カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ ひさびさの「魚」釣り

ひさびさの「魚」釣り

トツカアジとイサギ狙い@仲政丸(和歌山・美浜)

天候:雨のち晴れ  風向:東  潮:上り潮  水温:29度  波高(ウネリ):1.0
潮(小潮)@三尾
日出5:14 正中12:06 日没18:57

150806_shio.jpg

7月はタコ釣りばかりに行っていたので、何でも良いから魚が食べたくなり、ひさしぶりに仲政丸へ。

落とし込みでも良かったのですが、ゴリオさんはイサギが釣りたいそうなので、それなら私はアジが食べたいから船長に聞いてもらったら、コマセまけば何か釣れるでしょうとのことで出船決定。

4時過ぎに港へ来ておいてとのことで、ちょうど4時過ぎに船の前に到着、船長も同時に到着です。

7月上旬以来、HPの釣果が更新されていませんでしたが、台風が3つも来たり、夏休みなどでずっと出ていなかったそうです(1回だけ船長1人で出た日があったそうですが)。

あまりにも出船しなかったので、船長が入院したとかデマが流れていたりもしたそうで(笑)。

150806turiza.jpg

4時半頃だったかに出船。ゆっくり走って日ノ岬の南側のポイント?をチェックするものの反応ないのか、関電のすぐ沖へ。

150806_0500kanden.jpg

こちらで釣り開始。何投かやりますが釣れません。波はありませんが、遠くを見ると海面がかなり上下しているので、結構なうねりがあるようです。

しばらくやって、超ミニイワシしか釣れなかったので、移動。

無線からは雨が降ってきたと聞こえてきたので、印南のほうを見ると雲がかかって雨が降っているのが見えました。

関電沖から少し動いて日ノ岬の南側のポイントへ。ところがここへ来たくらいからだんだんと雲行きが怪しくなってきて、雨がぽつぽつ、空が暗くなり風も吹いてきて、ついには土砂降りに雷ゴロゴロ。

まさか雨が降るとは思っていなかったので、カッパは車の中に置いてきましたからびしょ濡れ。

雨にも負けず頑張ってやりますが釣れず・・・。

雨は30分かそれくらいで小降りになり、だんだんと雲は北上して行きました。

結局ここでも釣れず、アイノセ方面へ移動。

30分くらい走って紀伊水道の真ん中あたりのポイントへ到着。7時20分くらいに釣り開始。水深70mくらいだったかな?

150806_0715ainose1.jpg

とりあえず反応があまり出ていないようで、アンカーおろすまえに流しながら試しでやってみますと、すぐにググッと良いアタリ。

上がってきたのは30センチくらいのイサギと小アジ2匹でした。

良いイサギが釣れたのでここでやってみることにして、アンカーを投下。

潮が結構流れていて、水深70mくらいなのに80m以上も糸が出て安定しないので、100号鉄仮面の中にオモリ60号を入れてやることに。

はじめイサギやカイワリの良型が釣れましたが、しばらくすると何も釣れなくなりました。

30分くらい何も釣れなかったが、潮が結構流れているので撒き餌が効いてくると魚が寄ってくるのではと信じて手返しします。

そのうち魚が寄ってきて、魚探の反応はかなり良くなってきたようですが、何も釣れず。

そこで、ハリス3.5m の3本針仕掛け(先2本か空針でオキアミを刺す)に変えるとすぐにイサギが釣れました。

ここから1投ごとにイサギが釣れるようになり一安心。

ふと見るとゴリオさんはトツカアジを入れ食いにさせています。私はイサギ。ハリスの長さの関係のようです。

トツカが欲しかったので、仕掛けを元に戻して2.4mの4本針にチェンジするとトツカ30センチ前後が釣れ出しました。

そのうちイサギの活性も上がってきたのか、イサギもたまに釣れるようになり、トツカとイサギのダブルなどもあり、入れ食いに。

ただ、水深が深いので入れ食いでも急激にクーラー満タンにはなりませんからコツコツ手返しします。

たまに小アジやコサバが混じりましたので、ノマセもやろうと思いましたが、潮が早すぎるので断念、ゴリオさんはやってましたが、結局何も釣れずアタリも無しでした。

私が一度だけ巻き上げ途中で突然仕掛けが引っ張られて、すぐ軽くなったので挙げてみると、トツカアジが半分だけ食われて上がってきました、サワラでしょうかね!?

150806_1100shiohayai.jpg

そのうち、海面近くの潮はどんどん速くなってきましたが、底の潮はおちついてきたようで、仕掛けが降りた直後は80mくらい出ますが、少し待つと75mくらいの糸の出になります。

底潮が落ち着いてきたからか、アジは釣れなくなって今度はイサギが入れ食いになり、ダブルやトリプルでも上がってきます。

曇りの時間が長かったですが、昼近くにはだんだん晴れて暑くなってきました。

150806_1130scene.jpg

11時半くらいにはアジとイサギあわせて30匹以上釣れて、これで何とかみやげができたと安心していたら、エサがなくなるまでやろうと船長が言ってくれまして、そこからまだ結構な長時間釣りができ、イサギを追加。

昼過ぎにエサがなくなり終了となりました。

(結果)イサギ25〜33センチを40匹(他にリリース5〜6匹)、カイワリ35センチ1匹、トツカアジ25〜30センチを23匹、小アジ10匹くらい(持ち帰り)。

150806chouka.jpg

ゴリオさんはマルアジも結構釣ってましたが、不思議と私はマルアジ1匹だけでした。マルアジ釣れたら干物にしようと思っていたのですが・・・。

雨が降ってきた時は寒いし釣れないしで今日はぬれただけのボウズかと心配しましたが、船長かなり遅くまで粘って下さり、おかげでたくさん釣れて希望通りにマアジまで釣れて大満足の結果でした。

イサギはさすがに脂がまったく無かったですが、マアジのほうは個体差もありますが、刺身にすると大阪湾のアジのように皮下にギトギトの脂はありませんが、身に上品な脂がほんのりあって甘くて美味しかったです。

船長に教えてもらった通り、アジを3枚におろした後、腹骨をすく前に皮を頭のほうからめくると、失敗せずにきれいにめくれました。めくれると快感です(笑)。

150806sashimi.jpg

あと、カイワリにびっくり。子持ちだったからか脂はありませんでしたが、刺身ですごい美味しい魚でした。身もしっかりしていてこれまた甘みのある身で美味しかったです。

150806_kaiwariaji.jpg

朝の内は雨がふり、しばらく曇っていて、暑かったのは最後の1時間半くらいでしたので、体力的にもまあまあ楽でしたし、ひさびさに釣りたての美味しい魚にありつけて、満足の釣行でした。

しかし、もし朝一から晴れていたらかなり暑くなるでしょうから、熱中症にはかなり注意しないとヤバイなと思いました。

暑い中、長時間ねばってアジの釣れるポイントをまわってくれた船長には感謝感激であります。次はたぶん落とし込みでお邪魔する予定です。
釣り | Comments(6) | Trackbacks(-)

Comment

編集
またまたご一緒ありがとうございます。
またイサギに野菜まで頂きありがとうございました。

いつも頂いてばっかりですいません。

初めは釣れないし、雨までふってきてどうなるかと思いましたが、大満足できよかったです。

大延長して頂き、魚釣り久しぶりに堪能できました。
やっぱり仲政丸の船長ですね。

船長ありがとうございます。
次は苦手ですが、私も落とし込みかな?(笑)。
2015年08月08日(Sat) 18:06
編集
ゴリオさん、どうもですー。

今回は車出してもらってありがとうございます。コマセでドロドロになったので、汚してたらすみません(汗)。釣りの時に来ていた半ズボンとシャツ、2回洗濯したのにニオイが落ちません(笑)。

ほんと、土砂降りになったときはどうなるかと思いましたね。さっぱり釣れませんでしたし・・・。

しかし、暑さもマシでしたし最終的には入れ食いになり十分たくさん釣れて良かったですねー。遅くまでやってもらってありがたかったですね。

次回は何になっているか、釣れ具合にもよるでしょうが、また都合あえばよろしくです。
2015年08月08日(Sat) 20:59
編集
タコ3連発に続いてイサギ、アジとはさすがです。
今シーズン一度だけタコ釣り行って47匹でしたが、ミニサイズばかりでした。

カイワリは日本海の五目釣りで何度か釣りましたが、アジよりは美味しかったです。
今の時期のアジは脂ギッシリで美味しいですが、身そのものでしたら確実にカイワリかと。
2015年08月09日(Sun) 20:19
編集
>T端さん

大阪湾のアジも8月にはいるとずいぶん脂が抜けてくるみたいですから、7月くらいにアジは釣ったほうがもっと美味しいかも知れませんね。

カイワリ脂がなくても美味しかったです。

タコ釣りも小さいのが数釣れ出したら、その次の潮まで待ったほうが大きさも程よくていいかもしれませんね。今回は良いタイミングで行けました。
2015年08月10日(Mon) 08:41
編集
初めてコメント失礼します.
実は2010年の,「マルソーダの美味しい食べ方」の記事から飛んできました.
マルソーダなども美味しく食べたいと考えています.

しかし素晴らしい釣果ですね.
今後とも記事を楽しみにしています.
2015年08月10日(Mon) 20:44
編集
>趣味のボート釣りさま

コメントありがとうございます。

マルソーダも食べ方次第では美味しいですよね。船釣りだと邪魔者として大量に釣れてしまうときがあり、そういう時は食べきれないので大半をリリースしますが、太めのを持ち帰って色々料理すると結構美味しいです。

今後ともよろしくお願いいたします。
2015年08月12日(Wed) 10:24












非公開コメントにする