カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP政治・経済・社会 ≫ これはヤバイ!

これはヤバイ!

イギリスがEUから離脱することに決まったようですね。これはヤバイ。

まあ、イギリスにとってどちらが良いかは美妙なところでしょう。当面は大変かもしれませんが、長期的には離脱のほうが良いのではないかと私は思いますが、しかし、直近の世界経済、特に日本経済にかんして言えば、この結果は大迷惑としかいいようがないでしょう。

リーマン級のショックになるかもしれず、本当にヤバイと思います。

イギリスがEU離脱しようが自分には無関係と思っていたら、景気が悪化して自分の会社が潰れたり、人員削減でリストラされたり、給料減らされたりするかもしれません。最悪の場合は・・・自殺する人も増えるでしょう。

この状況で、もし予定通り消費増税をしていたらと思うと恐ろしいですね。私は安倍首相の経済政策でも不十分と思っていますが、もし安倍首相ではなく、他のもっと別の人が首相だったとしたら恐ろしいですね。

だいたいは金融緩和にも否定的で、財務省の言いなりになって消費増税と緊縮財政をやりそうな政治家しかいませんので、金融緩和せず増税していたら恐ろしいことになっていたと思います。

経済が悪いと人が大量に死ぬのですが(この日本でもです)、日頃から命が大事とか言っている日本の左派リベラルな方々はイデオロギーに凝り固まっていて、あと、へんに真面目なところがあり、金融緩和とか財政出動とか経済成長とかを否定します。

どれも、弱者を救済することにもつながるのは間違い無いのに、かなりの経済オンチでこちこち頭の人ばかりですから、気持ちは善人でも、やることは極悪人の大量殺人者とかわりません。

あと、最近の左派は頭も悪いのか、財務省が消費増税を確実にするために仕込んだ「社会保障を人質にした消費増税」について一切疑問を抱いていません。

消費増税しないと社会保障の財源がなくなるじゃないかと言っている左派は、かなり頭が悪いし、左派が本来持っていた批判精神もどこかへ消えてしまったようです。

実際に消費増税ぶんは法人税減税でチャラになっています。社会保障などには使われません。そんなこともわからないくらいバカなんですね。

そもそも、日本の財政は問題ありませんし、「国の借金」は長期的に少しずつ減らして行けば良いのであって、中長期の問題です。

だから今回のようなこと(イギリスのEU離脱)があるたびに円高になるわけです。経済を少しでもわかっている人間は、日本政府が財政危機だなどとは誰も思っていません。

ついでに言いますと、今の日本の問題は、お金がないことではなく、お金を使わないことが問題なのです。

資本主義は誰かが借金してお金を使うからそのぶん経済成長してうまくまわるしくみになっています。

普通は、企業が借金して設備投資して将来の利益のためにお金を先に使うからそれがうまくまわって経済成長するわけですが、今の日本はデフレなので、儲かっている企業が借金どころか貯金を貯め込んでしまっているわけです。

デフレだとお金の価値が高まりますので、とにかくお金を使わない、黒字にしたい、赤字はいけない、そういう発想ばかりになり、企業だけでなく、家計もとにかく節約節約でお金を使わない、そんな発想ばかりです。

もちろん個人のレベルでお金を使わないのは良いことですが、ところがみんなお金を使わないとどうなるか!?

自分が節約すると、他人の所得を奪うことになるので、みんなの所得が減るわけです。

特に、大企業がお金を貯め込むと、そのぶん他の人の所得が奪われるわけですし、貯金が増えると実体経済でお金がまわらないから、これまた所得が減るわけです。

そういう状況だから政府が頑張って借金してお金を使って、国民の所得が減らないようにしているわけですから、政府の借金が多いのはしょうがないし、必ずしも悪いことではありません。

だいたい、日銀が金融緩和して国債を買い上げれば、財源はいくらでもできますし、副作用はインフレになることくらいです。

インフレになれば、お金を貯金しておくと目減りしますから、お金を使う圧力になりますし、借金も相対的に目張りします。

だから、インフレになれば解決する問題なのに、それをやろうとしないことが問題なのですが・・・

とにかく、この状況にあって、「無駄使いをなくそう」みたいな発想はとにかくやめるべきです。

税金は無駄使いしてはいけない、と思う気持ちはわかりますが、それは誰のためにもならないことです。もちろん、無駄ではなく有効に使うのが一番ですが、ともかく政府が歳出削減などやってはいけないのは間違いありません。

お金を節約するモードに入るのが間違いだと言うことです。金をもっと使わなければダメです。

いつまでもデフレから脱却できなければ、税収そのものが増えませんので、いくら歳出を減らしても、意味ありません。

マクロ経済を道徳や常識の感覚で考えてはいけません。

これは、真面目な左派だけでなく、やたら道徳的な右派にも言えることです。

税金のむだ遣いをなくせとか、バラマキをやめろなどと言う「改革」や「維新」系の政党の政策は、バブルのような好景気の時にやることであって、今のような日本の現状でやっても、誰のためにもならない間違った政策です。

経済は生き物ですから、経済政策も状況によって変えなければなりません。

下痢している時に下剤を飲むバカがいますか!?

→デフレの時に構造改革するのがまさにそうです。

過労で体力が落ちているときに、筋トレするキチガイがいますか?

→景気が悪い時に増税するのがまさにそうです。

単純な道徳や倫理観で経済政策を判断するのはやめましょう。

イギリスのEU離脱が決まったこれから、やるべきことは、ヘリコプターマネーの投下でしょう。

赤字国債を財源にして、日銀が通貨発行でそれを買い上げる、そうすれば財源など無限にできます。それを国内に広くばらまく政策こと、これからしばらく日本には必用な政策です。

ばらまきが正しい状況もあるのです。それが、まさにこれからやるべきことです。副作用はインフレになるだけです。作用は国民の所得の増加、その結果としての税収増加、その結果として、対GDP比で国の借金の大幅減少です。

これで日本のほとんどの問題が片付くのですから、日銀引き受けによる赤字国債発行で大量のバラマキをやるべきです。

と言うか、やらないと企業の倒産、失業者の増加、その結果としての自殺者増加、ストレスによる病気の増加などで大量の死者がでます。日本人がたくさん死んでも良いと思う人は、バラマキを否定すれば良いでしょう。

まあ、どこにどれだけばらまくかは議論の余地があるとは思いますが、巨額の財政出動をためらう余地がありません。

財政投融資とか奇策ではなく、普通に赤字国債の発行でやるべきです。日銀が買えば利払いも償還も不要なのですから。

Comment













非公開コメントにする