カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP哀愁 ≫ 憧れるほうが愚か者

憧れるほうが愚か者

シャブ中の清原に執行猶予判決が出たようで、まあ覚醒剤の使用というのは、恐ろしさのイメージの割りには、罰は意外に軽いなと言うか、初犯なら執行猶予が普通らしい。

もちろん、ある意味、被害者と言うと言いすぎだが、使用する者よりもっとタチが悪いのは覚醒剤を作ったり売ったりする奴のほうだろうとは思うので、使用だけならこの程度の罰というのに文句は無いが。

それにしても、清原のような有名選手がこういうことをやると野球ファンである子供達の夢をぶちこわす云々の理屈がさっぱり理解できない。

勝手にあこがれるほうがどうかしている。単に野球が上手なだけでいちいち尊敬していたらキリがないだろう。

清原の価値観などこんな内容だったようだし。

「オレはビシッとエエ服着て、エエもん食うて、エエ女とつき合うて、エエ車に乗りたい思てこのプロ野球の世界に入った。それに比べていまの選手は情けないわ。ぜんぜん欲があらへん!」

(参照)本誌だけが撮っていた!  これが清原の「シャブベンツ」

こんな価値観の人間を尊敬するほうが頭おかしいだろう。くだらない俗物以外の何者でもない。

同じプロ野球選手でも、イチローあたりを尊敬するならまだわかるが、こんな低俗な人間を、いくら野球が上手だったか知らないが、尊敬したりあこがれるほうがアホだろう。覚醒剤をやろうがやるまいが関係無い。

覚醒剤に手を出したことより、こういう価値観を公言することのほうが私にとっては軽蔑に値する(シャブが良いと言っているわけではなくあくまで比較の問題)。

まあ、私も子供の頃は野球選手に素朴にあこがれ、尊敬などもしていたが。たとえば王選手など。

幸いにして王選手はシャブなどやらなかったようだし、人格的にまとものようで良かったが、それでも監督をやってイマイチでさんざん叩かれたりなど、自分が小さい頃に尊敬していた人がその後にそのメッキがはがれる様を見てなんとも言えない気持ちになったものだが・・・

しかし、そうやって大人になって行くものだろう。

そもそも、清原をあそこまでダメにしたのはファンにも責任があるのではないか?

清原が巨人に移籍した当時、私はまだ熱狂的な巨人ファンだったが、清原のことは苦々しく思っていた。番長とか言って元木あたりのガラが悪くて質の低い選手らとつるんで巨人のチームをぐちゃぐちゃにしていた印象だった。

堀内が監督になったときに、なんとかしてくれるのではと思ったが、たいていの巨人ファンたちは何とおどろいたことに、清原側を応援したではなかったか。

あそこで堀内監督に清原を矯正しておいてもらうべきだったのに。まあ堀内も現役時代はかなりの素行不良だったようだから、なかなか説得力がなかったのかもしれないが。

そして、その後のプロ野球選手の劣化具合を見て、完全にプロ野球など見るに値しないものであることに気づいて、今では一切みないし関心もないし、元プロ野球選手とか言われても、それがどうしたとしか思わないくらいになってしまった。

元々私は子供の頃にプロ野球選手を尊敬して、ひとかどの人達というあこがれがあったから、なおさらその反動でここまでなってしまったと言うのが正直なところです。幻滅による反動です。

なので、今や、野球選手や元野球選手など見たくもない。言うと言いすぎか。それなりに尊敬している人物はいないこともないし。

巨人の吉村なんか今でも好きだなあ。ケガさえしなければ、清原なんかいなくても巨人はもっと強かっただろう。清原なんかより吉村禎章のような人物こそ尊敬に値すると声を大にして言いたい。

まあとにかく、プロ野球選手だから、大選手だから尊敬に値するとか、みんなろくでなしばかりとか、そういう話ではなく、立派な人もいればアホもいると言うのはどの世界も同じなんだろうと思うが。

あと、真面目なことを少しだけ書けば、薬物の依存症は、法律で罰するだけでは効果が無くて、むしろ病気の治療のような感じでやらなければ、なかなか脱却するのは難しいのではないかと思います。

ただ罰をあたえたり精神論を唱えたりしても、何も解決しないでしょう。

個人的には、清原など消えても別にかまわないが、キングオブコメディーの高橋健一君はゆるしてやってほしい(笑)。

人に危害を加えた訳でもなく、服をぬすんだ程度なんだから覚醒剤の使用よりマシだろうし、こちらこそ病気そのものなのだから(でも治療法はない不治の病)。

お笑い芸人なんだから少々の変態くらいは笑ってすましてはどうでしょう!?
哀愁 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする