カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 真夏の連続釣行(その1)落とし込み・撃沈編

真夏の連続釣行(その1)落とし込み・撃沈編

2015年8月11日(火)仲政丸@和歌山・美浜

落とし込み・チョクリ釣り

潮@三尾(中潮)
日出5:18 正中12:05 日没18:52
天候:晴れ  風向:北  潮:下り潮  水温:27度  波高:0.5(ウネリ少々)

150811_shio.jpg

さて、お盆休みを少し早めに取り(15日は出勤)、お盆期間中は釣行したくないので11日にまとめて2つの釣行をすることに。

良さそうな釣果が出だした落とし込みと、ぼちぼち終盤?の赤イカに連続して行くことに。交通費の節約にもなる!?

ということで落とし込みは仲政丸で。4時半までに来ておいてということで4時過ぎに到着。

お客さん3人で、私は予約2番目ですが、こういう配置に・・・

150811turiza.jpg

今日は後ろに流れると予想したので、できたら後ろに入りたかったのですが、とても残念。

あとは自分の予想がはずれて前向きに流れてくれることを祈りながら5時前に出船です。

ゆっくり目に走って5時20分頃にポイント到着。確かトフだったと思います。

150811_0515tofu.jpg

水深50m弱、ベイトの反応はなかなか良好です。

150811_0518tankenmaru.jpg

ベイトが小さいイワシだからか、オモリは40号です。仕掛けはハリス7号4本針、船長からも仕掛けをもらいましたが、とりあえず自分で作ってきたのも同じハリス7号4本針だったので、それを使用。私のほうが針が少し大きいです。

落とし込むとわりとすぐにベイトがかかりますが、小アジとくらべると結構弱々しくて頼りない感じ。

ベイトは10センチくらいのイワシです。これはウルメイワシ。

150811_0540iwashi.jpg

他には同じサイズのカタクチイワシの場合もありました。

そして残念ながら後ろ向きに流れています(涙)。まあでも3人と空いているから大丈夫と信じてやります。

福丸がおり、見るとお客さん2人で、2人とも竿が引き込まれています。ダブルヒットのようです。

150811_0530fukumaru.jpg

これは期待が高まりますが、後ろのほうでばかりアタリがあり、私はあたらず。

これは場所のせいばかりではなく、私の釣り方も悪かったようです。船長に指摘してもらってから改善しましたが、チャンスを逃してしまっていたようです。

このせいで朝一の時合いに1〜2匹は逃したかもしれません。

その後も釣れるのは後ろばかりで焦りと後悔が絶頂に達して冷静に釣りができません。

6時半頃、ようやく竿先が入りヒット・・・と思ったら、たいして引きません。上がってきたのは30センチくらいのハタでした。

150811_0630hata.jpg

美味しい魚なのでうれしいですが、喜ぶ余裕無く(しかもイマイチ小さいし)、他の人はカンパチなのに自分は小さいハタかと思ったしりて焦りはさらに増幅。

150811_0630tankenmaru.jpg

その後も前アタリみたいのはたまにありますが、そういう時には後ろのほうでは誰かがヒットさせますが、自分は食い込まずアタリ終了と言うパターンばかりです。

そして、どうも少しベイトのかかりが悪くなってきた気がします。そこで、思い切って市販の針がたくさんついた仕掛けにチェンジ。ただ、ハリス6号です。

これだとベイトがたくさん付くからチャンスが増えるかと単純思考ですが・・・

針も少し小さいのでベイトのかかりがかなり良くなりました。竿先のゆれぐあいが違います。

そしてついに竿が引き込まれる鋭いアタリが!

ところが一瞬にして切られてしまいました。仕掛けが悪かったのか、ドラグがきつかったのか・・・。

ドラグは念入りに調整したつもりが、カンパチの引きをなめた調節になっていたのかもしれません。

一瞬ドラグがすべったのですがダメでした。シーボーグ200Jのドラグは性能がいまいちなのかもしれません。いつも落とし込みで使っているシーボーグ300MJにしておいたら良かった!?

150811_0535sao.jpg

これでもう1匹も逃しました。ここまで、下手くそと判断ミスのせいで2〜3匹のロスです。

ここからは朝に船長からもらった仕掛けでやることに。

8時過ぎ、少しポイントを移動。ちょっと北上?したあたりで水深40mほど。

150811_0830tankenmaru.jpg

ここで何度か流しますがベイトもかかりにくく、かかっても小さいイサギだったりして釣れず。

そしてまた移動、9時前頃に、今度は水深60mくらいです。ここでの記憶があまりありませんが、とくに釣れず。

150811_0900tankenmaru.jpg

この頃から、少し船酔いぎみになってきて、気持ち悪くなりました。ほとんど波は無いのですが、波長の長いウネリが少しあるのと、釣れないストレスでしょうか!?頭が痛くて胃がムカムカしてしんどかったです。少し暑くもなってきましたし。

その後、また朝のポイントへもどり、9時40分頃からまたこちらで釣り開始。上り潮にかわってくれていることを期待しましたが、あいかわらず下りでした(涙)。

150811_0940tankenmaru.jpg

こちらのポイントのほうがベイトのかかりは良かったです。ベイトも良くかかり、たまに竿が引き込まれてヒットしますが、釣れるのはサバです。

美味しそうなサバなので、釣れていればみやげがにぎやかになって喜ぶくらいのものですが、よろこぶ余裕も無し。

しばらくして、竿先が突っ込み、サバとは違う引きがようやく来ました!

しかし、途中で少し軽くなった感じがしていやな予感。でもまだよく引きます。サワラでしょう。

ところが、残り5mくらいでフッと軽くなり、上げてみると4本針中、2本が切られてました。

サワラがダブルでついて、途中で1匹、そして残り5mでもう1匹がハリスを切って逃げていったようです。

これが最後のチャンスでした。その後はサバを1匹追加したかどうかと言うくらいで、良いアタリはなく、10時半くらいからはだんだんベイトもかかりにくくなり、福丸は10時45分で終了、こちらは11時に終了。

(結果)オオモンハタ1匹、サバ4匹

150811chouka.jpg

釣った時はどれもマサバのように見えましたが、帰って見るとゴマサバ?マサバとゴマサバのハーフっぽい感じでした。1番下の太いのはかなり脂のってました。他はまあまあ。

神経締めして持って帰ったので翌日でも身割れすることなかったですが、釣ってすぐに内臓を取るのを忘れてしまい、内臓が臭かったです。

と言うことで今年初の落とし込みは残念な釣果で終わりました・・・

敗因は、釣り座の他にはやっぱりイワシのベイトの時にあまり慣れていなかったこと、焦りから判断力の低下、運の悪さ、この3つとも重なっていたからかと思います。

この焦りを増幅させたのが、後悔の念です。

乗船時に「それが良いなら、私にさせてください!」の一言が言えなかったことでしょうか。

釣りの最中、ずっとそれが言えなかった後悔の念が頭の中をぐるぐるかけめぐって、冷静に釣りができませんでした。

まあでも上手な方なら私の釣り座でも、最低でも朝一にカンパチかサワラを1〜2匹、その後に運も悪くなければあわせて4匹くらいは釣っていたでしょう。それくらいの可能性はあったと思います。

だから自分が下手なのが悪いのです。

こうやって、自分を責めるタイプはうつ病になりやすいらしいですね。気をつけたいと思います(笑)もうちょっと人のせいにしたほうが精神的には良いかもしれません。

それにしても、他の人が釣れて自分だけ釣れないのはショックがでかすぎます。逆の場合もたまにあるので文句は言えませんが、精神的なダメージがかなり残ってしまいました。

今回はとにかく自分がいやになる一日でした。今、この釣行記を書くためにこの日のことを最初から思い出してきましたが、それだけでも精神的にきつくなってきます(笑)。

これから落とし込みに行きまくろうかと思ってましたが、あまりにショックがでかかったので、やっぱりやめておこうかなと思ってますが、逆にトラウマにしないために、またすぐに行くべきかなとも思って悩んでます(笑)。

F1ドライバーは事故の後になるべくすぐまた運転を再開することで事故の恐怖を克服するらしいです。さっさと再開しないと、かえって立ち直れずいつまでもトラウマになるのでしょう。

なので、私のこの恐怖と焦りをトラウマにしたいためにも、F1レーサーのならってまたすぐにリベンジに行くべきかな〜!?

いつまでも終わったことを引きずってもしょうがないので、さっさと忘れて次は連続釣行その2の赤イカ釣りですが、それまでにはまだ時間があるので、御坊の「宝の湯」へ。

ここで風呂に入り昼飯を食った後は、座敷の上でゴロ寝してウトウトしたいところが、悔しくて目はギンギンで眠れず(笑)。

それでも畳の上でゴロゴロしていたらすぐに4時半くらいになり、椿へと向かいました。

(つづく)
釣り | Comments(2) | Trackbacks(-)

Comment

編集
カンパチ釣れてるので行かれるだろうな~と思いながら釣果見てましたが、赤イカだったのでもしや次の日に連続でと思ってたのですが・・・まさか前に乗られてたのは予想外でした。

席きめに色々あったのでしょうか?謎めいてますが(?)

落とし込みは釣果に差が付いてしまうので釣れなかったらダメージ大きいですよね。

他が先に釣れ出すと余計に焦りダメになってしまいます。
私は特に焦ってしまうので落とし込みが苦手です(笑)。

赤イカは型もよくまずまず釣れてたようなので、釣行記楽しみにしてます。
2015年08月13日(Thu) 16:36
編集
ゴリオさん、どうもです

結果的に出船前に自分が思った通りの悪い結果になってしまったので、ものすごい後悔してます。でも、行ってみないとわからないことですから、あまり結果論で考えるのもどうかと思いまして、早く忘れることにしました(笑)。

探見丸の反応の見方なども1つ学べましたし、参考になったこともありましたので、今回はまあ授業料を払って進歩はできたかなと言うところもありましたし。

赤イカ、乗りは激シブでしたが、時間延長のおかげもあり、みやげとしては何とかなりました。

もう釣行記は書けているので、今晩か明日にでもアップしますね。
2015年08月13日(Thu) 18:49












非公開コメントにする