カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 各種マダイと巨大ヘダイをゲット

各種マダイと巨大ヘダイをゲット

2015年12月12日(土)マダイ五目釣り@仲政丸(和歌山・美浜)

日出6:55 正中11:53 日没16:52
気温10℃→14℃   風 北10m以上→5m以下
天候:晴れ  風向:北  潮:上り→下り→上り  水温:20度  波高:1.5m→ベタ凪

潮(中潮)@三尾

151212_shio.jpg

(結果)
151212chouka1.jpg



さて、またまたマダイ五目です。一週間前に予約していてだんだん予報が悪くなって無理かと思ったら少しマシになって、どうにか出船です。

時化の前の木曜日はよく釣れてまして反応も良かったみたいで期待もありますが、金曜の時化と季節外れの大雨の後と言うことで、釣れるかどうか心配ですが。

5時過ぎに港に到着、お客さん私の他にもう一人だけの2人でした。

151212turiza.jpg

5時半頃だったかに出船、ゆっくり走って日ノ岬の近くへ。6時過ぎに到着、6時20分くらいから釣り開始。

151212_0620hinomisaki.jpg

かなり風が強く、潮もそこそこ流れている割りには波はマシでした。

ただ、正面から強風がふきつけて、仕掛けが自分のほうへ舞い上がってくるのでやりにくかったです。これから風はやんでくるのでしばらくの我慢です。

ちなみに前回はテンビンのせいで仕掛けがからみまくったので、今回は新しいテンビンを使用。風が吹いてやりにくかったにもかかわらず、何と今回は一度も仕掛けがからみませんでした。一安心です。

潮は左舷後ろ向き方向にそこそこ流れています。オモリ100号で水深40mのところ、50mちょっと糸が出ます。

151212_0625sao.jpg

しばらくはエサも取られないので、ほとんど底に近いタナでぼちぼちやってました。

30分ほどぼちぼちやってますと、エサが取られ出しました。そこで手返しを少し早くします。

タナはだいたい底からハリスぶん程度だったと思いますが、あいかわらず下のほうでした。

しばらくして、気持ち、潮がゆるみ、糸が50mくらい出ていたのが、48mほどになりました。

するとアタリ、一匹目なので慎重にやりとり。上がってきたのは40センチちょいの綺麗なマダイでした。

151212_0730madai.jpg

一匹釣れたので一安心。

これから潮もたるんで来ると時合いらしいので、集中して頑張ります。風はあいかわらず強いですが、波はたいしたことありません。

その後、どういう順番で釣れたか忘れてしまいま順番違っているかもしれませんが、時々アタリは出るようになり、フッキングせずにエサだけ取られていたり、サバフグが釣れたりで次のヒットはなかなかなし。

潮もたるんできて、糸が45mくらいの出になってきた頃にまたアタリ、かなり突っ込み、これは大型のマダイでしょう。

ところが、次の突っ込みでバレました・・・

上げてみると何と、針が折られていました。口の前の一番固いところにかかってしまったのだろうとのことで、これは不可抗力?残念でした。

これで魚が散ってしまっていないことを祈りますが・・・

その後にまた何かヒット、まあまあ引くものの直線的な引き方なのでマダイではないなと思ったら、ハリスをたぐったあたりで急にひっぱり出して、タモに入ったのは40センチ弱のマダイでしたが、養殖マダイの脱走兵でした。

体型がずんぐりしており、尾ひれが明らかに養殖ものです。しかし鼻の穴はちゃんと2つあり、体色は天然のようでしたので、割と小さいうちに脱走したのでしょうか。

かなり潮がたるんで来て、また何かヒット!それほど引きませんが、わずかに二段引きみたいな感じで上がってきたのは30センチほどのマダイでした。

151212_0945sao.jpg

9時半くらいになり、かなり潮も止まってきましたが、ここへ来てエサ取りも消えてしまい、活性が低くなりました。

船長もまめにポイント修正してくれましたがエサ取りは出てきません。

10時には完全に潮が止まり、今度は下り潮が動き出すのを待って期待です。

11時くらいに少し下ってきましたが、エサ取りも出ず・・・

11時過ぎになり、他のポイントへ移動することに。

すぐ近くのグレやイサギも釣れるポイントかと思ったら、アンカーを上げて美浜沖方面へ向かいました。

151212_1120shioiro.jpg

海の色が白っぽく濁っていますので、前日の大雨の影響でしょう。

前回にハタやイサギが釣れた関電沖の水深37mくらいのポイントには反応なく、通過。もう少し南下すると、途中に潮目があり、潮の色が黒くなってました。

151212_1140shiome.jpg

関電沖より少し南?名田沖くらいでしょうか、水深48mくらいで、ここまで来ると潮の色もマシですし、底のほうに何か少し反応が出ているとのことで、11時40分くらいからふたたび釣り開始です。

151212_1145kandenoki.jpg

また順番忘れましたが、1投目か2投目、底まで落としてエサを出しながらハリスぶんより少し上まで仕掛けを上げて待ちます。

時々エサを出してアタリを待ち、しばらくすると竿先が刺さりドラグがすべります。

ハリス5号ですので慎重にやりますが、しばらくはまったく浮いてきませんでした。何か青物かなと思いましたが、しばらく糸を出し入れしていると、ようやく上がって来だしたので、さらに慎重にしますが、最初ほどの抵抗ではありません。

上がってきたのは銀色の魚体でそこそこ大きいです。何と、ヘダイでした。

船長と、ちょうどヘダイが美味しいと言う話をしていたところでした(笑)。

それにしてもヘダイはだいたい30センチそこそこがほとんどらしいですが、これは50センチ以上あり、これだけ大きなヘダイは珍しいとのことです。ヘダイにしては魚拓を取っても良いくらいのサイズみたいです。しかもかなり肉厚で、これは美味しいこと間違い無しです。

ヘダイの美味しさを知ってから釣れましたので、これはうれしかったです。

と、大きなヘダイに喜んでましたが、こいつは2本針の枝針のほうにかかってまして、ふと先針を見ると、何と、切られてました。

先針にも何かかかっていて、途中までダブルだったのが、先針のハリスを切られてヘダイだけになってから浮いてきたのかと思います。

その後、イサギがダブルで釣れだし、ぼちぼちイサギが追加できるかなと思いましたが、毎回はアタリはありません。

しばらくしてまた先ほどと同じように竿先が刺さりました。またドラグがすべって糸が出ます。

なんか青物のような引きですが、とりあえず慎重にやりとり。

浮いてきたのは60センチオーバーのマダイでした。

151212madai_hedai.jpg

もしかしたらこいつがハリスを切ったものの正体だったかもしれません。

この後、イサギを1匹追加してからは不思議と何のアタリもなくなり、1時までやってくれましたが、追加できず終了・・・。

(結果)マダイ30〜63センチ4枚、ヘダイ52センチ1枚、イサギ3匹、サバフグ1匹

151212chouka.jpg

63センチのマダイは35Lクーラーだとギリギリでした。

マダイは大+中+小+脱走兵と色々でした。一番綺麗だった中サイズはある方の出産祝いに持って行きまして、なんとメジロ(+小アジ)と交換になりました。

マダイ大は身が少し白濁してましたが脂はまあまああり、脱走兵はかなり美味しそうでした。小はまるごと塩焼きにするのでさばいておらず不明。

時化の後で心配でしたし、途中でエサ取りもなくなったのでどうなるかと思いましたが、最終的には各種(?)マダイが釣れましたし、ヘダイの大きなのまで釣れてラッキーでした。
釣り | Comments(4) | Trackbacks(-)

Comment

編集
お疲れ様です。

またまた真鯛ゲットおめでとうございます。それも良型で(笑)。

今日はメジロも釣れたようで、今年は日ノ岬のメジロ釣れたらいいですね。

ところで養殖真鯛は鼻の穴4つあるのですか?
どっちかすぐ解らなくなってしまいます。
2015年12月13日(Sun) 21:17
編集
ゴリオさん、どうもです

ここ数年はメジロ来ませんでしたねー。来るとしたら、もうぼちぼちでしょうかね。

天然マダイは顔の左右に大小2個ずつ鼻の穴があり合計4つ穴がありますが、養殖は片方に1つずつの2つしか無いと言われてますが、天然と同じく2つあるのもいます(かなり少ないですが)。

この脱走兵は、天然と同じく4つありましたので、養殖だとしたら珍しいほうですね。

養殖が一番違うのは、ヒレの先がピンととがっていないと言う点ですが、このマダイは、サバフグで上手に隠してあるように(笑)、尾ビレが丸くてボロくなってましたが、胸びれはわりと綺麗でしたね。

あと、養殖者は前歯の歯並びがすごい悪いですが、この脱走兵はそれも結構綺麗でした。下あごの歯が多少乱ぐい歯でしたが上あごの歯並びは良かったです。

なので、やっぱりずいぶん若い頃に脱走したのかな!?と思います。身には脂がよく乗っていてすごく美味しかったです。
2015年12月13日(Sun) 22:38
編集
真鯛が各種サイズ揃っていい感じですね。(^^)
ヘダイがこんなに大きくなるとは知りませんでした。

脱走真鯛は、厚みがあって美味しそうですね。
最近、真鯛の刺身は釣り堀の方が旨いかもって思えるようになってきました。
というほど、天然真鯛を釣ってないんですが・・(笑)

年が明けたら、特に美味しいと言われている、冬の真鯛にチャレンジしてみようかと思ってます。
2015年12月14日(Mon) 16:07
編集
>イケチャン

ヘダイの50センチオーバーはかなり珍しいみたいですねー。ヘダイじたいをあまり釣った事無かったので、ピンと来ませんでしたが。

脱走マダイは脂の乗りがちょうど良くて、一番美味しかったです。養殖はちょっと脂が多すぎるのと、内臓が臭いので、自分でさばいた後はあまり食欲がわかないことがありますが、他の人に上手にやってもらったら、安定して美味しいのは間違い無いでしょうね。

天然は産地や時期などで差が大きすぎますので、これからの時期のマダイや、乗っ込みのマダイもすごい脂があり、かつ子持ちで美味しかったですよ。
2015年12月15日(Tue) 13:58












非公開コメントにする