カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ マダコ良型が入れ乗り

マダコ良型が入れ乗り

2015年7月28日(火)マダコ釣り@俊郎丸(明石・東二見)

日出5:06 正中12:07 日没19:07
水温(明石二見)25℃(AM8:30)  波高0m
風:無風→南西3m以下  気温25→29℃
天気:曇り後晴れ(はじめ曇りで9時から晴れ)
潮(中潮)@二見

150728_shio.jpg

(結果)
150728chouka1.jpg



さて、しんすけさんの爆釣を見てマダコのスイッチがオンになってしまい、火曜日の午前中に半休を取ってまたタコ釣りへ。

釣り座はまた船長の指示で。今回は少し後ろ寄りの釣り座でした。隣とは近いが、後ろのキャビンの上に荷物が置けるので何とかなりました。

150728turiza2.jpg

日曜日に上島釣り具へ行くと、カニ足君と言う何とも不思議なテンヤを見ました。テンヤの両サイドからカニの足のようなものが三本くらい出ており、テンヤが底を引きずるとその足が動くしくみです。

かなりでかくて値段も1,900円もするので買いませんでしたが、この仕掛けをヒントに今回はテンヤにチューニングをほどこして来ました。

150728tenya_tebasaki.jpg

テンヤの両サイドにタコベイトを付けただけですが(笑)、しかし、こうすると手羽先がちょっとカニっぽく見えないこともないかなと。

その時に竿も新調!上島で弁慶のタコ用の竿を購入。タコエギにも使えるとのことですがタコエギに興味無いので私の用途には少し弱そうにも感じて買うかどうかかなり迷いましたが、金券たくさんありましたので購入。

結果、軽いので使いやすかったですし、誘いもしやすかったです。

150728_0430departure.jpg

さて、船は4時半に出船、ポイントは東二見沖、10分で到着し、4時40分に釣り開始です。

150728_0430start.jpg

最初のエサは前回同様に手羽先で釣り開始。

まだ暗いので釣れるのかな!?と半信半疑ですが、トモのほうで釣れだしました。

少し待って私の竿にも引っ張られる感触が。一呼吸置いてあわせますとずっしり来ました。トモ以外の釣り座では右舷側では私が一番乗り!まわりの注目を浴びます・・・

ところが、抜き上げる時に糸の巻きが足りなくて、船縁にタコがはりついて、そのままポチャリ・・・

おとなりの方々3人連れで初心者の方もおり、やってはいけない見本を示してしまいました。周りの雰囲気も「この人、タコ釣り初心者やなあ・・・」のような感じ(汗)。

いきなり調子が狂っていると、まわりで次々に上がり出します。

焦ります。ここから1人沈没のパターンか!?と悪夢が頭をよぎりました。

しかし、今日はそんなの関係無いくらい乗りの良い日でした。

すぐにまたアタリがあり、今度はしっかり抜き上げ。サイズも500gくらいあり立派です。

ここから入れ乗り!

仕掛けを入れて着底、誘うまでもなくすぐに乗ってきます。

これは、タコベイトチューニングが良いのかなと思いますが、みんな入れ乗りですし、途中でタコベイトが片方取れてなくなってしまいましたが、そんなのまったく関係無いくらいにノリノリです。

お隣の方はイワシに豚の背脂、逆の方は鶏肉など、エサもほとんど関係無くみなさん入れ乗り。あとは手返し勝負です。

以前は釣ったタコを洗濯ネットに入れてましたが、これは手返しがかなり悪かったです。タコが動きますし、手にはりついたり足をネットから出したりしますで。

まわりを見ると、スカリを縦長に高くしてタコが脱走しないように工夫されている方は割と手返し良いですが、自分で何か作るのが苦手なのと、荷物が増えそうなので私はパス。

いずれにしろ、俊郎丸ではイケスが小さいし(普通のバケツ)水の出もかなりしょぼいので、少し多めに釣れただけでタコが弱りますから、釣った端からシメて行くことにしてます。

釣った直後にシメてクーラーの中のビニール袋に入れてます。これは意外に手返しが早いです。

なぜかと言うと、シメるとタコがあまり動かなくなりますので、手にはりつかれたりしませんので、少なくとも洗濯袋に入れるよりは手返しは良いです。

タコをシメるのも、以前はアイスピックでやってましたが、イカをシメる道具を使ってみたら、アイスピックよりずっとやりやすくなり時間短縮できるようになりました。

150728ikashimepick.jpg

あと、やはり生きた状態で大量のタコを一ヶ所にごちゃまぜにしておくのはタコにとっては生き地獄でかなりストレスのように思いまして、すぐシメたほうが状態が良いかなと思ってそうしております(実際どうかはわかりません)。

さて、釣りのほうはあいかわらず入れ乗り!

途中でテンヤを別のにして、エサもサンマにしたり小アジに変えたりしましたが、あまりかわらずノリノリです。

150728tenya_aji.jpg

しかも、釣れるタコの型が平均してどれも良型。小さくても400グラムくらいあり、600グラムくらいありそうなのも結構釣れますから、みるみるクーラーが一杯になって行きます。

となりの方は20Lクーラーで、だいたい私と同じか私より少し良いペースで釣ってましたが7時の時点で満タンになってました(あとはイケスで生かしたりお連れの方のクーラーに入れていた?)。

私も急速にクーラーがいっぱいに近づいて行きました。7時前でこの状態です。

150728_0650tako.jpg

おにりぎ・飲み物や持参したエサ入りタッパーなども出さないともうタコが入りませんので、食べ物は腹の中へ、飲み物とエサはしょうがないので外へ出しました。

朝の内は曇っていて暑くなかったですが、風もなかったので涼しくもなし。

150728_0730scene.jpg

潮が早くなる8時くらいになると止まるだろうと誰かが言っていたので、手を休めずに今のうちに頑張って釣ります。

7時半になりこの量。だんだんとクーラーの隙間も小さくなってきました。

150728_0731tako.jpg

洗濯ネットでもあればイケスで生かしておけますが、すべてシメるつもりだったので持ってきておらず、どうしようもありません。

9時前には今日一番のサイズ1.6キロが上がり喜びますが、これを入れると、とうとうクーラーに隙間が無くなり、これ以上はどう頑張っても入らなくなってしまいました。

しょうがないので、釣りを一休み・・・

ちょうど潮が早くなりはじめでオマツリが多く、また乗りもだいぶん悪くなってきました。

150728_0745fune.jpg

一休みをしてどうしたかと言うと、タコの内臓を取り除いてボリュームを減らして、空いた部分にまた釣れたタコを入れることにしました。

30分ほどやり、やや大きめのタコ30パイほどから内臓を取り出しますと、結構また隙間ができてきました(笑)。

なので、9時半からまた釣りに参加です。


しかし、先ほどより潮もだいぶん早くなってきて、乗りは悪いです。

それでも、退屈しない程度にぽつぽつと乗ってきます。

150728_0746scene.jpg

10時になり、またクーラーにまったく入らなくなりました(笑)。

150728_0830scene.jpg

ここからまたタコの内臓を取り出します。

また20分ほどで20匹ほどのタコの内臓を出すと、少し隙間ができましたので、また釣り再開。

しかし、今度は誰にも何も釣れなくなっていたので、10時40分で釣りを完全にやめて、残り時間でタコの内臓をすべて処理してしまうことに。

11時前にすべてのタコの処理を終わると、ちょうど船長からも「終わろうかー」の合図で終了となりました。

一番大きなタコだけ帰宅後に重さを量るために内臓を取らずに持ち帰り、1.5キロでした。

(結果)マダコ300g〜1.5キロを64ハイ

300〜500g(推定)くらいを50パイ
150728chouka1small.jpg

600g(推定)以上を14ハイ

150728chouka2big.jpg

1.5キロの最大のもの以外はすべて内臓と目玉を取り除いて持ち帰ったので、あとはそのまま冷凍庫・冷蔵庫へ分けてほりこみましたので、帰ってからも楽でした。

冷凍庫へ入れたぶんは今朝に取り出して宅急便で田舎へ送り、冷蔵していたぶんを今度は冷凍庫へ入れておきました。

今回は朝一から入れ乗りの大忙しでしかも釣れるのは良型ばかりで手応え十分。

9時くらいには両再度の方々もクーラーいっぱいで、ご機嫌。

釣り開始の頃はお互いにしゃべりもしなかったのが、自然と笑顔で会話をするような雰囲気に(笑)。

タコ釣りはどうしても両再度の方々をライバル視しがちになるので、負けじと必死になってしまいますが(私だけ?)、こんだけ釣れるとそんなの関係無くみなさんニコニコで、帰港時には良い雰囲気でした。

タコ釣りに来た中では、今までで一番充実したものになりました。良かったです。

途中で27Lクーラー満タンにならなければもっと釣れたでしょうが、船がせまいのでこれ以上でかいクーラーを持ち込めませんからしょうがないですし、下処理できたのでかえって良かったです。


ちなみに、前回のタコ釣りの前に購入したタコ用の洗濯機の感想です。

150725tako_sentakuki.jpg

最初は10パイくらいの少量でやってみました。


150725_tako_tounyuu.jpg

回転→停止→逆回転→停止・・・と繰り返します。



いちおう弱と強の二段階ですが、回転が速くなるのではなく、1回の回転時間が長くなって停止の時間が短くなるだけでした。

動画です。弱でやってますが強でやったほうが時間が短縮できると思います。

下ゆでまでして味見したところ問題無く美味しくできましたので成功です。

150725_tako_ryouri.jpg

もまなくて良いのでこれは体力的にかなり楽ですが、時間はそれなりにかかるので、同じくらいはかかります。

冷凍して解凍したタコならもむ時間が短くてすみますから、無理して買うほどでもないかなと思いますが、冷凍庫に余地が無い場合もありますので、そういう時には冷凍せずにそのまま処理してしまう選択肢もできたかなと言う感じです。

値段を考えれば買って損はなかったように思いますが、毎回冷凍してできるなら無理して買わなくても良いかなと言うくらいでしょうか。

バケツくらいの大きさですが、もうちょっと小さくても良いかと思います。

注意点としては、回転部分のどこかへ水が入ってその水がなかなか切れないので、使用後はよく洗ってからしっかり乾かす必用があるかなと思います。
釣り | Comments(4) | Trackbacks(-)

Comment

編集
お疲れ様です。

竿頭と同数じゃないですかー、途中でやめてるのでほんとの竿頭ですね。

楽しかったでしょうねー、あやかりたいあやかりたい(笑)。

洗濯機、大活躍ですね。

私も買おうかな、でもタコ処理に困るほど釣った事ないし(笑)。
2015年07月29日(Wed) 21:58
編集
ゴリオさん、どうもです。

釣行記に書き忘れましたが、俊郎丸の釣果が少ない理由がわかりました。1番多い人を乗せてるとは限らないみたいです。

トモの人だったか、90数杯と言ってましたので。私の隣の人も明らかに私より釣ってました。たぶん70くらいは。

洗濯機、なんなら貸しますよ。

2015年07月30日(Thu) 01:27
編集
仕事の前に釣りに行くとは信じられません。
2015年08月01日(Sat) 17:42
編集
帰港が早いので、風呂入ってから1時くらいに出勤できますので、半休でいけます。肉体労働みたいな時はしんどいですが、今はデスクワークか会議くらいですのでなんとかなります。逆に土日に仕事することもありますよ。
2015年08月02日(Sun) 10:58












非公開コメントにする