カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP政治・経済・社会 ≫ ギリシャ問題のウソ

ギリシャ問題のウソ

ギリシャが混乱してますが、マスコミ報道などは、どうもギリシャがいい加減だからこうなったんだ、ギリシャ人はろくに働きもしない怠け者のいい加減な国民だ、みたいな内容ばかりですが、どうして日本のマスコミってこう表面的にしか物事を見ないのでしょうかね。

↓こういう良い記事もあるようですが、テレビなど主要なマスコミはギリシャ問題に関して全滅ですね。

【オピニオン】ギリシャ危機、金融メディアが語らない10のこと

まあ、マスコミがダメなのはギリシャ問題に限りませんが。

先日も、ビートたけしが司会をしている番組で、ギリシャ人は働かない怠け者とか、公務員だらけとか言ってましたが、どちらも間違いです。

まず、ギリシャはやたら公務員ばかりと言う話ですが、これは確かに、一時はやたらと公務員ばかり多かったのは事実ですが、今現在ではギリシャは先進国の中では日本に次いで公務員が少ないそうです。そこまで一気に減らしたと言うことです。

ちなみに、日本も人口あたりの公務員数は少ないほうですが(これも知らない人が多いみたい)、その次に少ないと言うことは、当然ドイツやフランスよりギリシャのほうが公務員がずっと少ないと言うことです。

また、ギリシャ人がろくに働かないと言うのもウソのようで(大昔の話らしい)、ギリシャ人の労働時間はOECD諸国の中では最長らしく、ドイツ人よりもよっぽどよく働いていると言うことです(当然のことながら日本人よりもギリシャ人のほうが働いている)。

確かに今回の混乱には、ギリシャのいい加減さが一因にもなったのでしょうが、そもそもギリシャがユーロ圏に入らなければいい加減な国でもここまで混乱はしなかった訳ですから。

ギリシャがユーロ圏に入ってしばらくは、通過が共通になったことによって、他のユーロ圏からギリシャにお金が流れてかなり景気が良くなったのです。

ところが、結局はそれは経済の実力とは関係無い単なるバブルにすぎませんので、ギリシャが混乱しだしたのはギリシャバブルの崩壊からです。

バブルが崩壊すると、デフレになります。

デフレになると経済がひたすら縮小、失業率や企業の倒産がどんどん増える一方です。

そうなれば、永遠に財政は赤字のまま、どんどんひどくなり、国が滅びます。

だから、政府は一時的に財政出動をしてそうならないように防ぐのが普通のやりかたで、それ以外の方法はありません。

高校の政治経済で習うレベルの常識ですが、バブルが崩壊したら金融緩和して財政出動です。これ以外の方法はあり得ません。

構造改革でデフレ脱却は絶対にできないどころか、無駄を無くしたり増税したり政府の歳出削減したりが中心ですから、デフレ期にやれば、むしろデフレを悪化させ、長期的には状況をさらに悪くしてしまいます。

日本の失われた20年は、バブル崩壊の後に、不十分な金融緩和をしたとおもったら金融引き締めをしてみたり、財政出動をしてみたり緊縮に転じてみたり、不要な構造改革をやってみたりと、中途半端などっちつかずの政策ばかりやってきたせいです。

金融緩和をガンガンやって財政出動もガンガンやれば、GDPは今の倍以上に伸びていましたから、「国の借金」なども問題にならなかったはずですし、未だに世界2位の経済大国のままだったでしょう。

その失敗を見ていたから、アメリカはリーマンショックの後に、金融緩和をガンガンやり、財政出動もガンガンやりました。金融緩和では、国債を買い上げるだけでなく、不良債権まで買い上げて、資産が暴落するのを防いだわけです。

だから、ギリシャもやるべきことは、普通の国なら金融緩和と財政出動です。ギリシャ国債を発行して、中央銀行がそれを買い上げて資金を作って財政出動、これしか状況を改善する方法はありませんが、今のギリシャは自国の通貨がありませんし、ユーロのお札を刷ることができるのはヨーロッパ中央銀行で、実際にはドイツが牛耳ってます。

ギリシャバブルの時にドイツの銀行はさんざん儲けたくせに、また、現在のユーロは事実上、ドイツが周辺国からひたすらお金を吸い上げるしくみになってしまっています。

ユーロのおかげでさんざん儲けているドイツが、同じユーロ圏の困ってくる国を助けないと言うのはとんでもない話なのです。

通貨を共通にしたせいで、ユーロ圏の国々の間で格差がどんどん開く一方のなっているのです。

ですから、ユーロ圏はギリシャの構造改革ではなく、ドイツ一人勝ち状態の構造改革こそが必用なのに、さっぱりそういう話は日本のマスコミは報道しません。

また、ユーロ圏ではギリシャに限らず、ドイツが他の国々に押しつけている緊縮財政に反対する運動、「反緊縮」の運動が盛り上がっていますが、緊縮大好きの日本のマスコミはこれも無視しています。

日本ももっと無駄をなくさないとギリシャみたいになるとか、大笑いと言うか、逆です。と言うか、無駄のせいで日本の財政が悪化したわけではないこともわかっていない人が多いです。

ギリシャ問題は、確かにギリシャも悪いですが、普通なら「国の主権」としてできるはずの金融政策ができず、財政政策も大きく制限されてしまったために、他の国の言いなりにならなければならなくなってしまった点にあります。

他の国が自分たちの国をよくしてくれるはずがありません。どこの国も自分たちの国のことが第一です。でもドイツみたいに一人勝ちしている国が「EU=ヨーロッパ共同体」の仲間を助けないと言うなら、それはもはや共同体とは呼べないドイツの集金マシーンにすぎません。

Comment













非公開コメントにする