カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP怒り ≫ ワイドショーがバカを増やす

ワイドショーがバカを増やす

それにしても、ほとんど無名の芸能人のだれそれが不倫しただの、そんなことどうでもよいと思うのですが、電波の無駄使いではないでしょうか。

マスゾエ問題が騒がれて、甘利さんはラッキーでしたね。扱いがすごい小さいです。個人的にはどちらもあまり関心ないですが。基本的に選挙で選ばれた人は、その人がダメだった時には選挙で選んだ人(有権者)がやめさせるべきだと思いますが、都知事はリコールがあっても、国会議員はありませんので難しいですね。

不倫芸能人でも不祥事政治家でも、騒動になったときに、どれだけマスコミが騒いだかによって辞めるかどうかにつながるのはおかしいと思います。べつに彼らを擁護しているわけではなく、あくまで一般論としてですが。

不倫などそもそも個人的なことなのに、一体誰に謝っているのか、世間に謝罪する必用などなく、不倫で被害を受けた人にだけ謝罪すれば十分な話です。むしろマスコミのやっていることがプライバシーの侵害、人権侵害でしょう。

それなのに、誰それはすぐに間違いを認めて謝罪したとか記者会見したから偉いとか、別の誰それは逃げてごまかしたからけしからんとか、朝のワイドショーで芸能記者ごとき人間のクズが言ってましたが、マスコミ対応が良かったかどうかで叩かれ具合が違ってくるなど、お前らマスコミは一体何様のつもりなのか、視聴者はそんなマスコミの姿勢に何も感じないほど鈍感な人間の集まりなのか!?と、朝からイライラが絶頂です。

まあ、芸能人などプライベートも切り売りしていればプライバシーも何もないのはしょうがないのかもしれないし、芸能ニュースはどうでも良いですが、政治家の不祥事については、あくまで選んだ有権者が判断すべきだと思うので(有権者の代表ですから)、政治家をやめさせるリコール的な制度をもっと作ったら良いのではないでしょうか?

選挙をしたりすると金がかかるとかすぐ言いますが、国民の権利の行使に金がかかるとして、どれがどうしたと言う話でしょう。まあ、実際は選挙なんて自分が行っても行かなくても結果はかわりませんから、誰も信じていないのかもしれませんが。

でも、政治家のスキャンダルは国民の娯楽と化していますから、むしろみなさんマスゾエに感謝すべきなのではないでしょうか。

自分はこんなに真面目に頑張っているのに政治家がろくでもないからこの国はまずい方向に向かっていると、そう思うと幸せとまでは行かないまでも、自分が少し救われたような気がするのではいでしょうか!?

実際は政治家がどうだろうが世の中どうだろうが、今の自分がダメなのは100%自分のせいなのですが、政治家がろくでもない、そのろくでもな政治家よりは自分のほうがはるかにマシであると思えれば、ずいぶん救われると無意識に感じている人も多いのでは!?

だからマスゾエその他のスキャンダル政治家たちに感謝してはどうでしょう。テレビのワイドショーなんか見ていると、そんな皮肉も言いたくなりますね。ワイドショーで政治問題を取り上げるのはやめたほうが良いと思います。バカを増やすだけです。

Mr. Children 終末のコンフィデンスソング

街中にゴシップがばらまかれてる
面白がって誰もがそれに火をつける
自分より劣ってる マヌケをあぶりだし
ホッと胸撫で下ろしてる


劣等なものを叩いたり見下してみたところで、自分が上等になれるわけではないが、相対的に上等になった気がして救われるのかもしれない。

そういう人間を相手に商売しているのがワイドショーやら週刊誌なのだろう。上等な人間ばかりになると真っ先に潰れる産業であることは間違い無いが、まだまだ当分は大繁盛でしょう。

下衆が下衆を嗤うのがこの世の中。

国語辞典より

げ‐す【下種・下衆・下司】
[名・形動] 心根の卑しいこと。下劣なこと。また、そのような さまやその人。「―な根性は持つな」


怒り | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする