カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ ちょくり丸坊主

ちょくり丸坊主

完全ボウズだったために書かずにいた一つ前の釣行記から書きます。



2015年9月21日(月・祝)落とし込み@仲政丸(和歌山・美浜)

天候:晴れ  風向:北  潮:下り~上り潮  水温:24度  波高:1.0m
関電沖はオモリ50号、カンパチのポイントはオモリ60号
潮(小潮)@三尾

150921_shio.jpg

さて、この日は万年さんの和歌山遠征で私もご一緒させていただくことに。

釣り座はどこへ入るか毎回悩みます。今回の私の予想では、前半は後ろへ、後半は前向きに流れると読み、おそらく後ろへ流れる時間のほうが長いだろうと予想したので最初から後ろに入るつもりでした。

で、左右のどちらかは最後まで迷ってましたが、左舷トモが埋まっていたので、右舷トモへ(当初の予定では前日釣行のはずが、予約を一日ずらししていただいたので、予約が一番ではなかったので)。

150921turiza.jpg

万年さんは例によって端はいやとのことで、トモから2番目へ。

朝一は小物でオミヤゲ確保の予定とのことで、ハマチやシオが前日まで釣れていた関電沖へ。

150921_0540kandenoki.jpg

ベイトの反応も悪く、群を探し回っているのか、なかなか仕掛けを投入できません。

150921_0547tankenmaru.jpg

後ろ向き→前向きと流れる予想は当たりましたが、後ろ向きに流れる時間はごく短く、しかも朝一の関電沖はほとんど潮が動かずベイトも固まっておらずで、早々に見切りを付けて大物狙いへ紀伊水道方面へ転進。

7時くらい、最初は日ノ岬のすぐ前あたりの水深40mくらいのポイント。

150921_0700hinomisaki41m.jpg

150921_0700tankenmaru.jpg

どうだったか、あまり記憶がありません。たぶん何も釣れずに、すぐに移動。

7時半頃だったか、沈船ポイントへ。このところのカンパチのポイントのようです。

150921_0727tankenmaru.jpg

船は前向きに流れてましたので厳しい予感。

ここへ来てだったか、船中でぽつぽつとカンパチが上がりだしたかと思います。しかし、なぜか、左右の前から2番目のレンタル竿の方々によくヒット。

10時過ぎ、もう一ヶ所の沈船ポイントで、水深は同じ。

150921_1005tankenmaru.jpg

ここまで、左舷ミヨシの方はカンパチ1本、右舷ミヨシの方はカンパチ無しで、左右の前から2番目のお二人(レンタル道具)がそれぞれカンパチ2本ずつです。ベイトがかかっても竿は手持ちでした。あと、左舷トモの方もカンパチ1本を釣ってました。

単純に船の流れる方向の釣り座が有利なのは間違い無いですが、何回か乗ってみて、カンパチは不思議と、少しずれることが多いように思いました。毎回、胴に入った方が意外に釣ってます。

その後、水深75mの深場のポイントとか・・・

150921_1037tankenmaru.jpg

それ以外にも目新しいポイント?も行ったように思いますが、お昼くらいから私の中であきらめモードになり、写真を撮る気力もなくなってしまい、どうだったか思い出せません。

ただ、ベイトは割とよくかかったのは覚えています。ベイトはかかるが、本命の活性がイマイチなのと、前向きに流れて不利だったのなどがあり、残念な結果に。

しかし、船長も頑張って2時過ぎまでやってくれましたが、最後は力尽きたそうです(笑)。そこまでやっていただき、ありがとうございます。

私は、最後まで本命のアタリ無し。エソが1匹釣れただけでした。

ベイトは、イワシはかなり少なく、10センチくらいのアオアジの小アジか、20センチ以上あるアオアジでした。

大きなアオアジは良いベイトになりますが、今回は不発で、小アジのほうが前アタリまであったので、大きなアジに食いつくほどの活性は無かったのかもしれません。

また、カンパチの時合いも短い日だったようです。

(結果)丸坊主

私も万年さんも残念な結果に。万年さん、お疲れ様でした。

お客さん9人で、良型カンパチ7本。前向きに船が流れることがほとんど。釣れたカンパチは、左舷ミヨシの方1本,左右の前から2番目の方2本ずつ、左舷胴の方1本、左舷トモの方1本でした。

なので、カンパチの場合は必ずしも潮の流れる側の釣り座ではなくてもチャンスありそうですが、そういうチャンスに巡り会う運も無く、また、後ろ向きに流れる時間が長いと読んだのも完全にはずれ・・・

運も実力もどちらも無いと、こういう結果になるようです。

しばらくは何もする気力がわかず、この釣行記は次の釣行でリベンジできるまで書けませんでした。

私は人間的にかなり未熟なので、ボウズの釣行記をユーモラスに書くだけの精神的余裕もありませんので・・・

リベンジできてようやくボウズ釣行記を普通に書くことができました。記録として残しておくのは自分にとっていずれ有用かと思ってです。ついでに、この1回前の釣行記(9月12日のぶん)も画像を入れて思い出せる限りは思い出して書き直しました。

これから、リベンジ達成の釣行記(9月26日ぶん)を書きます。
釣り | Comments(4) | Trackbacks(-)

Comment

編集
丸坊主はホントこたえますよね
わたしの前回(24日)養老ヒラメ狙い 丸坊主でした・・・。

わたしは次回釣りに行く気力がまだ湧いて来ません。
2015年09月29日(Tue) 18:48
編集
こんばんは(^o^)/万年(サササッのおじさん)です

三重で何とかワラサ⑶匹釣れてラッキーでした
何も当たりが無かった状態でここまで書けるのは流石です
リベンジ釣行記楽しみにしてます
2015年09月29日(Tue) 21:03
編集
早く釣れた釣行記お願いします(笑)。
2015年09月29日(Tue) 21:52
編集
>HBさん

たしかにボウズは堪えますね〜。違う釣りをはさんで気分転換できたら良かったのですが、毎週に予約してましたので・・・

でも1回釣れると忘れるもんですね。


>万年さん

厳しい状況の三重のたて釣りで、ワラサ3本はお見事ですねー。
リベンジ釣行記、もう書けているので今からアップします。


>ゴリオさん

思わず過去2回分の釣行記からはじめてしまいましたが、もう書けてますので、これからアップ作業だけします(笑)。
2015年09月30日(Wed) 08:35












非公開コメントにする