カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP映画・TV ≫ ジュラシック・ワールド

ジュラシック・ワールド

なんばパークスシネマの会員だと誕生日月に映画1本1000円で鑑賞できるクーポンが1つ出るので、本日に行ってきました。

1000円になるだけで、タダになるわけではないですし、YUKAは普通料金ですので、金を払って見る価値のある映画となると、なかなかありませんが、現在上映中の映画の中から、いちおう3つほど候補があがりました。これはラッキーです。見たい映画が1つも無い時のほうが多いので。

その3つとは、以下の通りです。

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』

『ジュラシック・ワールド』

それにしても、どれも続編ばかりですねー。MIは5作目、ターミネーターも5作目、ジュラシックワールドは4作目です。

ターミネーターは、3が駄作、4が超駄作だったので、また駄作だったらと思うとちょっと怖いのでパス(評判は悪くないみたいですが)。

MIかジュラシックなら、どっちにしても見て失敗と言うほどひどいことはないだろうと思ってこの二択です。で、ちょうど3Dでやっていると言うことで、ジュラシック・ワールドのほうにしました。

150816jyurassicworld.jpg

ただし、3D料金が400円プラスされるので、1000円クーポンを使っても料金は1400円でしたが・・・(YUKAは通常料金なら1800円のところ2200円)。

まあ、ストーリーは想像した通り、また恐竜のテーマパークを作ってそこから凶暴な恐竜が脱走してぐちゃぐちゃになり、最後に主人公らが助かって終わりだろうと思っていたら、まったくその通りでした。

3Dを言うわりには、スクリーンから飛び出す感じはあまりなく、普通の映画とあまり変わらなかったような気がしましたが・・・。

はじめて見た3Dの映画「アバター」があまりにすごすぎたので、どうしてもあれと比較してしまいます。

でも、今回のほうがかなり良かった点としては、3D用のメガネがずいぶん軽くなっていたことですね。もちろん普通のメガネよりまだまだ重たいですが、以前のは本当にひどかったので。

それにしても、最近のハリウッド映画のヒロインがまったく美しくないのはどうにかならないものでしょうかね!?魅力が足りないだけでなく、見ていて不快になるタイプが多い。

まあ、見て損したと思うほどひどくはなくて、それなりに楽しめましたが、感激できなかったのは、私が老化したせいなんでしょうかね。

それぞれ5点満点として、映像4、興奮3、感動2、ストーリー1。そして、映画を見終わった後に残る何か(これが一番大事ですが)は、ほぼゼロでした。

うーん、結局イマイチの評価に。まあでも100点満点にしたら70点くらいでしょうかね。ちょっと子供向け映画だったのかな!?

ミッション・インポシブルにしといたほうが良かったかな!?

さて、その後は下の階で食事。

一通り見てまわった後、空いていたのでここへ・・・

ポルトガル料理だそうです。

150816portugue.jpg

スープと前菜。
150816pre.jpg

この後で出てきたサラダの写真撮り忘れ、他にパンがついてます。

メインです。
150816prelunch.jpg

かなり薄味でした。減塩食みたいな。なので、上から塩をふりかけて食いました(笑)。

腹一杯にはなりましたが、店を出てから、「ラーメン食→かき氷」にしといたら良かったねと言う結論に(爆)。

ああしといたら良かった、こいうしたほうが良かった、そんなことばかり言うのは愚か者ですが、この時期、そういう人が多いですね(笑)。

失敗して反省しないのは愚か者ですが、過ぎたるは及ばざるがごとしとは良く言ったもので、反省しすぎもまた愚かな行為ですね。

めちゃくちゃ反省すれば、同じ失敗は繰り返さないでしょうが、それが過剰になれば別の失敗を招くに決まっています。

私が生きてきた時代でも、バブル崩壊と言うのがありました。崩壊後、なにがおこったかと言うと、ひたすらバブルの反省です。その結果、過剰に反省してバブルをおそれるあまり、デフレを20年もやると言うもっと愚かな失敗をしてきました。

一度の失敗を反省しすぎて別の失敗を招く。それが日本と言う国の特徴なのではないかと思います。

日本は、このままでは、またいずれ大失敗をやらかすでしょう。反省のしすぎが原因で。
映画・TV | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする