カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP料理 ≫ 大きめのタコ焼き

大きめのタコ焼き

今年はタコが好調だったようで、良いタイミングに集中して出撃できたおかげで、そこそこサイズが結構釣れました。

いろいろ料理しましたが、やはりタコ焼きもやろうと言うことで、以前から家にあったタコ焼きプレートで焼いたのですが、何かもの足りず・・・

タコ焼きが小さいように感じたので、もうちょっと大きめの玉のタコ焼きが焼けるものを探して購入しました。

和平フレイズ 元祖ヤキヤキ屋台 着脱式 なにわの大だこ 電気たこ焼器 19穴 YR-4254

150804takoyakiki.jpg

以前に使っていたもの(右)と並べて見ると、穴の大きさが違います。以前のは35mmで、新しいのは47mmです。

150804takoyakiki2.jpg

150804takoyaki1.jpg

150804takoyaki2.jpg

150804takoyaki3.jpg

表面がカリッとしていて、中がトロりとした美味しいタコ焼きができました。これなら店で買う必用ありません。タコも明石のタコを使用ですし。

これだけ大きさ違うと全然できあがりが違いました。新しいのはパワーも強力なので、焼き上がりが早いです。多少、場所によってムラはありますが。

ついでに、明石焼きも作ってみることにしました。明石では明石焼きとはいわず、たまご焼きだそうですが。

作り方は、小麦粉(タコ焼き粉)の量を減らして、かわりに「浮き粉」と言う粉を使います。浮き粉とは、明石では「じん粉」と言っているそうですが、小麦粉からグルテンを取り除いた残りのデンプン部分のことだそうです。スーパーで売ってなかったのでネットで取り寄せました。

写真を撮り忘れましたが、明石焼きも美味しくできましたので、わざわざ明石まで行かなくて良くなりました。と言うか、明石に行って食うから良いのかもしれませんが。

でも明石に行くのは釣りくらいで、釣りの帰りには寄り道せずにさっさと帰りたいから食うことありませんので、これで自分で釣ったタコでタコ焼きも明石焼きも好きなときに食べられます。

と言うことで、YUKAの実家で集まってタコ焼きパーティーをやり、なかなか好評でした。写真撮り忘れましたが。

あとは、ついでにタコ料理・・・。写真撮ってないものが多いので一部ですが。

タコ飯
150802takomeshi.jpg

酢だこ、たこわさ
150802takowasa_sudako.jpg

この、たこわさと言うのをはじめて作ってもらいましたが、最高に美味しいですねー。タコは下ゆでしただけの状態でブツ切りにしてわさび醤油で食うだけでも美味しいので、このたこわさは、もう少し味付けしたものですが、簡単にできて最高に美味いです。

タコサラダ
150803takosalad.jpg

これもさっぱりしていて美味。

まだまだタコの在庫(未処理ぶん)もあるので、これからも時々タコ料理を堪能したいと思います。
料理 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする