カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP喜び・楽しみ ≫ どうでもいい話

どうでもいい話

(その1)不純異性交遊

先日の朝、通勤電車の車内でいやなものを見ました。朝の7時半くらいですから、ほとんどが通勤のサラリーマンばかり、すこし通学の学生も混じっています。

そのなかで、制服姿の高校生男女が不純異性交遊をやりはじめました。朝っぱらから公衆の面前で。

もちろん、本番行為までやっていたわけではなく、体を密着させて抱き合っていたくらいで、まあ、いちゃついていた程度と言えばその範疇かもしれませんが、私が乗ってから降りるまでの約20分間、ずっとやってました。

これは、電車内で化粧する女を見る以上に不快でしたね。

電車内で高校生が不純異性交遊をしていた、日本死ね

とブログに書いたら国会でとりあげてくれるかな(爆)。

電車内の化粧もそうですが、見て不愉快だと言うと、「じゃあ見なければ良い」とか言ってくる奴がいるんですが・・・

いやいやいやいや〜、1度見てしまってからもう見ないようにしたところで、見てしまったものを見なかったことにはできませんからーーー(東京03の角田みたいな言い方で脳内再生してください)。

見て不快になった記憶を消すことはできませんし、それ以後に見ないようにしても(当然そうします)、そんなことをする奴がそこにいると言う事実に何のかわりもありません。

なので、「見なければ良い」は何の解決にもなりません。そんな奴が平然と存在している世の中が許せないのだ、と言い換えても良いくらいなのです。

「電車内化粧女専用車両」でも作ってくれたら、そこには乗りませんが。

あと、電車に乗ってきてからいきなりハンドクリームを塗りだすのも、臭いからやめてほしいですね。

先に塗ってこいよ!(東京03の飯塚みたいな言い方で)。

まあ、ハンドクリームを塗るくらいはしょうがないにしても、前にも書きましたが、何故これらの行為が不愉快かと思うか。破廉恥だからです。要するにお前さんのプライベートな行動を公衆の面前にさらしてくれるなと言うことです。それがマナーでしょう。

破廉恥な振る舞いを見せられるのは誰だって不愉快なはずです。傍若無人と言っても良い。

うんこ、オシッコをしている姿を見せられるのと同じと言うことです。それを見て喜ぶのは変態だけです。普通は不快に思うでしょう。

もちろん、化粧したからって汚物が出るわけではないから、うんこ、オシッコをするほど悪くはないですが、そういうのは人の見てないところですませておけ、と言う話です。

私からすれば、電車内の化粧も、人前でいちゃつくのも、ストリーキングも、どれも同じ種類の行為で悪質さの程度が違うだけです。いずれもわいせつ物陳列罪?公然わいせつ罪に相当です。

罰としてふさわしいのは、全裸で駅前に磔の刑。



(その2)ただの愚痴

ビッグフィッシングがリニューアルされて、まあ私から見れば用無しのクソみたいな番組になった件ですが、私だけの意見でもないようですが、好き好きあるでしょう。

いちおう、一視聴者としての意見を番組ホームページから送りました。わずかな望みをかけてですが。そう、ただ愚痴を言っていても意味ないですからね。

同じ理由で、政治についての不平不満をいつもいっていて、ただ選挙に行くだけなのも同じだと思います。選挙に投票に行く程度のことをしたところで、世の中には何の影響もありません。何故かと言うと、選挙結果が一票差で決まることはまずありませんので、行っても行かなくても結果には何の影響もないからです。

もちろん、自分自身の満足のために行っていると言うなら結構でが、スポーツ観戦と同じで、自分が行っても行かなくても結果は同じです。

政治に不満があるなら、直接政治家に言うのはどうでしょうか。自分の選挙区の国会議員、地方議会議員などに文句を言ってみては。直接本人にでなくても、事務所とか秘書とかでも良いと思います。電話して文句なり要求なりを言えば良いでしょう。

まあ、私はそこまでしませんが、メールで意見や質問を送ったことはあります。返事をくれた事務所、無視された事務所など色々でした。

投票など行ったところで自己満足以上の意味はあまりないですし、相手に届かないところでいくら吠えても無駄で無意味です。もちろん、事務所に直接文句を言ったところで、それすらも無駄かもしれませんが・・・



(その3)業務上過失大量致死事件

熊本〜大分の大地震、本当に大変です。こういうことがおこると、一致団結してなんとかしなければ、自分もなにかしなければと思うものでしょう。日頃自分勝手な私ですら多少は思うのですから。

こういう状況になると、真面目な人ほど、「復興のための消費増税」とか言うのに賛同してしまうようで怖いです。真面目な人に経済をよくすることはたぶんできません。

国の借金は子孫へのツケの先送りだから今の世代が負担しなければと言って増税をすすめる人もいます。真面目な方なのでしょう。気持ちはわかりますが・・・

でも、デフレ下で増税しても税収は増えませんので、無理して増税してもかえって状況を悪くするだけです。ギリシャが典型です。アイスランドも。

ギリシャの場合は、デフレにおちいったきっかけはギリシャの自業自得でしたが、少なくともそうなってから無理矢理プライマリーバランスとかやっても、それを真面目にやればやるほど余計に状況は悪化します。

実際、ギリシャは景気対策を一切せずに、予算をガンガンけずってプライマリーバランス(単年度会計の財政収支)を無理矢理黒字にしていました。アイスランドも同じです。

両国ともプライマリーバランスが黒字で財政破綻しました。財政破綻する前の数年間はいずれもプライマリーバランスは黒字だったのに、です。と言うか、経済状況が悪いのにプライマリーバランス黒字化を本当にやってしまったからこそ、税収が枯渇して破綻したのです。

普通はそんなことすれば、企業は倒産しまくり失業者が街にあふれて社会が滅茶苦茶になるからやらないもんですが、やってしまうのが愚かなのでしょうね。

不景気の時に2%の消費税増税をやってどれほど自殺者が増えたか、日本の場合です。

160423zouzei.jpg

消費増税だけではなく、「消費増税を含んだ政策の失敗による景気悪化が招いた自殺者の増加」と言ったほうがもうちょっと正確な表現かとは思いますし、因果関係があるのは景気悪化と自殺者増加ですが、消費増税のインパクトが大きいのは間違いありません。

図を見ると、自営者の自殺者が一番増えています。逆に、景気の影響を直接受けないような管理職・学生・主婦・主夫の自殺はあまり増えていません。無職の自殺が増えているのは、失業者そのものが増えたことによるものでしょう。失業を苦にして自殺と言うパターンかと思います。

地震は自然災害ですが、増税による景気悪化での自殺者増加は人災です。

日頃から「命を守れ」とか言っている左派・リベラル方面もあてになりません。妙に真面目で潔癖すぎるために、経済についてはダメです。欧米の左派は割とマシなのですが・・・

景気対策としてでもバラマキはけしからん、とか、借金は何がなんでもいけません・・・などと思っている面があり、経済問題に関してはきれいごとばかり言ってあてにできません。

唯一正しい再分配政策も、彼らが言ってるのでは実現不可能なほど極端すぎますし。景気を良くして自殺者を減らし税収を増やすなどと言う発想もなく、結局は財務省の緊縮路線に近くなってしまいます。

右派・保守系は新自由主義バカ、左派・リベラルは経済オンチ。

「右を向いても 左を見ても 馬鹿と阿呆の絡み合い」
  鶴田浩二(歌) 「傷だらけの人生」より



今の日本の状況で消費税を予定通りにやれとか言うのほ、ほとんど殺人に近いと思います。そう考えると、財務省や以前の日銀、そして増税派の議員たちには殺人罪は言い過ぎかもしれないとしても、少なくとも、業務上過失致死くらいは適用するのが最低限必用でしょう。

業務上過失大量致死です。

経済政策の失敗、不況時の緊縮財政で人がたくさん死ぬのは、公衆衛生学的に証明されています。



増税するならまず経済環境をととのえる、それも中途半端ではなくしっかりととのえてからでないと無理です。

もう、お願いですから、NHKで、もしくは民放なら池上彰の司会で、クルーグマン、スティグリッツ、ピケティの特集でもやってくれませんか!?ちゃんとわかっている人が台本を書いて。

私がここで何を書いても無駄ですし、誰も信じないでしょうから。

ともかく、震災と人災の二重災害だけは勘弁してほしいですね。



(その4)バカについてのアフォリズム集

勤勉で優秀なものは参謀にしろ。怠惰で優秀なものは指揮官にしろ。怠惰で馬鹿なものは兵隊にしろ。勤勉で馬鹿なものは即座に銃殺にしろ。
(ハンス・フォン・ゼークト)

完全に愚かな者より,半分愚かな者のほうが愚かだ
(ユダヤのことわざ)

学問のある馬鹿は無知な馬鹿よりももっと馬鹿だ
(モリエール)

愚者と賢者はともに害がない.半分の愚者と半分の賢者だけがいちばん危険である
(ゲーテ)

勤勉な馬鹿ほど、はた迷惑なものはない
(ホルスト・ガイヤー 精神医学者)



(その5)まちがい探し?

暗い話や文句ばかり書いたので、最後は笑えるネタで・・・


160422sakana.jpg


160422setsuko.jpg


160422tenchou.jpg


160422cyuri.jpg


160422gundam.jpg


160422gussan.jpg


160422hamasakisan.jpg


160422katsuo.jpg


160422saitama.jpg

喜び・楽しみ | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする