カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ イサギのちアジ

イサギのちアジ

2016年4月9日(土)イサギ・アジ釣り@仲政丸(和歌山・美浜)

日出5:36 正中12:01 日没18:27
天候:晴れ  風向:北  潮:上り~下り潮  水温:18度  波高:ベタ凪
気温:12→20℃

160409shio.jpg

(結果)
160409chouka.jpg



さて、またまた今の時期に美味しいイサギ釣りに出撃ですが・・・。

人数集まれば午後便でアジ釣りに出てくれると聞いてはいましたが、ブログにちらっと書いた程度で、3人集めるのはなかなか難しいですし(1人ならなんとかなりましたが)、もし声かけて釣れなかったら責任感じるし、と言うことで、あまり積極的には私も人集めなどしませんでしたので残念ながら無理でした。

まあ、イサギが釣れてくれれば美味しいし楽しいので、イサギを頑張って釣ることに。

4時半頃に港に到着して準備してますと船長がやってきて乗船開始。お客さん4人で、私が予約1番でこんな感じで入りました。

160409turiza.jpg

前回には楠井沖?でしたが、あの場所は私らが行った翌日からはまったく釣れなくなったようで、もうちょっと手前の関電沖あたりのポイントでした。

5時前くらいに出船、ゆっくり走って5時半ころにポイントに到着、釣り開始です。水深はたしか最初は47mくらいの場所だったと思います。

160409_0530tankenmaru47.jpg

ものすごい時化の後だったのでちょっと心配ですが、前日に出船した船は良く釣れたようなので期待して釣り開始。

160409_0545scene.jpg

釣り開始、第一投目でたしか釣れたように記憶していますが、10分くらいやってすぐ釣れなくなり、群が固まらないか何かですこしポイント移動。

160409_0545tankenmaru.jpg

すこし浅い場所へ移動してやりますと、ちょっと小ぶりのイサギですが、ぽつぽつと釣れ出しました。

しかし、かなり型が小さいです。となりの手釣りの方はまずまずの型のイサギを釣っています。

潮はあまり動いてませんが、どちらかと言うと私の釣り座のほうが良さそうな場所のはずですが・・・

指示ダナは底から5〜7mくらいだったかな?底〜30mくらいまでを探ります。

タナも安定せず、エサを指してもあまり食いません。

そして、仕掛けを上げてくるとクラゲの足がひっかかってまして嫌な予感。かなり潮が悪いようで、イサギが食わない潮です。1日で一気に潮が悪くなったようです。

5m以上ではアタリが無いし刺し餌もとられないので、底近くを狙ってチヌでも釣れないかな〜と思っていたら、良い感じのアタリあり!

結構な引きでイサギではありません。最後まで良く引くからイラとかでもないでしょう。石鯛なら最高ですが、上がってきたのは45センチくらいある立派なチヌでした。

ひさびさに良い引きを堪能しました。

この後、同じことをしてもう一匹チヌを追加。2匹も釣れたからもう十分と思ってましたが、帰宅後にこのチヌを刺身で食べてみたら、ものすごい脂のノリで最高にうまくてびっくり!

アラの味噌汁も脂ノリノリでコクがあり最高に美味しかったです。こんなことならもっと狙えば良かった!?

この後、右舷トモの方もチヌを1匹釣られていました。

160409_0930ikesu.jpg

イサギのほうは15匹くらい釣ってからさっぱり食わなくなったのでチヌを釣ってましたが、チヌ釣り(底狙い)をやめてイサギ狙いしてもその後に追加もできず・・・

そんな時、ふと見るとまたフグが泳いでいたので、ちょっかいをかけてみることに・・・

アミエビを海面にすこしまいてフグを近くにおびきよせてオキアミを刺した仕掛けを入れますと、すぐに食いつきましたが、あわてて早合わせしてバラシ残念。

もう一度同じことをやると、またすぐ食ってきましたが、今度は遅合わせすぎて飲み込まれたのか針ごと持って行かれてプッツン。

ここからはフグもかなり警戒しだして、なかなか近寄って来なくなり、近寄ってきても一瞬だけくわえてすぐはき出したり、ハリスを見切ってすぐUターンしたりなど。

でも実に面白いですね。いつもは竿先でしかアタリはわかりませんが、食いの悪い時は海中ではこんなふうになっているのかと思うと、見釣りと言うのは実に参考になります。

しばらく休んでイサギ釣りしていると、またフグが寄ってきて、全部で4匹くらいいますので、再度チャレンジ・・・

また何度かバラしましたが、4匹のうち1匹だけ大きいやつが、バラしても何度もアタックしてきます。

そして最後は無事にゲットできました(笑)。執念でゲットです。他のお客さんはあきれ顔?そんなことは無いと思いますが、船長も笑ってました。私は大満足です。

またまた結構なサイズのシマフグでしたので1匹あれば2人で唐揚げを腹一杯食えますからこれで十分で、あとはイサギ釣りに集中することに。

ところが潮が悪い上に潮も止まってしまい、何しても釣れません・・・。

160409_1000ikesu.jpg

時刻は10時過ぎ、早い時だとあと1時間少々で釣り時間終了です。私的にはチヌ2匹とシマフグ1匹がいずれも良型でしたので、本命イサギはちょっと寂しい感じでも、すでにみやげは十分かなと思ってました。

おとなりの手釣りの人はイサギを30匹以上、私は20匹くらい、他の人はもうちょっと少ないくらい?それらの釣果を確認すると船長は何か考えてくれたようで、ベタ凪だしと言うことで大移動に・・・

船は紀伊水道方面へ進み、しばらく止まる気配もなく進み続けましたので、もしかしてアジ釣りのポイントまで行くのかなと思い、竿をアジ用にチェンジ(笑)。

160409_1110ishimaoki.jpg

1時間近くも走り、紀伊水道どまんなかよりやや伊島寄りのポイントに到着、水深77mです。

160409_1110tankenmaru77.jpg

適度な下り潮が流れ、ほとんど無風のベタ凪状態。船長の指示ダナは底から3mくらいで釣り開始。

一投目、いきなり良い引きの魚がヒット!

水深が深いのでドキドキです。

上がってきたのは40センチほどの良型のマアジで、いきなり大興奮。家で計ったら42センチありました。この日最大でした。

しかし、この後は15センチほどの小アジが釣れだしたので、アンカーやりなおしてポイント修正。その後も船の位置を微調整すると、良型マアジが釣れ出しました。

しかし、これまたおとなりの手釣りの方が入れ食いのダブルトリプルありで釣れてますが、私はぽつぽつでかつ単発です。

釣り座的には潮下の私のほうが良さそうですが、魚礁に近すぎると小アジが釣れてしまうので、距離感が難しいらしいです。

しょうがないのでタナを上げますと、どうにか良型マアジがまた釣れ出しましたので一安心。

でも水深が深いので途中でバレます。どっちみちかかりどころの悪いのはゆっくり巻いても絶対にはずれますし、あまりたらたら巻いていると、かかりどころがそんなに悪くないやつまで穴が広がってバレるので、そこそこの速さで巻いてダメなものはあきらめるくらいのほうが良いと思います。

ただ、抜き上げの時もばれますから、抜き上げずにタモを使いました。これはかなり有効です。

船長が、「20匹くらい釣れたらいいけどねー」と言ってましたので、どれくらいの時間アジ釣りするかわかりませんが、目標は20匹にしました。

最初は良型アジがぽつぽつ釣れてましたが、そのうち、タナを上げても小アジが釣れたりするようになったので、もっと上げて底から10mとか12mとかにしたら、何とイサギが釣れました。

このイサギのサイズはそれほどでもないですが、丸々と肥えてました。あと、水深が深いからか、こちらのイサギのほうが朝に釣れたやつより黄色っぽかったです。

その後、もういちどポイント修正したら私にもまた良型アジがぽつぽつと釣れるようになりましたが、アジ釣り開始から2時間ちょっとの午後1時過ぎになると食いがやんできましたので、そこで終了となりました。

(結果1)美浜沖:イサギ23〜28センチ24匹、チヌ45センチ前後2匹、シマフグ45センチ

(結果2)伊島沖:イサギ6匹、マアジ25〜41センチ14匹、マルアジ30センチ前後4匹、小アジ15センチ11匹、タマガシラ23センチ1匹

160409chouka_isagi_aji.jpg

160409chouka_tinu_fugu.jpg

イサギはちょっと小ぶりで良型無しでしたが、味は良かったです。白子・真子を持ち始めているもののほうが多かったです。

160409isagi_shirako.jpg

アジ釣りも、延長してもらって2時間ほどできまして、ありがたいことです。凪でラッキーでした。

160409chouka_ajis.jpg

良型アジの目標は20匹でしたが、やはり巻き上げ途中ではずれるのがなければ余裕でクリアしてたでしょうが、釣り上げることができたのは14匹でした。写真は5匹ほど嫁いだ後の帰宅後ですから少ないですが。

船で数えた時はマアジ15匹と思ってましたが、家でよく見たらそのうち1匹はマルアジでした。

ちなみに、嫁いだアジのうち一部はグレに変身(笑)。魚のトレードでした。

160409chouka_gure.jpg

マルアジは合計4匹釣れて、いずれも身がプリプリしてこれも美味しそうでしたが、マアジとの違いは形だけでなく、エラにサヨリヤドリムシと言うのが寄生しています。


160409maruaji_yadorimushi.jpg

マアジでは見たことありませんが、マルアジは小アジでもほとんど付いています。

さすがにマルアジが大きいので寄生虫も大きくてびっくり!

グロ画像、失礼しました・・・

小アジ11匹、これも身がプリプリして美味しかったです。

160409chouka_koaji.jpg

今回釣れたアジのうち、35センチくらいのをおろしてびっくり!ものすごい脂のノリです。

160409aji_oroshi.jpg

過去に春先のアジ釣りを何度かしましたが、こんなに脂がのっていたのは私ははじめてです。脂無しのほうが多かったので。

今年はアジもよく釣れているみたいですので、アジが良い年なのでしょうか?

私が船釣りをはじめた頃は春先のアジはもっとよく釣れてましたが、数年前には激減して大阪湾でも小アジすら稀少と言う時期が続いてましたが、この調子で回復してくれると良いのですが・・・

チヌとアジの刺身。

160409ajitinu_sashimi.jpg

このチヌがまた、皮を引いてびっくり。脂でテカテカでした。刺身でも美味しく、そしてアラを味噌汁にしたら最高!あとは鍋で食べる予定です。

ちなみに、今回はアジ、チヌ、グレと子持ちでしたので、すべて丁寧に取ってみました。

160409shirako_mako.jpg

左から、アジ、チヌ、グレの真子と白子です。

どの白子もクセがなくて美味しかったです。真子は料理したらイマイチ違いがよくわかりませんが(笑)。
釣り | Comments(11) | Trackbacks(-)

Comment

イサギとアジについて
編集
前に一度ご一緒させていただいた博士と言います。初めてコメントさせていただきます。私はまだまだ初心者なのですが、質問させてください。イサギの時とアジの時では竿や釣り方はどのように区別されていますか? よかったら教えてください。
2016年04月13日(Wed) 15:03
編集
博士さん、コメントありがとうございます。

竿のこと書き忘れてました。イサギは短め・固めでアタリ取りやすい竿でやりました。大阪湾のタチウオの竿ですが。食いの悪い時や潮が動いていない時は小さいアタリであわせて釣ったほうが良いような気がしていますので。イサギはなぜかやわらかい竿でゆっくり巻くほうがはずれるのが増える気がします。

アジ釣りのほうは柔らかい胴調子にしました。理由は、ここのアジ釣りは水深が割と深いので、あまり竿が固いと口切れを誘発してバラシが増えるかなと思ってのことです。でも、あまり柔らかすぎる竿だとコマセを出しにくいので、落とし込みの竿(6:4調子)でやりました。

釣り方は基本的に同じで、狙ったタナでコマセをしっかり出して仕掛けとまきエサがよく同調するようにイメージしてやってます。ただ、食いの悪い時のイサギはあまり鉄仮面をがちゃがちゃやると警戒するので、その時はしずかにやります。
2016年04月13日(Wed) 16:50
感謝
編集
ありがとうございます
とても参考になりました
次の日曜日N丸に出撃します
2016年04月13日(Wed) 18:02
編集
アジ釣り出来て良かったですね。

もしかして「アジ釣りしてくれないかな~」と船長に聞こえるように独り言、言ってないですよね(爆)。

伊島沖のデカアジいままで美味しい思い出はないですが、写真見ると今年は黄色く美味しそうですね。
2016年04月13日(Wed) 18:25
編集
いい釣果ですねー。さすがです。

私は日曜に加太の荒神丸のメバル釣りに行ってました。初めての船でしたが、まずまずの印象でした。

で釣果ですが、メバル26cm1匹、ガシラ15匹、チャリコ2匹 と、おとなしめに終わりました(笑)

近いうちにN丸に行きたいなと思ってます。
2016年04月13日(Wed) 19:05
編集
こんばんは(^o^)/万年(サササッのおじさん)です

イサキとアジのリレー釣りですか
三重では今アジが絶好調なのですが抱卵したアジが多いようです
今年はまだ行ってないのですが(・・;)
日曜日にまたアカムツ釣りです
釣れると良いな

一番大きなアジ美味しそう(*^_^*)
2016年04月13日(Wed) 19:53
編集
おお!たくさんのコメントが!!!

>博士さん

日曜日に行かれますかー、それは頑張って下さい。アジ釣りもあると良いですが、私の時は凪だったからと言うこともあるみたいなので、イサギのみだったらイサギが良く釣れたらいいですね。


>ゴリオさん

いえいえ(笑)、今回は、もし午後便でアジ釣りも出るようなら通しでお願いしますと事前に言ってあったので、言わなくても私がアジ釣りもしたいことは船長は知ってくれていたとは思いますが、イサギがイマイチだったことプラス凪だったのもあると思います。料金も遠征料金でした。

今年の大アジは例年より美味しいと思いましたねー。また行けたらいいのですが・・・


>しんすけさん

加太のメバルですかー、メバル釣りは難しいですね。私は完全にリタイアしてしまいました。大阪湾のタチウオも、余程爆釣の年でないと行かないことにしましたし、和歌山通いばかりになりそうです。

今は中紀のイサギちょっと不安定かもしれませんし、アジ釣りにはその時の状況によるみたいですが、行かれましたら良い日にあたると良いですね。


>万年さん

和歌山のアジも抱卵してますねー。今の時期は乗っ込みのアジなんでしょうね。他の時期には大きいのは釣れませんので今だけですからまた行きたいですが、他にも行きたい釣りもあり、悩むところです。

大きいアジ美味しかったですが、小アジも意外に美味しかったです。
2016年04月14日(Thu) 08:29
編集
お久しぶりです。
昨日、仲政丸に行ったのですが、イサギ釣りで初めてチヌを2匹ゲットできました。
脂が乗っていて、造りと塩焼きにしましたが、とても美味しかったです。卵と白子がはいっていたけど、食べ方が解らず処分しましたけど、、、

昨日は、ウネリのような波が強く、久しぶりに船酔いしてしまい、釣果は、イサギが52匹とチヌが2匹でした。少し消化不良気味でしたが、イサギもチヌも最高に美味しかったです(^_^)

2016年05月06日(Fri) 12:45
編集
のぶさん、こんにちは!

なんと、昨日、私のおとなりで釣っていた方が、のぶさんでしたかー、愛想なくてすみません。

チヌを釣られたのを見て私も小さめのチヌが1匹釣れましたが、私のやつはやせてて脂なく残念なチヌでした。

イサギすごい美味しかったですねー、もう本格化したようですね。たしかに波がひどくて、私はどうにか酔いませんでしたが、揺れたのせいか(下手のせい?)10匹以上途中ではずれたので、私も釣果はイマイチ伸びませんでしたが、イサギ美味しくて良かったです。

今度またお会いしましたらよろしくお願いします。
2016年05月06日(Fri) 18:47
編集
こちらこそ愛想無くてすみませんでした。

朝イチのキャビンの中で酔ってしまってて、自分の釣りで精一杯でした😅

神経締めをされてたのと、クーラーにウエシマ釣具のステッカーがあったので、多分カーク船長やなぁと思いながら声を掛けれませんでした。

次回お会いした時は、色々と教えて下さい。
よろしくお願いします。
2016年05月06日(Fri) 19:28
編集
のぶさん、どうもです。

確かに、顔色が悪かったので船酔いされているのかと思ってました。酔っている時はしゃべるのもしんどいですからねー。

こちらこそ、まだまだ下手くそなので教えて欲しいことだらけですが、今回もゴリオさんはほとんど途中ではずれなかったらしいので、そこらへんが釣果の差なのかなと思って、何が違うのかわかりません。

では、またお会いしましたら、よろしくです!
2016年05月06日(Fri) 22:30












非公開コメントにする