カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 中紀の良型イサギ釣り、爆釣!

中紀の良型イサギ釣り、爆釣!

2016年5月28日(土)イサギ釣り@仲政丸

日出4:51  正中11:57  日没19:03
天候:曇り一時小雨(濡れるほどではない)  風向:北?微風  潮:上り潮?ゆるい  水温:22℃  波高:ベタ凪
潮(三尾)〜小潮

160528_shio2.jpg

(結果)爆釣、早上がり

160528orechouka.jpg

35Lと27Lクーラー両方満タン(氷入らず)。




さて、今シーズン3回目のイサギ釣りです。今年は早めによく釣れだしてきて、ぼちぼちピークのようですから期待して出撃。

一匹狼さんも予約しているとのことで、一緒に行くことに。彼は予約一番だそうで、私もかなり前に予約入れたのですが、私は6人目でした。

集合が3時とのことで、一匹狼さん宅を1時半に出て、港には3時少し前くらいに到着しましたが、何と、私らが最後でした。みなさんクーラーに氷をしこたま入れてスタンバイ中。

あわてて(あわてる必用もないのですが)準備して、一匹狼さんは左舷のトモへ。その後、数人の方が乗り込んだ後、私は右舷の後ろから三番目に入ることにしました。左舷より右舷のほうが人数が少なかったので。

160528turiza.jpg

そして、乗船時には気づかなかったのですが、私のおとなり(ミヨシ側)にはM飛龍さんのお連れさんで、その隣がM飛龍さんでした。

お互いに人相がかわっていたので最後まで気づかず、私に至っては帰り際に声かけていただくまで気づきませんでした(かなりふくよかになられていたので・・・)。M飛龍さんのほうは、道具類などから判断して私かもしれないと思われていたそうですが、体型が違いすぎるので声をかけるのを躊躇していたそうです。

さて、みなさん乗船して準備できたようなので、かなり早いですが3時20分に出船!

ところが、あわてて準備したので、救命胴衣を車の屋根の上に置きっぱなしにしたまま乗船してしまいました(汗)。車の屋根の上なんかに置くのも悪いのですが・・・

なので、救命胴衣をせずに乗船してましたが(気が小さいので救命胴衣を忘れるとちょっと怖い)。寄港後に無事そのまま置いてあり一安心でしたが。

ベタ凪の海をゆっくり走って4時前にポイント到着。天気も曇りのようで、しばらくは真っ暗でした。

4時すぎに釣り開始。潮はゆるくて少しだけみよし側に流れています。探見丸にはすごい反応。底〜30mくらいまでびっしり。

160528_0405tankenmaru.jpg

指示ダナは、たしか底から10mあたりからはじめて・・・、だったと思いますが、正確には忘れました。

しばらく釣れず、船をやりかえ。

そうこうしているうちに千代丸もやってきました。千代丸の指示ダナは、とりあえず底から7〜15mくらいと言っていたと思います。

160528_0420chiyomaru.jpg

少し明るくなってきましたが、なかなか釣れません。また船の位置をやりかえ。

船をかける腕前では評判の船長ですが、どうやら、風も潮もゆるいために、船の位置が定まらずふらふらするようです。

釣り開始から30分後くらいだったでしょうか、すっかり明るくなってようやく釣れはじめました。

潮はいつのまにかトモ側にゆっくり流れるようになってました。

釣れ出すと快調に釣れ、カウンターが少しだけ狂っていて3mくらい深めに表示されていますが、底から15mくらいのタナで入れ食いになってきました。

特に狙わなくてもダブルが結構あり。ただ、30センチ以下の中サイズが結構混じります。

釣れだしてから約1時間後の5時半で20匹。

160528_0530_20hiki.jpg

先週釣れたのはもっと腹ボテのばかりでしたが、今回はもう産卵がはじまっているのか、少しだけ前回よりは腹がへこんでいる感じのが増えてました。

中サイズも混じるので、型狙いでなるべく上を狙おうとしますが、40mより上にすると食いません。40〜45mの間では、ほぼ入れ食いです。

トモ周辺には何の鳥かわかりませんが寄りついて来てました。日によっては仕掛けに食いついて邪魔するそうですが、この日は大丈夫でした。

千代丸のミヨシに乗っている人がタモを振り回して鳥を追い払おうとしていたので、千代丸のミヨシ側では鳥が悪さしていたのかもしれません。

でかいシイラも一匹うろうろしていましたが、こいつも特に悪さすることはありませんでした。

さて、イサギはその後も順調に釣れ続き、6時には40匹に到達。1時間に20匹以上のペースですから、この調子なら三桁に行きそうな予感・・・

160528_0600_30hiki.jpg

しばらくハリス3.5号でやってましたが、もつらせてしまったので、船長からもらった仕掛けに換えてみることに。

こちらはハリス3号の4本針で、赤・緑・白・緑のスキンだったかな!?蛍光ビーズはついてません。

この仕掛けに変えてから、タナはあいかわらずですが、中型が減り、良型ばかりになってきました(たまたまのタイミングかもしれませんが)。

そして、特に、4本中1本だけの白いスキンが良かったです。まあこれも、色が良かったのか針の位置(先から二番目)が良かったのかわかりませんが。

その後、仕掛けが切られたので朝から使っていた市販の4本針仕掛けでハリス3号のにしますと、また中型が増えましたので、やはり船頭仕掛けのほうがこの日は良型が来るように思います。なので、急遽仕掛けを3つ購入。

船頭仕掛けは1つが無料で、2つ目から200円で買えます。タダだともらいにくいですが有料だと買いやすいですね。

その後もあいかわらず良いペースで釣れて、7時には60匹を突破。

160528_0700_50hiki.jpg

7時過ぎにまた船の位置を修正です。

160528_0720sao.jpg

ここから、イサギのタナが徐々に浮いてきて中型は混じらず良型ばかりになってきました。

どんどん浮いて35mくらいでよく釣れます。

8時過ぎには80匹を突破。二つ目のクーラー(27L)に20匹入ってます。

160528_0740_80hiki.jpg

タナはさらに浮いて30mより上で釣れます。しかし、仕掛けを戻すと上では食わないので、やはり船頭仕掛けが良いのかも!?

型も良型揃いで、35センチ以上のは少ないですが、33センチくらいで揃ってます。

160528_0920tankenmaru.jpg

と、ここでなぜかお腹が猛烈に痛くなってきました・・・

トイレに行こうと思ったら、誰かが入っていて、その後もすぐ別の人が入り、女性の方だったのでなかなか出てきません。これはヤバイ。爆発寸前で冷や汗タラタラで釣りどころではありません。入っていた人が出られたのを見てすぐに入ります。そして、しばらくトイレを出たり入ったりで合計3回ほど爆弾投下してしまいました(汗)。

トイレのすぐ横の釣り座で良かったです。この時期、暖かくなってくるとトイレの横はニオイがかなりひどい場合がありますが、この日は芳香剤のような良いニオイで快適でしたが、自分がやった後は悪臭になやまされるようになりました。トイレは汚してないのに不思議ですが・・・

と、そんなこんなで、15分くらい時間を無駄にしたでしょうか。せっかく良型ばかり揃ってきたので惜しまれますが、幸いなことにその後もずっと入れ食い状態。

タナもどんどん浮いてきて、25mくらいでよく釣れました。

160528_0800tana27m.jpg

電動リールのカウンターが少しずれてまして、PEラインで確認すると2m深めに表示されていたので、実際は25mです。

竿をキーパーに置いたまま、30mまで落としてそこから電動リールを1mずつ巻き上げて25mで止めますと10秒以内にアタリが出て、33〜35センチ級ばかりヒットです。

たまにハリス3号で切られたのでドラグはかなりゆるくしました。2発ほど切られました。ドラグをゆるく設定するのが遅かった・・・

8時半くらいから、2つのクーラーがかなりいっぱいになってきたので、ここからは、前半はキープしていた中サイズ(28センチくらい?)もリリースです。そして、手返しもちょっとゆっくり目にやるようにして、釣れた魚もすべて神経締めまですることに。

この時点で船頭仕掛けはなくなっていて、市販のケイムラ入り4本針にしましたが、活性が上がってきたのか、終盤は仕掛けに関係無くずっと入れ食いでした。

そして9時過ぎには2つのクーラーが完全に満タンとなって氷も入らないほどなので、タナを20mで置き竿にして、ぼちぼちと片付けしながらやってましたが、さすがに20mでは釣れず(置き竿だし)、そうこうしているうちに9時40分くらいに早上がりとなりました。

朝一の釣れ始めが遅かったので少し心配しましたが、途中からは船の位置も安定しだしたのか、良型ばかりが入れ食いでウハウハでした。

小さいクーラーで来られていた方は8時すぎくらいで満タンになり、釣りをやめて暇そうにしてました。爆釣の日だったようで良かったです。

あと、ずっと曇り、途中少しだけ雨もパラつきましたが濡れるほどでもなく、涼しくて快適に釣りができました。

(結果)イサギ25〜37センチを111匹くらい。あと、ゴマサバ1本。

160528chouka.jpg

これで35Lと27Lクーラー合計62リッターが満タンで氷も入らず・・・。車に積んでいた発泡スチロールに一部を移して帰りました。

終盤はクーラーに入らなさそうだったのでのんびりやってましたから、もっと大きなクーラーを持っていけばまだ釣れたと思います。なので、35Lではなく40Lにしておけば良かったかな!?前日の準備の際に少し迷ったのですが、釣り座がせまくなるかと思ってやめましたし、まあ、こんだけ持ち帰れたら十分です。

イサギの小さいの(終盤は中サイズも)リリースを合計5−6匹以上しましたし、船長には111匹と言いましたが、配った数から計算すると持ち帰りは115匹でしたので、釣り上げた数は120匹以上だったと思います。大満足の1日でした。

我が家でキープした良型。

160528isagi_large.jpg

特大サイズ(40センチ近いやつ)はありませんで、最大で37センチまででしたが、十分満足です。ハリス切れ3回くらいあり、それが悔やまれますが・・・

先週より少しだけ脂が減ったように思いますが、まだ結構脂がのっていて美味しかったです。

160528isagi_sashimi.jpg

産卵はじまっているようで、真子は先週と比べると半分くらいの大きさになっているのが多かったです。白子は大きかったですが、不思議とまたオスが少なかった。10匹中2、3匹くらいでした。

そして、ラッキーなことに今年の白子はいまのところほとんどクセがなく美味しく食べられています。イサギの白子はクセが強くて何してもクセが抜けずに私は苦手なのですが、今年のは普通の下処理(塩もみ後に水洗い)だけでクセもなく美味しく食べられました。

160528munieru.jpg

産卵はじまってしばらくすると白子にクセが出てくるのでしょうか?わかりませんが、今回の白子はほとんどクセがなくて、身と一緒にムニエルにして超美味しくいただけました。

今回のイサギはYUKAの関係にたくさん送り、まだ配り切れていないですが来週は行けなくなったので、これでたぶん麦わらイサギは終了?今後の予定は未定ですが。

なので、我が家のストック用として干物もたくさん作りました。真子も干物に。

160528isagi_himonosakusei.jpg

160528himono_ami.jpg

脂あるので干物にしたらかなり美味しいと思います。
釣り | Comments(4) | Trackbacks(-)

Comment

編集
翌日の日曜午後便で行って来ました。
高校の友人夫妻とくまさんの4名で、船頭さんの指導を受けやすい左舷トモから4人並びました。

私とくまさんは胴ですがくまさんが探検丸持参だったので見せてもらい、出来るだけ上層ねらいで釣りました。

1時間早い午後4時にあがりましたが、友人夫妻も私も3時すぎには35Lクーラー満杯で、くまさんは60Lクーラーほぼ一杯まで釣っていらっしゃいました。
みんな大満足で、イサギ釣りを堪能したようです。

そうそう、途中からサバとカツオが現われてお騒がせしてましたよ。

2016年05月31日(Tue) 08:17
編集
しんすけさん、お疲れさまでした

くまさんもご一緒できたようで良かったです。翌日も活性が高かったようですねー。4時にあがれたら、晩飯にまにあいますね。

くまさん、確か単身赴任と聞きましたがそんなに釣って大丈夫だったのでしょうかね(笑)。車も家においてきてバイク生活と聞きましたが・・・

ともかく楽しめたようで良かったですね。私の時はサバもカツオも少なかったですね。まあクーラーに余裕がなかったから、今回はなくて良かったですが。
2016年05月31日(Tue) 08:31
編集
爆釣おめでとうです。

早帰り、トイレで時間取られ短時間で3桁お見事です。

私も3桁釣りたいが、今日からポツポツになってるし、まあ前回より釣れればいいですが。

2016年05月31日(Tue) 17:51
編集
ゴリオさん、どうもです。

船酔いもしていないのに腹痛とは、はじめてでした。ベタ凪でも酔い止めを飲まないと、いつもより胃腸が動くのかもしれませんね。船の上はやはり多少は揺れるでしょうから。たまたま前日も出てなかったので、まあスッキリはしましたが(笑)。

私らの時は天気も曇りだったですから、それも良かったのかもしれませんね。明日も同じような天気だと良いですねー。晴れたら暑いですし。
2016年06月01日(Wed) 08:27












非公開コメントにする