カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 困った時のイサギ様

困った時のイサギ様

2015年12月27日(日)マダイ五目@仲政丸(和歌山・美浜)午後便

日出7:03 正中12:00 日没16:58
気温10℃前後 風:北西〜北、5〜10m
天候:晴れ  潮:下り→上り潮  水温:19度  波高:0.5〜1.5m

151227_shio.jpg

結構前に年末の予約を入れておきましたが、その時点でどの日も2,3人の予約が入っており、この日だけ午後便も出て私が予約2番目とのことで行ってきました。

昼前に午前便が帰港、かなり厳しかったようです。

今回は、YUKAの母上から、何でもいいから魚をたくさん欲しい(配りたいらしい)と言われていたので、どうなるかちょっと心配に・・・。

151227turiza.jpg

お昼頃に出船、日ノ岬のポイントへ。下り潮が結構速く流れてますが、北西風で風と潮が同じ向きだからか、強風の割りには波はたいしたことなかったです。

151227_1330hinomisaki.jpg

かなり厳しい状況とのことで、とりあえずイサギを釣ってみやげ確保してとのことなので、やります。

151227_1300sao.jpg

水深37mくらいのところ、糸が47mくらい出ます。

はじめは10センチくらいのチャリコが入れ食い・・・

リリースしても浮いてしまいますが、持ち帰っても困るのでリリース。なので、なるべく釣らないようにタナをぐっと上げますと何もなし。

10mくらい上げてカウンター37mくらいでようやく重たい魚がヒット!しかし、えべっさん(イラ)でした(涙)。

その後、同じタナでやってるとイサギがヒット。しかし気を抜くとチャリコが・・・

気づくと少しだけ潮がたるんできており、底取りしなおすと糸の出が44mくらいになっていたので、タナを取り直して底から10mくらい上、35mくらいでイサギが釣れ出しました。

ここくらいからイサギが入れ食いになり、順調に追加。

情報によると、千代丸でメジロがよく釣れたらしいので、一発勝負でメジロに行くかどうか聞かれましたが、船長におまかせで。Sさんも皆さんもメジロでオッケーと言うことで、2時までイサギを釣ってみやげを確保してから南下してメジロが釣れた名田?沖あたりのポイントへ。

1時間半ほどでイサギ20匹確保。結構な良型もあり、ここらのイサギは例年通りならこの時期ですでに脂が結構乗っているので楽しみです。

151227_1400isagi20hiki.jpg

2時半頃にメジロが釣れたポイントに到着。

151227_1430point58m.jpg

水深60m弱で、千代丸でメジロが釣れたのはイサギ釣りをしていて、イサギの上のタナ(40mくらい)で釣れたとのことなので、とりあえずタナもさぐりながらやってみてとのこと。

ハリス8号4ヒロ2本針でやります。

とりあえず底のほうから10m以上上げてはじめましたが何もなし。

アンカーローブでポイント微調整してイサギの反応の上に乗せて、イサギのタナの上を狙う作戦に変更。

底から10〜15mくらいではエサ取りもしくはイサギが釣れます。中には結構なサイズのイサギも釣れます。

しかし、40mくらいに上げると何もなし。

退屈なのでタナを下げるとイサギがぽつぽつ釣れますが、だんだんイサギも釣れなくなってきました。

4時過ぎまでやって、残念ながらメジロを断念。

最後、少し美浜方向にもどったポイント(前回に巨大なヘダイが釣れたポイントらしい)で真鯛狙いをして終わることに。

151227_1620point47m.jpg

4時20分頃から釣り開始、こちらは水深47mです。ここはマダイも狙えるとのこと。

しかし、こちらもイサギの反応がかなり良くイサギが入れ食いです。

あまりにイサギが元気すぎなので少しポイントをずらしますが、それでも食ってきます。

5時までやり、マダイなどはヒットせずイサギを追加したのみで終了。

(結果)イサギ25〜38センチを36匹、イラ1匹

151227chouka.jpg

残念ながらマダイもメジロも釣れませんでしたが、イサギでおみやげ確保できてありがたかったです。みやげが必用な時に何度もイサギに助けられている気がします(笑)。

今の時期、水温が下がったりするとイサギすら釣れなくなりますので。しかも、結構な良型も多かったです。

36匹中、うちでは6匹確保。すべて下処理して配りましたので、脂ののって美味しそうなのをキープしました(笑)。イサギはさばいてみて脂のよく乗っているのと、ほとんど無いのとに分かれました。

たぶん、日ノ岬のポイントで釣れたほうだと思いますが、内臓のまわりに脂あり、さばいていてすぐに脂の乗りがわかりました。手でつかんだ感じも何かねっとりしてます。

それにたいして、たぶん名田沖方面のイサギのほうだと思いますが、体の厚みも少なく脂の乗りがなかったです。

まあ、どのイサギがどっちのポイントで釣れたかはわかりませんので、違っているかもしれませんが。実際、我が家でキープしたイサギはよく脂がのってました。

YUKAの母上も配りたいところにだいたい魚を配れて、みなさん大喜びだったそうなので、結果オーライでした。厳しい中でもイサギを釣らせてもらい、船長には感謝です。

と言うことで、本命は釣れませんでしたが、イサギに助けられた釣行でした。これで釣り納めの予定ですが・・・
釣り | Comments(2) | Trackbacks(-)

Comment

編集
こんばんは(^o^)/万年(サササッのおじさん)です

今年最後の釣りでしょうか?
この季節魚は何でも脂がのって美味しそうです
この時期でもイサキ沢山釣れるんですね
オイラの方は大晦日に釣り納め
何が釣れるかな
2015年12月30日(Wed) 19:56
編集
万年さん、こんにちは!

今年はまだ水温があまり低くないのでイサギが元気良かったですねー。
もうちょっと下がるとイサギは釣れにくくなると思いますが。

結局、昨日にまた釣りに行ってきてそれが釣り納めになりました。

万年さんは今頃に爆釣でしょうか、頑張って下さい!
2015年12月31日(Thu) 11:51












非公開コメントにする