カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP映画・TV ≫ 2015年を振り返って

2015年を振り返って

年末にブログをアップするつもりが、30日に釣行したために超ドタバタで忙しくて不可能に・・・

と言うことで、新年早々に昨年を振り返ってみることに。

酔っ払って書いた部分もあるので滅茶苦茶な内容もありますが(特に後半)、ご容赦願います。


【昨年亡くなった有名人】

昨年、亡くなった有名人にどういう人がいたか、調べて見て印象に残った人をピックアップ。

12月9日 野坂昭如 作家

この人の作品は一つも読んだことが無いが、中学〜高校時代に朝まで生テレビを見ていた頃によく出ていた。突然切れて人を殴ったりしていたが(たしか大島渚)、亡くなった時の報道では人格者みたいな扱いだったので違和感あり。

なぜこの人が印象に残っているかと言うと、高校時代に友人から野坂昭如に顔が似ていると言われたことがあるため。たぶん口元あたりだろうか!?

160101nosaka2.jpg

私もダイエットに成功してやせてきたし、髪の毛も薄くなってきたので、やせたまま老けるとこういう顔になるのだろうか。そう言えば、親戚のおじさんに少し似ている。


11月30日 水木しげる 漫画家

この人も人格者みたいな扱いだが、気色悪いマンガでまったく読んだことが無いし、はまったことも無い。私は子供の頃にはマンガばかり読んでいたが、妖怪マンガとかまったく興味無し。


6月18日 たてかべ和也 声優

ジャイアンの声をやっていた声優さんで、亡くなったらしい。ドラえもんは中学生の途中くらいまで読んでいたが、たぶん中2くらいからピタっと読まなくなった。

しかし、藤子 F. 不二雄(藤本弘)のマンガにはかなり良い作品もあり、やっぱりこの人は偉大なマンガ家でしょう。って話がそれた。

懐かしい旧ジャイアンの声。




4月11日 羽柴秀吉

やたら選挙ばかり出ていたおじさん。だんだん票が増えてきていたみたいだが、亡くなったらしい。お金の無駄遣いだろう。


2月27日 レナード・ニモイ 米俳優、映画監督

最新作のスタートレックにも出演していたので元気だと思っていたが、COPD(慢性閉塞性肺疾患)のために亡くなった。83歳と言うことで、長生きだから良い人生だったのではないでしょうか。

160101spock.jpg

彼自身が亡くなった時よりも、昔の映画、スタートレック2カーンの逆襲のラストでスポックが死んだ時には号泣したのを覚えている。

しかし、その後はうまいこと復活したので、なんだかなあ。でも良い死に方だったし、蘇り方も上手だったので、変なご都合主義みたいな感じはしなかった。

それと比べて、宇宙戦艦ヤマト・完結編で沖田艦長がじつは生きてましたとか言うのには、お口あんぐりで呆然だったが。

ちなみに、カーク船長役の俳優ウイリアム・シャトナーはまだ生きていて結構活躍しているが、悪役になっている様子。

160101kirk_kao.jpg


それから、命が亡くなったわけではないが、昨年末に芸人生命が終わりになった、キングオブコメディの高橋健一容疑者(笑)。

実は私、キングオブコメディがかなり好きで、ネットの動画をよく見ていたが、これで解散とは残念。

160101kinkome.jpg

いちおうファンだったので彼らについてはそこそこ知っていて、見た目は今野のほうが変だが、人間的には高橋がかなりおかしいのは有名な話だった。彼がいかに変人だったかについては、こちら参照。

まさか、犯罪まで犯すとは思ってなかったが・・・。

たしかに、学校荒らしみたいなことをやっていて、窃盗犯だからその点は悪いが、しかし、女子高生そのものではなく、女子高生の制服が好きと言うのは、変態と言うか、典型的なフェティシズム、フェチと言うやつですな。

フェティシズムとは、心理学では性的倒錯の一つのあり方で、物品や生き物、人体の 一部などに性的に引き寄せられ、性的魅惑を感じるものを言う(wikipediaより)。

女性そのものではなく、女性を象徴するモノにたいして異様に性的興奮を感じると言う。それじたいは、別にかまわないと言うか、個人の嗜好の問題だと思うし、他人に危害をおよぼしたり、犯罪を犯したりしないのであれば、問題は無いと思うが、どうだろう。

そもそも、最近ではLGBTとか言って色んな愛の形があっても良いなどと同性愛を美化、少なくとも、彼らを異常と言うと猛烈なバッシングを受けるご時世なのだから、人間そのものではなく、制服に愛着を感じるのもまた、いろんな愛の形の一種で、それを変態と言うのは差別になりはしないのだろうか!?

私からすれば、LGBTも高橋健一君のような特殊な嗜好の人も、どちらも同じ、とまでは言わないまでも、似たようなものなのではないかと思う。

なので、学校に忍び込んで盗みを働いたと言う点が悪いのであって、それを償えば問題は無いと思うがいかがだろう?覚せい剤を何度もやるよりマシではないかな!?


それから、これまた亡くなったと言うわけではないが、月日の流れを感じるなあと言うか、老化が著しいと思われるケースがテレビを見ていて時々ある。私自身が年をとったと言うことだと思うが。

年末のレコード大賞か何かで、松田聖子が歌っていたのを聞いてびっくり。

実は最近、80年代ヒット曲集と言うのを借りて車の中で釣りに行く途中などに聞いていたが、その中でも、松田聖子はなかなか歌が上手だったと今更ながらにして思っていたところだった。

当時の私はとにかくアイドル歌手が死ぬほど嫌いと言うか、見るだけでムカムカ腹が立って特に松田聖子はそのキャラクターまで含めて、死んで欲しいほど嫌いだった。

街角で歌声が聞こえると耳を塞ぐほどにいやだった。

最近でも、AKBとかあのたぐいを見ると虫酸が走るほど嫌いで、テレビのチャンネルをすぐ変えるが、昔は松田聖子が大嫌いだった。

ところが、今はもう彼女にたいしてそういう感情はなくなり、冷静に聞いてみるとなかなか上手だったのだなあと思っていたが・・・

話をもどして、年末のレコード大賞に松田聖子が出てきて「秘密の花園」「渚のバルコニー」とあともう一曲何か知らない曲を歌っていたが・・・

キーを下げて歌っているにもかかわらず、声が出ておらず、超ヘタ。

一昨年(2014年の年末)の紅白でも演歌みたいな下品な歌い方をしていて超変だった。

顔こそヒアルロン酸か整形か何かでパンパンに張っていてシワなどなかったが、歌声の老化は著しく、月日の流れは残酷なものだなあとあらためて感じた次第です。

アイドル時代に感じた彼女への嫌悪感は消え去り、当時の録音を聞くとお上手と思えるようになったが、今現在の彼女を見ると、また別の嫌悪感と言うか、外見への劣化に抵抗するその悪あがきぶりにむしろある種の同情すら感じて、何とも言えない気持ちになりました。

そう言えば、おととい(2015年の年末)の紅白にはレベッカが再結成して出ていたが、これもひどくてびっくり。

別にファンでもなかったからどうでも良いが、もしファンだとしたら、どうか昔のイメージを壊さないために、二度と人前に出てこないで下さいとお願いしたくなったのではなかろうか。


【2015年の流行語と漢字】

2015年の流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」だとか!?

爆買いされたところで、去年のGDPは減っただろうから、観光立国など意味不明だし、所詮は為替で円安だから観光客が増えたにすぎない。別に観光振興に文句はないが、政府はもっとマクロ経済的に意味のあるまともな政策をやりましょう。

そして、トリプルスリー!?聞いたことも無い。

流行語と言うからには、特定の審査員の価値観ではなく、例えば新聞や週刊誌の見出し、ネットでの検索語句、街角でのアンケートなどなど、そういうデータ解析によって導き出されるべきではないだろうか!?

今年の漢字は「安」だそうだが、これは一年の世相を反映する漢字一文字を選ぶと言うものらしいが、無理がありすぎる。

一年の世相は漢字一文字であらわせません。

と言うか、一度使われた漢字はもう選ばれないのだろうか!?

と、新年そうそう、またくだらないことばかり書いてしまった・・・。

こんな私ではありますが、皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。


【2015年のダイエットと今年の目標】

昨年の8月下旬からはじめたダイエットがいまのところまだ順調に進んでおり、こんな感じ。

日々の体重変化(朝晩の平均値)
160101dayly.jpg

一週間の平均体重の変化
160101weekly.jpg

9月第一週の平均体重86.6キロから12月最終週の平均は76.6キロになり、5ヶ月で約10キロほどの減量に成功。

過去に2、3回ほど大きなダイエットをしているが、今回が一番楽にできている。

約1時間のウォーキングは2日に1回、もしくは週に4日くらいのペース。あとは、食事の量と言うか、御飯のおかわりはやめて小盛りにして、間食はほぼゼロ。筋トレはごく軽い程度のものを歩きに行けない日に少しやるくらい(腕立て30回、腹筋2種類各60回、背筋60回)。

やっているのはこれくらいで特に増やしていないが今のところ減り続けている。

この状態でいずれ平衡に達して体重の減少が止まるときが来るだろう。

今現在の体重で、BMIが24(いちおう正常範囲)だが、私の身長での標準体重は何と驚きの、70.5キロだそうな!

痩せていた頃でも72キロだったので、それ以上と言うのはちょっと無理かと思うが、まあもう少しダイエットを続けてみよう。

とりあえず目標は一番痩せていた時の72キロで、3月いっぱいでの目標をこの値にしておくことに。


【グローバル・テロの時代】

昨年はフランスでテロがあったりして、ヨーロッパでは移民排斥を訴える極右政党が台頭しかけたらしい。

しかし、極右政党の主張をちょっと調べて見ると、(すでに国内にいる)移民を(国外へ)排斥すると言うより、「これ以上移民が入ってくるのを制限する」と言う程度の主張のようだ。

なんでもこの程度で極右なの?と思ってしまうが、ヨーロッパはそういう風潮らしい。

と言うのも、その基準で言うなら、日本の政党はほとんど極右政党と言うことになってしまうだろう。日本は移民をほとんど受け入れていないし、その予定も無いのだから。

ユーロ・スタンダードでは日本は移民に冷たい極右国家と言うことになるでしょう。

逆に、日本で極右と言うと、核武装とか国粋主義のことかと思うが、その基準をフランスに適用すると、フランス人は日本人から見ればみんな極右と言うことになるだろう。

なぜなら、フランスは核武装している国だし、フランス人の自国文化への誇りぐあいはかなり鼻につくレベルらしいので。

と言うか、この基準だとアメリカも中国もモロに極右国家だ。

そう考えると、極右って一体何だろうかと思う。

そもそも、ヨーロッパでは、移民排斥ではなく、「これ以上の移民を受け入れるのはもう勘弁してほしい」と言う程度のことも言えないくらいの世の中になってしまっていると言うことのようだ。

これまでに、移民を積極的に受け入れてしまったことにより、移民に職を奪われて若者の失業率はとても高く、賃金が下がりすぎて労働者は貧しくなってしまい、儲かるのはグローバル企業ばかり。

さらに、ユーロと言う共通通貨のせいで各国が本来持っていた通貨発行権と言う権限を失い、ドイツ一人勝ちでお金を吸い上げられてしまうようになってしまった。

国境の垣根を低くして、何か良いことが一般国民にあったのだろうか!?

グローバル企業はもうかったかもしれないが、そのことと労働賃金の低下とは一体になっている。

これはヨーロッパのインテリが主導して描いた世界像と言うものが、一般の各国民を幸せにするどころか、むしろ不幸にしていると言うことなのではないだろうか!?

日本のインテリもグローバリズムへの賞賛もしくは適応ばかり唱えているが、そんなものが一般国民を幸福にするはずがないのは明らかで、今後もっとグローバル化がすすめば、多くの日本国民は不幸になってゆくだろう。

そのことがEUやアメリカで実際に証明されつつあると言うのに、日本の知識人・文化人・マスコミ関係者・財界人・政治家・官僚などはグローバル化の推進に必死になっている。

・・・・もうやめましょう。

アベノミクスも変な方向へ向かっているので、消費増税をやめるとか、日銀による財政ファイナンスを積極的にやるとかでもしないと、今年も世の中は悪くなる一方でしょうから、厳しい世相にかわりないと思いますが、頑張って生活して行きたいと思います。
映画・TV | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする