カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOPおでかけ ≫ 釣りせず串本(2)

釣りせず串本(2)

海中公園を出たのが昼過ぎで、その後に潮岬灯台の方向へ行くことにして南下。何度か行った船宿の横を通り過ぎ、潮岬方面へ20−30分くらい走ったかな?

潮岬観光タワーで昼飯を食うことに。

160227_1230tower.jpg

タワー横のみやげもの店へ行ったら結構な混雑で食堂がいっぱいだったので入るのをやめ、ソフトクリームを食って空腹をごまかして、食堂が空くまでのあいだ少し時間をつぶすために、隣にあるタワーの展望塔へのぼってみることに。

160227_1300tower.jpg

入場料の300円を払うと、「本州最南端訪問証明書」という賞状みたいのをくれたが、なくした(笑)。

NHKの天気予報でよく映る潮岬灯台が写真の右側に。

160227_1235tower_toudai.jpg

タワーから降りて1時近くなると食堂も空いきたので、「近大マグロ丼」とかいうのを注文・・・

160227_1300magurodon.jpg

何と、1.600円もして、マグロ5切れのみ・・・ガッカリ。今度行くことがあったらこんな観光スポットではないところで食うことにしよう(涙)。

腹もふくれたので、観光タワーの目の前にある「本州最南端」のポイントへ。

160227_1305sainantan.jpg

正確にはこの写真の先端が「本州最南端の地」だと思われる。

160227_1306sainantan.jpg

少しだけ戻って、先ほどの写真にも写っていた「潮岬灯台」へ行ってみることに・・・

駐車場300円なので、金が惜しい人は観光タワーの無料駐車場に停めて歩いていた。徒歩5分くらいかな!?

160227_1330shionomisaki_toudai.jpg

何と、さらに、潮岬灯台への入場料200円!まあ、中に入って上にのぼることもできるが・・・。

160227_1340shionomisaki_doudaikara.jpg

さて、その後は紀伊大島方面へ行ってみることにして、またドライブ。

串本大橋を渡り、大島へ・・・

串本大橋の写真を撮れなかったので、串本大橋を紹介するページから画像を拝借・・・

160227kushimoto_oohashi.jpg

樫木というところへ行くと、トルコ記念館などあり、有料のところは入らずで、記念碑などあり。

160227_1400torkoireihi.jpg

昔、トルコの船が沈没した時に地元の人が命がけで助けたとかいう話がトルコではいまだに語り継がれていて、確か、教科書にも載っているか何かで、そのおかげでトルコ人はかなり日本びいきらしいですな。トルコと言ってもオスマン帝国の頃(1890年、明治23年)の話らしい。

そう言えば、私が高校生の頃は「オスマントルコ」と教科書に書いてあったが、最近は「オスマン帝国」と表記するのが主流みたいで、その理由が、オスマン帝国は「トルコ民族」だけによる国家ではなく、多民族国家だからだとどこかで聞いた記憶が・・・

まあ、でもオスマン帝国の後継の国家はトルコだから別に問題はないのだろうが、でも今のトルコだってトルコ民族だけでなくクルド人やアルメニア人もいて、特にクルド人の多い地域がトルコから独立したがっており民族問題がややこしいが、それはともかく、日本とトルコの関係が良いのも、昔の串本の人のおかげということで、ありがたいことです。

↓トルコの偉人(らしい?)

160227_1430turkey_eraihito.jpg

樫野埼灯台
160227_1440kashinosaki_toudai.jpg

こちらは無料でまた上にあがることもできる。

160227_1445toudaikara.jpg

灯台に上がって足下を見ると、釣り人が・・・

160227_1445turibito.jpg

先ほど書いたとおり、過去のトルコ船の沈没を救った話が最近映画になったようで、日本とトルコの合作で「海難1890」という映画。そう言えば何かの映画を見に行った時に映画館で予告を見た記憶が。

160227kainan_poster.jpg

その昔の恩返し?フセインがクエート侵攻した時にイラクに閉じ込められた日本人を救うためにトルコが飛行機を飛ばしてくれたとかいう話も込みの映画なのかな!?去年にテレビでその話のドキュメントをやっていたが・・・アントニオ猪木が活躍していて、初耳でびっくりしたが、イノキも出てくるのか!?それとも私の記憶がごっちゃになって間違っているかも・・・

なんせ、その映画ロケのセットの残りなどあり、記念撮影(笑)。

160227_1450kainan.jpg

その後はまた串本大橋をわたって、紀伊半島の東部をちょっとだけ北上して、「橋杭岩」へ。

160227_1515hashikuiiwa_setumei.jpg

160227_1515hashikuiiwa.jpg

この後、YUKAの実家で誕生日ケーキを買ってくれていると言うことなので、夕食までに帰るために、ぼちぼち帰路についた。もうちょっとまわりたかったが、また次の機会にすることに。

帰宅時にガソリンを入れるとレギュラーが100円を切っておりびっくり。原油価格がまた下がったか、少し円高にふれたからか!?

160227_1600gasolin.jpg

給油量は34Lで、走行距離が460kmくらいだったので、燃費は13.5 km/Lくらいかな。まあ、私の車にしたら良いほうです。
おでかけ | Comments(2) | Trackbacks(-)

Comment

編集
串本近辺はガソリンが安いと、串本のカセに連れてってもらった人から聞きました。串本からの帰りは必ずガソリンを満タンにするそうです。

原油基地が近いとか無印ガソリンが流通してるとかが理由らしいですが、真相はまだ知りません(笑)。
2016年03月04日(Fri) 09:11
編集
しんすけさん、どうもですー

串本はガソリンが安いんですかー、意外でしたが、安いところはそういう理由なんですね。

大阪市内のうちの近所も結構安いほうかと思いましたが、こちらは競争がはげしいからでしょうかね。でも、前に泉南方面に行ったときには、市内より安かったです。

しかし、無印ガソリンとは初耳でした(笑)。
2016年03月04日(Fri) 16:12












非公開コメントにする