カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 中紀の良型イサギ釣り、奮闘

中紀の良型イサギ釣り、奮闘

2016年5月21日(土)イサギ釣り@仲政丸

天候:晴れ  風向:北  潮:上り潮  水温:21度  波高:ベタ凪
潮(大潮)@三尾

160521_shio.jpg

本格化してきた中紀の良型イサギ釣り、急遽追加で予約を入れて出撃してきました・・・

前回は潮下の釣り座でしか釣れず、途中から別ポイントになり、そちらでは小ぶりが多かったですが、良型のポイント「ジャリ」で安定して釣れだしたようなので、期待して出撃。

3時半集合とのことですが、3時すぎに港に到着すると船長も来て出船準備。予約はわりと早めで6人目くらいでしたが、数日前の活性悪い時でもゴリオさんがミヨシで結構釣られていたので、前日から活性上向きなら私でもミヨシに入ってもそこそこ釣れるかと重い、オマツリ回避を優先してみましたが・・・

160521turiza.jpg

それと、私の事前の予想では右舷から左舷に向かって流れると思ったのですが、これは完全にはずれて、風の方向に船が向かないくらい潮が速く、真後ろに流れる感じでガッカリ・・・

いつも掲示板に釣行記を投稿してくださり、何度かお会いしたことあるゆきやすさんが右舷みよしにおられてご挨拶。この時期、満員で知らない人ばかりだし、船長から遠い釣り座なので、近くに知っている方がおられるとホッとします。

3時半にはみなさん乗船が終わって出船でした。ポイント到着は4時過ぎで、まだ暗くてうっすら明るくなりかけくらいに釣り開始。

最初に書いた通り、潮がかなり速く、水深57mのところ、120号の鉄仮面で65m以上もラインが出ます。ラインが横向き・・・(汗)。

160521sao.jpg

あと、ひさびさにハイパータナコンを引っ張り出してきて使いましたが、これも失敗。クラッチ切るスイッチの位置が悪くて使いにくいし、おまけにオモリを足すとパワーが足りない・・・

160521tankenmaru.jpg

魚の反応はかなり良さそうです。

1投目、オマツリしたので40号のオモリを入れましたが、みなさんオモリを入れていたので効果無く、2投目もオマツリ。

しょうがないので、鉄仮面120号に80号のオモリをぶち込んで、あとは隣の方の巻き上げや投入のタイミングを見計らうことで何とかオマツリ回避です。

これで、水深57mのところ底まで落として64mくらい糸が出ました(カウンターはあわせてきたので正確なはず)。

そうやってオマツリ回避はだいぶんマシになってきましたが(3−4投目くらい)、なかなかヒットせず。これは最悪の釣り座に入ってヤバイかもと思いましたが、しばらくしてアタリあり、いきなり良型が釣れました。

ここからは忙しくて写真を撮る暇が一切無しなので、今回は画面がさみしいですが・・・

底から9m上げてカウンター表示で55mでやってましたが、ぽつぽつの食いで、すぐ食わなくなりました。なので、50m(底から14m)くらいまで上げるとまた釣れだし、しかも結構な良型です。

あと、不思議ですが、ダブルやトリプルもたまにあり。良型ばかりです。

しかし、リールのパワーが足りず、またトリプルとか良型ダブルとかだとおとなりとオマツリしてしまいます・・・

なるべくオマツリしないように、ロッドキーパーの位置を極限まで船首側に寄せ、巻き上げる時も竿先を舳先側に向けて細心の注意を払いましたが、良型ダブル以上だと高い確率でオマツリしてしまいました・・・

トモのほうも入れ食いのようで、どうもタナがかなり上まで浮いているようですが、私の釣り座ではあまり上では食わず、最高でもカウンターで48m(底から16m)でしたが、カウンター表示で53〜50m(底から11〜14m)くらいが一番釣れました。

私はだいたい竿を手持ちでやるのですが、それだといつも帰りは腰が痛くなり、翌日には全身の筋肉痛がひどいので、今回は置き竿でコマセを出して巻き上げも置き竿でやるつもりが、リールのパワー不足でレバーをシャクリのスピードが遅すぎだし、巻き上げも竿を手持ちにして舳先を向けてやったので、へとへと・・・

そのうち、イサギがヒットして突然リールの巻き上げがストップしたかと思うと、何とリールがブラックアウト・・・

誰かとオマツリしたのかと思いきや、手巻きで巻き上げると、何と、良型のダブルで一匹がスレでした(笑)。

そこでリールを予備のレオブリッツ300Jにかえましたが、それでも動かないので、どうやらバッテリーが昇天したようです。

しょうがないので、探見丸用に持ってきたバッテリーに変えるとちゃんと動きました。こんなことをしてしまい、時合いなのに結構な時間のロス・・・

レオブリッツ300Jもたいしてパワーが無いと思ってましたが、ハイパータナコンよりはずっと快適でした。

ただ、ここらから食いが少ししぶくなり、と言うか潮がゆるんできたので少しコマセの出し方を立てにやるようにしたらまた釣れ出しました。

潮が速い時は置き竿で小刻みに鉄仮面を動かすような出し方のほうが良かったですが、ここからは手持ちで竿をしゃくってコマセを出しながら2m上げる感じが良かったです。

あと、探見丸が途中から使えなくなりちょっと残念。

と言うのも、探見丸はかなり参考になります。

探見丸の上のほうまで反応が映っている時はかなりタナを上げないと小さめが釣れます。反応が出ていない時は下のほうに下げないと私の釣り座では釣れなかったです。

おそらく船の後ろのほうに群が固まっていて、群の中心ほど小型が多く、群の外側に大型が多いのでしょう。そのことがよく実感できました。トモの釣り座だと、かなりタナを上げないと小型が混じったのではないでしょうか。

そのうち、潮が気持ち程度ですがゆるんできたので、オモリを少しずつ落として行き、40号にするとずいぶん楽になり、最後の1時間はオモリなしでできました。

オモリを減らしていったので糸はずっと63mくらい出ましたが、潮の流れも真後ろ方向ではなく、右舷前→左舷後方のななめ方向になりオマツリもなくなって一安心。

たまに小さいのも混じるようになりましたが、リリースするような小型は滅多に釣れませんでした(終盤に小型が釣れ、3匹リリース)。

あと、今日はいつもとやりかたを変えて、釣りの後の処理を合理化しました。

いつもは、ほぼすべてのイサギを神経締めしていましたし、クーラー二つ持っていってある程度冷えたら別のクーラーに移して冷やしすぎないようにしていました。

しかし、すべてこれをやるのは無駄なので(どっちみち最初のほうで釣れたやつは何しても活からない)、終盤に釣れたやつのみ神経締めすることにして、途中まで釣れたやつは冷えすぎようなどうしような気にしないようにしました。

なので、大きなほうのクーラーにどんどん放り込んで行き、9時以降に釣れた良型のみ、しばらく海水で泳がして落ち着かせた後に神経締めと血抜きして持ち帰ることにしました。

終盤になると潮がゆるんで右舷から左舷に流れるようになりやりやすくなりましたが、ここらへんからゴマサバやマルソウダが邪魔しだしました。

その後、船の位置を修正、最後の20分ほどは探見丸もなかったのでタナがわからず小型ばかり釣ってリリースしてしまい伸び悩みましたが、イサギの高活性に助けられて、最悪と思われた釣り座でも十分な釣果を得ることができました。

あと、不思議と、今回はダブル・トリプルが結構あり、空振り・お祭り・リールトラブルなど時間ロスした割には数が伸びました。トリプルが4、5回ありました。

(結果)イサギ25〜35センチを81匹、ゴマサバ3匹

160521chouka.jpg

右側の小さいほうのクーラーの上のほうのイサギ20匹くらいだけ神経締めしたもので、あとは神経締めしませんでした。

今回は中盤まで潮が速くて気が抜けなかったので、仕掛け投入中や巻き上げ中には作業ができなかったから、前半は神経締めしなくて手返し優先にして良かったです。

終盤は潮がマシになり予定通り最後の1時間くらいだけ神経締めできましたし。

朝一、ブッ飛び後ろ向きに流れる潮で、ミヨシに入ってしまってどうなることやらと危惧しましたが、上り潮でイサギが高活性になり、結果よく釣れて一安心。

と言うか、逆に充実感がありました。オマツリも他の釣り座よりは少なかったと思いますし。

我が家でキープした11匹です。白子持ちのオスは2匹だけであとはメスばかりでした。

160521keep11.jpg

まだ脂ノリノリで、たんなる刺身、たんなる塩焼きでもものすごい美味しかったです。

160521isagi_hikashibou.jpg

また行きますので、どうかまだしばらく脂ノリノリでありますように・・・

釣り | Comments(7) | Trackbacks(-)

Comment

編集
電動リール新しいのはよくなり、ハイパータナコンは使い物にならなくなってしまいましたね、私は予備に入れてる事が多いが壊れた時の予備にもならないかもですね。

ついに3桁でましたね(多分今シーズン初めてかな?)次回3桁目指して頑張って下さい。

私は仕事の日に行ってやろうと思ってまだ次の休み予約してなかったのですが、なんか色々あり休みまで無理そうです。
2016年05月23日(Mon) 22:00
ご迷惑をおかけしました
編集
ご一緒できて楽しかったです。すっかりスリムになられてましたね。
大潮で120号の鉄仮面ではながされてカーク船長に錘お借りしてしまいました。
釣果81匹!さすがです。私は53匹(25~35センチ)でした・・・
途中、鉄仮面2回飛ばし仲政丸の物つかうなどバタバタの釣りでした。
また機会あればよろしくお願いします
2016年05月24日(Tue) 05:22
編集
>ゴリオさん

ハイパータナコン、あんなにパワーがないとは思っても見ませんでした。ひさしぶりだったので。でも潮の抵抗とオモリの重さでバッテリーが昇天するくらいでしたので、しょうがないかも・・・

以前に鉄仮面にフィットするようにオモリを加工されてましたが、頂いたのをなくしてしまい、私もたくさん作ろうかと思っているのですが、作り方教えてもらえますか?または、作ってもらえるとありがたいですが・・・(あつかましくてすみません。とりあえずいっぺん自作考えます)

次回釣行で、三桁までは望んでませんが、夢中で釣りできて楽しい感じになれば良いかなとは思ってます。今回は帰港が10時45分くらいだったと思いますので、午後便ある日なら、11時には港を出て、1時前には間違い無く帰宅できると思いますよ(笑)。


>ゆきやすさん

道具飛ばされて大変でしたねー。オモリは気にしないで下さい。潮が速くてオモリで重くしたらラインの負荷も大きくなってPEラインでも切れることあるようですね。私も前回に高切れして一式なくしましたが、二つなくすと高額出費で大ショックですね。

右舷は左舷よりやりにくかったと思いますが、トラブルあってもおみやげ確保できて良かったですね。こちらこそ、またお会いしましたらよろしくです。
2016年05月24日(Tue) 08:20
編集
錘、私も減ってきてたので作りました。
10個あればたりますかね?

レンガか何かで型を作り溶かして流すだけなんですが、型作るのが大変です。
型置いてますんで、また無くなれば作るので遠慮なく言って下さい。

掲示板に写真載せておきます。
2016年05月24日(Tue) 18:31
編集
ゴリオさん、どうもありがとうございますー

10個も!そんなにいただければ、ものすごいありがたいです。
2016年05月25日(Wed) 08:17
編集
こんにちは。

リールは、すごく重要ですよね。もうすぐボーナスなので新しいのを買おうかと探しています。

今まで、チョクリをやったことないのですが、今年はチャレンジしたくて、イサギ釣りとチョクリの両方兼ねたのを探してます。都合良すぎ??

小さくてパワフルな電動って難しいですね。
上島は、電動も安いのですか?
2016年06月01日(Wed) 07:22
編集
>のぶさん

最近のリールはかなり良くなっているので、かなり小型のでも使えると思いますが、チョクリはあまり弱いと厳しいでしょうねー。

チョクリに使うならシンクロ・レベルワインド(フォール中の糸の出に同調してレベルワインダーも動く)でないものは絶対ダメだと思います。糸がスムーズに落下してゆきませんので。ダイワはどれも大丈夫だったと思いますが、シマノの電動リールでは固定式や半固定のレベルワインドが結構あるみたいです。

たしかフォースマスター800は小型のわりにモーターもそれなりに強いですし、シンクロ・レベルワインダーですし、これなんか良さそうかと私は思ってましたが、どうでしょうね?
2016年06月01日(Wed) 08:21












非公開コメントにする