カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 寒イサギぼちぼち

寒イサギぼちぼち

2016年2月6日(土)イサギ釣り@仲政丸(和歌山・美浜)

日出6:52 正中12:13 日没17:34
天候:晴れ  風向:北(5〜10m)  潮:上り~下り潮  水温:18度  波高:1.0
気温2→9℃
潮@田辺(中潮)
160206_shio.jpg

(結果)イサギ36匹
160206choukaore.jpg



さて、日曜は釣行できないし、土曜日も釣行できるか微妙だったが、金曜の午後にどうにか目処がついて釣行できることになり、先週のイサギが美味しかったのでまた行くことに。

5時半過ぎくらいに港に到着して準備していると船長がやってきて乗船開始。

お客さん3人で私が予約最後で、前回と同じ場所に・・・。

160206turiza.jpg

たしか6時にはもう出船していたと思います。そして6時半くらいの薄暗い時間に到着。明るくなってくるとマルソウダが邪魔しに来るようなので、早朝に数をかせいでおいたようが良さそうです。

ポイントは先週と同じ、名田沖あたり?の水深60mくらいのところです。指示ダナは50mくらいで釣り開始。

160206_0700tankenmaru.jpg

1投目は空振りでしたが、2投目からぼつぼつ釣れます。しかし入れ食いと言うほどでもないですが、タナを50mより深くしたら順調に釣れ始めました。

160206_0730point.jpg

1時間ほど、50mより少し深いくらいのタナで順調に釣れ、たまになかなかの良型も混じって来ましたが、7時過ぎくらいからマルソウダが襲来・・・

ひどい時になると4本針に4匹ヒットです。

今回は何匹か持ち帰るつもりで、太そうなのをキープしましたが、すぐたまります(笑)。

160206marusouda.jpg

マルソウダは8匹ほどキープしてあとはひたすらリリースです。

7時半くらいになりマルソウダの活性はさらに上昇、まったく釣りにならないものすごい勢いですので、みなさんちょっと辟易としてきまして、船長も見るに見かねて移動になりました。

結局、ここのポイントでは18匹くらいで、実質30分少々でこれくらい釣れましたので、マルソウダがいなかったらここのポイントではかなり釣れたと思いますが・・・

160206_0741isagi.jpg

160206_0740isagi10.jpg

さて、移動はしばらく北上して関電沖あたりの水深37mのポイントへ。こちらのほうが水温が少し低いそうで、マルソウダは少ないそうです。

160206_0830tankenmaru2.jpg

こちらで指示ダナは底から5−6mくらいだったと思います。

2、3投したあたりでチャリコが釣れ、その次に良型のイサギが釣れましたが、しばらく音沙汰無し。

160206_0840point.jpg

ここのポイントもマルソウダが来ましたが、それもたまに来るくらいで、それほど邪魔にはなりませんでした。

その後、30分くらいほとんど何も釣れないような厳しい感じでしたが、そのうち反応が固まってきたのか、船長がポイント修正すると、水深20mくらいまで反応が出ています。

ここから30m前後でぽつぽつとイサギが釣れ始め、それも入れ食いでもなく、置き竿でも釣れずでなかなか難しい感じでした。

オキアミにしか食ってこず、かと言って、上のタナでも下のタナでも置き竿にしておくとエサだけ取られますし、かなり難しいです。

一旦、底まで落としてエサを出しながら上げてくると、まずまずの引き。上がって来たのは、何と、30センチオーバーのカワハギでした。30センチ以上ありました。

160206maruhage.jpg

探見丸で群がやってきた時にその中央くらいのタナでコマセを出してやるとわりと釣れることが多かったです。

なので、イサギがまきエサに付かず、ぐるぐる移動して動き回っている感じでした。

一時は、探見丸釣法で少し追加できましたが、その後は釣り座も潮上だからか、なかなか難しく、3−4投に1匹釣れるかどうかと言う感じでした。

あまり釣れないからと言って置き竿にしているとエサだけ取られるし、本当に難しかったです。

そして11時半になり、ラスト1投で終わろうかと船長からアナウンス。

いつもならここでやめますが、今日は最後の1投まで投入。

しばらくするとアタリがあり、結構良い引きです。ラストを良型イサギで終われるかと思って巻き上げて来ると、何と、30センチ弱くらいのサンバソウでしたが、タモを入れようかどうしようか迷っているうちに海面直下で暴れて逃げて行きました・・・

最後の最後まで気を抜いたらダメですね・・・

最後に良いのをバラしてしまったので、ちょっと後味悪かったです。ヘタですねー。

(結果)イサギ24〜35センチを36匹、他、小さいイサギ4匹とチャリコは最後まで元気だったので最後にリリース。カワハギ30センチ以上1匹、マルソウダ8匹。

160206chouka.jpg

↑マルソウダ8匹で少し上げ底してます(笑)。

釣果の一部です。

160206chouka_ichibu.jpg

マルソウダは、6匹は「なまり節」にして保存。

160206namabibushi.jpg

160206namaribushi2.jpg

2匹は角煮にして、しばらく弁当のおかずです(笑)。

160206souda_kakuni.jpg

マルソウダがかなり邪魔してくるとは聞いていましたが、後半のポイントではどうにか釣りにはなったので良かったです。ただ、最後にバラしたサンバソウが・・・

釣り | Comments(2) | Trackbacks(-)

Comment

編集
大きなハゲですね。肝はどうでした?

サンバソウこれからだと思うのでまた釣れるのではないでしょうか。

イサギ釣りながら美味しい外道楽しみですね(笑)。
寒ヒラメに寒ブリ釣れないかな~

マルソウダは沢山いりませんが(爆)。
2016年02月07日(Sun) 21:32
編集
>ゴリオさん

大きなハゲ、キモも特大でした。サバフグのキモくらいの大きさでしたねー。でかいのでキモの半分はキモ醤油で刺身につけて、そして残り半分はキモそのものを刺身として食いましたが、脂がすごくて私は一切れしか食えなかったです(笑)。YUKAはキモの刺身を喜んで食べてましたが。

キモ醤油にして刺身につけて食うのがちょうど良いですね。刺身もたっぷり食えました。

マルソウダ、あまりに多いので、げんなりしてきました。しかし、黒潮が離れつつあるから、ぼちぼち水温も下がって、マルソウダはいなくなるでしょうね。かわりにサンバソウなら大喜びです。
2016年02月07日(Sun) 22:08












非公開コメントにする