カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP料理 ≫ グレの値打ち

グレの値打ち

2回連続でグレ釣りに行き、よく釣れてくれまして、いろいろ食べました。美味しい魚です。

とりあえず刺身で。上がグレ、下がサンノジです。
160312sashimi.jpg

この時はサンノジが奇跡的にうますぎて、グレの刺身がかすんでしまいましたが・・・

グレのカマと真子の味噌汁。
160313misoshiru.jpg

真子は沈んでいて見えませんが(汗)。カマの部分、コクがあり美味しいです。口太です。

白子をネギポン酢で!
160313shirako.jpg

魚の白子はかならずしも好きではないですが、グレのはうまい!フグ、そしてマダイの白子に匹敵!?まあ同時に食ったことないのでわかりませんが。

そしてグレ鍋。
160314gure_nabe.jpg

この時期抱卵していないので脂がノリノリの尾長の身と、口太の白子で鍋をすると最高です。

グレのあんかけ中華風

160319gure_ankake.jpg

あと、グレのムニエル。
160315gure_munieru.jpg

まあ、ムニエルにして美味しくない魚のほうが珍しいかも!?

タンドリー・グレ&サンノジ
160316tandori_gure_sanko.jpg

カレー味?タンドリーチキンならぬ、タンドリーグレとサンノジでした。これははずれ無しで美味しいです。

あと、さらに珍しいところで、グレのトマト鍋。
160317gure_tomatonabe.jpg

トマト鍋、洋風の味付けですが、美味しかったです。ただ、市販のトマト鍋の素は甘過ぎ(砂糖が大量に入っている)ので、自作したほうが良いかも。次回はさらに改良予定。

グレ鍋第二段。
160322gure_nabe.jpg

またしても、尾長の身と口太の白子の組み合わせです。

160322gure_shirako.jpg

そしてグレとサンノジの刺身第二段。
160322gure_sanco_sashimi.jpg

今回のサンノジは脂の乗りも鮮度もイマイチでした(神経締めすべきだった)。逆に、大きな口太は脂がのっていて、刺身でも美味しかったです。

グレと白子のムニエル。
160323gure_shirako_munieru.jpg

今回は白子たっぷり取れましたので、鍋だけでなく、身と一緒にムニエルもしてもらいました。絶品です。

そして、グレではじめて干物を作成。
160324gure_himono1.jpg

ちょっと大きかったので、開きではなく、すべて三枚におろしてやってみました。

160324gure_himono2.jpg

美味しいかどうかわからないので、とりあえず3匹ぶん6枚だけやりました。

160324gure_himono.jpg

かなり美味しかったです。ただ、皮がすごい固くなっていてそこだけ残念でした。グレの皮は干すと固くなるようです。

まあでも美味しいのは間違い無いので、たくさん釣れたらたくさん作ろうかなと思いました。

他に保存用には、味噌漬けなども美味しいですが、今回はそこまで手が回らずでできず。

グレの煮付け
160324gure_nitsuke.jpg

グレの身は煮付け向きのようで、これまたかなり美味しいです。煮付けに相性が良い魚ですね。

25日 グレのフライ。

160325gure_furai.jpg

これまた美味ですねー。揚げると皮もプルプルで美味しいです。ゼラチンが多いのかな!?

26日 グレのパエリア。

160326gure_paeria1.jpg

以前にもやり、美味しかったので再度やってもらいました。前回はアサリでしたが、今回は牡蠣でやり、パエリアとトマトは後のせです。

160326gure_paeria.jpg

グレも一部だけ炊き込んで、残りはムニエルにして後からまぜました。

とりあえずこんなところで食いました。

グレは、このように美味しい魚なのは、釣り人ならたぶん知っている!?

しかし、スーパーであまり売ってないので世間的にはあまり認識されていないようですし、たまに見かけるスーパーではかなり安い値段で売られています。

なので、近所にイサギを配るとかなり喜ばれますが(スーパーで買うとかなり高いですから)、グレはちょっと配りにくいです。魚の値段をよく知っているのか、ツバスとかだといらないといわれたこともありますので。

私は、たくさん釣ってあちこち配りたいのですが、そういう点でグレはちょっと残念です。思い切って配って美味しさを知ってもらえたらばとも思います。

一軒だけ、グレの偏見をくつがえすことに成功しましたが。YUKAのおじさんのところですが、昔に磯釣り師から「グレなど食えたものじゃない」と聞いていたらしく、あまり喜ばれなかったのですが、食べて美味しくてビックリしていたようです。

グレ釣り、4月上旬までは抱卵グレが楽しめると思いますが、波があると無理ですので、あと1回行けるかどうか。
料理 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする