぶん私の釣り方では小さいのが釣れないのだと思います。それで数が伸びないのか!?まあ、いいや!

でも釣果報告にも書いてあった通り、今回は全体的に型が良かったのは間違いなさそうですが、私が釣ったうち最大のでも571gと言うことで、特大サイズはありませんでした。

160712_chouka_large_tako.jpg

まあ、300〜500gぐらいで揃っているのが一番良いですが、一発でかいの(2キロ級とか)がいれば文句無しでしたが・・・

思ったほど数は釣れませんでしたしアタリの遠い時間帯が結構ありましたが、一応入れ乗りタイムも1時間くらいあったので、そこそこ釣れて十分に楽しめました。

今年はタコ釣りしないとか言ってましたが、また行く予定です(笑)。

次回は、乗りの悪い時にもうちょっと釣果を伸ばすことを考えてみたいと思います。って、今のところ特に何も考えはありませんが・・・

今回釣れた内訳は、だいたいですが、エギで7ハイくらい、小アジ+豚脂下敷きで3ハイくらい、イワシのみで2ハイ(不思議と釣れたタコは小さかった)で、残りはすべて手羽先でしたが、この理由はたぶん、手羽先が最強だからではなく、(1)手羽先でやった時間が一番長い、(2)何でやっても釣れる入れ乗りタイムの時に手羽先でやっていた、この二つが理由だと思います。

釣れない時にどうしたら良いか!?

エサやテンヤ・エギのチョイスばかりではない気がしてきましたが、まだよくわかりません。知っている人がいたら、こっそり私だけに教えて下さい(爆)。
釣り | Comments(2) | Trackbacks(-)

Comment

編集
またまた羨ましい釣果ですねー

前日予約でいけたんですね。
それでも満杯でアウトの人もいてるんでしょうね。
やっぱり前もって予約しないと。

タコエギもテンヤも両方するとなると持って行く道具が段々増えてきますね(笑)。
エギ買おうかと思ったが、テンヤでいいかな?
隣の人がエギで釣りまくられたら自分の腕の事は置いといて後悔するだろうな~(爆)
道具は持ってないとチャンス逃すと思っていつも荷物が増えるばかりです。
2016年07月15日(Fri) 17:31
編集
ゴリオさん、どうもです。

操舵室の横が一つ空いていたように見えたので、もしかして満員じゃなかったんかわかりませんが、もっと良い潮の日とかならあぶれる人もでたかもですね。俊郎丸のホームページに、釣り座は常連優先とか、はじめての人はお断りとか書いてあるから混雑がマシなのかも!?

タコエギはわかりませんね。調べたら、テンヤよりむしろ遅合わせみたいなことも目にしましたので、あんな味もしないものをしっかり抱いて離さないんでしょうかねー。

小さいのはもう減ってるみたいなにでタコスッテはいらないと思いますよ。私は次はサーモンを試してみる予定です。

マイカ爆釣してますが、タコで良いですか!?まあ、月が明るい時期だから晴れたらイカは急降下かもしれませんし、日程的に私は俊郎丸しか無理ですが、イカが良ければ私にかまわず決めて下さいね。
2016年07月15日(Fri) 18:13












非公開コメントにする